第27回JPIC学術集会
お問い合わせ

大会事務局

広島市民病院循環器小児科
〒730-8518
広島市中区基町7番33
TEL:082-221-2291
FAX:082-223-1447

運営事務局

日本コンベンションサービス(株)
〒650-0046 神戸市中央区
港島中町6-9-1
神戸国際交流会館6階
TEL:078-303-1101
FAX:078-303-3760
E-mail:27jpic@convention.co.jp

会長挨拶

平素よりJPIC学会の活動に、格別のご協力を賜り心より感謝申し上げます。

 さて、平成28年1月28日(木)~30日(土)の3日間、広島国際会議場におきまして、 「第27回日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会」を開催させていただくことになりました。平和都市:広島で開催されることもあり、メインテーマを「過去に学び、明日へと繋ぐ」と致しました。 日本Pediatric Interventional Cardiology学会は、年1回開催される学会で、カテーテル治療を専攻する小児科学・心臓血管外科学医師の最も活発な討議の場となっております。若手医師にとっては学術討論のあり方を学ぶ場であり、数多くの演題・講演は、小児循環器領域を専攻する医師の臨床能力向上に貢献してきました。
 今回、初めての試みとしてcatheter interventionalistを目指す若い医師向けに、①カテーテル治療に必要なimaging、②BAS/static BAS、③バルーン肺動脈(弁)形成術、④バルーン大動脈形成術、⑤PDAコイル塞栓術、⑥ADOによるPDA閉鎖術、⑦ASOによるASD閉鎖術、⑧ ステント留置術、⑨ カテーテルアブレーションについての教育講演を企画しております。「カテーテル治療に興味はあるが実際に行ったことはない。どのような世界か覗いてみたい。」そんな先生方にも是非参加していただきたいと考えております。

 海外からは Dr.Ziyad M. Hijazi、Dr.Shakeel A Qureshi、Dr.Mazeni Alwi、Dr.Jae-Young Choiの4名の先生方が来日され、ご講演いただく予定です。

 最後になりますが、広島には世界遺産である原爆ドーム・厳島神社をはじめ、少し足をのばせば映画のロケ地でも有名な尾道といった観光地や広島焼き・もみじ饅頭、牡蠣など手軽に楽しみいただけるグルメも充実しています。

皆様と広島でお会いできることを心からお待ちいたしております

第27回JPIC学術集会 会長  鎌田 政博
広島市立広島市民病院 循環器小児科
ページTOPへ