第59回日本小児神経学会学術集会

  • ホーム
  • お問合せ

会長挨拶

この度、第59回日本小児神経学会学術集会を2017年6月15日(木)~17日(土)に、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開催させていただくこととなりました。歴史ある学術集会の会頭にご指名をいただいたことは大変光栄であり、今後の小児神経学発展に貢献する充実した学術集会になりますよう鋭意準備をすすめております。

教室では、かねてより、子どもを取り巻くすべての領域で診療活動し、医療/教育/福祉の連携の中にいる子供たちだけでなく、そのはざまにいる子どもたちに救いの手を差し伸べることをmission(使命)とし、子どもたちだけではなく、家族への支援もすすめてまいりました。このようなことから、今回の学術集会のテーマも『-医療・福祉・教育のはざまで-すべての子どもに輝きを』をとしました。近年、小児神経学は、様々な分野の新しい知見により、大きな発展を遂げておりますが、それに呼応するように、教育や福祉との連携がうまれつつあります。これからの社会を担う子どもたちの健康を守るために、医療・福祉・教育のはざまにいる子供たちに目を向けることは使命であり、今後さらなる小児神経学や医療技術の発展、さまざまな領域への応用と啓発活動、強固な連携の広がりが必要とされています。本学術集会では、このテーマに沿った、セミナー、ワークショップ、シンポジウム、English Sessionなどを数多く企画しておりますので、有意義な討論が行われることを期待しております。

学術集会では、例年通り実践教育セミナーを学術集会前日に予定しております。また、ポスター会場を一会場にまとめ2日間にわたり討論をしていただけるようにいたしました。さらに最終日の土曜日には、セミナーやシンポジウムの一部を会場でビデオ上映し、第1日目や第2日目に開催されたセミナーやシンポジウムを第3日目にも聴講することができるようにいたしました。充実したプログラムを準備し皆様の大阪へのお越しをお待ちしております。大阪は多くの観光名所があり、食べ物のおいしい街です。学術集会とともにお楽しみください。

学術集会事務局一同2017年6月15日(木)~17日(土)に大阪でお会いできることを楽しみにしております。

第59回日本小児神経学会学術集会
会長 玉井 浩
大阪医科大学小児科学 教授

page top