プログラム

プログラムは今後も随時更新させて頂きます。

11月5日(木)

国際分子甲状腺学シンポジウム 13:45~15:45 第1会場 大ホール

Molecular aspects of thyroid cancer
座長
光武 範吏(長崎大学 原爆後障害医療研究所 放射線リスク制御部門 放射線災害医療研究分野)
志村 浩己(福島県立医科大学医学部 臨床検査医学講座)
演者
Activation of the RhoB signaling pathway by thyroid hormone receptor β
古屋 文彦(山梨大学医学部 第三内科)
Molecular drivers and modifiers in thyroid carcinogenesis
Minho Shong(Research Center for Endocrine and Metabolic Diseases, Division of Endocrinology, Department of Internal Medicine, Chungnam National University School of Medicine)
Genomic landscape of radiation-induced and sporadic thyroid cancers: clinical implications.
James A. Fagin(Memorial Sloan Kettering Cancer Center)
The Chernobyl Tissue Bank - an infrastructure for systems biology of thyroid cancer.
Gerry Thomas(Imperial College London)

専門医教育セミナーⅠ 17:15~18:45 第1会場 大ホール

座長
山田 正信(群馬大学大学院医学系研究科 病態制御内科学)
福成 信博(昭和大学横浜市北部病院 外科系診療センター 外科)
演者
悪性甲状腺腫に対する放射性ヨウ素内用療法の変化
野口 靖志(医療法人 野口病院 放射線科)
甲状腺がんに対する分子標的薬の適正使用と副作用管理について
清田 尚臣(神戸大学医学部付属病院 腫瘍・血液内科)
甲状腺超音波検査に求められるもの
村上 司(医療法人 野口病院 内科)

11月6日(金)

三宅賞受賞講演 10:30~11:00 第1会場 大ホール

教育講演 11:00~12:00 第1会場 大ホール

座長
鈴木 眞一(福島県立医科大学医学部 甲状腺内分泌学講座)
演者
『放射線と甲状腺 −震災から4年半を経過して−』
山下 俊一(長崎大学 原爆後障害医療研究所 社会医学部門 放射線災害医療研究分野/長崎大学 理事・副学長/福島県立医科大学 副学長)

特別講演 13:30~14:00 第1会場 大ホール

iPS細胞と内分泌腫瘍
座長
岩﨑 泰正(高知大学 臨床医学部門)
演者
疾患特異的iPS 細胞の樹立と疾患治療に向けたチャレンジ
横内 裕二(福島県立医科大学医学部 多能性幹細胞研究講座)

シンポジウムⅠ 13:30~14:30 第2会場 小ホール
メディカルサポート

第24回内分泌糖尿病心理行動研究会ジョイントシンポジウム「甲状腺とこころ」
座長
荒田 尚子(国立研究開発法人国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター 母性内科)
山端 陸夫(元 福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター)
演者
バセドウ病の心身医学
深尾 篤嗣(一般財団法人茨木市保健医療センター)
甲状腺がんに直面した小児・若年成人者とその家族に対する支援
古橋 知子(福島県立医科大学 看護学部/附属病院看護部)
甲状腺二次検査対象者と家族へのサポート
八木 亜紀子(福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター)

会長講演 14:00~14:30 第1会場 大ホール

座長
竹之下 誠一(福島県立医科大学医学部 器官制御外科学講座)
演者
震災後4年を経た福島の現状
鈴木 眞一(福島県立医科大学甲状腺内分泌学講座)

臨床重要課題 14:30~15:00 第1会場 大ホール

座長
赤水 尚史(和歌山県立医科大学 内科学第一講座)

基礎甲状腺学セミナー 14:30~16:00 第2会場 小ホール

座長
鯉淵 典之(群馬大学大学院医学系研究科 応用生理学分野)
菅原 明(東北大学大学院医学系研究科 分子内分泌学分野)
演者
福島県潮間帯及び沿岸の海産生物における質的・量的変化
堀口 敏宏(国立研究開発法人国立環境研究所 環境リスク研究センター生態系影響評価研究室)
脳神経回路における経路選択的な機能操作技術
小林 和人(福島県立医科大学附属生体情報伝達研究所 生体機能研究部門 )
脳発達期に発現するコファクターの解析
岩崎 俊晴(神奈川県立保健福祉大学 人間総合・専門基礎)

シンポジウムⅡ 15:00~16:40 第1会場 大ホール
小児甲状腺癌

座長
原田 正平(国立研究開発法人国立成育医療研究センター マススクリーニング研究室)
清水 一雄(日本医科大学付属病院 内分泌外科)
演者
当科における若年性甲状腺乳頭癌の検討
中村 泉(福島県立医科大学医学部 甲状腺内分泌学講座)
小児甲状腺乳頭癌の臨床的特徴と治療成績
内野 眞也(医療法人財団野口記念会 野口病院 外科)
検診で発見された小児・若年者甲状腺癌に見られる遺伝子変異の特徴
光武 範吏(長崎大学 原爆後障害医療研究所 放射線リスク制御部門 放射線災害医療研究分野)
Childhood Thyroid Cancer Following The Chernobyl Accident
Gerry Thomas(Imperial College London)

基礎医学研究助成講演 16:00~16:30 第2会場 小ホール

コスミック研究創成賞受賞講演 16:40~17:10 第1会場 大ホール

若手奨励賞(YIA)候補者発表 17:00~18:10 第2会場 小ホール

コスミック研究創成賞候補者講演 17:10~18:10 第1会場 大ホール

11月7日(土)

シンポジウムⅢ 8:30~10:00 第1会場 大ホール
甲状腺スクリーニングとその問題点

座長
菱沼 昭(獨協医科大学 感染制御・臨床検査医学講座)
貴田岡 正史(公立昭和病院 内分泌・代謝内科)
演者
がん検診における不利益
祖父江 友孝(大阪大学大学院医学系研究科 社会医学講座 環境医学教室)
甲状腺スクリーニングとその問題点
宮内 昭(医療法人 神甲会 隈病院)
Korea’s Thyroid Cancer ‘Epidemic’ and Afterwards
Hyeong Sik Ahn ( Korea University)
福島県「県民健康調査甲状腺検査(先行検査)」結果概要
鈴木 悟(福島県立医科大学医学部 甲状腺内分泌学講座)

石突吉持メモリアルレクチャー 10:00~11:00 第1会場 大ホール

座長
長瀧 重信(長崎大学名誉教授)
演者
福島から広島・長崎へ―基礎研究者が福島で学んだこと
丹羽 太貫(公益財団法人放射線影響研究所)

専門医教育セミナーⅡ 14:30~16:00 第1会場 大ホール

座長
杉谷 巌(日本医科大学 内分泌外科学)
鈴木 悟(福島県立医科大学医学部 甲状腺内分泌学講座)
演者
甲状腺学最近の進歩 —次世代シークエンサーと甲状腺機能検査の国際標準化—
菱沼 昭(獨協医科大学 感染制御・臨床検査医学講座)
小児の甲状腺疾患
皆川 真規(千葉県こども病院 内分泌科)
甲状腺癌に対する手術治療の実際
田中 克浩(川崎医科大学 乳腺甲状腺外科)