リーフレット(日本語版)   リーフレット(英語版)

1.目的

世界全体では140以上の原子炉が閉鎖したが、このうち廃炉が完了したものは10基をわずかに超えるのみ。一方、現在運転中の原子炉は世界で440以上。今後、廃炉は世界中で確実に増加する見通しである。
我が国は、既に15基が廃止決定済みである。近年、自由化が進展する環境下において廃止決定がなされる中、本ワークショップは、我が国の電力会社や規制当局が、世界中で原子力発電所の廃止措置プロセスを最適化するために行われている様々な取組をより良く知り、知識を共有し、更に、我が国廃止措置の課題に対するソリューションを議論することを目的とする。

2.開催日・場所等

日 時 :平成29年6月30日(金) 10:30~17:30(開場9:45)
場 所 :六本木アカデミーヒルズ タワーホール(港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)
使用言語:英語及び日本語(同時通訳あり)
参加費 :無料

3.プログラム

9:45

開場

10:30~11:00

開会挨拶・基調講演

 

小澤 典明 資源エネルギー庁 資源エネルギー政策統括調整官

ウィリアム・D・マグウッド OECD/NEA 事務局長
 「原子力施設の廃止措置の国際的な経験」

11:00~11:45

国内廃止措置の現状と課題

 

我が国で最初の商業用原子炉廃止措置である東海発電所(日本原子力発電株式会社)の現状と課題や、今後の廃止措置に向けた安全規制や民間規格基準の整備状況、考え方などについて紹介する。
山内 豊明 日本原子力発電株式会社 常務執行役員・廃止措置プロジェクト推進室長
 我が国の原子力発電所の廃止措置状況と課題
岡本 孝司 原子力学会 廃止措置分科会主査 東京大学工学系研究科原子力専攻教授
 廃止措置における安全確保のための標準化
青木 昌浩 原子力規制庁 長官官房審議官
 日本の原子力発電所の廃止措置に関する法的枠組について

11:45~13:20

休憩

13:20~15:00

海外事例の紹介

 

海外における廃止措置プロジェクトについて、その現状と課題を紹介する。特に、海外の先行経験から優良事例に着目する。
エイドリアン・シンパー OBE 英国原子力廃止措置機関(NDA) 戦略・技術担当理事
 Constantly Learning from Experience –Nuclear Reactor Decommissioning in the UK
ポール・T・ディックマン アルゴンヌ国立研究所 (ANL) シニア・ポリシー・フェロー
 U.S. Nuclear Power Plant Decommissioning
ベルトラン・マルトレ フランス電力会社(EDF) 廃止措置・廃棄物管理部門 国際開発・サービス上席副本部長
アルノー・ゲイ ニューアレバホールディング リサイクリング事業部 国際事業部 ダイレクター
 Introduction to the French Nuclear Decommissioning Experience
エフゲニー・コマロフ 国営原子力企業ロスアトム 核遺産復興対策部門 シニアマネージャー
 Decommissioning Activity in the Russian Federation

15:00~15:40

休憩・ポスターセッション
(ポスターを展示する機関)
アーサー・D・リトル
日本原子力学会
フランス原子力・代替エネルギー庁(CEA)
エナジーソリューション
福井工業大学
日本原子力発電
マッキンゼー・アンド・カンパニー
英国廃止措置機関及び英国原子力廃止措置産業
経済協力開発機構/原子力機関(OECD/NEA)
ロスアトム他
福井大学
東京大学
若狭湾エネルギー研究センター
※英語企業名のアルファベット順

15:40~17:10

パネルディスカッション

 

既存技術を効率的に組み合わせた解体方法、廃止措置プロセス全体のマネジメントの最適化、低レベルやクリアランスレベルの放射性廃棄物を含む廃棄物処理の在り方などについて議論する。
(モデレーター)
ヨハン・ラッツ マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー

(パネリスト)
山内 豊明 日本原子力発電株式会社 常務執行役員・廃止措置プロジェクト推進室長

フランソワ・ゴーシェ フランス原子力・代替エネルギー庁(CEA)原子力開発局長

コリン・オースティン エナジー・ソリューション社 上席副社長

マーク・ラウス キャベンディッシュ・ニュークリア社 日本ビジネス局長

ミキータ・コンスタンティノフ ロスエネルゴアトム 社長顧問

17:10~17:30

クロージング・閉会挨拶

 

松野 大輔 資源エネルギー庁 電力・ガス事業部原子力政策課 課長

ポスターセッション
世界各国の企業や公的研究機関が、その専門技術や経験をポスターにて紹介する。また、大学や研究機関に属する学生を招待し、その研究や活動をポスターにて紹介するとともに、本分野における世界の人々と交流する機会とする。

4.会場へのアクセス

地下鉄でお越しの場合

東京メトロ 日比谷線
「六本木」駅1C出口より徒歩3分
(コンコースにて直結)

都営地下鉄 大江戸線
「六本木」駅3出口より徒歩6分

東京メトロ 南北線
「麻布十番」駅4出口より徒歩12分

都営地下鉄 大江戸線
「麻布十番」駅7出口より徒歩9分

東京メトロ 千代田線
「乃木坂」駅5出口より徒歩10分

アカデミーヒルズまでのアクセス

〒106-6149 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー49F

Page Top