第13回医療の質・安全学会学術集会

プログラム

特別講演

特別講演1

11月24日(土)午後

医療施設のガバナンスには何が必要なのか
− 英国NHSのクリニカル・ガバナンスに学ぶ −

演者: 上田 裕一 (独立行政法人奈良県立病院機構 理事長)

特別講演 2

11月25日(日)午前

トヨタが学んできた品質管理を医療に役立てる

演者: 古谷 健夫 (トヨタ自動車株式会社 業務品質改善部 主査/名古屋大学ASUISHIプロジェクトメンバー)

海外レポートセッション

11月25日(日)午前

「ノースカロライナ大学公衆衛生大学院で学んだQuality Improvement」(仮題)

演者: 遠藤 英樹 (ノースカロライナ大学チャペルヒル校公衆衛生大学院)

「未定」

演者: 一原 直昭 (東京大学大学院 医学系研究科 医療品質評価学講座)

海外招聘講演

海外招聘講演 1

11月25日(日)午前

The Fall Prevention Journey: Yesterday, Today and Tomorrow

演者: Barbara Mayer (Stanford Healthcare)
Patrice Duhon (Stanford Healthcare)

海外招聘講演 2

11月25日(日)午後

米国での多職種医療安全チーム

演者: Kenta Umetsu (Research Facility and Biosafety Program Director, Children’s National Medical Center Children’s Research Institute)

企画演題

PD

11月24日(土)9:20 – 10:50

明確な問題点と有用な改善策に結びつけるデータ分析とは何か?
~カラフルな棒グラフや円グラフを作って満足していませんか?~

企画者: 伏見 清秀 (東京医科歯科大学大学院 医療政策情報学分野)

SY

11月24日(土)9:20 – 10:50

インスリン製剤関連の事故を撲滅する

企画者: 兼児 敏浩 (三重大学医学部附属病院 医療安全管理部)

PD

11月24日(土)9:20 – 10:50

院内急変対応システム ~いかに導入して成果をあげるか~

企画者: 新井 正康 (北里大学医学部附属新世紀医療開発センター、侵襲制御・生体危機管理医学(集中治療医学))

PD

11月24日(土)9:20 – 10:50

フィジシャンアシスタントは医師の過重労働解決の切り札となりうるか

企画者: 本田 宏 (NPO法人医療制度研究会)

PD

11月24日(土)9:20 – 10:50

「看護における医療安全教育を促進するために-はばむものとどう向き合うか-」

企画者: 小林 美雪 (健康科学大学看護学部)

PD

11月24日(土)9:20 – 10:50

行動分析学は医療安全にどう貢献できるのか?-行動と環境の相互作用-

企画者: 飛田 伊都子 (滋慶医療科学大学院大学)

PD

11月24日(土)9:20 – 10:50

なぜ、今文書管理が重視されるのか
-医療安全、質改善に役立つ業務文書管理の仕組み構築における先駆的な取り組みから学ぶ-

企画者: 矢野 真 (日本赤十字社 医療事業推進本部総括副本部長)

SY

11月24日(土)9:20 – 10:50

医療の質と安全に貢献する病院法務のあり方 ―ガバナンスへの協働

企画者: 荒神 裕之 (東京医科大学公衆衛生学分野, 全国土木建築国民健康保険組合 総合病院 厚生中央病院)

PD

11月24日(土)9:20 – 10:50

【学際共同研究推進委員企画】
医療安全を科学する-学際共同研究で医療の現場と研究者をつなぐ-

企画者: 芳賀 繁 (社会安全研究所(医療の質・安全学会 理事))
荒井 有美 (北里大学病院(医療の質・安全学会 学際共同研究推進委員))

SY

11月24日(土)9:20 – 10:50

医療の質・安全向上のためのGS1標準バーコードの利活用
-医薬品・医療機器の識別とトレーサビリティの確保に向けて-

企画者: 落合 慈之 (東京医療保健大学/GS1ヘルスケアジャパン協議会)

