2017年11月25日(土)・26日(日) 幕張メッセ国際会議場 会長:土屋 文人 プログラム委員長:古川裕之

座長・演者・発表者へのご案内

講演(企画演題・一般口演)について

1.座長の皆様へ

(1) 会場到着時に、参加登録受付の「座長受付」(1階ロビー)にお立ち寄りください。
(2) 進行は座長に一任しますが時間厳守にご協力ください。

2.演者の皆様へ

(1) 発表については座長の指示に従ってください。
(2) 発表時間
企画演題: 発表時間は事前に事務局からご連絡しておりますのでご確認ください。
一般口演: 発表8分、質疑応答4分
(3) 発表の1枚目に利益相反(COI)自己申告に関するスライドを入れてください。

3.発表演題データの受付と試写について

データ持込(USBフラッシュメモリーまたはCD-R)、ノートパソコン持込のいずれも可能です。ご発表セッションの開始30分前までにPC受付にお越しください。

※11月26日(日)発表の演題も11月25日(土)にデータ受付可能です。ただし、PC受付が混み合っている場合は11月25日(土)の発表演題の受付を優先しますので、あらかじめご了承ください。

PC受付

場所: 「103」横(1階)
時間: 11月25日(土) 8:15~17:00
11月26日(日) 8:00~14:00
A.データ持込の場合(※対応OS:Windowsのみ)
  • 発表データをUSBフラッシュメモリーまたはCD-R(CD-RWは不可)でお持ちください。
    万一に備えて、必ずバックアップデータをお持ちください。
  • 会場にご用意するパソコンはWindows7、プロジェクター解像度はXGA(1024×768)です。
  • アプリケーションソフトはMicrosoft PowerPoint2007、2010、2013、2016です。
  • スライドのサイズは[標準(4:3)]を推奨します。
  • フォントはOS(Windows7)標準のもののみ、ご用意します。文字化けを防ぐため下記のフォントを推奨します。
    日本語の場合:MS ゴシック、MSP ゴシック、MS 明朝、MSP 明朝
    英語の場合:Arial、Arial Black、Century、Century Gothic、Times New Roman
  • 発表後、発表データは事務局で責任をもって消去いたします。
  • Macintoshで作成の場合、ならびに動画をご使用の場合は、ご自身でノートパソコンをご持参ください。
B.ノートパソコン持込の場合(※対応OS:Macintosh、Windows)
  • バックアップ用データとしてCD-RまたはUSBフラッシュメモリーをご持参ください。
  • パソコンのACアダプターを必ずご持参ください。
  • 会場で使用するPCケーブルコネクタの形状はD-sub15pin3列タイプです。
    この形状に変換するコネクタを必要とする場合には必ずご持参ください。
  • 発表の際、発表者ツールの使用はできません。
  • スクリーンセーバーならびに省電力設定はあらかじめ解除してください。
  • 画面の解像度はXGA(1024×768)です。このサイズより大きいまたは小さい場合、画質の劣化につながります。

4.発表方法について

  • 発表セッションの15分前までに、会場左手前方の次演者席にお着きください。
  • 演壇上のキーボードもしくはマウスを操作してプレゼンテーションを行ってください。
    PC受付にて、演壇上の機材の説明をいたします。

ポスター演題について

1.ポスター演題の発表者の皆様へ

(1) ポスター会場
「コンベンションホールA」(2階)、「国際会議室」(2階)
(2)
発表形式: 今回は、座長による進行はありません。
発表者の方は、指定の時間に、ご自身のポスターパネル前で、参加者と自由に質疑応答を行ってください。
(3)
発表日時: 11月25日(土)17:30~18:30

※各演題の「発表・質疑応答」の時間は、ポスター番号の奇数、偶数で分かれております。

  • 奇数の演題:前半の17:30~18:00
  • 偶数の演題:後半の18:00~18:30
(4) ポスターの貼付および撤去は以下の日時に行ってください。
貼り出し 閲覧 発表・質疑応答 撤去
11月25日(土)
9:30~13:00
11月25日(土)
13:00~17:30
11月26日(日)
8:30~14:00
11月25日(土)
17:30~18:30
【奇数の演題:17:30~18:00
偶数の演題:18:00~18:30】
11月26日(日)
14:00~15:30

※掲示時間終了後、必ずご自身でポスターを撤去してください。
時間が過ぎても撤去されなかったポスターは、事務局にて処分いたします。

(5) ポスターパネル

ポスターパネル

  • 1題につき、横90cm×縦200cmのパネル板と演題番号(横20cm×縦20cm)を右記のように事務局が準備します。
  • ポスター貼付のスペースは、図のように演題番号を除いた部分となります。寸法内に収まれば、ポスターの大きさや形式、枚数などは問いません。ポスターは、図表も含め読みやすいように配慮してご準備ください。
  • 利益相反(COI)自己申告に関する情報をスライドの最後に開示してください。
  • パネルには演題番号が貼り付けてありますので、間違いなくご自分の演題番号のパネルにポスターを貼り付けてください。
  • 演題番号、掲示用の押しピンは事務局で準備いたします。
  • 撤去時間を過ぎても取り外されないポスターは、事務局にて処分いたします。あらかじめご了承ください。

利益相反(Conflict of Interest, COI)の申告について

第12回学術集会で口頭発表(企画演題、教育セミナー)、一般演題(口演・ポスター)を発表される筆頭演者は、利益相反の有無にかかわらず、利益相反の状態を申告する必要があります。演題提出時から遡り過去1年間、投稿演題に関する下記9項目の利益相反について申告してください。

利益相反(COI)申告項目

  1. 1つの企業や営利を目的とした団体の役員、顧問職などの報酬が年間100万円以上である。
  2. 1つの企業の1年間の株式配当が100万円以上、あるいは当該株式の5%以上保有している。
  3. 1つの企業や営利を目的とした団体から特許使用料として支払われた報酬が年間100万円以上ある。
  4. 1つの企業や営利を目的とした団体より、会議の出席(発表・助言など)に対し、研究者を拘束した時間・労力に対して支払われた日当、講演料などが年間合計50万円以上である。
  5. 1つの企業や営利を目的とした団体からパンフレットなどの執筆に対して支払われた原稿料が企業・団体から年間合計50万円以上ある。
  6. 1つの企業や営利を目的とした団体が提供する研究費(治験、委託受託研究、共同研究)などが年間200万円以上ある。
  7. 企業・組織や団体が提供する奨学(奨励)寄附金が、1つの企業・組織や団体から、申告者個人または申告者が所属する部局(講座・分野)あるいは研究室の代表者に支払われた総額が年間200万円以上ある。
  8. 企業や営利を目的とした団体が提供する寄付講座がある。
  9. 研究とは無関係な旅行、贈答品などが年間5万円以上ある。

発表時の申告について

当日の演題発表の際、口演の場合は1枚目に、ポスターの場合は最後に、それぞれ申告用スライドを作成し筆頭演者の利益相反について掲示してください。
申告用スライドは、スライド例(PPT)(スタイルの変更は可)に準じて作成してください。

利益相反(COI)に関する発表スライド例

このページのトップへ戻る

Copyright © 2017 第12回医療の質・安全学会学術集会 All Rights Reserved.