Cancer Month Kyoto 2015

2015年10月2日(金)~11月1日(日)会場:京都市内各所 がんと生きる

イベント

  • 1st Week
  • 2nd Week
  • 3rd Week 午前
  • 3rd Week 午後
  • 4th Week
  • 5th Week
  • 6th Week

1st Week

オープニングイベント

場所:JR京都駅ビル 駅前広場
日時:10月2日(金)10:30~15:30

イベント 1st Weekは大盛況のうちに終了いたしました。
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

プログラム

舞妓さんによる舞
リボンカットセレモニー
ミニトークショー

藤森 香衣(モデル)×小西 郁生(Cancer Month Kyoto 2015 実行委員長)

ライブパフォーマンス(30分×2回)

華~puspa~(ぷしゅぱ)
(姉妹タップデュオ 2014若手ダンサー世界大会一位)

ジュスカグランペール
(ギター高井博章と、ヴァイオリンひろせまことによる
インストゥルメンタル・アコースティック・デュオ)

パネル展示
  • Cancer Month Kyoto 2015紹介、各週関連イベント・関連団体紹介など
テープカットの様子 舞子さんの配付の様子
トークショーの様子 パフォーマンスの様子

2nd Week

特別企画 シンポジウム 「がんと向き合う」

場所:メルパルク京都6階 貴船の間
日時:10月10日(土) 13:30~16:10(13:00開場)

イベント 2nd Weekは大盛況のうちに終了いたしました。
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

プログラム

13:30 開演 主催者 小西郁生(京都大学医学部附属病院産婦人科 教授)挨拶
13:35 基調講演「がん患者の生活の質向上に役立つ漢方薬」

上園 保仁(国立がん研究センター研究所 がん患者病態生理研究分野 分野長、先端医療開発センター 支持療法開発分野 分野長)

14:05 休憩
14:10 特別講演「がんを乗り越えて」

鳥越 俊太郎(ジャーナリスト)

14:55 休憩
15:10 特別座談会「がんと向き合う」

鳥越 俊太郎
小西 郁生

主催: Cancer Month Kyoto 2015 実行委員会、毎日新聞社
後援: 厚生労働省
協賛: 株式会社ツムラ
問い合わせ先: 毎日新聞社内 毎日企画サービス
TEL:03-3212-2272(平日10:00~17:00)
2nd Week 受付風景 2nd Week 上園先生講演
2nd Week 座談会 2nd Week 座談会

3rd Week

第11回・京都府民公開講座
シリーズ [がんと生きる]
がん患者・家族からの報告 ~これからのがん医療を考える~

場所:メルパルク京都6階
日時:10月17日(土) 10:00~11:50(9:30開場)

イベント 3rd Week 午前は大盛況のうちに終了いたしました。
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

プログラム

NPO法人京都がん医療を考える会が、毎年行っている京都府民公開講座について、本年はCancer Month Kyoto 2015の期間に合わせて開催します。

司会: 織茂 聡(NPO法人京都がん医療を考える会 副理事長)
「乳がんを経験してからの私」

中村 真由美さん(あけぼの会 京都支部長)

「患者を支えるということ 支えられるということ」

吉田 羊子さん(京都乳がんピアサポートサロン~fellows~ 代表)

「がん患者家族・遺族の想い」

竹内 香さん(がん患者の家族・遺族のサロン「ふらっと」ファシリテーター)

討議(テーマ:がん患者・家族の求めるこれからのがん医療)

各講演者、清田 政孝(NPO法人京都がん医療を考える会 理事長)

主催: NPO法人 京都がん医療を考える会
共催: NPO法人 キャンサーリボンズ
後援: 京都府(申請予定)、京都市(申請予定)、KBS京都、京都新聞、第53回日本癌治療学会学術集会、あけぼの会京都支部
問い合わせ先: 〒616-8208 京都市右京区宇多野福王子69-2
NPO法人京都がん医療を考える会
TEL:090-1221-6779、075-463-7323
E-mail:mt_kiyota[あ]yahoo[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)
3rd Week 午前 会場風景 3rd Week 午前 会場風景
3rd Week 午前 会場風景 3rd Week 午前 会場風景

3rd Week

ご来場者全員に記念品プレゼント

患者さん、家族のための、がん治療と暮らしフォーラム
-がんと生きる よりよく生きる-

場所:メルパルク京都6階
日時:10月17日(土) 11:00~17:30

イベント 3rd Week 午後は大盛況のうちに終了いたしました。
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

