Contents

第7回日本下肢救済・足病学会学術集会

プログラム

2015年7月11日(土)・12日(日) パシフィコ横浜 会議センター 会長:渥美義仁

日程表(7月11日(土)) 日程表(7月12日(日))

プログラム

7月10日(金)

10:00~17:00 認定師セミナー Ver.1/「301」

日本下肢救済・足病学会本部ホームページ より事前申し込み制
(先着200名まで)

14:30~16:30 理事会/「311+312」
16:30~18:00 評議員会/「303」

会長講演

7月11日(土)13:20~13:50 第1会場(1階メインホール)

座長: 大浦 武彦 (医療法人社団廣仁会 褥瘡・創傷治癒研究所)
【PL】糖尿病医の視点から
渥美 義仁 (永寿総合病院 糖尿病臨床研究センター)

理事会企画

7月12日(日)10:30~12:00 第2会場(3階301)

座長: 大浦 武彦 (日本下肢救済・足病学会 理事長)
  渥美 義仁 (日本下肢救済・足病学会 会長)

“下肢救済・足病(以下 下肢・足病)治療の向上による重症化予防と医療費削減について”

 下肢・足病のオーバービューと当学会の抱える問題 “下肢・足病治療分野の現状と将来”
大浦 武彦 (日本下肢救済・足病学会 理事長)
 重症下肢虚血に対する対策“循環器医の立場から”
中村 正人 (東邦大学医療センタ-大橋病院 循環器内科 教授)
 血管外科の立場から -迅速な潰瘍治癒と機能的下肢温存実現のために
東 信良 (旭川医科大学 外科学講座 血管外科 教授)
 下肢病変重症化予防の必要性
大浦 紀彦 (杏林大学医学部 形成外科 兼担教授)
 生活習慣病対策の立場から
江副 聡 (厚生労働省 健康局 がん対策・健康増進課 がん対策推進官)
 重症化予防で健康と持続可能な社会保障制度の構築へ(立法府の立場から)
―胃がん予防のためのヘリコバクター・ピロリ菌除菌に対する薬事承認と保険適用への道のりを通して―
秋野 公造 (参議院議員)

教育講演

教育講演1 7月12日(日)14:45~15:45 第3会場(3階303)
座長: 浦澤 一史 (社会医療法人 カレスサッポロ時計台記念病院)
【EL1】わが国と欧米におけるCLIの臨床研究
曽我 芳光 (小倉記念病院 循環器内科)
教育講演2 7月11日(土)10:00~11:00 第3会場(3階303)
座長: 寺師 浩人 (神戸大学大学院医学研究科 形成外科学)
【EL2】特定行為に係る看護師の研修制度は下肢救済を推進するか
溝上 祐子 (公益社団法人日本看護協会 看護研修学校 認定看護師教育課程)
教育講演3 7月11日(土)11:00~12:00 第3会場(3階303)
座長: 中西 健史 (滋賀医科大学医学部附属病院 皮膚科)
【EL3】糖尿病感染性足病変
新城 孝道 (メディカルプラザ篠崎駅西口 内科)
教育講演4 7月11日(土)14:00~15:00 第3会場(3階303)
座長: 佐藤 勝彦 (時計台記念病院 循環器センター)
【EL4】LDLアフェレシスの効果とその特徴
小林 修三 (湘南鎌倉総合病院)
教育講演5 7月11日(土)15:00~16:00 第3会場(3階303)
座長: 市岡 滋 (埼玉医科大学 形成外科)
【EL5】AAA: Act Against Amputationの立ち上げと展望
大浦 紀彦 (杏林大学医学部 形成外科)
教育講演6 7月12日(日)9:00~10:00 第3会場(3階303)
座長: 中村 正人 (東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科)
【EL6】下肢救済に関する内外の比較検討 特に血行再建術を中心に
井上 芳徳 (東京医科歯科大学 血管外科)
教育講演7 7月12日(日)10:00~11:00 第3会場(3階303)
座長: 福井 大祐 (信州大学医学部 心臓血管外科)
【EL7】下肢診療に携わる者が知っておきたい深部静脈血栓症の知識
菰田 拓之 (大雄会第一病院 創傷・血管センター)
教育講演8 7月12日(日)11:00~12:00 第3会場(3階303)
座長: 館 正弘 (東北大学 医学系研究科 形成外科)
【EL8】創傷外来におけるチーム医療と地域連携:九州実践フットケア研究会
石橋 理津子 (社会医療法人天神会新古賀病院)
教育講演9 7月12日(日)13:45~14:45 第3会場(3階303)
座長: 田中 康仁 (奈良県立医科大学 整形外科)
【EL9】糖尿病足病変へのTotal Contact Cast治療
菊池 守 (佐賀大学医学部形成外科)

