プログラム

  • 演題募集
  • 指定演題登録
  • 一般演題採択一覧
  • 日程表・主要プログラム
  • ハンズオンセミナー
  • プログラム企画アンケート
  • 指定座長・演者諾否登録

プログラム

一般演題登録

一般演題募集のお知らせ

一般演題を募集いたします。演題登録の際には、筆頭演者、共同演者(19名以内)ともに会員番号の入力が必要です。会員番号をお持ちでない場合には、演題登録サイトに進めませんので、必ず入会手続きを完了した上で、演題登録を行ってください。

1. 演題募集期間について

2018年5月23日(水)~6月27日(水)正午

2. 応募資格について

筆頭演者……正会員、名誉会員、功労会員

共同演者……正会員、名誉会員、功労会員、臨時会員(医師以外)

  • 医師の場合には臨時会員制度は適用されません。
  • 臨時会員は筆頭演者にはなれません。

演題登録の際には、筆頭演者、共同演者ともに会員番号の入力が必要です。

非会員の方は、下記該当箇所をご確認のうえ、お手続きください

  • すでに会員の場合

    会員番号は学会誌郵便封筒の宛名右下にある数字です。会員番号は、会員用Webシステム(https://member.jarm.or.jp/mypage/)の会員名簿閲覧でも確認が可能です(ただし、会員が会員番号を公開設定にしている場合のみ)。

  • 医師で非会員の場合

    日本リハビリテーション医学会ホームページ入会申込(https://member.jarm.or.jp/application.html)から、入会続きを行ってください(医師の場合には次項の臨時会員制度は適用されません)。
    会員資格は、日本リハビリテーション医学会事務局で、年会費15,000円の入金が確認された時点で与えられます。入金が確認され次第、会員番号をご登録のメールアドレス、文書にてお知らせいたします。
    入金から事務局での確認までは、通常、中2日ほどかかります。お早めのお手続き、入金をお願いします。

  • 医師以外で非会員の場合(共同演者として)

    日本リハビリテーション医学会ホームページから臨時会員入会申込書(http://www.jarm.or.jp/jarm/document/join/jarm_join_rinji.pdf)をダウンロードし、必要事項をすべて記入の上、現金書留に臨時会員入会申込書と臨時会費(7,500円)を同封して、日本リハビリテーション医学会事務局までお送りください。日本リハビリテーション医学会事務局で入金が確認され次第、臨時会員番号を文書およびメールにてお知らせいたします。

    入会手続き先

    公益社団法人 日本リハビリテーション医学会 事務局

    〒101-0047 東京都千代田区内神田1-18-12 内神田東誠ビル2階

    TEL:03-5280-9700 
    FAX:03-5280-9701 
    E-mail:office@jarm.or.jp

3. 演題発表形式について

一般演題は、日本語での口演といたします。登録される際には、発表を希望される領域(カテゴリー)を下記のA、B、C からそれぞれ1つずつ選択してください。最終的な形式は会長に一任させていただきます。

A. 疾患・障害単位

1. 脳卒中
2. 頭部外傷
3. 脳性麻痺および発達障害
4. その他の脳疾患
5. 脊髄損傷および脊髄疾患
6. 神経・筋疾患
7. ポリオ
8. 末梢神経障害
9. リウマチ
10. 骨関節・軟部組織疾患
11. 切断
12. 腰痛症および疼痛疾患
13. 呼吸器疾患
14. 循環器疾患
15. 悪性腫瘍
16. 精神心理的疾患
17. 加齢、老年疾患
18. 摂食嚥下障害
19. 高次脳機能障害
20. 内部障害
21. 排泄障害
22. 廃用症候群
23. 合併症
24. 失語症
25. その他

B. 方法

ア. 介入研究
イ. 観察的研究
ウ. 病態解析
エ. 基礎研究
オ. 治療法・治療機器
カ. 診断・評価法
キ. 症例報告
ク. その他

C. 分野

a. 神経生理学
b. 運動生理学(体力・筋力・運動負荷を含む)
c. 運動学(歩行・動作解析を含む)
d. 病理組織学
e. 物理医学
f. 神経治療学
g. 心理・神経心理学(失語症・失行・失認・認知症を含む)
h. 自律神経学(排泄を含む)
i. 画像診断学(CT・MRI、嚥下造影を含む)
j. 統計学・調査
k. 社会医学
l. ADL
m. QOL
n. 義肢・装具
o. 介護・福祉機器(環境制御装置、住宅改造を含む)
p. 教育・療育
q. 地域リハ・在宅リハ
r. 職業リハ
s. 福祉と制度
t. 介護保険
u. 回復期リハ
v. 医療システム
w. 地域包括ケアシステム
x. 地域連携
y. ケアマネジメント
z. その他

4. 演題申込方法について

演題はすべてインターネットを利用したオンライン登録にて受付いたします。締切り直前は大変混み合いますので、なるべく時間的余裕をもって登録してください。

  • 演題登録に際しては、演題申込画面の指示に従って、筆頭演者名、共同演者名、会員番号、所属機関名、連絡先の電子メールアドレス、発表形式、希望のカテゴリー、演題名、抄録本文(全角換算650字まで、半角換算1,300字まで)などの必要項目をすべて入力してください。

