2013年11月21日(木)・22日(金)
ホテルニューオータニ(東京)
肺癌の予後改善に向けての挑戦
会長:永井完治

プログラム

※日程表、日別プログラムは、10月10日(木)時点でのものです。

日程表

日程表(全体) 日程表(ポスター)

日別プログラム

プログラム(11月21日) プログラム(11月22日)

海外招聘演者

1.Malcolm Brock (The Sidney Kimmel Comprehensive Cancer Center at Johns Hopkins School of Medicine Sur Thoracic Surgery Faculty, USA)
2.Matatoshi Dohmoto (Oncology Clinic Hamburg, Professor of Endoscopic Surgery, Germany)
3.John Kirkpatrick Field (Cancer Research Centre, The University of Liverpool, UK)
4.Pasi Antero Jänne (Dana Farber Cancer Institute, USA)
5.Brendon Matthew Stiles (Cardiothoracic Surgery, Division of Thoracic Surgery, New York Presbyterian Hospital! Weill Cornell Medical College, USA)
6.Ming Sound Tsao (Ontario Cancer Institute, Princess Margaret Cancer Centre, Canada)
7.Ara Asadur Vaporciyan (Thoracic & Cardiovascular Surgery, U.T. M. D. Anderson Cancer Center, USA)
8.Kazuhiro Yasufuku (Division of Thoracic Surgery, Toronto General Hospital, University of Toronto, Canada)
9.Mark Richard Dylewski (South Miami Hospital/Baptist Medical Center, USA)

特別講演

「福島原発関係と放射線障害について(仮)」

司会: 早川 和重 (北里大学医学部 放射線科学(放射線腫瘍学))
演者: 中川 恵一 (東京大学病院 放射線科)

シンポジウム

S1.非小細胞肺癌に対する分子標的治療の役割《学術委員会特別企画シンポジウム》
座長: 山本 信之 (和歌山県立医科大学附属病院 呼吸器内科)
  佐々木治一郎 (北里大学医学部 呼吸器内科)
S2.Ⅳ期非小細胞癌に対する治療戦略
座長: 田村 友秀 ((独)国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科)
  長谷川好規 (名古屋大学大学院医学系研究科 呼吸器内科学)
企画内容
S3.5年後の肺癌治療《学術委員会特別企画シンポジウム》
座長: 野口 雅之 (筑波大学医学医療系 診断病理学)
  西尾 和人 (近畿大学医学部 ゲノム生物学教室)
S4.早期肺癌に対する治療戦略
(外科治療vs.非外科治療、重粒子線、陽子線、SRT, ラジオ波、凍結療法)
座長: 早川 和重 (北里大学医学部 放射線科学(放射線腫瘍学))
  鈴木 健司 (順天堂大学医学部 呼吸器外科学講座)
企画内容

