第3回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会

会期:2018年6月22日(金)~23日(土)会場:千里ライフサイエンスセンター 会長:瀧原 圭子(大阪大学キャンパスライフ健康支援センター、大阪大学大学院医学系研究科 循環器内科学)

演者・座長の皆さまへ

  • 発表はPCプレゼンテーションに限ります。発表データ受付に関する詳細は、下記の<演者の皆様へ>をご参照ください。
  • 演者は、セッションの1時間前までにPC受付を済ませ、発表の10分前までに次演者席に着いてください。座長は、セッションの10分前までに次座長席に着いてください。
  • 進行は座長・司会に一任いたします。演者は指示に従い、時間厳守にご留意ください。

<発表時間>

講演時間 質疑応答 合計時間
主題演題 運営準備室より別途ご案内をお送りします。
YIA演題 10分 5分 15分
一般演題 7分 3分 10分
症例カンファレンス
(第19回肺高血圧治療談話会)
10分 15分 25分
八巻賞/学会奨励賞 25分 25分

座長の皆様ヘ

  1. 座長受付は行いません。担当セッション開始予定時刻の10分前までに、会場内右手前方席にお着きください。
  2. 進行は座長に一任いたしますが、時間厳守にご協力をお願いいたします。

演者の皆様ヘ

  1. 筆頭演者の利益相反に関する情報開示をお願い致します。
  2. 参加登録を済ませてからPCセンター(千里ライフサイエンスセンター 5階 ロビー)へお越しください。
  3. 発表データの受付、パソコン持込の場合の出力チェック・確認は全てPCセンターにて行います。
    必ず発表の30分前までに受付を済ませてください。
    PCセンター受付時間

    6月22日(金) 8:00~17:30
    6月23日(土) 8:00~16:00

    ※会期初日の午前中は大変混雑いたします。
    基本的には先着順にて対応いたしますが、やむを得ず早い発表時間の方を優先させていただく場合がありますので、予めご了承ください。

  4. 質疑応答、討論につきましては座長の指示に従ってください。
  5. 発表は、PCプレゼンテーションのみです。
    演台上に設置されているマウス・パッドを操作してください。
  6. 発表データは、パソコン本体をご持参されるか、メディアでご持参ください。
    Windowsのみデータ持込みが可能です。
    Macintoshで作成したデータの場合は、パソコン本体を必ず持参してください。
  7. 発表後、お預かりした発表データは事務局で責任をもって消去いたします。

メディアをお持込になる場合

A) 使用可能なメディアは、USBメモリのみです。
B) 持ち込まれるメディアには、当日発表されるデータ(完成版)以外のデータを入れないようにしてください。
C) 事務局で用意するPCは、OS:Windows10以降、アプリケーションソフト:Microsoft PowerPoint 2007/2010/2013/2016です。
D) 動画データをご使用の場合は、Windows10およびWindows Media Player11以降の初期状態態に含まれるコーデックで再生できる動画ファイルを作成の上、スライド自身に埋め込むか、リンクする場合はスライドデータと同一フォルダーに入れてお持ちください。
(動画ファイルはWMV又はMP4形式を推奨いたします。)
必ず作成に使用されたPC以外の機種での動作確認をお願いいたします。
バックアップデータもお持ち戴いただけることを推奨いたします。
E) 使用フォントは文字化け、レイアウトのくずれを防ぐためWindows標準搭載のものご使用ください。
メイリオ、MSゴシック、MSPゴシック、MS明朝、MSP明朝、Arial、Arial Black、Century、Century Gothic、Times New Roman など
F) 発表に使用するPCは全てXGA(1024×768)に統一してありますので、データの解像度をXGAに合わせてから作成してください。(4:3)
このサイズと異なる場合、正常に表示されないことがあります。
G) メディアを介したウィルス感染の事例がありますので、最新のウィルス駆除ソフトでチェックしてください。
H) 演台上のモニターはスクリーンと同じスライドが表示されており、発表者ツールは使用できません。

パソコンをお持込になる場合

A) パソコンのACアダプターは必ずご自身でご用意ください。
会場でご用意するケーブルコネクタの形状は、Mini D-Sub15ピンです。
外付けコネクターを必要とする場合には必ずご自身でお持ちください。DVIやHDMIでは出力できません。
B) スクリーンセーバーならびに省電力設定等は事前に解除してください。
C) スリープからの復帰時、起動時のパスワードは解除しておいてください。
D) バックアップ用のデータ(USBメモリ)もご持参ください。
E) スムーズな進行のために、演台への乗せ上げや発表者ツールのご使用はご遠慮ください。
F) 端末は、ご発表の20分前には会場内のオペレーター席にお持込願います。
G) 端末は、セッション終了後、会場内のオペレーター席にてご返却いたします。

PAGETOP

Copyright © 2017 第3回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会 All Rights Reserved.