2013年10月3日(木)-5日(土) パシフィコ横浜 会長:中村祐輔

プログラム

日程表 (PDF)

プログラム10月3日(木)PDF プログラム10月4日(金)PDF プログラム10月5日(土)PDF

特別企画パネルディスカッション 10月4日(金)PDF

すべてのプログラムを表示 すべてのプログラムを閉じる

特別講演

特別講演

10月3日(木) 午後

座長: 中村 祐輔 シカゴ大学
演者: Frank McCormick UCSF School of Medicine
  New roles for KRAS in human cancer

特別シンポジウム

がんの基礎研究から臨床開発へ

10月3日(木) 午後

座長: 上田 龍三 愛知医科大学
  中村 祐輔 シカゴ大学
演者: 上田 龍三 愛知医科大学
  日本のアカデミアから臨床導入に至るTR研究は成り立つか
  間野 博行 東京大学
  本質的な発がん原因の発見がもたらす治療革新
  佐谷 秀行 慶應義塾大学先端医科学研究所
  がん幹細胞を標的とした治療戦略
  Jean-Yves Blay University Claude Bernard Lyon I
  Noveltargeted therapies of advanced sarcomas
  中村 祐輔 シカゴ大学
  ゲノム解析に基づく新規抗がん剤の開発

コアシンポジウム

1. 抗がん薬のファーマコゲノミクス

10月4日(金) 午後

座長: 谷川原 祐介 慶應義塾大学
  Mark J. Ratain The University of Chicago
演者: 谷川原 祐介 慶應義塾大学
  Pharmacogenomics-based personalized dosing of tamoxifen
  莚田 泰誠 理化学研究所統合生命医科学研究センター
  Individualization of anticancer therapeutics based on genome-wide associaition study
  高田 亮 岩手医科大学
  Pharmacogenomics for bladder and prostate cancers
  Mark J. Ratain The University of Chicago
  Challenges in Implementing Pharmacogenomics in Routine Cancer Treatment
  James N. Ingle Mayo Clinic College of Medicine
  Pharmacogenomics of endocrine agents for breast cancer.
  Deanna L. Kroetz University of California
  Pharmacogenomics of Paclitaxel-Induced Peripheral Neuropathy

2. がんペプチドワクチン療法の最近の進歩と臨床応用の展望

10月4日(金) 午前

座長: 奥野 清隆 近畿大学
  醍醐 弥太郎 滋賀医科大学
演者: 奥野 清隆 近畿大学
  標準療法抵抗性の再発大腸癌に対するがんペプチドワクチンカクテルと経口抗がん剤(UFT/LV)併用療法の第I/II相臨床試験
  醍醐 弥太郎 滋賀医科大学
  肺がんに対する新規がんペプチドワクチン療法の開発
  小原 航 岩手医科大学
  ゲノム解析に基づき開発された膀胱がんペプチドワクチン療法
  中面 哲也 国立がん研究センター東病院臨床開発センター
  肝細胞がんと小児がんに対するペプチドワクチン療法の開発
  安田 卓司 近畿大学
  術前治療後の病理学的リンパ節転移陽性食道癌に対する術後アジュバントペプチドワクチン第二相試験
  藤原 義之 大阪府立成人病センター
  進行胃がんに対するがんペプチドワクチン療法の臨床試験

JCA-AACR合同シンポジウム

がんゲノムシークエンス

10月5日(土) 午前

座長: 中川 英刀 理化学研究所統合生命科学研究センター
演者: 中川 英刀 理化学研究所統合生命科学研究センター
  がんゲノムシークエンスとその解釈:肝がんゲノム
  吉田 健一 東京大学
  造血器腫瘍のゲノムシークエンス
  海外演者(予定)

JCA-JSMO合同シンポジウム

分子標的治療のカッティングエッジ

10月3日(木) 午前

座長: 石岡 千加史 東北大学加齢医学研究所
  今井 浩三 東京大学医科学研究所
演者: 石岡 千加史 東北大学加齢医学研究所
  分子標的治療がもたらした臨床効果
  岡本 勇 九州大学ARO次世代医療センター
  進行非小細胞肺がん分子標的治療薬の臨床開発における挑戦
  後藤 典子 金沢大学がん進展制御研究所
  増殖因子制御遺伝子による予後予測診断と癌幹細胞の分子標的
  土井 俊彦 国立がん研究センター東病院
  内外の新しい分子標的治療薬の開発状況
  竹内 賢吾 がん研究会がん研究所
  各種がんにおける新規融合キナーゼ遺伝子の発見

