会長挨拶

第45回日本肩関節学会 会長 大阪大学大学院運動器バイオマテリアル寄附講座 教授 菅本 一臣

 このたび第45回日本肩関節学会を平成30年10月19日20日の両日に大阪国際会議場にて大阪大学が主催させていただくことになりました。
 大阪での開催は第35回に米田稔先生が会長をされて以来ですので、10年ぶりとなります。

 さて、今回学会のテーマは「肩関節を議論する Discuss the shoulder」といたしました。近年日本肩関節学会でもグローバル化が叫ばれています。それを私なりに解釈した結果として、このテーマを考えました。
 私が考えるグローバル化とは学会での英語の発表や討論も必要ですが、最も重要なことは日本独自のオリジナリティのある研究成果を如何に世に問うことができるかであると考えています。名古屋大学の名誉教授益川敏英先生は海外での英語の発表なくともノーベル賞を受賞されました。それはひとえに研究の素晴らしさが評価されてのことであると思います。私は少しばかり英語ができると自分では思っていましたが、それはグローバル化の本質ではないと知りました。

 日本肩関節学会では遠藤寿男先生のloose shoulderや信原克哉先生のrotator interval lesionなど独自性のある研究を様々に輩出してきたという輝かしい歴史があります。そのたいまつの火を後に続く先生方に渡していくためにも、本学会が成果あるものにしたいと思います。
 年齢に関係なく日本肩関節学会においても素晴らしい研究が行われています。しかも、そのネタが十分に吟味されていないために、発表の段階ではもう一つ物足らないものも数多くあるように感じていました。今回の学会のテーマが「肩関節を議論する Discuss the shoulder」とあるように、許される限りの時間をかけて肩関節を十分に議論して、それを楽しみながら、素晴らしい研究となるように後押しができればと考えています。

 これまでも様々なテーマが主題やシンポジウムの中で取り上げられてきました。またその成果は日本からの素晴らしい研究として国内外でも知られるところとなっています。しかし、主題やシンポジウムのテーマは例年その年の4~5月頃に学会のホームページなどで初めて掲載され、そのために十分な準備期間を設けることができませんでした。特にプロスペクティブな研究や時間をかけた比較検討などの研究が行いにくい状況にあったのではないかと考えました。

 私が研究医となる以前には広く行われていたようですが、今回「宿題報告」という試みを提案したいと思います。3テーマに関して、1年間の準備期間をもって十分な検討を行って、その成果を来年の本学会にて報告していただきたいと思います。広く全会員から公募を募りたいと思いますので、よろしくご応募ください。
 なお主題やシンポジウムは通常と同じく2018年4~5月頃に学会のホームページなどでテーマを別途決定し、募集いたします。それにも多くの会員からの応募をいただきたいと思います。

 さらに大阪の街は最近再開発などが進み大きく変貌いたしました、また近年は中国などからの旅行者がUSJに大挙して押し寄せております。学会だけではなく異国に迷ったかと思われる大阪も十分に堪能していただきたいと思います。

© 第45回日本肩関節学会. All Rights Reserved.