第52回日本糖尿病学会九州地方会

糖尿病管理を中心に共に生きる
2014年10月31日(金)~11月1日(土) ホテル日航熊本/テトリア熊本 会長:岸川秀樹

ごあいさつ

第52回日本糖尿病学会九州地方会は、平成26年10月31日(金)・11月1日(土)の2日間、熊本市の「ホテル日航熊本」および「テトリア熊本」を会場として、開催いたします。伝統ある本会を熊本大学保健センターでお世話させて頂くことを、スタッフ一同、大変光栄に存じております。

近年の糖尿病治療の進歩は目覚ましく、インクレチン製剤などが次々と登場し、九州地方会でも多くの研究成果が発表されて参りました。平成26年度には、さらにナトリウム依存性グルコース輸送担体2(SGLT2)阻害薬及び抗肥満薬が上梓予定と伺っており、糖尿病の治療は、さらに広範な知識と深い経験を要求される新しい段階に入りつつあるようです。一方、糖尿病患者数が増え続けている中で、治療管理を担当するスタッフと医療資源は限られており、医療スタッフには、これまで以上にきめ細かくかつ効率の高い患者支援と専門知識が求められています。このような状況で、九州地区において糖尿病の治療管理に関する最新の情報を交換する機会を持つことは大変重要で、このような草の根の努力が、個々の患者さんの生活の質の向上をもたらし、ひいては九州地区全体の糖尿病患者管理支援の質の向上に繋がるものと推察いたします。

第52回九州地方会では、例年と同様、特別講演、教育講演、シンポジウム、ワークショップなどを予定しており、一般演題も広く募集します。糖尿病学会認定専門医の資格更新の際に受講が義務付けられております「指定講演」は会期1日目および2日目に設定いたします。また、土曜日には糖尿病の治療管理に携わるコメディカルの皆様にも参考にして頂けるような内容の一般市民向け公開講座も開催いたします。

平成25年度の糖尿病学会年次学術総会では、学会の合間に初夏の熊本の味覚や観光を満喫して頂いたと思います。平成26年度地方会では、熊本の秋の味覚と観光も堪能頂ければと存じます。

多くの先生方とコメディカルの皆様の御参加を心よりお待ち申し上げております。

第52回日本糖尿病学会九州地方会
会長 岸川秀樹
(熊本大学保健センター)

このページのトップへ戻る