JCA-JDS合同シンポジウム

糖尿病とがん

10月3日(木) 午前

座長: 春日 雅人 国立国際医療研究センター
  中釜 斉 国立がん研究センター研究所
演者: 笹野 公伸 東北大学
  乳癌発症/進展における脂肪細胞とエストロゲン代謝
  植木 浩二郎 東京大学
  糖尿病治療と発がんリスク
  小川 渉 神戸大学
  インスリン抵抗性とがんの発症病理
  後藤 温 国立国際医療研究センター研究所
  糖尿病患者のがんリスク
  秦 淳 九州大学
  がん危険因子としての糖尿病の意義:久山町研究から
  笹月 静 国立がん研究センター
  糖尿病とがん:8つのコホート統合解析の疫学的根拠より

パネルディスカッション

パネルディスカッション

10月4日(金) 午後

座長: 野田 哲生 がん研究会がん研究所
  James Ingle Mayo Clinic College of Medicine

International Sessions

1. エピゲノムによるがん細胞の動的制御

10月3日(木) 午前

座長: 近藤 豊 愛知県がんセンター研究所
  Alfred Sze-Lok Cheng The Chinese University of Hong Kong
演者: 近藤 豊 愛知県がんセンター研究所
  グリオブラストーマにおけるエピゲノム動的制御
  丸本 朋稔 九州大学
  レンチウイルスベクターを基盤としたマウスモデルを用いた膠芽腫発生機構の解析
  Wentao Gao The First Affiliated Hospital with Nanjing Medical University
  Epigenetic regulation of micro RNA during pancreas tumorigenesis
  永瀬 浩喜 千葉県がんセンター研究所
  標的ゲノム配列特異的なヒストンアセチル化の誘導
  山田 泰広 京都大学iPS細胞研究所
  細胞初期化技術を用いた発がんにおけるエピジェネティック制御機構の意義解明
  Alfred S.L. Cheng The Chinese University of Hong Kong
  Transcriptional and Epigenetic Regulation in Hepatocellular Oncogenesis: A New Kinase Connection
  Edwin Cheung Genome Institute of Singapore
  Genomic and Epigenomic Regulation of Transcription by Nuclear Hormone Receptors

2. A new horizon of neuroblastoma research and its supporting systems in Asia

10月3日(木) 午後

座長: 門松 健治 名古屋大学
  Murray D. Norris Children’s Cancer Institute Australia for Medical Research
演者: 高取 敦志 千葉県がんセンター研究所
  NLRR1による増殖シグナルのシス制御機構と神経芽腫の新規治療標的としての可能性
  富山 新太 国立がん研究センター研究所
  新規ALK結合蛋白質であるFlotillin-1は、endocytosisを介してALKシグナルを制御する
  泉 秀樹 埼玉県立がんセンター臨床腫瘍研究所 
  ヒト神経芽腫培養細胞を用いた非対称細胞分裂の解析-がん幹細胞のモデル例-
  Hsiu-Hao Chang National Taiwan University Hospital
  B4GALT3 Enhances Invasive Phenotypes Via β1-Integrin and Predicts Poor Prognosis in Neuroblastoma
  Elly Sau-wai NGAN The University of Hong Kong
  Prokineticin signaling and de novo population of c-KIT expressing cells in neuroblastoma progression
  高橋 義行 名古屋大学
  Murray D. Norris Children’s Cancer Institute Australia for Medical Research
  Molecular targeted therapies for children with neuroblastoma

