2017年11月25日(土)・26日(日) 幕張メッセ国際会議場 会長:土屋 文人 プログラム委員長:古川裕之

一般演題募集

インターネットのみでの申込みとなります。
メール・郵送での申込みは受け付けませんのでご注意ください。
利益相反(Conflict of Interest, COI)の申告が必要になります。

本学術集会では、利用目的が個人的な学習の為である場合に限り、会場内での「写真撮影」は可能としております。
詳細は、こちらをご確認ください。

1. 演題登録受付期間

2017年5月12日(金)~ 7月12日(水)正午
※延長はいたしません。

2. 応募資格

筆頭演者は、正会員であることが必要です。
当日の発表者が筆頭演者と異なる場合は、その方も正会員である必要があります。
賛助会員(企業・団体)の職員の方でも、個人で正会員になっていない場合は、筆頭演者になることができません。

まだ入会されていない方は下記より入会手続きをお願いいたします。

学会ホームページの「入会のご案内」ページからお申込みください。

入会審査中でも、演題の応募は可能です。

3. オンライン登録事項

(1)演題種別と発表形式

以下の4種類から選択してください。

A. 研究発表(口演)
B. 研究発表(ポスター)
C. 活動報告(口演)
D. 活動報告(ポスター)
【C】【D】活動報告は、医療の質と向上を目指して、病院全体で、あるいはチームや個人で取り組んだ活動や実践事例を発表してください。
学術集会ベストプラクティス賞は、【D】活動報告(ポスター)の演題を選考対象とします。
発表形式および演題種別につきましては、ご希望と異なる形式でお願いする場合がございますので、予めご了承ください。

(2)文字数制限など

演題名 全角80文字以内
抄録本文 図表を入れない場合 全角920文字以内
図表(1点のみ)を入れる場合(※1) 全角640文字以内
登録可能な著者数(※2) 筆頭著者を含め10名以内
登録可能な所属機関 10施設以内
※1登録可能な図表形式はJPEG・GIFファイルで、サイズは最大縦1275ピクセル:横1063ピクセル(10Mバイト)までとなります。
※2会員番号をお持ちでない方、取得中の場合は数字の「0」と記入願います。

(3)抄録

◆抄録体裁(抄録本文は、以下の要領で簡潔にご記入ください。)
  • 研究発表:【目的】、【方法】、【結果】、【考按】
  • 活動報告:内容に即して項目を立てて構成
    • 例1:【背景と目的】、【取り組み】、【結果】、【考按】
    • 例2:【課題】、【活動内容】、【結果】、【考按】

「プログラム・抄録集」掲載テンプレートは、こちら(PDF)からご覧いただけます。
※「カラースペースが無効です」などが表示され、PDFファイルがご覧頂けない場合には、リンクを右クリックし、「対象をファイルに保存」などでPDFファイルを保存してからご覧ください。

(4)演題カテゴリー

1.領域のカテゴリー

以下のカテゴリーから第1選択と第2選択の異なる2種類を選択ください。(必須)

ブロックカテゴリー
1.ガバナンスとリーダーシップ01.医療政策関連
02.組織管理・ガバナンス
03.免許・資格・認証
2.安全管理活動・対策04.危険予知
05.報告制度
06.発生時対応
07.事故調査
08.原因分析・分析手法
09.安全対策評価・クリニカルインディケーター
10.患者同定(患者確認・患者誤認)
11.侵襲的処置・周術期管理
12.薬剤管理
13.転倒転落
3.人とチーム14.ベストプラクティス・イノベーション
15.教育研修(個人)
16.教育研修(チーム・組織)
17.リスクコミュニケーション
18.チーム医療
4.環境と道具19.機器・設備
20.環境(人間工学含む)
21.医療者の健康・満足度
22.情報システム
23.感染管理
5.患者・家族の関与24.患者参加
25.患者・家族コミュニケーション
26.被害者救済・ADR・訴訟
2.安全対策のカテゴリー

該当する場合は、以下より1つ選択してください。必須選択ではありません。

危険薬の誤投与防止
周術期肺塞栓症の予防
危険手技の安全な実施
医療関連感染症の防止
医療機器の安全な操作と管理
急変時の迅速対応
事例要因分析から改善へ
患者・市民の医療参加
安全な手術
その他

