発表者へのご案内

閉会式では、演題発表の中から10 演題を優秀演題として表彰いたします。
是非とも、閉会式へのご出席をお願いいたします。


一般演題(PC発表)発表者へのご案内

1) 一般演題発表は全てPower Point データを使用したPC プレゼンテーションといたします。


2) 発表データの作成方法基準

動作環境OS:Windows(Macintosh ご使用の先生は必ず,ご自身のパソコンをお持ち込みください)

スライド再生ソフト:Microsoft Power Point 2007、2010、2013
Power Point に標準搭載されているフォントのみ使用可能です。
動画、音声は使用可能です。使用する場合は、ご自身のPC をお持ち込みください。
また、再生できることを必ずPC データ受付でご確認ください。
発表データのファイル名:「演題番号(例 A-1-1)+ 氏名」としてください。

3) 発表データは学会当日、各セッションの開始30 分前までに、PC データ受付にご提出ください。

この時間を過ぎて提出されますと、他の方の発表に支障をきたしますので、厳守してください。
また、PC データ受付では、データの修正・変更はできません。

PC データ受付場所:名古屋国際会議場 2階センチュリーホール(A会場)前ホワイエ

受付日 受付時間
9月10 日(木) 8:00 ~ 19:00
9月11 日(金) 8:00 ~ 14:30

※9月11日(金)の9時からのセッションの発表者は、できる限り10日(木)の15:00~19:00までにPC データ受付をお済ませください。

● PC データ受付では、演題番号とお名前をお伝えください


4) 持ち込み方法

発表データを持ち込む場合

メディア(USB フラッシュメモリ)に保存し、ご持参ください。
メディアには発表者1 名分のデータのみ保存し、他のデータは保存しないでください。
メディアにデータの書き込みを行った後、他のPC でもデータが開くことを確認してください。
事前送付によるデータの受付は行っておりませんので、ご注意ください。
念のため発表用データのバックアップを必ずお持ちください。

ご自身のPC を持ち込む場合

必ず電源ケーブルをご用意ください。バッテリーでのご使用はトラブルの原因となります。
D-sub15 ピンによるモニター出力が必要です。ご持参いただくPC からD-sub15 ピンへの変換コネクタが必要な場合には各自でご用意ください。D-sub15 ピン以外の接続はお受けできませんので予めご了承ください。
スクリーンセーバー、ウイルスチェックならびに省電力設定は予め解除しておいてください。

5) 発表の際のPC操作について

最初の画面は学会事務局で立ち上げますが、発表の際のPC 操作は全て発表者ご自身で行ってください。ただし、所属施設から補助者をつけていただくことは構いません。
※補助者の参加登録も必要です。


6) 発表時間

発表時間 7分+ 質疑応答2分
※発表時間を超過した場合は、質疑応答時間を削ることになりますので、ご了承ください。


7)発表終了の合図

終了1分前に演台の黄ランプが、終了時に赤ランプが点灯します。


8)発表時間の15 分前までに会場左手前方の次演者席にお座りください。


9)データの管理について

PC データ受付にてコピーしました発表データは名古屋学会の運営のみに使用し、学会終了後、総会事務局にて責任をもって消去いたします。



一般演題(パネル発表)演者へのご案内

1)ポスター発表者受付

発表日のパネル添付時間内にパネル発表会場(1号館1階イベントホール内)の「一般演題(パネル発表)演者受付にお越しください。


2) ポスター発表スケジュール

セッション 発表日 パネル添付 発表時間* パネル撤去
P1~P6 9月10日(木) 9月10日(木) 08:00~11:00 9月10日(木) 16:00~ 9月10日(木) 18:00~18:40
P7~P13 9月11日(金) 9月11日(金) 08:00~10:00 9月11日(金) 13:30~ 9月11日(金) 16:45~17:10

*発表時間は各セッションにより異なります。

3)各パネルには画鋲を用意しております。


4)パネル作成について

各ポスターパネルに演題番号が表示されます。
ポスターの貼付面サイズ(本文、図表)は
縦160 ㎝、横90 ㎝の範囲で作成してください。
タイトル(演題名、所属、氏名)は
縦20 ㎝、横70 ㎝の範囲内で作成してください。
会場内でのポスターのプリントアウトはできません。

5)発表時間15 分前までに各自パネル前に待機してください。


6)発表時間

発表時間 4分 + 質疑応答2分
※発表時間を超過した場合は、質疑応答時間を削ることになりますので、ご了承ください。


7)パネルの取り外し

時間を過ぎてもお引き取りがない場合は、学会事務局にて処分させていただきます。




優秀演題・優秀論文の表彰

学術委員会委員長 鈴木龍太(鶴巻温泉病院 院長)

第23回日本慢性期医療学会 in 名古屋 優秀演題発表

本学会にご応募いただいた演題について、下記の基準をもとに10 題の優秀演題を選考します。


評価項目1 研究の目的・発想・特色・独創性はどうか
評価項目2 研究方法が適正か
評価項目3 結果が明確か、成果・効果が期待できるか
評価項目4 スライドや発表態度は分かりやすいか
評価項目5 優秀賞にふさわしいか… 5 項目・各20 点・合計100 点

上位10 題を優秀演題として閉会式(大会2 日目9月11 日16:15 〜)において
表彰を行いますので、奮ってご参加ください。