3. がんゲノム解読研究と臨床シークエンスの展開

10月5日(土) 午後

座長: 柴田 龍弘 国立がん研究センター
  Jun Wang Beijing Genomics Institute
演者: 景山 肇 千葉県がんセンター研究所
  コンプリヘンシブがんパネルとイオントレントプロトン次世代シークエンサーによるがんゲノム解析
  Kai Lee Yap University of Chicago
  Genomic analysis of bladder carcinoma by whole exome sequencing on the Ion Proton system
  柴田 龍弘 国立がん研究センター
  個別化分子診断に向けたがんゲノムシークエンスの検討
  Tae Min Kim The Catholic University Medical College
  Exome- and Genome-wide Screening of Microsatellite Instability Events in Human Cancer Genomes
  谷内田 真一 国立がん研究センター
  がんの進展に伴うゲノムの進化
  Choon Kiat Ong National Cancer Centre Singapore
  MUTATION LANDSCAPE OF CHOLANGIOCARCINOMA OF DIFFERENT ETIOLOGY REVEALED BY EXOME SEQUENCING
  Jun Wang Beijing Genomics Institute
  Trans-Omics Big Data and Novel Biotechnology Driven Approach Toward Cancer 4P Medicine

4. がん細胞の分泌する細胞顆粒とマイクロRNA

10月4日(金) 午前

座長: 落谷 孝広 国立がん研究センター研究所
  Gregory J. Goodall Centre for Cancer Biology, SA Pathology
演者: Gregory J. Goodall Centre for Cancer Biology, SA Pathology
  Regulatory networks through which miR-200 affects cell invasion and metastasis
  鈴木 洋 東京大学
  RNA言語を編む:次世代核酸医薬に向けて
  小坂 展慶 国立がん研究センター研究所
  エクソソームによるがんの転移機構の解明と治療戦略
  Mary Bebawy The University of Technology Sydney
  A Novel Cellular Pathway Limiting Anticancer Drug Delivery to Cancer Cells.
  小暮 高之 東北大学
  肝癌増殖における微小環境調節の新規メカニズム:エキソソームを介したmicroRNAの細胞間輸送
  幸谷 愛 東海大学
  腫瘍由来分泌性小分子RNAによる炎症性ニッチの制御

5. がん幹細胞

10月4日(金) 午前

座長: 佐谷 秀行 慶應義塾大学先端医科学研究所
  Hyunggee Kim Korea Univeresity
演者: 菊繁 吉謙 九州大学
  急性骨髄性白血病幹細胞表面抗原TIM-3の同定および急性骨髄性白血病における機能解析
  Hyunggee Kim Korea Univeresity
  Cullin3 ubiquitin ligase controls multiple ligand-independent cancer cell stemness signaling pathways
  Su-Jae Lee Hanyang University
  Functional role of mesenchymal stem-like cells in the glioma-associated stroma
  Tae Woo Kim Korea University School of Medicine
  Immune selection promotes stem-like phenotype in human cancer through hyper-activation of the Nanog-Tcl1a-Akt axis
  中西 祐貴 京都大学
  腸腫瘍幹細胞特異的マーカーDclk1の同定
  Wolfgang Deppert Heinrich-Pette-Institute, Leibniz Institute for Experimental Virology
  Mutant p53 enhances breast cancer metastasis by promoting tumor cell plasticity
  永野 修 慶應義塾大学先端医科学研究所
  幹細胞様癌細胞の抗酸化機構におけるCD44vの役割

6. 遺伝子解析に基づいた個別化治療

10月4日(金) 午後

座長: 大津 敦 国立がん研究センター東病院臨床開発センター
  Patric Tan National Cheng Kung University
演者: Patric Tan National Cheng Kung University
  土原 一哉 国立がん研究センター東病院
  国立がん研究センター柏キャンパスにおけるがんゲノムバイオマーカーの探索と臨床応用へのとりくみ
  西尾 和人 近畿大学
  マルチ診断による肺癌の最適化治療へ向けたアプローチ
  後藤 功一 国立がん研究センター東病院
  全国規模の遺伝子診断ネットワークによる希少肺癌スクリーニングシステムの構築と新薬開発への挑戦
  永井 純正 医薬品医療機器総合機構
  日米において承認された個別化医療としての抗悪性腫瘍剤におけるバイオマーカー及びコンパニオン診断薬の開発過程に関する解析
  Bin T. Teh National Cancer Centre Singapore
  Asian Cancer Genomics: Novel Diagnostic and Therapeutic Targets
  Poh Yin Yew The University of Chicago
  Characterization of T cell repertoire using next generation DNA sequencer

