発表者の皆様へ 利益相反の開示について

 第56回日本肺癌学会学術集会における臨床研究の利益相反の開示について


本学会では、学術集会における臨床研究に関する発表演題での公明性を確保するため、利益相反に関する指針並びに取扱い細則に則り、演題の筆頭発表者、並びに研究責任者は、それぞれ自己について、利益相反事項に関する申告を行っていただくことになっております。
つきましては、雛形を参考に利益相反関連事項に関する開示をお願いします。

2015年4月
第56回日本肺癌学会学術集会
会長 弦間 昭彦
日本肺癌学会 利益相反管理委員会

 利益相反に関する指針並びに取扱い細則について


演題登録の前にご一読ください。
pdf  利益相反に関する指針(215KB)
pdf  利益相反に関する取扱い細則(180KB)

 学術集会での発表に際しての個人情報開示項目


(2014年1月1日から2014年12月31日までの分についての開示をしてください)
*第56回学術集会での当日発表の際に、口頭発表者はスライドの2枚目に、ポスター発表者は最初もしくは最後の部分に掲示してください(必須)。
*発表内容と関係のある企業等との利益相反がある事項のみ表示してください。
*該当する開示事項がまったくない場合は「該当なし」にチェックしてください。
*教育講演等で包括的なレビューを行う場合は、関連しそうな事項すべてを記載してください。


作成スライドサンプル(PPT)   作成スライドサンプル(PDF)


 I.個人の利益相反記載事項


1.本務○○大学医学部 准教授/○○病院○○科 部長
2.兼業NPOや中間法人の理事長、代表者を務めている場合
企業などのアドバイザー(契約に基づく有償のもの)
3.株式・エクイティ医薬品・医療機関関連企業・研究に関連する企業のものとする
企業株の利益が年間100万円以上の場合
全株式の5%以上を保有する場合
4.講演料など年間50万円以上の場合、当該企業名
5.原稿料など年間50万円以上の場合、当該企業名
6.寄付金年間200万円以上の場合
7.委受託研究総額年間200万円以上の場合
8.専門的助言・証言年間100万円以上の場合
9.その他5万円以上の贈答
上記以外のことで利益相反が懸念される事項

 II.研究発表の場合は以下を併記する※スライド1枚目のタイトル欄に併記することを記載する


当該研究の資金源と研究代表者(資金提供を受けた者)
例)○○財団「○○癌に対する集学的治療研究○○事業」 研究代表者 ○○
  厚生労働科学研究費「○○に関する○○補助研究事業」研究代表者 ○○
  受託研究「○○に関する臨床研究」 ○○株式会社  研究受託者 ○○

 演題登録画面への利益相反関連事項記載欄と説明文書


 1.発表者の利益相反


金額 該当の有無 該当する場合:企業名等
法人の代表 有・無
企業等の顧問職 100万円以上 有・無
株式・エクイティ 100万円以上の利益
全株式の5%以上
有・無
講演料など 50万円以上 有・無
原稿料など 50万円以上 有・無
寄付金 200万円以上 有・無
委受託研究(治験費) 200万円以上 有・無
専門的助言・証言(裁判) 100万円以上 有・無
その他 5万円以上の贈答他 有・無

 2.研究責任者(試験責任医師)の利益相反


研究責任医師氏名 所属
金額 該当の有無 該当する場合:企業名等
法人の代表 有・無
企業等の顧問職 100万円以上 有・無
株式・エクイティ 100万円以上の利益
全株式の5%以上
有・無
講演料など 50万円以上 有・無
原稿料など 50万円以上 有・無
寄付金 200万円以上 有・無
委受託研究(治験費) 200万円以上 有・無
専門的助言・証言(裁判) 100万円以上 有・無
その他 5万円以上の贈答他 有・無

 肺癌臨床研究の利益相反に関する説明文書とQ&A


(利益相反関連事項の報告必須化について)
1.日本肺癌学会の学術集会での発表に際しては利益相反関連事項への記載が必須になります。

(報告対象者について)
2.報告対象となるのは(1)筆頭発表者、及び(2)臨調研究責任者です。

(研究発表の場合について)
3.学術集会での発表に際しての個人情報開示項目の「Ⅱ.研究発表の場合は以下を併記する」とあるが、スライド1枚目のタイトル欄に併記して下さい。

(詳しい情報についての問い合わせ先について)
4.不明の点があれば、日本肺癌学会事務局までe-mailにてお問い合わせ下さい。その際には、タイトルに「学術集会-利益相反について」と記して下さい。

(Q&Aについて)
5.以下によくある質問を挙げています。

 よくある質問


Q.企業等というのは具体的には何を指しますか?
A.営利を目的とした企業で、医薬品・医療機器・検査器具・試薬等の製造販売に関連するものを指します。企業の経営する医療機関の職員の場合は記載不要です(所属機関として抄録等には記載はされます)。

Q.利益相反があると発表できなくなりますか?
A.そのようなことはありません。一方、報告がない場合は登録完了しないので発表できません。

Q.利益相反があることで発表が不利になることはありませんか?
A.利益相反の存在をプログラム編成の中で評価することは考えていません。

Q.いつの分を報告するのですか?
A.抄録作成の前年度です。2013年の学術集会発表の場合、2014年1月1日から2014年12月31日までの分を報告して下さい。

Q.発表者の分だけで良いですか?
A.研究責任者の利益相反も報告して下さい。なお、各人の利益相反開示事項には生計を一にする親族も含まれています。

Q.研究責任者の定義を教えて下さい。
A.発表する研究の実施に関してプロトコール作成や試験遂行上の責任を持つ立場の人です。
多施設共同研究の場合は、グループによってプロトコール作成者、研究事務局を務める研究者、論文作成責任者、研究資金管理者、研究組織の長など様々な場合が想定されると考えられますので、誰が研究責任者であるかは研究グループで判断して下さい。

Q.発表者が研究責任者の場合はどうしたら良いですか?
A.その場合は、研究責任者記載欄に発表者氏名と所属を記載し、発表者と同じ内容を入力して下さい。

Q.抄録登録に際しては利益相反を届けていませんでしたが。
A.口演、ポスター発表に関わらず、当日の発表に際しては提示していただくことになっています。抄録集とweb siteに注意事項を掲載しています。所定の様式に準じてCOI記載項目を完成させ、提示して下さい。

Q.その他とはどんなことを指しますか?
A.たとえば、利害関係を有する企業からの臨床研究とは関係のない贈答(5万円以上)や、自らが代表者を務める団体等が企業から高額の寄付を受けている場合など、項目には該当しないが利益相反が生じる可能性があるものについて記載して下さい。不明の点は以下にお問い合わせ下さい。

Q.治験関連の発表で、発表と関連がある企業はどんな企業を示しますか?
A.治験として用いられた薬剤を開発している全ての企業です。

 《 利益相反の開示についてのお問合せ先 》


特定非営利活動法人 日本肺癌学会事務局
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-16 ぶよおビル4階
TEL:03-6225-2776
E-mail:office@haigan.gr.jp

  • pdf
  • PDFを閲覧・プリントするには、Adobe Readerが必要です。最新バージョンのダウンロードをお勧めいたします。