第15回日本乳癌学会関東地方会

演題募集

応募方法について

UMINによるオンライン登録のみで受付します。
UMINのセキュリティーポリシーについてはこちらをご覧ください。
以下の注意事項・規定をご確認の上、本ページ下段の「演題登録」ボタンをクリックしてください。


【注意事項】

UMINオンライン演題登録システムでは、Internet Explorer、Safari [ver.2.0.3(417.9.2)以降]、Firefox、Google Chrome以外のブラウザでは演題登録できません。

ファイアーウォール(ハッカーなどの侵入を防ぐソフトウェア)が使用されている場合など、登録に用いるコンピューター環境によってはオンライン登録できない可能性があります。コンピューター環境を修正し、登録できる環境を確保してください。

締め切り直前はアクセスが集中し、回線が混雑することにより演題登録に支障をきたすことも予想されますので、余裕を持ってご応募いただくことをお奨め致します。
締切日までは、オンライン上で登録した抄録内容の修正も可能ですが、
締め切り直前は混雑により修正出来ない可能性もございますのでご注意ください。
尚、登録締切日以降の共著者などの変更は受付できませんので、修正は必ず演題登録期間中にお済ませください。


応募期間

オンライン申し込み

2018年7月17日(火)~8月31日(金)
9月7日(金)まで延長しました。

締め切り直前はホームページへのアクセスが集中し、登録に時間がかかることが予想されますので 時間に余裕を持っての登録をお願いいたします。

応募資格

発表は未発表のオリジナル演題に限ります。
未入会の方は必ず入会手続きをしてください。
入会に関するお問い合わせは日本乳癌学会事務局までご連絡ください。


発表形式

PCを用いた一般口演のみです。(ポスター発表はございません)


文字制限

演題名:全角50文字以内
抄録本文:全角600文字以内

応募カテゴリ

カテゴリー1
疫学
検診
診断
治療
病理
予後因子
基礎
症例
看護
その他
カテゴリー2
予防放射線療法
家族性・遺伝性乳がん分子標的療法
若年その他の治療
高齢者手術不能・再発
妊娠授乳期病理診断
スクリーニング良性疾患
精度管理DCIS
針生検特殊型
画像(マンモグラフィ)その他の腫瘍
画像(超音波)遺伝子検査
画像(CT、MRI、その他)緩和医療
乳房手術チーム医療
乳房再建QOL
所属リンパ節手術医療安全
内分泌療法その他
化学療法 


利益相反について

筆頭演者自身の過去3年間における、利益相反の有無について申告を義務付けております。
必ず入力ください。
利益相反の詳しい説明、スライドあるいはポスターで開示する場合の書式につきましては、日本乳癌学会ホームページの「乳癌臨床研究の利益相反状態開示に関する指針」をご参照ください。


登録手順

UMINオンライン演題登録システムでは、当面の間、Internet Explorer または Netscape、Safari [ver.2.0.3 (417.9.2) 以降] 以外のブラウザでは演題登録できません。
このため、Internet Explorer または Netscape、Safari [2.0.3 (417.9.2) 以降] にて演題登録を御願いします。


暗号通信の推奨と平文通信の使用について

平文通信は施設やプロバイダーなどの設定や環境に問題があり、暗号通信が使えない場合に限ってご利用ください。なお、平文通信をクリックしても、再度、暗号通信を推奨するUMINの画面が表示されます。
インターネットでやり取りされる情報は、情報の通り道になった施設の人に盗聴される可能性があります。登録番号やパスワードを見られてしまう可能性があります。この場合盗聴した人の悪意で抄録が改竄されたり、知らないうちに削除されたりということが起こり得ます。そのためデータを暗号化し、通信する「暗号通信」を推奨いたします。


パスワードの設定と管理

登録を終了する前にパスワードを入れる欄があります。パスワードは(英数6~8文字推奨)任意ですが、普段他でご使用のパスワードと同一にしないでください。
登録が終了しますと、登録番号(10000番台)が自動発行されます。
登録番号の発行をもって、演題応募登録は終了です(登録された由のメールも送付されます)。
画面に登録番号が表示されない場合は、受け付けられていませんのでご注意ください。

発行された登録番号とパスワードは登録者の管理に依存します。
セキュリティーの関係から、問い合わせには一切応じられませんので、ご注意ください。
一度登録された演題に修正を加える場合は、確認・修正ボタンを使用します。締め切り期限前であれば、登録番号とパスワードを入力することにより、何度でも修正・確認をすることができます。また、削除することもできます。修正するたびに、新規登録ボタンを使用すると、同一演題が重複登録されてしまいますので、ご注意ください。


入力に際しての注意事項

空欄は必ず左詰で入力してください。抄録本文記入欄も同様です。
「必須」の記載がある欄は、入力必須事項のため、データが入力されていないと登録できない設定になっています。


使用文字について

①, ②, ③のようにまる数字は使用できません。
Ⅰ, Ⅱ, Ⅲのようなローマ数字も使用できません。英字の組み合わせで、II、VI、XIのように入力してください。
シンボル(symbol)書体半角(1バイト文字)のαβγ等を使用するとabcなどに自動変換されてしまいますので、使用しないでください。必ず全角(2バイト文字)のαβγを利用してください。
半角カタカナは使用できません。カタカナは全角で、英字および数字は半角で記入してください。
タイトルおよび抄録本文で、上付き文字、下付き文字、斜め(イタリック)文字、太文字、改行、アンダーラインを使用する場合には<SUP></SUP>、<SUB></SUB>、<I></I>、<B></B>、<BR>、<U></U>の記号は、すべて半角文字(1バイト文字)を使用してください。本文中に単独で< または >を利用するときは、全角文字(2バイト文字)を使用してください。

例:p<0.05, CO>2.2
英文や数字を入力する際には、O(アルファベット)と0(数字)や、l(アルファベットL小文字)と1(数字)、あるいはX(アルファベット)と×(かける)などきちんと区別してください。
音引き「ー」とダッシュ「―」、マイナス「-」とハイフン「-」などの使い分けをしてください。
英文入力の際には、ひとつの単語をハイフン(-)で切ることは行わないでください。


演題の受領と採否通知

1. 演題受領確認
演題受領確認は、演題登録時に入力されたE-mailアドレスにUMINより受領通知メールが送信されます。登録完了時に画面に登録番号が表示されない場合や、登録完了より一日経過しても受領通知メールがお手元に届かない場合は、登録が完了していない可能性がございます。
受領通知メールが届かない場合、必ず演題登録締切日までにメールにて運営事務局までご連絡ください。
運営事務局 E-mail: jbcs15-kanto@convention.co.jp


2. 演題の採否・発表日時について
演題の採否通知は、演題登録時に入力されたE-mailアドレスに10月上旬頃にご連絡します。


【暗号通信】
演題登録 確認・修正画面

【平文通信】
演題登録 確認・修正画面