第14回日本クリティカルケア看護学会学術集会

集会長挨拶

第14回日本クリティカルケア看護学会学術集会
学術集会長 佐藤 憲明
(日本医科大学付属病院)
集会長挨拶

この度、2018年6月30日(土)~7月1日(日)に第14回日本クリティカルケア看護学会学術集会をタワーホール船堀で開催させていただくこととなりました。会員の皆様や関係者各位のご支援、ご協力に厚く御礼申し上げます。

昨今医療界では、重大な医療事故の発生やその対応が社会的にも問題となり、安全管理の推進がより一層求められるようになりました。平成26年医療法改訂では、日本医療安全調査機構が設立され、医療事故の調査制度や再発防止に向けた取り組みが強化され、医療界の各学会も協力体制を整えはじめています。

クリティカルケア領域では、患者の病態は複雑かつ重症であり、生命維持装置や多くの医療機器を使用した治療と看護を施すため、重大なアクシデントが発生する危険性の高い領域といえます。このため、安全管理を推進するためには、高度な医療機器の取扱いや管理の徹底が求められ、重症患者管理を行うための知識と技術を有する看護師の育成や、医療チームの連携が求められます。さらに、高度先進医療に基づいた最新のエビデンスや情報などを組織的に配信できるシステムの構築がクリティカルケア領域の安全を推進するうえで重要です。

当学会では、クリティカルケア領域の研究や教育活動はもとより、社会の要望でもある安全な医療の提供を最優先課題として取組んでいます。医療事故調査制度と再発防止に向けた学会協力はもちろんのこと、昨今では日本集中治療医学会や日本呼吸療法医学会との連携により、人工呼吸器離脱プロトコルを策定し、人工呼吸器からの離脱をより安全に実施できるよう啓蒙をしています。他に、気管挿管患者の口腔ケアのガイドやせん妄患ケア、終末期ケアのガイドラインなども策定していき、本領域の安全管理の基盤を高めています。

第14回学術集会では「安全と安心を信頼に繋ぐ」をメインテーマとして、クリティカルケア領域の安全性の向上に向けた今後の課題を明確にしていきたいと思います。

学術集会では、急速に発展する高度先進医療の安全管理を推進するうえで、患者の安全を守り、安心できる医療、そして患者や家族、社会の信頼の獲得へと繋げられる看護を目指し、専門の講師も多くお招きした特別講演や教育講演、シンポジウムなど、複数の主要セッションを設けて討議を重ねたいと思います。

第14回学術集会が、クリティカルケア看護に新たな知見と示唆を得て、より安全な医療が推進できることを願うとともに、多くの皆様にご参加頂けますことを切望いたします。

page top

事務局 日本医科大学付属病院
〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
TEL: 03-3822-2131
事務局長:背戸 陽子
運営事務局 日本コンベンションサービス株式会社
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル14階
TEL: 03-3508-1214 FAX: 03-3508-1302
E-mail: jaccn14[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)