第43回日本マイクロサージャリー学会学術集会

2016年11月17日(木)-18日(金) リーガロイヤルホテル広島 会長:砂川融 参加者へのお知らせ

教育研修講演受講者へのお知らせ座長・演者へのお知らせ

学術集会参加の方へ

■参加受付

場所: リーガロイヤルホテル広島 3F ロビー
時間: 11月17日(木)7:30~17:30
11月18日(金)7:30~16:00

※11月16日(水)の受付は4Fのロビーにて、16:00~18:00の間、受付を行います。
評議員以外の方も受付いたします。

参加登録の方

抄録集巻頭に綴じ込みの参加申込書に必要事項をご記入の上、受付にて学会参加費を納入してください。
参加費納入後、ネームカード(領収書付)をお渡ししますので、会場内では必ずお付けください。

正会員 準会員 非会員※1 初期臨床研修医※2 大学生※3
18,000円 8,000円 18,000円 8,000円 無料
※1
マイクロサージャリ―に携わる方以外の分野で興味のある方
※2
所属長の証明を必要とします(当日参加受付でご提示ください)。
※3
学生の方は、必ず学生証の提示をお願いいたします。
教育研修講演単位取得希望の方

抄録集巻頭に綴じ込みの「教育研修講演受講申込書」に必要事項をご記入の上、総合受付にて受講料(1単位につき1,000円)を添えてお申し込みください。
詳細は、教育研修講演受講者へのお知らせをご確認ください。

技術講習会受講者の方(事前参加登録制)

総合受付にて学会用ネームカード、講習会用ネームカードをお受け取りください。
また、非会員の方は、あらかじめ日本マイクロサージャリー学会事務局にて入会手続きを行ってください。

広島平和記念資料館への入館について

学会期間中(11/17-11/18)、本学術集会参加証を受付にて提示していただくと無料で入館することが可能です。

■抄録集

会員の方には、事前に発送いたしますのでご持参ください。
別途必要な方は、当日、総合受付にてお求めください。(1部3,000円)

■年会費・新入会・住所変更

総合受付の日本マイクロサージャリー学会事務局におきまして、年会費の納入、新入会および住所・所属変更の手続きを行っております。
入会金5,000円、年会費は正会員10,000円・準会員(医師以外)5,000円です。

■企業展示

場所: リーガロイヤルホテル広島 4F ロイヤルホール前
3F 瀬戸の間(顕微鏡展示)

■クローク

場所: リーガロイヤルホテル広島 4F クローク

※貴重品・パソコンはお預かりできません。

■呼び出し

呼び出しは行っておりませんので、総合受付前の伝言板をご利用ください。

■昼食

フェニックスセミナーのお弁当は整理券制といたします。
配布時間は下記の通りです。

場所: 3F ロビー
時間: 11月17日(木)、11月18日(金)8:00~11:00

※なくなり次第終了となりますので、ご注意ください。

■全員懇親会について

11月17日(木)18:30~ リーガロイヤルホテル広島 4F クリスタルホール
参加費は無料ですので奮ってご参加ください。

■録画・録音・写真撮影について

会場内では一切禁止です。ルールを守れない場合は退席していただきますのでご注意ください。

■館内について

会場内は禁煙です。指定の喫煙所をご利用ください。

■新人賞・アイデア賞について

今回は、新人賞とアイデア賞のセッションを設けており、学会参加者のWEB投票により学会当日受賞者を決定いたします。
学会参加登録時にID番号をお渡しいたしますのでWEB投票の際入力ください。

※異なるID番号を入力された場合は無効票といたしますのでご注意ください。

新人賞 投票 アイデア賞 投票
WEB投票最終受付時間
新人賞: 11月17日(木) 17:53まで
アイデア賞: 11月18日(金) 16:03まで

受賞者の発表は、新人賞は全員懇親会、アイデア賞は閉会式にて行いますので是非ご参加ください。

ページトップへ ↑

学術集会参加の方へ座長・演者へのお知らせ

教育研修講演受講者へのお知らせ

  • 1単位につき1,000円です。
    日本整形学会外科学会と日本手外科学会の教育研修単位、および日本形成外科学会の領域講習単位の同時取得が可能です。
  • 受講者の方は、先に学術集会の参加証をご提示の上、受講参加受付を行ってください。
  • 抄録集巻頭に綴じ込みの受講申込書に必要事項をご記入のうえ、受講料(1単位につき1,000円)を添えてお申込みください。

