第9回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会

第9回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会

ご挨拶

第9回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会を来る2019年3月8日(金)~10日(日)の3日間、大分県別府市・別府ビーコンプラザにて開催する運びとなりました。今回の学術集会は『腎臓リハビリテーション、理論と臨床の融合~腎臓リハのすゝめ~』をメインテーマとしています。2011年の学会設立以来、学会を中心に腎臓リハビリテーションの普及啓発活動を継続し、少しずつ医療者及び患者双方の理解が得られてきています。しかし、保険診療上の担保が不十分である事や、医療従事者の中でもまだ十分な理解が得られたわけではないなど課題も多く抱えています。最終的には職種を超え一丸となって国民の健康に寄与する事を目的としています。そのための研究、臨床、一般国民への普及活動の継続が必要です。

本学会が中心になって要求してきた「慢性腎臓病運動療法料」は、平成28年度診療報酬改定では、世界初の「腎不全期患者指導加算」の新規収載という形で一部実現しました。平成30年度改定でも引き続きeGFR45ml/min以下の糖尿病患者に対象を広げる事を認めて頂きました。

本学術集会では、会長講演、特別講演、教育講演、特別企画、シンポジウム、よくわかるシリーズ、How to session、YIAセッション、International session、ワークショップ、ジョイントシンポジウム(日本リハビリテーション医学会、日本透析医学会、日本腎臓学会、日本心臓リハビリテーション学会、日本腎不全看護学会、日本リハビリテーション栄養学会、日本理学療法士協会・日本作業療法士協会・日本言語聴覚士協会、臨床工学国際推進財団等)、ランチョンセミナー、イブニングセミナーなどを企画しています。全国から腎臓リハビリテーションに興味を持つ医療職者が集う事で、まだまだ新しい概念である腎臓リハビリテーションの理解と普及を図るのみではなく、理論に基づいた臨床実践を図りたいと考えています。そして、こうした臨床実践の結果としてCKD患者のQOL(生活の質)向上・ADL(日常生活動作)向上を獲得し、社会参加及び社会に還元できる事を目指します。

腎リハに携わるスタッフの質を担保するために今回の学術集会から『腎臓リハビリテーション指導士』制度の第1回養成講習会及び認定試験を実施します。

また、特別企画として『風に立つライオン基金』創設者でありシンガーソングライターのさだまさし氏にお越し頂きます。医療者のみではなく、研究者、企業の方等腎臓リハビリテーションに興味を持つ方々との交流の場となる学会にしたいと考えています。

開催地である別府市は温泉湧出量日本一(世界二位)を誇り、地獄めぐりが有名で近くに湯布院温泉が控えています。大分空港のある国東半島宇佐地域では1300年前に開山された神仏習合の原点となる山岳宗教『宇佐神宮・六郷満山霊場』に触れる事ができます。本学術集会へ多くの皆様に御参加をお願い申し上げると共に、関係各位の御支援と御協力を頂き、充実した学術集会となる事を切に願っております。別府で皆様とお会いできる事を楽しみにお待ちしております。

第9回腎臓リハビリテーション学会学術集会
会 長 武居 光雄
諏訪の杜病院 院長
副会長 平松 義博
古賀病院21 院長

page top