第79回日本臨床外科学会総会

演題募集(公募)

演題募集期間

2017年4月5日(水)~ 6月8日(木)
6月23日(金)正午
※募集締切日を延長いたしました。

応募資格

日本国内の施設に所属している方については、共同演者を含む全員が本学会会員であることが必要です。
非会員の方は演題登録時までに必ず日本臨床外科学会へ入会してください。
ただし、「研修医セッション」および「医学生セッション」の筆頭演者は必ずしも本学会員に限りません。
入会および会費納入に必要な書類は日本臨床外科学会事務局にお問い合わせください。
オンラインでの入会登録は以下のボタンから行ってください。

オンライン入会登録

日本臨床外科学会事務局
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-6-9 ロックフィールドビル8階
TEL: 03-3262-1555 FAX: 03-3221-0390

応募方法

当サイトでのオンライン登録による応募のみとなります。
郵送やFAXによるお申込みは受付できませんのでご了承ください。
パソコンの環境等により演題登録が不可能な場合は、下記演題登録事務局へご連絡くださいますようお願いいたします。

第79回日本臨床外科学会総会   演題登録事務局

pro-79jsa[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

応募に際しての注意事項

演題登録はUMINのサイトを利用しております。注意事項をよくお読みいただき、ご登録ください。
演題登録にあたっては、患者・被験者のプライバシー保護にご留意ください。
登録したご自身の抄録を参照・更新するためのパスワード(半角英数6~8文字)は、お忘れにならないよう必ず控えておいてください。
パスワードに関するお問い合わせには、セキュリティーの関係からお答えできませんのでご了承ください。
登録締切直前の3~4日間はアクセスが集中し大変混み合うため、演題登録に支障をきたすことがあります。余裕をもって登録を行ってください。
登録締切後の抄録の変更及び共著者の追加・変更は一切行えません。十分にご注意ください。

登録時における疑問点などは一般利用者用のオンライン演題登録用FAQ をご覧ください。

募集カテゴリー

募集カテゴリーについては下記をご参照ください。

総会特別企画「外科医の抱える介護問題」を追加しました。

詳細はこちらをご覧ください。趣旨
下記より演題登録フォームをダウンロードし、pro-79jsa[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)までご提出ください。

総会特別企画「外科医の抱える介護問題」演題登録フォーム

趣旨をクリックすると詳細をご覧いただけます。

1. シンポジウム

SY 01. 臨床試験から視た食道癌手術趣旨
SY 02. 臨床試験から視た胃癌手術趣旨
SY 03. 臨床試験から視た大腸癌手術趣旨
SY 04. 臨床試験から視た肝癌手術趣旨
SY 05. 臨床試験から視た胆・膵癌手術趣旨
SY 06. 臨床研究から視た胆道感染症手術趣旨
SY 07. 臨床試験から視た心臓手術趣旨
SY 08. 臨床試験から視た肺癌手術趣旨
SY 09. 臨床試験から視た乳癌手術趣旨
SY 10. 臨床試験から視た小児手術趣旨
SY 11. 臨床試験から視た救急手術趣旨

2. ビデオシンポジウム

VS 01. 開胸開腹手術での起死回生の一手(食道)趣旨
VS 02. 内視鏡下手術での起死回生の一手(食道)趣旨
VS 03. 開腹手術での起死回生の一手(胃)趣旨
VS 04. 内視鏡下手術での起死回生の一手(胃)趣旨
VS 05. 開腹手術での起死回生の一手(大腸)趣旨
VS 06. 内視鏡下手術での起死回生の一手(大腸)趣旨
VS 07. 開腹手術での起死回生の一手(肝)趣旨
VS 08. 内視鏡下手術での起死回生の一手(肝)趣旨
VS 09. 開腹手術での起死回生の一手(胆膵)趣旨
VS 10. 内視鏡下手術での起死回生の一手(胆膵)趣旨
VS 11. 呼吸器外科手術での起死回生の一手趣旨
VS 12. 大動脈瘤手術での起死回生の一手趣旨
VS 13. 乳腺手術での起死回生の一手趣旨
VS 14. 小児手術での起死回生の一手趣旨