    演題登録には、筆頭演者およびすべての共同演者の会員番号入力が必須です。

  • 演題を登録する際に、登録者任意のパスワードを入力いただきます。演題登録番号は自動的に割り当てられます。演題登録番号とパスワードは登録演題内容の変更、受領確認、採否確認にも必要ですので必ず記録して大切に保管いただきますようお願いいたします。パスワードを紛失した場合でも、セキュリティーの関係上、お問い合わせには一切応じられませんので、ご注意ください。

  • 抄録本文中には所属を明らかにするような字句は避けてください。

  • 演題登録が完了すると、ご登録いただいた電子メールアドレス宛に登録番号、演題受理通知が送信されます。演題受理通知が届かない場合は、新規演題登録が完了していないか、登録した電子メールアドレスに誤りがあった可能性がありますので、運営事務局まで電子メールでお問い合わせください。

  • 演題登録後も締切り前であれば抄録等の修正は可能です。本ホームページの「確認・修正」ボタンからおすすみください。なお、その際には登録番号およびパスワードが必要です。

5. 使用文字について

①②③のような「まる数字」は使用できません。 ⅠⅡⅢのようなローマ数字も使用できません。英字の組み合わせで、II、VI、XIのように入力してください。シンボル(symbol)書体半角(1バイト文字)のαβγ等を使用するとabcなどに自動変換されてしまいますので使わないようにしてください。必ず全角(2バイト文字)のαβγを利用してください。

半角カタカナは使用できません。カタカナは全角で、英字および数字は半角で記入してください。

英文や数字を入力する際、O(アルファベット)と0(数字)や、l(アルファベットL小文字)と1(数字)、あるいはX(アルファベット)と×(かける)などきちんと区別してください。

応募者自身が間違えて入力した内容につきましては、一切責任を負いません。必ず内容に間違いがないかどうかをご確認ください。

6. 同時開催関連専門職セッションについて

本学術集会では、関連専門職のためのセッションを学術集会と同時開催いたします。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、義肢装具士、社会福祉士、管理栄養士、技術開発者、臨床工学技士、臨床心理士、歯科衛生士、介護福祉士、介護支援専門員 、等のリハビリテーション医療福祉専門家(有資格者)から演題を募集いたします。学会員である必要はありません。詳細は、こちらをご覧ください。

7. YIA賞について

本学術集会では、リハビリテーション医学における学術研究の育成と奨励のためにご応募いただいた一般演題(口演)の中からYIA賞を授与いたします。

YIA賞の応募・選考方法等は以下の通りとします。奮ってご応募ください。

  • 対象

    本学術集会の一般演題(口演)に演題を提出し、かつYIA賞への応募を希望する者

    発表者は40歳未満で日本リハビリテーション医学会の会員であること

    筆頭演者が発表者であること

  • 応募方法

    応募希望者は、演題登録時に「YIA賞に応募する」を選択の上、演題をご登録ください。

  • 選考方法

    応募をご希望いただいた演題の中から、プログラム委員での査読と当日の発表によって受賞者を決定いたします。

8. 利益相反について

学術集会での研究発表の際には、公益社団法人日本リハビリテーション医学会が定めた利益相反の管理に関する基準に従い、次の点にご留意ください。

  • 公的機関または企業等の外部団体から資金援助を受けて行った研究については、発表者の所属する施設・機関等の利益相反の規定に従って、当該施設・機関等の利益相反委員会への届け出を行ってください。

  • 公的機関または企業等の外部団体から200万円以上の資金援助または機器・薬剤等の提供を受けて研究を行い、本医学会学術集会に研究発表を行う場合には、その旨を発表の際に公開してください。

  • 公的機関または企業等の外部団体からの資金援助または機器・薬剤等の提供が200万円未満の場合には、援助を受けて研究を行った旨を発表の際に公開するか否かは、発表者のご意向あるいは所属する施設・機関等の規定に従ってください。

上記に該当する場合は、発表スライドの最初に利益相反について述べてください。

リハビリテーション医学会が組織として行う研究(リハビリテーション医学会の委員会またはそれに準ずる組織が行う研究)の場合については、日本リハビリテーション医学会利益相反委員会への申告が必要となります。該当する場合には、「利益相反(COI)自己申告書」をダウンロードして、必要事項をご記入の上、公益社団法人日本リハビリテーション医学会 事務局宛に郵送してください。

開示スライドダウンロード

新規演題登録・確認・修正

ボタンをクリックすると、リハビリテーション医学会会員専用ページが開きます。

ログインし、会員専用ページ内に進んで、演題登録・確認・修正を行ってください。

お問い合わせ先

■ 新入会、臨時入会、利益相反に関するお問い合わせ

公益社団法人 日本リハビリテーション医学会 事務局

〒101-0047 東京都千代田区内神田1-18-12 内神田東誠ビル2階

TEL:03-5280-9700 
FAX:03-5280-9701 
E-mail:office@jarm.or.jp

■ 演題登録に関するお問い合わせ

第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 運営事務局

日本コンベンションサービス株式会社 本社 学術担当

TEL:03-3500-5935(平日9:30~17:30) FAX:03-3508-1755

E-mail:program-jarma02@convention.co.jp