PD

11月24日(土)14:40 – 18:30

画像診断報告書の確認不足、その現状、要因、対策

企画者: 海渡 健 (東京慈恵会医科大学附属病院)
菊地 龍明 (公立大学法人横浜市立大学附属病院 医療安全・医療管理学)
長島 久 (富山大学附属病院 医療安全管理室)

PD

11月24日(土)14:40 – 16:10

医薬品・医療機器間相互作用の再発防止に向けた情報管理体制について考える

企画者: 藤盛 啓成 (東北大学病院 医療安全推進室)
中村 浩規 (東北公済病院 薬剤科)

SY

11月24日(土)14:40 – 16:10

いまさら聞けない緊急気道管理戦略
~多職種からの目線で様々な取り組みを紹介~

企画者: 赤澤 仁司 (大阪大学医学部附属病院 中央クオリティマネジメント部)

PD

11月24日(土)14:40 – 16:10

多職種関与の意思決定支援と倫理コンサルテーションは質の高い医療にどのように寄与するか?

企画者: 尾藤 誠司 (国立病院機構東京医療センター)

PD

11月24日(土)14:40 – 16:10

日本人の文化的背景に配慮した、患者安全実践への処方箋
- Patient safety approach with our culture-

企画者: 岡本 華枝 (岐阜聖徳学園大学・看護学部)

PD

11月24日(土)14:40 – 16:10

医療安全の改善に明確に有効であったフレームワークとは何か?

企画者: 田岡 大樹 (鈴鹿中央総合病院外科)

SY

11月24日(土)14:40 – 16:10

地域の患者・家族を支える医療者の役割を考える
~重度の障がいのある子どもへの支援を通して~

企画者: 山内 桂子 (医療の質・安全学会パートナーシッププログラム サポーター会議)
飯島 久子 (医療の質・安全学会パートナーシッププログラム サポーター会議)
松浦 知子 (医療の質・安全学会パートナーシッププログラム サポーター会議)
野々村 ゆかり (医療の質・安全学会パートナーシッププログラム サポーター会議)

PD

11月24日(土)14:40 – 16:10

医療事故に遭遇した遺族に対する医療機関側の情報提供や両者の対話の現状と課題

企画者: 松村 由美 (京都大学医学部附属病院 医療安全管理部)

PD

11月24日(土)16:20 – 17:50

臨床研究の未来と医療倫理

企画者: 児玉 安司 (弁護士・一橋大学)

11月24日(土)18:00 – 18:30

誤接続防止コネクタの国内導入について

企画者: 里見 智美 (独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 安全第一部 医療機器安全課 課長補佐)

MS

11月25日(日)7:30 – 8:30

看護における医療安全教育ネットワーク:キックオフミーティング
-臨床と基礎教育の医療安全の連携と共同を推進するために-

企画者: 小林 美雪 (健康科学大学看護学部)

SY

11月25日(日)8:30 – 10:00

医療の質向上につながる患者参加の探索
患者・家族アドバイザリーカウンシル(Patient Family Advisory Council)のご紹介(仮)

企画者: 岸本 早苗 (京都大学大学院医学研究科 健康増進・行動学分野)

SY

11月25日(日)10:10 – 11:10

病院のガバナンスと医療安全

企画者: 児玉 安司 (弁護士・一橋大学)

PD

11月25日(日)8:30 – 10:00

現場の負担を押さえて医療の質の評価を継続的に行っていくためには
~真に有用な分析が行える体制とは~

企画者: 森脇 睦子 (東京医科歯科大学医学部附属病院クオリティ・マネジメント・センター)

PD

11月25日(日)8:30 – 10:00

チーム医療を推進するチームワークを高めるためのトレーニングの活用

企画者: 荒井 有美 (北里大学病院 医療の質・安全推進室)

PD

11月25日(日)8:30 – 10:00

労基署の是正勧告への対応から見た医療者の労働環境に関する提言

企画者: 井部 俊子 (井部看護管理研究所)
奥 裕美 (聖路加国際大学)