シンポジウム

シンポジウム1 7月11日(土)9:00~11:00 第1会場(1階メインホール)
座長: 小林 修三 (湘南鎌倉総合病院)
  平松 信 (岡山済生会総合病院 腎臓病・糖尿病総合医療センター)

透析患者の足を守る

【SY1-1】当院における足病変の管理
宍戸 寛治 (社会医療法人財団石心会 川崎クリニック)
【SY1-2】透析施設における足病変対策 ~透析施設で行うフットケアの重要性~
菊地 勘 (医療法人社団豊済会 下落合クリニック 腎臓内科)
【SY1-3】透析患者の下肢救済のための治療戦略
大竹 剛靖 (湘南鎌倉総合病院 腎臓病総合医療センター)
【SY1-4】透析患者の身体機能特性と運動療法
松沢 良太 (北里大学病院 リハビリテーション部)
【SY1-5】透析での足を守る工夫
佐藤 元美 (独立行政法人地域医療機能推進機能 中京病院 腎臓内科)
シンポジウム2 7月11日(土)14:00~16:00 第1会場(1階メインホール)
座長: 大江 真琴 (東京大学大学院医学系研究科 創傷看護学分野)
  溝上 祐子 (公益社団法人日本看護協会 看護研修学校)

看護師による下肢のアセスメント

【SY2-1】下肢救済における看護師の役割
丹波 光子 (杏林大学医学部付属病院 看護部)
【SY2-2】重症化を予防するフットケア外来の実践
間宮 直子 (大阪府済生会吹田病院 看護部)
【SY2-3】フットケアに関わる看護師の育成―糖尿病足潰瘍アセスメントスケールへの期待―
大江 真琴 (東京大学大学院 医学系研究科社会連携講座アドバンストナーシングテクノロジー)
シンポジウム3 7月11日(土)16:00~18:00 第1会場(1階メインホール)
座長: 金森 晃 (かなもり内科)

フットケアの診療体制

【SY3-1】糖尿病内科中心のフットケアの診療体制
富田 益臣 (東京都済生会中央病院 代謝内分泌内科)
【SY3-2】透析施設でつながる埼玉足患者の医療連携
寺部 雄太 (埼玉医科大学病院 形成外科)
【SY3-3】杉並区における下肢救済診療のとりくみ
登坂 淳 (河北総合病院 循環器内科)
【SY3-4】足専門外来における治療実態
桑原 靖 (足の診療所)
【SY3-5】再発予防を目的としたフットケアの診療体制
古川 雅英 (大分岡病院 創傷ケアセンター、形成外科)
【SY3-6】大学病院・市中病院・足病専門クリニック
8年間のさまざまなフットケア外来を振り返って
木下 幹雄 (東京西徳洲会病院 形成外科)
シンポジウム4 7月11日(土)9:00~11:00 第2会場(3階301)
座長: 宮本 正章 (日本医科大学 再生医療科)

