第19回日本骨粗鬆症学会

準備室

大阪市立大学大学院医学研究科
代謝内分泌病態内科学
〒545-8585
大阪市阿倍野区旭町1-4-3

準備室

日本コンベンションサービス株式会社
関西支社内
〒541-0042
大阪市中央区今橋4-4-7
京阪神淀屋橋ビル2F
TEL: 06-6221-5933
(営業時間 平日9:30~17:30)
FAX: 06-6221-5938
E-mail: 19jos[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

会長挨拶

会長:稲葉雅章

第19回日本骨粗鬆症学会
会長 稲葉 雅章
大阪市立大学大学院医学研究科
代謝内分泌病態内科学・腎臓病態内科学

第19回日本骨粗鬆症学会の会長を拝命いたしました大阪市立大学の稲葉雅章でございます。今回は、2017年10月20日(金)~10月22日(日)に大阪国際会議場にて開催する予定で、今回初めて学会を日曜日に催行する予定といたしております。この理由として、骨粗鬆症マネージャー制度に加え、骨粗鬆症認定医制度も始まり、日々の臨床にお忙しい先生方の臨床業務に支障が出ないように日曜日の催行を決定いたしました。日曜日には、骨粗鬆症認定医・骨粗鬆症マネージャーを対象に、「よくわかるシリーズ」と「レクチャーコース」を行う予定としております。ご多忙な先生方には、日曜日のみの出席で最近の骨粗鬆症の診断・治療、および合併症などを最新の知見をも含めて包括的に捉えられるような設定といたしました。様々な分野の講演を各専門の先生方にわかりやすくお話しいただけるようにお願いおりますので、是非多くの先生方のご参加賜れるようお願い申し上げます。

長寿化に伴う骨粗鬆症の増加が深刻な社会問題となる中、様々な生活習慣病との合併例が増加し、これら合併疾患を考慮したうえで、骨粗鬆症の診療がなされるべきと考えております。そこで、今回の学会のテーマとしては、「生活習慣病としての骨粗鬆症」を掲げ、糖尿病や慢性腎臓病などに加えて、睡眠障害や運動不足などいった疾患との合併時での骨粗鬆症の診療に焦点を当てるように企画いたしました。そこで、本学会ではとくに高齢者が抱える問題点に焦点を当て、骨粗鬆症を慢性腎臓病・糖尿病・睡眠障害・ロコモティブ症候群などの合併の観点から他学会との合同シンポジウムや講演を企画しています。さらに、新規骨粗鬆症治療薬についても臨床現場への上梓が予定されており、これらそれぞれの分野で世界的に活躍されている先生方の招請講演も予定しています。

本会の開催を通じて、骨粗鬆症学そのものや他診療疾患との合併との観点から、ご参加いただきます先生方のご理解が深まることに少しでも貢献でき、骨粗鬆症患者のQOL向上や健康長寿に貢献できるような学会となればそれに勝る喜びはありません。骨粗鬆症学会会員をはじめ、関係者の皆さまの多数のご参加と活発なご発表、ご討論を心よりお待ちいたしております。

PAGE TOP

Copyright © 2016 第19回日本骨粗鬆症学会 All Rights Reserved.