ワークショップ

W1.進展型小細胞肺癌に対する治療戦略
座長: 大江裕一郎 ((独)国立がん研究センター東病院 呼吸器内科)
  木浦 勝行 (岡山大学病院 呼吸器・アレルギー内科)
企画内容
W2.非小細胞肺癌に対する分子標的薬の効果的使用方法
座長: 高橋 和久 (順天堂大学大学院医学研究科 呼吸器内科)
  矢野 聖二 (金沢大学附属病院 がん高度先進治療センター /
 金沢大学がん進展制御研究所 腫瘍内科)
企画内容
W3.肺癌に対する完全鏡視下手術の工夫
座長: 近藤 晴彦 (杏林大学医学部外科学教室 呼吸器・甲状腺外科)
  岩﨑 昭憲 (福岡大学医学部 呼吸器・乳腺内分泌・小児外科)
企画内容
W4.局所進行非小細胞肺癌に対する拡大手術
座長: 呉屋 朝幸 (杏林大学医学部 外科(呼吸器・甲状腺外科))
  岡田 守人 (広島大学原爆放射線医科学研究所 腫瘍外科)
企画内容
W5.切除可能中皮腫集学的治療における胸膜切除/肺剥皮術の位置付け(EPPとの比較)
座長: 長谷川誠紀 (兵庫医科大学病院 呼吸器外科)
  横井 香平 (名古屋大学大学院 呼吸器外科学)
企画内容
W6.小型肺癌に対する縮小手術の長期予後
座長: 池田 徳彦 (東京医科大学 外科学第一講座)
  永安  武 (長崎大学大学院 腫瘍外科)
企画内容
W7.悪性胸膜中皮腫に対する病理診断と治療戦略
座長: 中野 孝司 (兵庫医科大学病院 内科学 呼吸器・RCU科)
  廣島 健三 (東京女子医科大学 八千代医療センター 病理診断科)
企画内容
W8.少数個転移に対する局所治療の意義
(脳転移,骨転移,副腎転移などに対する手術,放射線治療)
座長: 中島  淳 (東京大学医学部附属病院 呼吸器外科)
  唐澤 克之 (がん・感染症センター都立駒込病院 放射線診療科)
企画内容
W9.肺癌のWHO分類の改定にむけた動き(旧 WHO分類とTNM分類)
座長: 石川 雄一 (公益財団法人 がん研究会 がん研究所 病理部)
  淺村 尚生 ((独)国立がん研究センター中央病院 呼吸器外科)
基調講演: Ming Sound Tsao (Ontario Cancer Institute, Princess Margaret Cancer Centre, Canada)
企画内容
W10.肺癌検診は有効か?
座長: 江口 研二 (帝京大学医学部内科学講座 腫瘍内科)
  近藤  丘 (東北大学加齢医学研究所 呼吸器外科学分野)
企画内容
W11.cⅢ期N2非小細胞肺癌の診断と治療戦略
座長: 吉野 一郎 (千葉大学大学院医学研究院 呼吸器病態外科学)
  笠原 寿郎 (金沢大学 医薬保健研究域 医学系 細胞移植学)
基調講演: Kazuhiro Yasufuku (Division of Thoracic Surgery Toronto General Hospital, University of Toronto)
企画内容
W12.75歳以上高齢者肺癌に対する治療戦略
座長: 岡本 浩明 (横浜市立市民病院 呼吸器内科・腫瘍内科)
  一瀬 幸人 (独立行政法人国立病院機構九州がんセンター 臨床研究センター)
企画内容
W13.胸腺上皮性腫瘍の治療戦略
座長: 奥村明之進 (大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座呼吸器外科学)
  藤井 義敬 (名古屋市立大学大学院医学研究科・医学部 腫瘍・免疫外科学)
企画内容
W14.大細胞神経内分泌癌の診断と治療方針
座長: 石井源一郎 ((独)国立がん研究センター東病院 臨床開発センター臨床腫瘍病理部)
  多田 弘人 (大阪市立総合医療センター 呼吸器外科)
企画内容
W15.肺癌生物像に基づいた、新しい肺癌治療の戦略
座長: 弦間 昭彦 (日本医科大学内科学講座 呼吸器・感染・腫瘍部門)
  光冨 徹哉 (近畿大学医学部外科学教室 呼吸器外科)
基調講演: Malcolm Brock (The Sidney Kimmel Comprehensive Cancer Center at Johns Hopkins School of Medicine Sur Thoracic Surgery Faculty, USA)
企画内容
W16.若手肺癌医の教育(知識・技術向上のために知っておくべきこと)
座長: 三好新一郎 (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 呼吸器・乳腺内分泌外科)
  上岡  博 (国立病院機構山口宇部医療センター)
基調講演: Ara Asadur Vaporciyan (Thoracic & Cardiovascular Surgery, U.T. M. D. Anderson Cancer Center, USA)
  Matatoshi Dohmoto (Oncology Clinic Hamburg, Professor of Endoscopic Surgery, Germany)
企画内容

International Symposium

IS1.Molecular targeted therapy for advanced non-small cell lung cancer
座長: 中西 洋一 (九州大学大学院 医学研究院附属 胸部疾患研究施設)
  滝口 裕一 (千葉大学大学院医学研究院 先端化学療法学)
基調講演: Pasi Antero Jänne (Dana Farber Cancer Institute, USA)
  John Kirkpatrick Field (Cancer Research Centre, The University of Liverpool, UK)
IS2.Minimally invasive surgery for lung cancer
座長: 吉田 純司 ((独)国立がん研究センター東病院 呼吸呼外科)
  小田  誠 (金沢大学医学部 心肺・総合外科)
基調講演: Mark Richard Dylewski (South Miami Hospital/Baptist Medical Center, USA)
  Brendon Matthew Stiles (Cardiothoracic Surgery, Division of Thoracic Surgery, New York Presbyterian Hospital! Weill Cornell Medical College, USA)