3. パネルディスカッション

PD 01. 合併症ゼロを目指した手術(食道)趣旨
PD 02. 合併症ゼロを目指した手術(胃)趣旨
PD 03. 合併症ゼロを目指した手術(大腸)趣旨
PD 04. 合併症ゼロを目指した手術(肝)趣旨
PD 05. 合併症ゼロを目指した手術(胆膵)趣旨
PD 06. 合併症ゼロを目指した手術(乳腺)趣旨
PD 07. 合併症ゼロを目指した手術(心臓)趣旨
PD 08. 合併症ゼロを目指した手術(大動脈)趣旨
PD 09. 合併症ゼロを目指した手術(肺・縦隔)趣旨
PD 10. 合併症ゼロを目指した手術(小児)趣旨
PD 11. 胸腺腫に対する手術[胸腔鏡 vs ロボット手術]趣旨
PD 12. 食道癌補助療法後の至適郭清[3領域 vs 2領域]趣旨
PD 13. 食道・胃癌術前補助療法CR症例[手術 vs 経過観察]趣旨
PD 14. 胃癌手術でのBursectomy[必要 vs 不要]趣旨
PD 15. Stage III胃癌の補助療法[術前 vs 術後]趣旨
PD 16. 直腸癌側方郭清の意義[必要 vs 不要]趣旨
PD 17. 局所進行乳癌治療[手術 vs 化学療法]趣旨
PD 18. 小児外科領域治療[手術 vs 非手術]趣旨
PD 19. 転移性肝癌の治療限界[手術 vs 化学療法]趣旨
PD 20. 肝細胞癌治療での手術の位置づけ趣旨
PD 21. 生体肝移植の問題点趣旨
PD 22. ハイリスクStage II 大腸癌の治療戦略趣旨
PD 23. 左側・右側結腸癌の集学的治療趣旨
PD 24. 小児外科領域の診療ガイドライン趣旨
PD 25. 乳房再建を前提とした乳癌治療の新展開趣旨
PD 26. 外科臨床研究での統計学的問題点趣旨
PD 27. ここまできた日本の補助人工心臓趣旨
PD 28. 難治性気胸に対する治療戦略趣旨
PD 29. 虫垂炎治療はどう変わるか?趣旨

4. ワークショップ

WS 01. 胃癌Conversion surgery 趣旨
WS 02. 根治切除不能再発胃癌、大腸癌の手術趣旨
WS 03. 胃切除後症候群の予防と治療趣旨
WS 04. 胃癌・大腸癌の腹膜播種に対する治療戦略趣旨
WS 05. 大腸癌肝転移に対するConversion surgery趣旨
WS 06. 炎症性腸疾患の治療戦略趣旨
WS 07. 外科医のための癌免疫療法趣旨
WS 08. 安全正確な系統的肝癌手術趣旨
WS 09. 高度進行肝細胞癌に対する集学的治療趣旨
WS 10. 生体肝移植の新展開趣旨
WS 11. シミュレーション手術の新展開趣旨
WS 12. 膵頭十二指腸切除での神経叢アプローチ趣旨
WS 13. 膵頭十二指腸切除での再建の工夫趣旨
WS 14. Borderline resectable 膵癌に対する治療戦略趣旨
WS 15. 絞扼性腸閉塞の診断と治療趣旨
WS 16. 急性腹症診療ガイドライン2015の検証 趣旨
WS 17. 新規手術の導入と保険診療趣旨
WS 18. 肺癌新TNM分類を検証する趣旨
WS 19. 転移性肺腫瘍の手術限界趣旨
WS 20. 広範囲ASOの治療法選択趣旨
WS 21. 深部静脈血栓症の治療法選択趣旨
WS 22. 高齢者の心臓血管手術趣旨
WS 23. 高齢者の消化器手術趣旨
WS 24. 高齢者乳癌の治療上の問題点趣旨
WS 25. 乳癌手術での腋窩リンパ節郭清趣旨
WS 26. 甲状腺癌手術の最前線趣旨
WS 27. 小児手術の診療報酬は適正か?趣旨
WS 28. 小児Common diseaseの最適治療趣旨
WS 29. 小児外科領域におけるNCDの利活用を考える趣旨
WS 30. 外科手術での補助器具開発趣旨
WS 31. SSI防止のための治療戦略趣旨
WS 32. 周術期での血液製剤の適正使用趣旨