7. がんナノメディシン

10月4日(金) 午後

座長: 松村 保広 国立がん研究センター東病院
  Wu-Chou Su Cancer Center National Cheng Kung University Medical College and Hospital
演者: 宮田 完二郎 東京大学
  高分子ナノ材料による核酸デリバリーシステムの開発とがん治療への展開
  Doo Sung Lee Sungkyunkwan University
  Smart pH-sensitive Polymer Nanoparticles Base on Poly(b-amino ester) for Drug Delivery and Cancer Therapy
  安永 正浩 国立がん研究センター東病院
  がん間質の量に応じた抗体・抗がん剤複合体の治療戦略
  Yunlong Tseng Taiwan Liposome Company, Ltd.
  Lipid based nano-drug, from bench to market
  向井 博文 国立がん研究センター東病院
  パクリタキセル内包ミセル製剤NK105の臨床試験
―特に乳癌患者を対象とした本剤Weekly投与法について―
  Su Wu-Chou Cancer Center National Cheng Kung University Medical College and Hospital
  ミセル化シスプラチン (NC-6004) とゲムシタビンによる膵臓癌患者に対する第I/II相臨床試験

8. 非侵襲性個別化医療

10月3日(木) 午前

座長: 加藤 菊也 大阪府立成人病センター研究所
  Chwee Teck Lim National University of Singapore
演者: Chwee Teck Lim National University of Singapore
  Microfluidic Technology for Non-Invasive Liquid Biopsy - New Approaches to Cancer Diagnosis
  Daniel, Shao-Weng Tan National Cancer Centre Singapore
  A Novel Spiral Microfluidic Chip for Comprehensive Non-invasive Molecular Analysis with Diverse Clinical Applications
  Sai Kiang Lim A*STAR Institute of Medical Biology
  Exosome, a novel therapeutic biologic
  岡本 祥三 北海道大学
  FMISO-PETを用いた腫瘍内低酸素の非侵襲的評価
  K.C. Allen Chan The Chinese University of Hong Kong
  Cancer genome scanning by massively parallel sequencing of plasma DNA
  加藤 菊也 大阪府立成人病センター研究所
  次世代シーケンサーによる肺癌の非侵襲性遺伝子診断

9. 東アジアにおけるがんの原因の寄与度

10月5日(土) 午後

座長: 井上 真奈美 東京大学
  Youlin Qiao Cancer Hospital/Institute, Chinese Academy of Medical Sciences
演者: 井上 真奈美 東京大学
  日本人におけるがんの原因の寄与
  Youlin Qiao Cancer Hospital/Institute, Chinese Academy of Medical Sciences
  Attributable causes of cancer in China
  Sohee Park Department of Epidemiology and Health Promotion Graduate School of Public Health Yonsei University
  片野田 耕太 国立がん研究センターがん対策情報センター
  東アジアにおける喫煙のがんへの寄与と対策
  Fang-Hui Zhao Cancer Institute/Hospital Chinese Academy of Medical Sciences & Peking Union Medical College
  Major cause in East Asia: infection
  松尾 恵太郎 愛知県がんセンター研究所

10. 分子標的治療耐性

10月3日(木) 午後

座長: 矢野 聖二 金沢大学がん進展制御研究所
  Tony Shu Kam Mok The Chinese University of Hong Kong
演者: Tony Shu Kam Mok The Chinese University of Hong Kong
  Byoung Chul CHO Yonsei Cancer Center Yonsei Unversity College of Medicine
  衣斐 寛倫 金沢大学がん進展制御研究所
  分子標的治療に初期耐性を示す腫瘍に対する治療戦略
  S. Tiong ONG Duke-NUS Graduate Medical School
  A Novel East Asian BIM Deletion Polymorphism: Lessons for Cancer Targeted Therapies
  西岡 安彦 徳島大学
  肺癌におけるベバシズマブを用いた抗血管新生療法に対する獲得耐性メカニズム
  Tzyh-Chyuan Hour Kaohsiung Medical University
  EGFR mediates docetaxel-resistance in human castration-resistant prostate cancer through the Akt-dependent pathway