再生医療からマゴット治療

【SY4-1】DDS徐放化多血小板血漿(PRP)による血管組織再生医療
高木 元 (日本医科大学付属病院 循環器内科)
【SY4-2】マゴットセラピー180例から考える難治性慢性下肢潰瘍のシームレス治療
桐木 園子 (日本医科大学付属病院 循環器内科)
【SY4-3】No option重症下肢虚血に対する、当院のこれまでの取り組みと、今後の課題
石上 友章 (公立大学法人横浜市立大学附属病院 循環器内科)
【SY4-4】血管再生治療(末梢)
堀江 卓 (社会医療法人北楡会 札幌北楡病院 外科)
【SY4-5】多施設におけるPRP療法の実際
松原 邦彦 (洛和会音羽記念病院)
シンポジウム5 7月11日(土)14:00~16:00 第2会場(3階301)
座長: 東 信良 (旭川医科大学 外科学講座 血管外科学分野)
  上村 哲司 (佐賀大学医学部付属病院 形成外科)

足病変の病期分類

【SY5-1】重症虚血肢におけるWIfI分類の有用性と問題点
山田 哲也 (愛知医科大学病院 血管外科)
【SY5-2】糖尿病性足潰瘍の病態と治療(神戸分類)
寺師 浩人 (神戸大学大学院医学研究科 形成外科学)
【SY5-3】WIfI分類と感染対策について
北野 育郎 (新須磨病院 外科)
【SY5-4】CLI患者の2年予後(2YLE)から至適EVTを考察する
艫居 祐輔 (小倉記念病院 循環器内科)
シンポジウム6 7月12日(日)8:30~10:30 第1会場(1階メインホール)
座長: 松崎 恭一 (慶應義塾大学医学部形成外科学教室)

足病変・切断の再発予防

【SY6-1】糖尿病性足潰瘍の予防のための理学療法士の役割
久保 和也 (IMS(イムス)グループ春日部中央総合病院 リハビリテーション科)
【SY6-2】足病変・切断予防のためのリハビリテーション
大塚 未来子 (大分岡病院 創傷ケアセンター)
【SY6-3】再発予防のフットウェア
大平 吉夫 (日本フットケアサービス株式会社)
【SY6-4】糖尿病足病変患者への再発予防への教育の重要性
富田 益臣 (東京都済生会中央病院 代謝内分泌内科)
【SY6-5】糖尿病足病変のSecondary Preventionにおける予防的変形修正手術の役割
菊池 守 (佐賀大学医学部形成外科)
シンポジウム7 7月12日(日)13:45~15:45 第1会場(1階メインホール)
座長: 家城 恭彦 (黒部市民病院 内科)
  浦山 博 (黒部市民病院 呼吸血管外科)

糖尿病患者の足病変・フットケア

【SY7-1】糖尿病専門クリニックにおける足病変危険因子のスクリーニング
~一般内科外来へ提言するための試み~
金森 晃 (かなもり内科)
【SY7-2】市中病院としてのフットケア外来の役割
富田 益臣 (東京都済生会中央病院 代謝内分泌内科)
【SY7-3】一般総合病院におけるEVTの実践
西村 英樹 (永寿総合病院 循環器内科)
シンポジウム8 7月12日(日)8:30~10:30 第4会場(3階304)
座長: 浦澤 一史 (時計台記念病院 循環器センター)
  横井 宏佳 (福岡山王病院 循環器センター)

EVTの最前線

【SY8-1】フットケア外来の構築と実践
竹内 一馬 (社会医療法人喜悦会那珂川病院 血管外科、福岡赤十字病院、特別医療法人順和長尾病院)
【SY8-2】EVTの最前線
佐藤 勝彦 (時計台記念病院 循環器センター)
【SY8-3】EVT時代における外科的血行再建の最前線
東 信良 (旭川医科大学 外科学講座血管外科学分野)

企業共催シンポジウム

7月12日(日)15:45~17:00 第1会場(1階メインホール)

座長: 笠行 典章 (石切生喜病院 循環器内科)