プログラム

医療セミナーⅠ【遺伝性のがんを正しく知る】 13:00~14:00

小林 浩(奈良県立医科大学産婦人科学 教授)

医療セミナーⅡ【婦人科がんの治療・暮らし・生き方】 14:30~16:45

①講演『治療の今とこれから―卵巣がんを中心に―』
鈴木 彩子(近畿大学医学部産科婦人科学教室 講師)

②対談『がんと生きる・よりよく生きる』
阿南 里恵さん(子宮頸がん体験者)
小西 郁生(京都大学医学部附属病院産婦人科 教授)

③講演&リンパ浮腫ケアのデモンストレーション
『少しでも快適な暮らしのためのセルフケア』
角 裕子(京都大学医学部附属病院 がん看護専門看護師)
福岡 せつ子、根本 紀代美(同リンパ浮腫セラピスト)

暮らしセミナー

専門家や展示企業による、患者さんの「治療と暮らしをつなぐ」セミナーを開催します。

11:30~12:00 「知っておきたい! 治療とお口、そしてケアの関係」
~便利なアイテムのご紹介~
サンスター株式会社
12:10~12:40 がん治療中の心と体を支える食事 ~乳がんを例に~
三輪 教子さん(市立西脇病院乳腺外科部長/昭和大学病院乳腺外科)
14:00~14:30 がん治療中の悩みに答えるメイクアップレッスン
山崎 多賀子さん(美容ジャーナリスト/乳がん体験者)
15:15~15:45 乾燥性敏感肌のための毎日のスキンケアレッスン
花王株式会社
16:50~17:20 がん治療と仕事 ~自分らしく働くために~
荒木 葉子さん(荒木労働衛生コンサルタント事務所所長/産業医)
暮らし体験コーナー

がんの種類に関係なく、スキンケア、脱毛ケア、食事、リラックスなど、テーマ別の製品展示、お試し、試供品、試食や冊子配布など

相談コーナー

看護師やがん体験者、医師による治療中の暮らし相談
※時間によって不在の場合もあります。

主催: Cancer Month Kyoto 2015 実行委員会、NPO法人 キャンサーリボンズ
共催: クロワッサン
協賛等:
セミナー共催: 医療セミナーⅠ:アストラゼネカ株式会社
医療セミナーⅡ:中外製薬株式会社
暮らし体験
コーナー展示:
イーエヌ大塚製薬株式会社、花王株式会社、株式会社KEA工房、株式会社ココウェル、サンスター株式会社、株式会社SHIMA、株式会社スヴェンソン、ブレストケア京都合同会社、ロート製薬株式会社 ほか
協力: NPO法人 京都がん医療を考える会
問い合わせ先: NPO法人 キャンサーリボンズ Cancer Month Kyoto 2015係
TEL:03-3546-6101(土日祝除く 10:00~18:00)
3rd Week 午後 会場風景 3rd Week 午後 会場風景
3rd Week 午後 会場風景 3rd Week 午後 会場風景

4th Week

ピンクリボンフェスティバル2015 京都シンポジウム
乳がんのために、ひとりぼっちで泣かないで。-最新治療と心のケア‐

場所:京都劇場
日時:10月24日(土) 13:00~16:30 (開場12:00)

イベント 4th Weekは大盛況のうちに終了いたしました。
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

プログラム

①明日を拓く乳がんのチーム医療

中村 清吾(昭和大学乳腺外科 教授・日本乳癌学会 理事長)

②子宮頸がんの治療と予防の最新情報

小西 郁生(京都大学医学部附属病院産婦人科 教授)

③乳がんであることをどうやって乗り越えていけばいいか?

保坂 隆(聖路加国際病院リエゾンセンター長・精神腫瘍科部長)

④明るくさわやかに生きる-アグネスが見つめた生命
アグネス・チャン

アグネス・チャンさん(歌手・エッセイスト・教育学博士(Ph.D.)・日本対がん協会「ほほえみ大使」)

主催: 日本対がん協会、朝日新聞社、京都予防医学センター、Cancer Month Kyoto 2015実行委員会
後援: 厚生労働省、日本医師会、日本看護協会、京都府医師会、京都府看護協会、京都府薬剤師会
問い合わせ先: ピンクリボンフェスティバル 京都シンポジウム事務局
TEL:03-5565-7095(平日/10:00~17:00、土日祝日を除く)
4th Week 会場風景 4th Week 会場風景
4th Week 会場風景 4th Week 会場風景

5th Week

Day1

市民・患者参加プログラム
“がんと生きる” をサポート

場所:国立京都国際会館 メインホール
日時:10月30日(金) 13:30~18:30

イベント 5th Weekは大盛況のうちに終了いたしました。
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