SY

11月25日(日)8:30 – 10:00

患者参加型医療と医療の質・安全

企画者: 小松 康宏 (群馬大学)

PD

11月25日(日)9:00 – 10:30

医師・歯科医師の行政処分および再教育に係る制度の再構築に向けて

企画者: 野村 英樹 (金沢大学附属病院総合診療部)

SY

11月25日(日)9:40 – 11:10

医療現場での利活用が期待されるAI・ロボティクス

企画者: 山田 陽滋 (名古屋大学大学院工学研究科)

PD

11月25日(日)8:30 – 10:00

変化の時代における病院経営の質改善・改革をどう進めるか

企画者: 飯塚 悦功 (東京大学名誉教授)

WS

11月25日(日)8:30 – 10:00

M&M (Mortality and Morbidity)カンファレンスを開いてみよう!

企画者: 東 光久 (福島県立医科大学白河総合診療アカデミー/白河厚生総合病院総合診療科)

SY

11月25日(日)8:30 – 10:00

「がん診療体制の質評価(がん種間比較)」による院内クリニカル・ガバナンス管理

企画者: 水流 聡子 (東京大学)

PD

11月25日(日)13:20 – 14:50

患者第一の視点に立った医療の質と安全の向上に今必要なものは?

企画者: 安田 あゆ子 (藤田保健衛生大学病院)

PD

11月25日(日)13:20 – 14:50

手順の遵守とヒューマンエラー

企画者: 嶋森 好子 (医療の質・安全学会 医療安全管理者ネットワーク委員会)
寺井 美峰子 (医療の質・安全学会 医療安全管理者ネットワーク委員会)

PD

11月25日(日)13:20 – 14:50

医療の質向上につながるインフォームド・コンセントの枠組み

企画者: 松村 由美 (京都大学医学部附属病院 医療安全管理部)

PD

11月25日(日)13:20 – 14:50

医療の質向上、安全性担保のためのシミュレーション教育

企画者: 深見 達弥 (名古屋大学医学部附属病院医療の質・安全管理部)

PD

11月25日(日)13:20 – 14:50

Choosing Wisely Japan の最前線ーその2:
画像診断と Interventional Radiology をめぐる医療職と患者・市民の対話

企画者: 小泉 俊三 (東光会 七条診療所)

PD

11月25日(日)13:20 – 14:50

医療ビッグデータの医療の質向上への取り組み~データヘルス改革元年

企画者: 中島 勧 (医療の質・安全学会)

PD

11月25日(日)13:20 – 14:50

終末期の患者のケアに必要とされるヘルスコミュニケーションの検討

企画者: 川﨑 志保理 (順天堂大学医学部心臓血管外科学・順天堂大学医学部附属順天堂医院 医療安全管理室)

PD

11月25日(日)13:20 – 14:50

もう一度、医療メディエーションについて語ろう ~ みんなの安全と安心のために ~

企画者: 吉尾 めぐみ
平井 理心 (筑波大学附属病院 臨床医療管理部)

PD

11月25日(日)13:20 – 14:50

Diagnostic Error:患者安全における未開の領域

企画者: 綿貫 聡 (東京都立多摩総合医療センター 救急・総合診療センター)

PD

11月25日(日)13:20 – 14:50

イオン性ヨード造影剤の脳脊髄腔への誤投与・流入による有害事象を防止する
~患者安全と医療者安全を両立させ、2nd Victimを出さない~

企画者: 菅野 隆彦 (JA長野厚生連 下伊那厚生病院 内科部長)

PD

11月25日(日)13:20 – 14:50

診断報告書の見逃し、遅れをなくしたい
~患者・放射線科医・病理医・腫瘍内科医が集い共に考える

企画者: 荒神 裕之 (東京医科大学公衆衛生学分野、全国土木建築国民健康保険組合 総合病院 厚生中央病院)

page top