重症下肢虚血患者への脊髄電気刺激療法の適応と治療効果について

【SS-1】重症虚血肢に対する脊髄電気刺激療法の適応と有用性
笠行 典章 (石切生喜病院 循環器内科)
【SS-2】重症下肢虚血に対する脊髄電気刺激療法の経験
東田 隆治 (医療法人社団 緑成会 横浜総合病院 心臓血管外科)
【SS-3】重症下肢虚血に対する脊髄神経刺激療法の経験
古川 雅英 (大分岡病院 創傷ケアセンター、形成外科)

共催:ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社/フクダ電子株式会社

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー1 7月11日(土)12:10~13:00 第1会場(1階メインホール)
座長: 北野 育郎 (新須磨病院 外科・創傷治療センター)

足病のトリアージ ~どのフットケア外来に送ればいいの?~

【LS1】創傷ケアはもう古い! ~潰瘍発症をクリニックの外来で未然に防ぐ~
桑原 靖 (足の診療所/川崎クリニック 足外来、形成外科)
 真っ黒な足や臭い足はもう診たくない!?
~早期介入・発症予防を目指したフットケア外来の実情~
木下 幹雄 (東京西徳洲会病院/河北総合病院 フットケア外来、形成外科)

共催:株式会社カネカメディックス

ランチョンセミナー2 7月11日(土)12:10~13:00 第2会場(3階301)
座長: 寺師 浩人 (神戸大学医学部附属病院 形成外科)

Save the Legs Project フットケアチームに必要なこと ~役割分担と組織横断の重要性~

【LS2】フットケアチームを機能させるために必要なこと それぞれの立場から
髙木 遥子 (板橋中央総合病院 皮膚・排泄ケア認定看護師)
尾崎 俊介 (板橋中央総合病院 循環器内科)
鳥居 博子 (板橋中央総合病院 外科・形成外科)

共催:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 コーディス ジャパン

ランチョンセミナー3 7月11日(土)12:10~13:00 第3会場(3階303)
座長: 中塔 辰明 (岡山済生会総合病院 糖尿病センター)

個々の自覚に応じた糖尿病診療の試み~継続できる食事・運動指導の模索~

【LS3】
河合 俊英 (慶應義塾大学医学部 腎臓内分泌代謝内科)

共催:小野薬品工業株式会社/アストラゼネカ株式会社

ランチョンセミナー4 7月11日(土)12:10~13:00 第4会場(3階304)
座長: 渥美 義仁 (永寿総合病院 糖尿病臨床研究センター)

厳格血糖管理治療の未来を拓く ~外科医の立場から人工膵臓の可能性を探る~

【LS4】
花﨑 和弘 (高知大学医学部外科学講座外科1)

共催:日機装株式会社

ランチョンセミナー5 7月12日(日)12:10~13:00 第1会場(1階メインホール)
座長: 重松 宏 (国際医療福祉大学 臨床医学研究センター、山王メディカルセンター 血管外科)

Critical Limb Ischemia, present situation and unmet needs

【LS5】
Lars Norgren (örebro大学 名誉教授 Chairman and Editor, TASCⅡ)

共催:三菱レイヨン・クリンスイ株式会社

ランチョンセミナー6 7月12日(日)12:10~13:00 第2会場(3階301)
座長: 市岡 滋 (埼玉医科大学 形成外科)

Save the Legs Project 糖尿病患者の足を救え!~足病変に対する各科の取り組み~

【LS6】Act Against Amputation
富田 益臣 (東京都済生会中央病院 糖尿病・内分泌内科)
 膝下病変への挑戦
高橋 保裕 (同愛記念病院 循環器科)

共催:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

ランチョンセミナー7 7月12日(日)12:10~13:00 第3会場(3階303)
座長: 三角 和雄 (千葉西総合病院)

CLIに対するBTKインターベンションの挑戦

【LS7】
宮本 明 (総合高津中央病院)

共催:朝日インテックJセールス株式会社

ランチョンセミナー8 7月12日(日)12:10~13:00 第5会場(3階315)
座長: 渥美 義仁 (永寿総合病院 糖尿病臨床研究センター)

