第117回近畿救急医学研究会

大会事務局

兵庫県立西宮病院 総務課(担当:清水)
〒662-0918
兵庫県西宮市六湛寺町13-9
TEL: 0798-34-5151
FAX: 0798-23-4594

運営事務局

日本コンベンションサービス株式会社
関西支社内
〒541-0042
大阪市中央区今橋4-4-7
京阪神淀屋橋ビル2階
TEL: 06-6221-5933
FAX: 06-6221-5938
E-mail:
117kinki-kyuiken[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

会長挨拶

このたび第117回近畿救急医学研究会(日本救急医学会近畿地方会)を2018年3月10日(土)に神戸国際会議場で開催させていただくことは大変光栄に存じますとともに、本学会のこれまでの歴史を鑑みより一層の進展に尽力させていただきたいと考えております。

今回のテーマは「DNAR~臨床倫理と法律の狭間で~」とさせていただきました。超高齢社会を背景に近年、高齢者の救急搬送は激増しており、救急の現場においても患者や家族の意思を踏まえる機会が増えてきています。なかでもDNARの意志の把握は、かかりつけ医をはじめ後方支援を担う病院の医師、看護師だけでなく、救急隊、老健施設などでも避けて通れなくなっており、その対応は法的な裏づけがなく現場の医療者の判断に委ねられているのが現状で、一度立ち止まってDNARを法制度や臨床倫理の観点から検討すべき時期にきていると考えます。

基調講演を医師であり法律学者の東京大学法学部・大学院法学政治学研究科教授 米村滋人先生と、わが国における在宅診療の第一人者のおひとりである長尾クリニック院長の長尾和宏先生にお願いし、救急現場におけるDNARの現状と問題点、それを具体的に可能にする法的根拠と今後の方向性についてお話頂く予定です。引き続き行われる合同シンポジウムでは、米村教授、長尾院長にもご参加いただき医師、看護師、救急救命士など多職種の視点からDNARの今後のあり方など道筋を探っていただこうと企画しています。今後、益々高齢者搬送が増加し、このような機会が増えることは間違いなく、今回の研究会ではそれを一度整理する機会になればと考えています。

医師部会、看護部会とも多くの演題をお寄せ下さるとともに、病院の医師や看護師、救急隊員だけでなく、訪問看護師、老健施設のスタッフなど他職種の皆さまにご参加頂き、活気ある研究会になればと考えています。

学会運営には不慣れな市中病院での運営で皆さまには何かとご迷惑をおかけしますが、病院スタッフ一同総力をあげて取り組みますので、どうぞよろしくお願い致します。

第117回近畿救急医学研究会 日本救急医学会近畿地方会
会長 鴻野 公伸
兵庫県立西宮病院 副院長兼救命救急センター長

page top

Copyright © 2017 第117回近畿救急医学研究会 All Rights Reserved.