(5)利益相反(Conflict of Interest, COI)の申告について

第12回学術集会で一般演題(口演・ポスター)応募・発表される筆頭演者は、利益相反の有無にかかわらず、利益相反の状態を申告する必要があります。演題提出時から遡り過去1年間、投稿演題に関する下記9項目の利益相反について申告してください。

利益相反(COI)申告項目

  1. 1つの企業や営利を目的とした団体の役員、顧問職などの報酬が年間100万円以上である。
  2. 1つの企業の1年間の株式配当が100万円以上、あるいは当該株式の5%以上保有している。
  3. 1つの企業や営利を目的とした団体から特許使用料として支払われた報酬が年間100万円以上ある。
  4. 1つの企業や営利を目的とした団体より、会議の出席(発表・助言など)に対し、研究者を拘束した時間・労力に対して支払われた日当、講演料などが年間合計50万円以上である。
  5. 1つの企業や営利を目的とした団体からパンフレットなどの執筆に対して支払われた原稿料が企業・団体から年間合計50万円以上ある。
  6. 1つの企業や営利を目的とした団体が提供する研究費(治験、委託受託研究、共同研究)などが年間200万円以上ある。
  7. 企業・組織や団体が提供する奨学(奨励)寄附金が、1つの企業・組織や団体から、申告者個人または申告者が所属する部局(講座・分野)あるいは研究室の代表者に支払われた総額が年間200万円以上ある。
  8. 企業や営利を目的とした団体が提供する寄付講座がある。
  9. 研究とは無関係な旅行、贈答品などが年間5万円以上ある。

【演題登録】

演題登録は、オンライン演題登録システムを使用したインターネット登録のみで行います。

演題登録
5月12日(金)より開始

【発表時の申告について】

当日の演題発表の際、口演の場合は1枚目に、ポスターの場合は最後に、それぞれ申告用スライドを作成し筆頭演者の利益相反について掲示してください。
申告用スライドは、スライド例(PPT)(スタイルの変更は可)に準じて作成してください。

利益相反(COI)に関する発表スライド例

4. オンライン登録についての注意事項

(1) パスワードと演題登録番号

最初に演題登録する際に、登録者ご本人に任意のIDとパスワードを設定いただきます。
IDの初期設定は、登録したメールアドレスとなります。
このパスワード と登録の際に入力したIDは、演題の確認・修正・削除に必要となります。
忘れないように自己責任において管理くださいますようお願いいたします。なお、セキュリティー上、パスワードに関するお問い合せには、セキュリティーの観点により、お答えできませんのでご了解いただきますよう、お願いします。

(2) 演題修正・削除

演題登録期間中は、何度でも演題の修正・削除が可能です。演題の修正には、オンライン演題登録システムのIDとパスワードが必要になります。

(3) その他

締切り間際には、登録や変更が殺到し、アクセスしにくくなる可能性がありますので、お早めの登録と修正をお勧めします。なお、抄録内容の修正を必要とされない方も、念のためホームページへアクセスし、「確認・修正画面」で抄録登録されていることをご確認されることをお勧めいたします。

5. 応募演題の採否等について

(1) 演題受領確認

演題受領確認は、演題登録の完了後、演題登録時に入力されたE-mailアドレスに自動配信メールが送られます。
郵送文書での改めてのご案内はいたしませんので、ご了承ください。
尚、筆頭演者以外の方がご発表される場合は、必ず発表者の方の連絡先Eメールアドレスをお知らせください。
ご連絡は、全てEメールを用いて行いますので、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

(2) 受領通知が届かない場合

登録が完了していない可能性がございますので、再度、ログインいただき、登録状況をご確認ください。
また、迷惑メールフォルダをご確認頂きますようお願い申し上げます。それでも自動返信メールが届いていない場合は下記、運営準備室・演題担当までご連絡ください。
E-mail: jsqsh12[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

(3) 演題の採否・発表日時について

演題の採否・発表日時の通知は、2017年9月上旬(予定)に演題登録時に入力されたE-mailアドレスにご連絡します。演題種別や発表形式については変更をお願いする場合がございますので、あらかじめご了承ください。

〔演題登録方法、画面および操作に関するお問い合わせ〕

第12回医療の質・安全学会学術集会 運営準備室 演題担当
日本コンベンションサービス株式会社内
コンベンション事業本部 ITセンター内
TEL: 03-3500-5935 FAX: 03-3508-1755(平日9:30~17:30)
E-mail: jsqsh12[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

このページのトップへ戻る

Copyright © 2017 第12回医療の質・安全学会学術集会 All Rights Reserved.