糖質制限食のエビデンスとそこから考えるSGLT2阻害薬の有効性

【LS8】
山田 悟 (北里大学 北里研究所病院 糖尿病センター)

共催:田辺三菱製薬株式会社

ランチョンセミナー9 7月12日(日)12:10~13:00 第6会場(3階311+312)
座長: 中西 健史 (滋賀医科大学 皮膚科)

糖尿病患者の足を壊疽から守るために必要な皮膚疾患の知識

【LS9】
高山 かおる (埼玉県済生会川口総合病院 皮膚科)

共催:大正富山医薬品株式会社

TCC ハンズオンセミナー

7月12日(日)10:00~11:30 TCCハンズオン会場(3階 313+314)

▼講義

TCC概要とチーム医療 ~歩きながら早く治すTCCとは!! PT・OT・看護師の役割~

演者: 早稲田 明生 (荻窪病院)

PTにおけるTCCの戦略

演者: 秋山 喜宏 (大分岡病院)
アドバイザー: 河辺 信秀 (茅ヶ崎リハビリテーション専門学校)

▼実技 TCCの実技

1班講師: 河内  司 (杏林大学医学部付属病院)
  丹波 光子 (杏林大学医学部付属病院)
2班講師: 木下 幹雄 (東京西徳洲会病院)
  秋山 喜宏 (大分岡病院)

特別連携企画:第1回下肢慢性創傷の予防・リハビリテーション研究会

7月12日(日)13:00~16:00 第4会場(3階304)

イントロダクション
下肢慢性創傷の予防・リハビリテーション研究会の意義

 
河辺 信秀 (茅ヶ崎リハビリテーション専門学校)

基調講演
下肢慢性創傷患者におけるリハビリテーションの必要性

座長: 上村 哲司 (佐賀大学 形成外科)
 下肢慢性創傷治療における理学療法士への期待
寺師 浩人 (神戸大学大学院医学研究科 形成外科学)

シンポジウム
下肢慢性創傷患者のリハビリテーションにおける各職種の役割と課題

座長: 古川 雅英 (大分岡病院)
  河辺 信秀 (茅ヶ崎リハビリテーション専門学校)
 下肢慢性創傷と身体機能
大塚 未来子 (大分岡病院 創傷ケアセンター)
 下肢慢性創傷の装具療法における義肢装具士の役割と課題
大平 吉夫 (日本フットケアサービス株式会社)
 作業療法士の役割 ~生活機能の改善にはたすリハビリテーション~
佐藤 浩二 (大分岡病院 創傷ケアセンター)
 下肢慢性創傷のリハビリテーションへの医工学の貢献
縄田 厚 (アルケア株式会社医工学研究所)
 下肢慢性創傷治療における看護師とリハビリテーションの連携
加藤 理賀子 (川崎市立川崎病院)

市民公開講座

7月12日(日)14:30~16:30 第2会場(3階301)

透析治療と足のこと ~自分の足で通院し続けるために

▼ごあいさつ

渥美 義仁 (永寿総合病院糖尿病臨床研究センター長)
今井 政敏 (一般社団法人 全国腎臓病協議会 会長)

▼イントロダクション「慢性疾患患者の悲惨な足の現状」

大浦 紀彦 (一般社団法人Act Against Amputation代表理事/杏林大学医学部付属病院形成外科/日本下肢救済足病学会理事)

▼基調講演「透析治療と足のこと ~自分の足で通院し続けるために」

座長: 大浦 紀彦 (杏林大学医学部付属病院 形成外科)
演者: 松井 傑 (桑園中央病院 血液透析センター)

▼パネルディスカッション

ファシリテーター: 大浦 紀彦 (杏林大学医学部付属病院 形成外科)
パネリスト: 宇都宮 誠 (東京労災病院 循環器内科副部長)
  木下 幹雄 (東京西徳州会病院形成外科)
  松井 傑 (桑園中央病院 血液透析センター)
  透析患者さん

▼質疑応答(事前質問からの回答)

このページのトップへ戻る