プログラム

司会: 山崎 弘士さん(ラジオパーソナリティ・元KBS京都アナウンサー)
  小西 郁生(京都大学医学部附属病院産婦人科 教授)
(1)市民公開講座「がん治療の最前線を知る」

「消化器がんの早期発見と内視鏡治療」
武藤 学(京都大学医学部附属病院がんセンター 教授)

「がんに対する放射線療法の進歩」
平岡 眞寛(京都大学医学部附属病院放射線治療科 教授)

「がん患者さんの食事と運動療法」
羽渕 友則(秋田大学医学部附属病院泌尿器科 教授)

(2)友情出演「がんと生きる」

「がん治療医ががんを体験して」
杉山 徹(岩手医科大学産科婦人科学 教授)

(3)招請講演「がんと生きる」

「巨泉の遺言撤回-がん治療後を生きる」
大橋 巨泉さん(タレント)

(4)パネル・ディスカッション「がん治療後の生き方を語ろう」

大橋 巨泉さん、武藤 学、平岡 眞寛、羽渕 友則、杉山 徹、山崎 弘士さん、小西 郁生

まことさん コンサート~癒やしのひとときをどうぞ~

MAKOTOさん(祇園甲部 元 芸妓「真箏」、ジャズシンガー)

5th Week Day1 会場風景 5th Week Day1 会場風景
5th Week Day1 会場風景 5th Week Day1 会場風景

Day2

市民・患者参加のプログラム
“女性が がんと生きる” をサポート

場所:国立京都国際会館 メインホール
日時:10月31日(土) 13:10~17:20

イベント 5th Weekは大盛況のうちに終了いたしました。
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

プログラム

司会: 塩見 祐子さん(KBS京都 アナウンサー)
  小西 郁生(京都大学医学部附属病院産婦人科 教授)
(1)市民公開講座「女性のがん治療と予防の最前線を知る」

「婦人科がんの予防と最新治療」
宮城 悦子(横浜市立大学がん総合医科学 教授)

「乳がんの予防と最先端治療」
戸井 雅和(京都大学医学部附属病院乳腺外科 教授)

「女性のがん治療と妊孕性温存」
鈴木 直(聖マリアンナ医科大学産婦人科 教授)

(2)招請講演「女性の生き方とがん」
里中 満智子

「天上の虹-女帝持統天皇と古代の女性たち」
里中 満智子さん(マンガ家)

(3)友情出演「“がんと生きる”を身近に」
藤山  直美

「えらいこっちゃ!うちの〇〇ちゃんが、がんになってしもた」
藤山 直美さん(女優)

(4)パネル・ディスカッション「“女性が がんと生きる”を語り合う」

里中 満智子さん、藤山 直美さん、宮城 悦子、戸井 雅和、鈴木 直、塩見 祐子さん、
小西 郁生

主催: Cancer Month Kyoto 2015実行委員会
後援: 京都大学がんプロフェッショナル養成基礎推進プラン
「次代を担うがん研究者・医療人養成プラン」
5th Week Day2 会場風景 5th Week Day2 会場風景
5th Week Day2 会場風景 5th Week Day2 会場風景

6th Week

京都府子宮頸がん検診啓発イベント -女性の健康キレイアップ2015-

ステキ女子のからだメンテプロジェクト ロゴ

場所:京都ガーデンパレス 葵の間
日時:11月1日(日) 13:30~15:30

イベント 6th Weekは大盛況のうちに終了いたしました。
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

プログラム

トークセッション1 「生きてるだけで価値がある」

松田 陽子さん(シンガーソングライター、子宮頸がん経験者)

トークセッション2 「子宮頸がんについて ~検診に行こう~」

松田 陽子さん、小西 郁生(京都大学医学部附属病院産婦人科 教授)

トークセッション3 「あの美人画の鶴田一郎が語る女性の美しさ」

鶴田 一郎さん(画家)

ミニコンサート

松田 陽子さん

※10月31日(土)~11月1日(日)日没後~22:00 京都タワーをティール&ホワイトカラーにライトアップ

主催: 京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン ステキ女子のからだメンテプロジェクト
共催: Cancer Month Kyoto 2015 実行委員会
問い合わせ先: 京都府健康福祉部健康対策課がん対策担当
TEL:075-414-4766 Eメール:kentai[あ]pref[ど]kyoto[ど]lg[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)
6th Week 会場風景 6th Week 会場風景
6th Week 会場風景 6th Week 会場風景

このページのトップへ戻る