京都府・京都市・京都商工会議所において、文化庁移転を契機に日本全体の文化振興、地方創生を図ることを目的として、経済界や文化関係者等を交えて、文化庁の移転の意義や効果、文化資源を活かした地方創生、文化と観光と経済との連携による経済の活性化等について、今後の取組の方向性等を日本全体で考えていくため、大阪と東京でシンポジウムを開催します。

大阪会場

文化による地方創生—関西からの展望

~文化庁の関西・京都への全面的な移転を見据えて~

2017年112日(木)
13時45分~16時15分
大阪市中央公会堂(大阪市北区中之島)
応募・詳細はこちら

東京会場

日本文化の展望

~文化庁移転を機に考える~

2017年1130日(木)
13時~15時30分
イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)
応募・詳細はこちら

 東京一極集中の是正と地方創生を目的とした政府関係機関の地方移転の一環として、平成28年3月、文化庁の京都への全面的な移転が決定しました。そして、平成29年4月に、先行移転として京都市東山区に「文化庁地域文化創生本部」が設置され、7月には、本格移転の規模(職員の7割)や移転場所(京都府警察本部本館)等が決まり、遅くとも平成33年度中の移転を目指すこととなりました。
 また、文化庁は、移転を機に、観光、産業、教育、福祉、まちづくり等の様々な関連分野との連携を強化するなど、新たな政策ニーズに対応した機能強化を図り、総合的な文化施策を推進していくこととなっています。

シンポジウムについてのお問い合わせ

文化庁移転推進シンポジウム事務局
E-mail:bunkacho-iten@convention.co.jp
TEL:06-6221-5936(平日10:00~17:00 日本コンベンションサービス(株)内)