5. ビデオワークショップ

VW 01. ここを工夫した私の手術手技(食道)
VW 02. ここを工夫した私の手術手技(胃)
VW 03. ここを工夫した私の手術手技(結腸)
VW 04. ここを工夫した私の手術手技(直腸)
VW 05. ここを工夫した私の手術手技(肝)
VW 06. ここを工夫した私の手術手技(胆)
VW 07. ここを工夫した私の手術手技(膵)
VW 08. ここを工夫した私の手術手技(鼠径ヘルニア)
VW 09. ここを工夫した私の手術手技(腹壁瘢痕ヘルニア)
VW 10. ここを工夫した私の手術手技(虫垂)
VW 11. ここを工夫した私の手術手技(肛門)
VW 12. ここを工夫した私の手術手技(Reduced port surgery)
VW 13. ここを工夫した私の手術手技(肺・縦隔)[肺癌リンパ節郭清]
VW 14. ここを工夫した私の手術手技(肺・縦隔)[気管・気管支形成]
VW 15. ここを工夫した私の手術手技(心臓[冠動脈手術]
VW 16. ここを工夫した私の手術手技(血管[下肢静脈瘤手術]
VW 17. ここを工夫した私の手術手技(乳腺[乳管腺葉区域切除]
VW 18. ここを工夫した私の手術手技(内分泌[甲状腺手術]
VW 19. ここを工夫した私の手術手技(消化管[小児]
VW 20. ここを工夫した私の手術手技(肝胆[小児]

6. 要望演題(口演)

RO 01. 食道・胃接合部癌の治療戦略
RO 02. 残胃癌の治療戦略
RO 03. Stage Ⅳ胃癌の治療戦略
RO 04. 遺伝性大腸癌の診療上の問題点
RO 05. 直腸癌骨盤内再発の治療戦略
RO 06. 一次的ストーマ[ileostomy vs colostomy]
RO 07. 胃癌・大腸癌の最新化学療法
RO 08. 大腸癌両葉多発肝転移の治療戦略
RO 09. 進行肝癌の治療戦略
RO 10. 肝内胆管癌のリンパ節郭清
RO 11. 局所進行膵癌での手術の進歩
RO 12. 肝門部胆管癌の術式選択と手段
RO 13. 生体肝移植急性期合併症
RO 14. TG13後の急性胆管炎・胆嚢炎治療
RO 15. COPD合併肺癌の治療戦略
RO 16. 悪性中皮腫の治療戦略
RO 17. 呼吸器手術での周術期管理の工夫
RO 18. カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)の現状
RO 19. 心臓血管外科手技
RO 20. 下肢静脈瘤の治療
RO 21. 再発ヘルニアのベストプラクティス
RO 22. 痔核・痔瘻・裂肛でのday surgeryの工夫
RO 23. 直腸脱の術式選択
RO 24. 一般外科診療における小児外科治療
RO 25. 甲状腺腫瘍の新展開
RO 26. 温存乳房再発時の治療戦略
RO 27. 乳房再建[一次再建 vs 二次再建]
RO 28. 絞扼性イレウスの診断と治療
RO 29. 救急医療での外傷治療
RO 30. 術後感染症減少のための工夫
RO 31. SSI予防から視た創管理の工夫
RO 32. NSTの進歩と課題
RO 33. 外科医のための緩和医療
RO 34. 化学療法における外科医の役割
RO 35. 外来小手術の工夫
RO 36. 外科医を育てる教育システム
RO 37. クリニカルパスと地域連携パスの進展