11. 生物学に基づく乳がんの新しい治療戦略

10月5日(土) 午前

座長: 三木 義男 東京医科歯科大学難治疾患研究所
  Seong-Jin Kim CHA University
演者: Seong-Jin Kim CHA University
  Smad3 linker and C-tail phosphorylation regulates tumourigenesis and metastasis
  Qiang Yu Genome Institute of Singapore
  Novel Molecular Insights into Invasion and Metastasis in Triple Negative Breast Cancer
  HyeYoun Kim Gachon university
  IMPs regulate the metastasis of breast cancer through modulating invadopodia formation
  片桐 豊雅 徳島大学疾患ゲノム研究センター
  内分泌療法耐性乳癌における新規分子標的治療薬開発戦略
  Ceshi Chen Kunming Institute of Zoology, Chinese Academy of Sciences
  Targeting KLF5 transcription factor in triple negative breast cancer
  太田 智彦 聖マリアンナ医科大学
  BRCA1 E3不活化はCPT-11およびPARP阻害剤に対する相同組換え修復不全を起因する。

12. UICC : What is cost-effectiveness in cancer treatment?

10月5日(土) 午前

座長: 赤座 英之 東京大学先端科学技術研究センター 「総合癌研究国際戦略推進」寄付研究部門
  Jae Kyung Roh Yonsei Cancer Center, Yonsei University
演者: 井上 肇 厚労省 大臣官房 企画官 (保険局 医療課 併任)
  Eun-Cheol Park Department of Preventive Medicine & Institute of Health Service Research, Yonsei University
  Cost effectiveness of cancer treatment in Korea
  Sukyeong Kim Research Department, Review and Assessment Research Institute Health Insurance Review and Assessment Service (HIRA)
  Current Issues of National Health Insurance Benefit Decision Making on Anticancer Drugs in Korea
  Jasdeep Singh Hayre NICE International National Institute for Health and Care Excellence
  NICE methods to assess the cost-effectiveness of cancer treatments in England
  福田 敬 国立保健医療科学院
  Woo Ick Jang Handok Pharmaceuticals CO., LTD
  Values and Rewards of Innovative Cancer Drugs: Opportunities for R&D
  野木森 雅郁 アステラス製薬株式会社
  がん治療薬:イノベーションとアクセス向上

シンポジウム

1. 感染がん・炎症がんの分子基盤

10月4日(金) 午後

座長: 畠山 昌則 東京大学
  千葉 勉 京都大学
演者: 丸澤 宏之 京都大学
  慢性炎症によるゲノム異常生成と肝発癌
  渡辺 守 東京医科歯科大学
  炎症関連大腸癌における形質獲得分子機構
  月田 早智子 大阪大学
  上皮細胞間バリアー蛋白質クロ-ディンによる微小環境制御と炎症
  畠山 昌則 東京大学
  感染・炎症がんとしての胃がん発症機構
  深山 正久 東京大学
  EBウイルスと胃癌
  新井 文子 東京医科歯科大学
  EBVはT、NK細胞に感染後AID発現とそれによる遺伝子変異蓄積をもたらし腫瘍発症に寄与する

2. 融合遺伝子がもたらす新しいがん治療

10月4日(金) 午後

座長: 間野 博行 東京大学
  北林 一生 国立がん研究センター
演者: 間野 博行 東京大学
  固形腫瘍における融合型がん遺伝子
  河野 隆志 国立がん研究センター研究所
  RET融合遺伝子:肺腺がんの個別化治療への橋渡し
  浦本 秀隆 産業医科大学
  MED12はTGF-β受容体を介して分子標的治療薬の感受性に関与する
  北林 一生 国立がん研究センター研究所
  急性骨髄性白血病における幹細胞の制御と治療戦略
  田中 美和 がん研究会がん研究所
  Ewing肉腫の動物モデル:腫瘍の起源から有効な治療へ
  大日方 大亮 日本大学
  前立腺癌特異的融合遺伝子TMPRSS2-ERGの生成を抑制するピロール・イミダゾール(PI)ポリアミドの開発

3. ゲノム不安定性とがん

10月3日(木) 午後

座長: 石川 冬木 京都大学
  古川 洋一 東京大学
演者: 石川 冬木 京都大学
  テロメア機能不全による染色体不安定性
  広田 亨 がん研究会がん研究所
  ゲノム安定性を支える染色体構造の変換機構
  千葉 勉 京都大学
  炎症と遺伝子不安定性
  中西 真 名古屋市立大学
  細胞老化誘導機構と発ガン
  加藤 護 国立がん研究センター
  複数時刻点観測によって明らかにされるがん細胞進化