※受講料の払い戻しはいたしませんのでご注意ください。

※各教育研修講演受講のためだけに入場される場合にも、学術集会参加費は必ず必要です。

■日本整形外科学会

  • 平成27年1月1日より教育研修会単位取得が完全デジタル化されましたので、必ず日整会ICカードをご持参ください。
    カードがお手元にない方は、日整会事務局までお問い合わせください。
    (TEL: 03-3816-3671)
  • 先に単位受付で受講申込をお済ませの上、講演開始10分前から講演開始後10分までにIC会員カードまたは仮IC会員カードを講演会場入口のカードリーダーにかざして出席登録を行ってください。
    10分を過ぎた場合、受講手続きが完了していない場合、途中退場された場合には単位取得はできません。
  • 単位の必須分野番号を、研修会当日に選択することはできません。
    開催日より1週間後以降に、会員専用ページ内の「単位振替システム」を利用して、ご自身で、ご希望の必須分野番号への振替をお願い致します。

■日本手外科学会

  • 講演終了後、受講証明書の日手会提出用を切り取り、会場出口にご提出ください。
  • 受講証明シールは、廃止になりました。認定分野の申請も不要となっています。
  • 学会参加で4単位、本学会に関しては他に最大4単位まで取得可能です。

■日本形成外科学会

  • 講演終了後、受講証明書の日形会提出用を切り取り、会場出口にご提出ください。

教育研修講演

ページトップへ ↑

教育研修講演受講者へのお知らせ座長・演者へのお知らせ

座長・演者へのお知らせ

座長の方へ

  • 担当セッションの開始10分前までに会場内右手前方の次座長席にご着席ください。
  • 全体の時間配分についてはご一任します。時間厳守にご協力お願いいたします。
  • 座長席上に計時装置が設置してあります。発表終了1分前に黄色、終了時に赤色の警告ランプが点灯します。進行は時間厳守でお願いいたします。

演者の方へ

発表方法について(すべての講演・演題に共通です)

  • 発表方法はPC(パソコン)プレゼンテーションに限定いたします。
  • 発表データはUSBメモリー、PC本体持ち込みのみとさせていただきます。
  • PC受付は、4Fロビーに設置いたします。発表30分前までにPC受付をお済ませください。
    受付時間: 11月17日(木)7:30~17:30
    11月18日(金)7:30~16:00
  • 会場では、前演者が登壇されたら必ず次演者席にお着きください。
  • 演台上に計時装置が設置してあります。
    発表終了1分前に黄色、終了時に赤色の警告ランプが点灯します。発表は時間厳守でお願いいたします。

講演時間について

特別シンポジウム 発表10~15分、質疑3分、総合討論なし
ビデオシンポジウム 発表8分、総合討論あり
シンポジウム、パネルディスカッション 発表8分、総合討論あり
ビデオセッション 発表7分、質疑3分、総合討論なし
一般演題 8分(発表5分、質疑3分)※

※症例報告の演題は5分(発表3分、質疑2分)です。
また、対象の演題は演題番号の前に「*」を付けております。
プログラムの進行上、時間厳守でお願いします。

PCプレゼンテーションについて

PC本体持ち込みの場合
1) お持ち込みいただくPCの機種、OSおよびアプリケーションソフトの種類は問いません。
音声、動画も使用できます。
2) 会場のプロジェクターへは、外部出力端子(D-sub 15pin)での接続となりますので、変換コネクタを必要とする場合は必ずご持参ください。
3) ACアダプターを必ずご持参ください。
USBメモリ持ち込みの場合
1) 講演会場およびPC受付にはWindows PCを用意します。対応アプリケーションソフトはWindows Microsoft PowerPoint 2010/2013/2016です。
2) 使用フォントは標準で装備されているものをご使用ください。特殊なフォントの場合、表示ずれ、文字化けが生じることがありますのでご注意ください。
[推奨フォント] 日本語:MSゴシック、MSPゴシック、MS明朝、MSP明朝
英語:Arial、Times New Roman

※PC試写の際に必ず文字等の確認を行ってください。

3) 受付したデータはサーバーへ登録させていただき、USBはその場で返却いたします。発表終了後、登録されたデータは学術集会事務局にて責任を持って消去いたします。
4) 発表用のファイル名は「演題番号+氏名」としてください。
5) 動画データ使用の場合は、Windows Media Player(標準コーデック)で動作する形式をご用意ください。
  • 動画ファイルはwmv形式を推奨します。
  • PowerPointとのリンク状態を保つため、使用動画データも同じフォルダに一緒に保存してください。
  • バックアップ用としてご自身のPCもご持参いただくことをお薦めします。

発表時のPC操作について

発表の際のページ送りは、演台に設置しておりますモニター、マウス、パッドを使用して、演者ご本人にて操作してください。

質疑をされる皆様へ

  • あらかじめマイクの前でお待ちください。
  • 司会・座長の指示に従い、所属・氏名を述べてから発言してください。

このページのトップへ戻る