第81回日本泌尿器科学会東部総会,The 81st Annual Meeting of the Eastern Section of Japanese Urolgical Association,―近未来泌尿器科の展望―,Prospect of urology in the near future

演題募集

演題募集期間

一般演題

2016年3月1日(火)~2016年5月10日(火)  

2016年5月17日(火)正午

2016年5月18日(水)午前

演題募集を締め切りました。多数のご応募いただき、ありがとうございました。

1. 応募資格

筆頭演者が日本泌尿器科学会会員、または共著者が1名以上日本泌尿器科学会会員に限ります。

2. 演題応募に際して

演題内容の倫理面について十分な配慮をお願いいたします。また、動物実験につきましては動物愛護の点から十分配慮された研究内容の応募をお願いいたします。

3. オンライン演題登録方法

  • 総会ホームページからUMINオンライン演題システムによる登録のみ受付いたします。抄録用紙による登録はありません。
  • 演題を最初に登録する際に、登録本人用のパスワードを設定していただきます。登録が終了しますと登録番号が発行されます。セキュリティ上の理由で、パスワード及び登録番号に関するお問い合わせには一切応じられません。必ずご自身でパスワードと登録番号をお手元にお控えください。
  • 一度登録した後も、ご自身で設定されたパスワードを使用して、締切日まで何度でも登録内容の変更や修正ができます。
  • 演題の採否・発表日時につきましては、総会運営事務局より電子メールにてご連絡いたします。
  • 入力項目は、以下の通りです。
発表形式/領域別分類/著者氏名(発表者を筆頭に12名以内)
所属機関(5施設以内)/連絡先/電子メールアドレス
一般演題 演題名(和文全角76文字/英文半角152文字以内)
抄録本文(和文全角560文字/英文半角1120文字以内)
(図表の登録はありませんのでご留意ください)

一般演題領域別分類

※演題登録時に、演題に適合する分野の番号を選んでください。

1副腎・後腹膜 29 排尿機能・神経泌尿器科/臨床
2上部尿路/通過障害・機能・薬理 30 女性泌尿器科
3腎不全・透析・高血圧・血管外科 31 尿失禁
4腎移植/基礎 32 精巣腫瘍/基礎
5腎移植/臨床 33 精巣腫瘍/臨床
6泌尿器腫瘍全般 34 陰嚢内容・陰茎・尿道
7腎腫瘍/基礎 35 不妊
8腎腫瘍/診断・マーカー 36 アンドロロジー・内分泌
9腎腫瘍/薬物療法 37 性機能
10腎腫瘍/手術(腹腔鏡・ロボットをのぞく) 38 感染症
11腎腫瘍/症例 39 小児泌尿器科
12尿路上皮腫瘍/基礎 40 腹腔鏡/腎・尿管
13腎盂・尿管腫瘍/臨床 41 腹腔鏡/副腎
14膀胱腫瘍/診断・マーカー 42 腹腔鏡/前立腺
15膀胱腫瘍/薬物療法・機能温存 43 腹腔鏡/膀胱腫瘍
16 膀胱腫瘍/手術(腹腔鏡・ロボットをのぞく) 44 腹腔鏡/その他
17 膀胱腫瘍/症例 45 ロボット支援手術/膀胱腫瘍・その他
18 尿路変向 46 ロボット支援手術/腎腫瘍
19 前立腺腫瘍/基礎 47 ロボット支援手術/前立腺
20 前立腺腫瘍/診断・マーカー 48 結石/基礎・薬物療法
21 前立腺腫瘍/薬物療法 49 結石/外科的治療(内視鏡を含む)
22 前立腺腫瘍/放射線治療・PSA監視療法 50 結石/ESWL
23 前立腺腫瘍/手術(腹腔鏡・ロボットをのぞく) 51 外傷
24 前立腺腫瘍/症例 52 最新機器/診断・治療
25 前立腺肥大症/基礎 53 統計・経済・歴史・疫学
26 前立腺肥大症/診断・薬物療法 54 再生医療
27 前立腺肥大症/手術 55 遺伝子医療
28 排尿機能・神経泌尿器科/基礎 56 その他

4. 演題採否

演題の採否及び発表形式(口演・ポスター)の決定は会長にご一任ください。演題の採否につきましては、2016年6月下旬までに発表日時・発表形式・会場名をご連絡させていただく予定です。

5. 入力データについて

  • プログラム、抄録号ではご本人が登録されたデータをそのまま使用します。
    入力ミスがあってもそのまま印刷されますので十分にご注意ください。
  • 登録締切後の原稿の変更は一切出来ません。共著者の追加、変更も出来ませんのでご注意ください。

6. 採用された演題の著作権

採用された演題の著作権は日本泌尿器科学会に帰属いたしますのでご了承ください。

7. 暗号通信使用のお願い

オンライン登録および修正は、原則として暗号通信の使用をお願いします。この暗号通信の使用により、第3者があなたのパスワードを盗聴して、演題・抄録を無断削除したり、改竄したりすることを防ぐことができます。したがって、当学会では原則として暗号通信の使用を推奨します。暗号通信は特に準備はいりません。UMIN(大学病院医療情報ネットワーク)のサーバコンピュータに管理が移ります。暗号通信は登録または修正作業が終わるまで継続されます。ただし、暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザが古い)もありますので、その際は平文通信をご利用ください。平文通信においては、パスワード等の盗聴が可能ですから、セキュリティや個人情報保護の点で危険です。特に病院情報システムや電子メール用に使っているパスワードの使用は絶対に避けてください。被害が演題・抄録以外にも及びます。平文通信をご利用の際は、こうした危険性を十分に考慮ください。

※オンライン演題登録システムFAQ
http://www.umin.ac.jp/endai/userfaq.htm
よくある質問と回答を掲載しておりますので、こちらを併せてご参照ください。

一般演題

暗号通信を推奨いたします。アクセス・登録できない場合は平文通信をご使用ください。

暗号通信が使えない場合にのみ以下をご利用ください。

演題登録に関するお問い合わせ

第81回日本泌尿器科学会東部総会 運営事務局
日本コンベンションサービス株式会社 東北支社
〒980-0824 仙台市青葉区支倉町4-34 丸金ビル6階
Tel : 022-722-1311
Fax : 022-722-1178
E-mail : ejua81@convention.co.jp

pageの上へ戻るボタン