ご挨拶
 この度、第26回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会の会長に推挙され、来る2017年7月13日(木)・14日(金)の2日間、ホテルグリーンパーク津とアスト津にて開催させていただくことになりました。三重大学が本研究会をお世話させていただくのは、第7回(1998年)の川村壽一教授に続き、今回で2回目となりますが、この伝統のある研究会を担当させていだくことを光栄に思いますとともに謹んでご挨拶を申し上げます。
 さて、本総会のテーマとしては、「疾患予防と生活環境」としました。特別講演としては、環境ホルモン・内分泌撹乱物質について井口泰泉先生(基礎生物学研究所名誉教授)に、がんの疫学について田島和雄先生(愛知県がんセンター研究所 元所長)に、食品と健康長寿について山田静雄先生(静岡県立大学大学院薬学研究院 薬食研究推進センター、センター長)に、また、神経内分泌と抗加齢について川戸 佳先生(東京大学大学院総合文化研究科 元教授)にご講演をいただきます。また、モーニングセミナーとして岩佐元雄先生(三重大学、消化器肝臓内科准教授)に栄養学のトピックスについてご講演いただく予定です。
 さらに、シンポジウムとしては、1)食品・栄養素と泌尿器疾患(仮)、2)腎癌治療におけるプレシジョン・メディシン(仮)、3)前立腺癌の自然史の新展開(仮)の3つのテーマに沿って討議していただく予定です。以上、「疾患予防と生活環境」に関する多面的で盛りだくさんなプログラムを企画しました。一般演題はすべて口演でご発表いただく予定でおりますが、会員の皆さんにおかれましては、演題の応募をどうぞよろしくお願い申し上げます。また、この機会に三重県内の各地に足を運んでいただき、風光明媚な自然景観・名所旧跡をご訪問いただき、各地域の名物料理もご堪能していただければ幸いです。
 以上、簡単ですが、第26回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会を開催するにあたりご挨拶をさせていただきました。多数の皆さんにご参加いただき、実り多い研究会になるように、教室員一同心からお待ち申し上げております。
第26回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会
会長 杉村芳樹
(三重大学大学院医学系研究科 腎泌尿器外科学分野 教授)
Page Top