7. 一般演題 <口演>

※カテゴリーA(臓器別等分類)、カテゴリーB(分野別分類)、カテゴリーC(症例報告か否か)より
それぞれ該当するものを選択してください。

8. 一般演題 <示説>

※カテゴリーA(臓器別等分類)、カテゴリーB(分野別分類)、カテゴリーC(症例報告か否か)より
それぞれ該当するものを選択してください。

9. 研修医セッション ※Awardあり

本セッションの趣旨は、若手医師(初期臨床研修医)の発表修練の場とすることです。初期臨床研修医の皆様が学んだ症例、研究成果について積極的に発表・討論を行っていただく機会を与えるとともに、優秀な演題について表彰を行うことにより、さらに外科への興味をもっていただくことを目的に、本総会ではこのセッションを重要視しています。基礎はもとより臨床研究を含め、結果には至らない中間報告、経験報告でも結構ですので、多くの応募を期待します。

研修医セッション 応募資格

  • 応募時点で医学生もしくは卒業後2年目以内の初期臨床研修医であれば、日本臨床学会会員でなくても応募可能です。
    その他、演題登録に関する規定等は下記、演題募集要項をご参照ください。

文字数制限

演題名: 全角90文字以内
抄録本文(日本語): 全角600文字以内
抄録本文(英文): 半角1,200文字以内
※上記の文字数を超えると登録できません。

共同演者の登録

共同演者は筆頭演者を含めて15名まで、所属機関は20箇所まで登録できます。

利益相反状態(COI)の自己申告

演題登録時、筆頭演者の利益相反状態(COI)について申告していただきます。
自己申告が必要な期間は、演題登録日からさかのぼって1年間となります。
また、総会での発表時にも、演題登録日の1年前から発表日までの期間について、自己申告が必要となります。
利益相反状態(COI)の自己申告についての詳細は下記をご確認ください。

臨床研究の利益相反に関する指針

演題採否

演題採否は第79回日本臨床外科学会総会事務局により決定いたします。
演題申込の分野などに関しましては、ご希望に添えない場合もございますので予めご了承ください。
演題採否ならびに発表日時・会場は、9月上旬にご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。

演題登録

オンライン登録および修正は、原則として暗号通信の使用を推奨いたします。暗号通信は特に準備はいりません。 この暗号通信の使用により第三者があなたのパスワードを盗聴して、演題・抄録を無断削除したり、改竄したりすることを防ぐことができます。
演題登録ボタンを押下すると、UMIN(大学病院医療情報ネットワーク)のサーバーコンピュータに管理が移ります。暗号通信は登録または修正作業が終わるまで継続されます。

※ ただし、暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザーが古い)もございますので、その際は平文通信をご利用ください。平文通信においては、パスワード等を盗聴される可能性があるため、セキュリティーや個人情 報の保護の点で危険です。特に病院情報システムや電子メール用に使っているパスワードの使用は絶対に避けてください。 被害が演題・抄録以外にも及ぶ危険性がございます。平文通信をご利用の際はこのような危険性を十分に考慮してください。

● 新規登録

  • 新規登録(暗号通信)※推奨
  • 新規登録(平文通信)

● 確認・修正・削除

  • 確認・修正・削除(暗号通信)※推奨
  • 確認・修正・削除(平文通信)

受領通知

演題登録完了後、入力した電子メールアドレス宛に確認のメールが自動配信されますので、必ず内容をご確認ください。
はがき等での通知は行いませんので、ご了承ください。
確認のメールが届かない場合は、電子メールアドレスが間違って入力されている可能性がありますので、確認・修正画面から正しく登録されているかをご確認ください。

演題登録に関するお問合せ

第79回日本臨床外科学会総会 演題登録事務局
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル14F
日本コンベンションサービス株式会社内
TEL: 03-3500-5935(平日10:00〜17:00) FAX: 03-3508-1755
E-mail: pro-79jsa[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

page top

Copyright © 2016 第79回日本臨床外科学会総会 All Rights Reserved.