教育講演

1.胸部CTとPET/CTの読影
司会: 楠本 昌彦 ((独)国立がん研究センター中央病院 放射線診断科)
演者: 遠藤 正浩 (静岡県立がんセンター 画像診断科)
2.胸部単純X線の読影
司会: 江口 研二 (帝京大学医学部内科学講座 腫瘍内科)
演者: 楠本 昌彦 (国立がん研究センター中央病院 放射線診断科)
3.肺癌病理診断の基礎
司会: 蔦  幸治 (国立がん研究センター中央病院病理科)
演者: 仁木 利郎 (自治医科大学 病理学講座)
4.胸部悪性腫瘍の細胞診断の基礎
司会: 蔦  幸治 (国立がん研究センター中央病院病理科)
演者: 大林 千穂 (奈良県立医科大学)
5.肺癌手術におけるリンパ節郭清
司会: 伊達 洋至 (京都大学医学部付属病院 呼吸器外)
演者: 淺村 尚生 (国立がん研究センター中央病院 呼吸器外科)
6.胸腔鏡手術のエマージェンシー
司会: 伊達 洋至 (京都大学医学部付属病院呼吸器外科)
演者: 中村 廣繁 (鳥取大学医学部 胸部外科)
7.緩和放射線療法
司会: 石倉  聡 (順天堂大学医学部 放射線治療学講座)
演者: 原田 英幸 (静岡がんセンター 放射線治療科)
8.外科医・内科医に知ってもらいたい放射線治療計画
司会: 石倉  聡 (順天堂大学医学部附属順天堂医院 放射線科)
演者: 中山 優子 (神奈川県立がんセンター 放射線腫瘍科)
9.Ⅳ期非小細胞肺癌の治療
司会: 山本 信之 (和歌山県立医科大学医学部内科学第3講座)
演者: 岡本  勇 (九州大学病院 ARO次世代医療センター)
10.限局型小細胞肺癌の治療
司会: 山本 信之 (和歌山県立医科大学医学部内科学第3講座)
演者: 久保田 馨 (日本医科大学付属病院 化学療法科)
11.Interventional radiology
司会: 関根 郁夫 (千葉大学医学部附属病院 臨床腫瘍部)
演者: 荒井 保明 (国立がん研究センター中央病院 放射線診断科)
12.肺癌治療医が知っておくべき向精神薬
司会: 関根 郁夫 (千葉大学医学部附属病院 臨床腫瘍部)
演者: 明智 龍男 (名古屋市立大学大学院医学研究科 精神・認知・行動医学分野)
13.化学療法に必要な支持療法
司会: 佐々木治一郎 (北里大学医学部 呼吸器内科)
演者: 井上  彰 (東北大学病院臨床試験推進センター)
14.DNA検査、RNA検査、FISH、免疫染色用の検体をどう採取するか?
司会: 井上  彰 (東北大学臨床試験推進センター)
演者: 里内美弥子 (兵庫県立がんセンター 呼吸器内科)
15.多施設共同臨床試験の基礎と研究者が陥りやすい問題点
司会: 大崎 能伸 (旭川医科大学病院 呼吸器センター)
演者: 中村 健一 (国立がん研究センター 多施設臨床試験支援センター)
16.臨床試験の倫理的側面
司会: 酒井  洋 (埼玉県立がんセンター 呼吸器内科)
演者: 関根 郁夫 (千葉大学医学部付属病院 臨床腫瘍部)

特別報告

1.胸腺データーベース報告
司会: 中島  淳 (東京大学医学部附属病院 呼吸器外科)
演者: 奥村明之進 (大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器外科学教室)
2.肺癌のオンコロジー・エマージェンシー
司会: 清水 英治 (鳥取大学医学部附属病院 分子制御内科学)
演者: 高橋 和久 (順天堂大学大学院医学研究科 呼吸器内科)
3.肺癌登録合同委員会 報告
司会: 横井 香平 (名古屋大学 呼吸器外科)
演者: 澤端 章好 (大阪大学医学部附属病院 呼吸器外科)
4.Best of WCLC 2013
司会: TBD  
演者: TBD  
5.悪性胸膜中皮腫の細胞像
司会: 秋田 弘俊 (北海道大学 腫瘍内科学分野)
演者: 亀井 敏昭 (山口県立総合医療センター 病理診断科・中央検査部)

一般演題

応募演題の中から特に優秀な演題を集め、最優秀演題として特別セッション(Plenary Session)を組みます。

このページのトップへ戻る