第12回日本骨盤臓器脱手術学会学術集会

ごあいさつ

学会事務局

日本大学医学部泌尿器科学系
泌尿器科学分野
吉澤 剛
〒173-8610
東京都板橋区大谷口上町30-1
TEL: 03-3972-8111

日本大学医学部 運営準備室

日本コンベンションサービス株式会社
〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル14階
TEL: 03-3508-1214
FAX: 03-3508-1302
E-mail: 12jpops[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

会長:髙橋悟 第12回日本骨盤臓器脱手術学会学術集会 会長
日本大学医学部泌尿器科学系主任教授
髙橋 悟

この度、第12回日本骨盤臓器脱手術学会学術集会をお世話させて頂くことになり、大変光栄に思っております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

会期は、2018年2月17・18日(金・土曜日)で、場所は日本大学理工学部駿河台校舎1号館(最寄り駅はJR:御茶ノ水駅、営団地下鉄:御茶ノ水駅・新御茶ノ水駅)です。

日大理工学部は、2016年の第39回鳥人間コンテスト(人力プロペラ機ディスタンス部門)で見事優勝を果たしました。学会ポスターにも機体のシルエットが入っています!

今回はメインテーマを、「目指せ!Female pelvic health~究めろ!POP Surgery~ 」とさせて頂きました。今私たちは、近年の経腟メッシュ手術の急速な普及とFDA alertに端を発した国内外での骨盤臓器脱手術を取り巻く環境の大変化の只中にいます。だからこそ、私たち外科系医師は各術式の特徴を科学的に評価・認識し、その手技の更なる向上をより一層目指していくべきだと思います。そして最終目標である骨盤臓器脱で悩める女性のQOL向上を実現する必要があります。現在、テーマに沿ったビデオワークショップ、教育講演、Meet the expertsなどの企画を準備中です。また例年のように、たくさんの一般演題のご応募もお待ちしております。ご参加の皆様の素晴らしい発表と熱い討論によって、今回の学術集会が骨盤臓器脱手術の発展の一助になることを期待しております。

特有な文化と情緒をもつ地方都市と比較すると、兎角東京は面白みに欠けるというご批判は承知しておりますが、なかなかどうして最近の東京は、2020年のオリンピック開催に向けて、急速かつ魅力的に変貌しています。スカイツリーも新名所になり、アベノミクス、あるいは都民ファースト効果か、東京も昔の活気を取り戻しつつあるようです。会場がある御茶ノ水には日本大学病院があり、多くの大学もある学生街です。御茶ノ水、駿河台、神田界隈は、ニコライ堂、湯島聖堂をはじめ、(古)書店、楽器店、カレーショップ、B級グルメ店も多く、お時間が許せば散策も一興かと思います。

皆様のご参加を教室員一同、お待ちしております。

page top