関西には、歴史に裏打ちされた
伝統文化・芸能・祭礼が数多く存在します。
文化庁の関西移転を契機に、
文化で日本を元気にするため、
関西が果たす役割を展望します。

参加費無料:要事前申込

開催概要

名称 シンポジウム 文化による地方創生—関西からの展望
~文化庁の関西・京都への全面的な移転を見据えて~
日時 2017年11月2日(木)午後1時45分~4時15分(開場1時15分)
会場 大阪市中央公会堂(淀屋橋駅から徒歩約5分)
アクセス方法はこちら
主催 京都府・京都市・京都商工会議所
協力 文化庁地域文化創生本部・(公財)関西・大阪21世紀協会
後援 関西広域連合滋賀県大阪府兵庫県奈良県和歌山県
鳥取県徳島県大阪市堺市神戸市大阪商工会議所
(公社)関西経済連合会(一社)関西経済同友会
(一財)関西観光本部京都経営者協会(一社)京都経済同友会
(公社)京都工業会京都府中小企業団体中央会関西プレスクラブ京都新聞

順不同
京都府京都市京都商工会議所文化庁beyond2020関西文化力はなやか関西

参加応募

参加 無料。要事前申込。定員500名。応募多数の場合抽選。
1回の応募で同伴者1名まで応募可能です。
10月17日以降、通知ハガキをお送りいたします。
締切 10月26日(木)必着 ※延長しました。
10月17日(火)必着
応募方法 応募フォームまたは「はがき」「電子メール」「FAX」のいずれかで応募ください。
戴いた個人情報は当事業の当否連絡にのみ使用します。
シンポジウム応募フォーム
■「はがき」「電子メール」「FAX」の場合:
1)~6)を記載の上、シンポジウム事務局までお送りください。
1)~4)は必須です。5)はお持ちの場合のみ、6)は該当の場合のみ記載ください。

1)氏名(フリガナ)、2)郵便番号、3)住所、4)電話番号、5)メールアドレス、6)同伴者氏名(フリガナ)

プログラム

1. オープニング

笑福亭鶴笑
落語「立体西遊記」
笑福亭鶴笑
プロフィール

2. 挨拶

門川 大作(京都市長)

3. 講演

松坂 浩史
「文化庁の京都移転と地域文化創生本部の活動」
松坂 浩史
文化庁地域文化創生本部事務局長
プロフィール

4. パネルディスカッション

「文化による地方創生—関西からの展望」
◇パネリスト
奥野 卓司
奥野 卓司
関西学院大学社会学部教授、公益財団法人山階鳥類研究所所長
プロフィール
杉本 節子
杉本 節子
公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会常務理事兼事務局長、料理研究家、エッセイスト
プロフィール
角 和夫
角 和夫
阪急阪神ホールディングス株式会社代表取締役会長グループCEO、阪急電鉄株式会社代表取締役会長、公益社団法人関西経済連合会副会長、一般財団法人関西観光本部理事(副理事長)
プロフィール
高島 幸次
高島 幸次
大阪大学招聘教授、大阪天満宮文化研究所研究員
プロフィール
◇コーディネーター
佐々木 洋三
佐々木 洋三
公益財団法人関西・大阪21世紀協会専務理事
プロフィール

申込・問い合わせ

文化庁移転推進シンポジウム事務局

〒541-0042 大阪市中央区今橋4-4-7
E-mail:bunkacho-iten@convention.co.jp
FAX:06-6221-5939
TEL:06-6221-5936(平日10時~17時。日本コンベンションサービス(株)内)
※お電話によるご応募は受け付けておりませんのでご了承ください