会長挨拶

第15回肩の運動機能研究会 会長 大阪大学医学部附属病院 リハビリテーション科 佐原 亘

 この度、第15回肩の運動機能研究会を2018年10月19日(金)、20日(土)の2日間にわたって大阪で開催させていただくこととなりました。大阪での開催は2008年に第35回日本肩関節学会を米田稔先生が、第5回肩の運動機能研究会を立花孝先生が会長をお勤めになって以来10年ぶりとなり、大変光栄に存じます。実りある学会を目指し、準備を進めている所でございます。
本研究会は2003年の第1回開催から、参加者、発表演題数が増加の一途をたどっており、前回大会では医師の参加者数を初めて上回りました。これは、肩関節疾患の治療において、整形外科医のみならず、セラピストや看護師などメディカルスタッフの皆様の力が必要不可欠であることの証だと思います。
さて、第45回日本肩関節学会(菅本一臣会長)ではテーマに「肩関節を議論する」が掲げられています。本研究会では「セラピストとして肩関節を議論する」をテーマにしたいと思います。医師は手術や薬を使って患者さんを治療します。セラピストは自分の技術を使って患者さんを治療します。従って本研究会ではセラピストとして患者さんをどう評価してどうやって治すのか、その技術(施術)の工夫点などについて皆さんで議論できる場となればと考えております。今迄当たり前と思っていることや疑問に感じたままにしていることなどを見つめ直すことで、セラピストとしての質や技術の向上、平常の治療に活かせる新しい知見の発見につながれば勘幸に存じます。
今回はできるだけ多くの演題を採択し、できるだけ多くの先生方に口演形式で発表して頂こうと考えております。また、各会場、各分野を自由に聴講、討論できるようなプログラムにする予定です。メディカルスタッフ同志だけでなく、医師との交流も深めて頂ければと存じます。多数の皆様にご応募を頂き、是非活発なご討議になることを期待しています。
ここで、看護師の皆様にお知らせとお詫びがございます。前回大会で独立した肩の看護研究会ですが、人員や会場などの諸事情により今回は例年通り当研究会内で看護セッションとして開催させて頂きたく存じます。手術室看護、病棟看護において日常診療で遭遇する問題点とその対処方法について議論深まる場になれば幸いです。看護師の皆様も是非ご参加下さいますようお願い申し上げます。
10月の大阪は、気候も良好で、観光スポットもたくさんございます。ご発表、活発にご討議頂いた後は、日頃の疲れを癒して頂ければ幸いです。
多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

© 第15回肩の運動機能研究会. All Rights Reserved.