第22回日本薬剤疫学会学術総会

Contents テーマ:医療リアルワールド データ時代における疫学 2016年11月18日(金)~20日(日)みやこめっせ(京都市勧業館) 会長:川上浩司(京都大学大学院医学研究科 薬剤疫学)

PVS講習会・セミナーのお知らせ

ファーマコビジランス・スペシャリスト(PVS)講習会

第1回PVS認定試験の受験希望者を対象に下記の通り講習会を開催致します。

日時:2016年11月19日(土) 14:00~16:30
場所:みやこめっせ(京都市勧業館)第2、第3会議室

プログラム(予定):

薬剤疫学(45分) 久保田 潔(NPO日本医薬品安全性研究ユニット)
安全対策と規制(25分) 古閑  晃(日本イーライリリー株式会社 安全性情報部)
副作用(25分) 中村 敏明(大阪薬科大学 臨床薬学教育研究センター)
薬害(25分) 佐藤 嗣道(東京理科大学 薬学部)
質疑応答  
講習会の受講について受講料は不要ですが、第22回日本薬剤疫学会学術総会の参加証が必要です。
事前申し込みを受け付けております。
受講ご希望の方はご所属・ご氏名を日本薬剤疫学会事務局までメールにてご連絡ください。
>>日本薬剤疫学会事務局 info-pharmacoepi[あ]jspe[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)
事前申し込みなしでも空席があれば受講可能ですが、座席が30席程度ですので、事前申込者が多い場合は受講できない可能性があります。あらかじめご了承ください。
講習会を受講なさる方は、PVS認定試験の出題範囲の教科書「薬剤疫学の基礎と実践」第2版(医薬ジャーナル社)をご持参いただきますと、よりわかりやすく受講いただけます。
講習会で使用したPPTは、後日日本薬剤疫学会ホームページにUPする予定です。

薬剤疫学実践セミナー-データベース研究・患者報告アウトカム-

薬剤疫学などの臨床研究者一般を対象に、研究デザインに関するワークショップ・講義を行います。奮ってご参加ください。

※定員に達したため事前登録を締め切りました。

薬剤疫学実践セミナー(PDF)

日時:2016年11月20日(日) 9:00~12:00
場所:みやこめっせ(京都市勧業館)
オーガナイザー:山口 拓洋

プログラム(予定):

オーガナイザー挨拶(5分) 山口 拓洋(東北大学)
データベースを用いた市販後安全性研究ワークショップ(120分)
  京都大学薬剤疫学分野スタッフ
患者報告アウトカム(40分) 山口 拓洋(東北大学)、宮路 天平(東京大学)
質疑応答  
セミナーの受講について受講料は不要ですが、第22回日本薬剤疫学会学術総会の参加証が必要です。
事前登録制です(定員50人)。登録はこちらまで。
定員に達したため事前登録を締め切りました。
多数のご登録、ありがとうございました。

Page top