第11回グローバル・ペンション・シンポジウム

会場風景

P&I 第11回グローバル・ペンション・シンポジウム

常識への挑戦: 資産運用の再定義

目的にかなった運用を実現するために発想を転換できるか?

「Think Different」(発想の転換)とは、Apple社が20年前に行った有名な広告キャンペーンのスローガンです。Apple社はこのキャンペーンによって、ユニークな製品を生み出すユニークな会社だというアイデアを世間に広めました。

現在の年金投資家にとって「発想の転換」とは、何を意味するのでしょうか。

長期的なプラスの利益を堅実に生み出すために、これまでの常識を覆し、既存の投資枠組みを見直し、伝統的資産、オルタナティブ、ファンダメンタル、クオンツ、パッシブ、アクティブ、資産クラスの枠組みにとらわれることなく再評価することが必要です。最新のリスク管理、健全で適応性のあるガバナンス、多様な意見やアイデアを進んで取り入れる哲学によって、ポートフォリオのあり方を考えるということです。

第11回グローバル・ペンション・シンポジウムでは、受益者の最善の利益を図る、という年金受託者の第一の目的を達成するために、従来の常識として考えられてきた要因を検証し、資産運用を再定義するにはどうしたらよいかを議論していきます。

開催概要

会期 2017年11月14日(火)・15日(水)
(受付開始:14日(火)8時15分、15日(水)8時30分)
会場 ザ・リッツ・カールトン東京 2F グランドボールルーム
主催 ペンションズ・アンド・インベストメンツ
メインスポンサー 野村證券株式会社
スポンサー アライアンス・バーンスタイン株式会社AQRキャピタルマネジメントインベスコ・アセット・マネジメント株式会社三菱地所株式会社TAリアルティ野村アセットマネジメント株式会社ストラテジック・バリュー・パートナーズタイヨウ・パシフィック・パートナーズセイリュウ・アセット・マネジメント株式会社ウィントン・キャピタル・ジャパン株式会社

両日とも昼食にお弁当をご用意します。
両日ともレセプションを開催いたします。

会場案内

ザ・リッツ・カールトン東京
東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
Tel:03-3423-8000(代表)

電車でのアクセス
都営大江戸線・東京メトロ日比谷線 六本木駅直結
東京メトロ千代田線 乃木坂駅 徒歩3分

詳細はザ・リッツ・カールトン東京|地図およびホテルへのアクセスをご参照ください。

開催概要

参加登録

参加対象 年金スポンサー(年金基金、企業の年金関連部門、公的年金・共済)
銀行・生損保の自己資金運用部門
参加料 無料(事前登録要)
締切り 2017年11月7日(火)
定員 300名
登録方法 参加登録

問合わせ・申込み先

グローバル・ペンション・シンポジウム事務局
日本コンベンションサービス株式会社内
Tel: 03-3502-6872
Fax: 03-3508-1695
E-mail: pi-ns.reg[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

Contact information

U.S. or overseas participants :
Veronica Dominguez, Pensions & Investments
Tel: +1-212-210-0437
E-mail: pi-registration[あ]crain[ど]com([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

免責事項

「第11回 グローバル・ペンション・シンポジウム」のセッションテーマ、講演およびパネルディスカッションの議題は「Pensions & Investments」紙もしくはその出版元であるCrain Communications, Inc.の見解や意見を表すものではありません。「Pensions & Investments」紙の記者・編集者は、当シンポジウムの議題の考案、執筆、プロデュースのいずれも行っておりません。また、当シンポジウムの参加登録に関して、Pensions & Investments は参加資格に合致しない申込みについて登録をお断りする権利を有します。

このページのトップへ戻る