4. GWASの現在と今後の展望

10月3日(木) 午後

座長: 久保 充明 理化学研究所ゲノム医科学研究センター
  松田 浩一 東京大学医科学研究所
演者: 久保 充明 理化学研究所ゲノム医科学研究センター
  オーダーメイド医療実現化プロジェクトにおけるGWASの現状
  松田 浩一 東京大学医科学研究所
  発癌における遺伝因子、環境因子の相互作用の役割
  Dongxin Lin Chinese Academy of Medical Sciences
  Cancer GWAS in China
  赤松 秀輔 京都大学
  遺伝子多型情報を基とした日本人における前立腺癌罹患リスクモデルの臨床応用
  白石 航也 国立がん研究センター研究所
  肺腺がん感受性を規定する遺伝要因の解明
  茶山 一彰 広島大学
  Direct antiviral agent時代のC型肝炎治療の効果予測因子

5. がんの起源と進展にかかわる遺伝学的基盤

10月4日(金) 午前

座長: 小川 誠司 京都大学
  Chung I. Wu The University of Chicago / Beijing Institute of Genomics
演者: 小川 誠司 京都大学
  胃癌の総合的ゲノム解析
  Chung I. Wu The University of Chicago / Beijing Institute of Genomics
  Selection for mutation rate, migration and de-sexualization in cancerous cells
  赤司 浩一 九州大学
  ヒストンH3.3の分布解析が明らかにしたヒト急性骨髄性白血病におけるエピジェネティックな造血系分化決定機構の破綻
  藤本 明洋 理化学研究所ゲノム医科学研究センター
  全ゲノムシークエンスによる肝臓がんの変異と遺伝的多様性の解析
  Onel Kenan The University of Chicago

6. マイクロRNAのがん治療および癌診断への応用

10月5日(土) 午前

座長: 稲澤 譲治 東京医科歯科大学難治疾患研究所
  田原 栄俊 広島大学
演者: 田原 栄俊 広島大学
  老化関連マイクロRNAを用いたがん治療
  小崎 健一 東京医科歯科大学難治疾患研究所
  Eカドヘリン・プロモーター活性を指標としたEMT抑制性microRNAの機能的探索
  鈴木 拓 札幌医科大学
  マイクロRNA遺伝子のエピジェネティクス異常と臨床応用
  黒田 雅彦 東京医科大学
  新規のlipid conjugate RNAを用いたがん治療法の開発
  吉岡 祐亮 国立がん研究センター研究所
  がん抑制性miRNAを用いた治療への可能性

7. がんとエピゲノム研究最前線

10月5日(土) 午後

座長: 油谷 浩幸 東京大学先端科学技術研究センター
  牛島 俊和 国立がん研究センター研究所
演者: 油谷 浩幸 東京大学先端科学技術研究センター
  DNA脱メチル化とがん
  岩間 厚志 千葉大学
  Ezh2とTet2の機能異常は骨髄異形成疾患の病態形成に協調的に関与する
  横山 明彦 京都大学
  MLL白血病の分子メカニズム
  井上 聡 東京大学
  アンドロゲン応答性アンチセンス長鎖非コードRNAによる前立腺がん増殖のエピゲノム制御
  石井 秀始 大阪大学
  がん幹細胞のエピジェネティックな制御
  牛島 俊和 国立がん研究センター研究所
  炎症によるエピジェネティック異常の誘発機構

8. がん化とクロマチン制御

10月4日(金) 午後

座長: 吉田 稔 理化学研究所
  浜本 隆二 シカゴ大学
演者: 浜本 隆二 シカゴ大学
  ヒストンメチル化酵素及び脱メチル化酵素の異常とヒトがん化
  金田 篤志 千葉大学
  クロマチン制御異常と発がんリスク
  吉岡 研一 国立がん研究センター研究所
  Arfとp53依存的な細胞静止状態の形成とゲノム不安定性導入に伴うその破綻
  鈴木 健之 金沢大学がん進展制御研究所
  ウイルス挿入変異法で同定されたヒストンのメチル化を制御する酵素による発がん機構の解析
  片岡 直行 京都大学
  がんにおけるスプライシング異常
  吉田 稔 理化学研究所
  天然由来抗がん物質の作用機構から明らかになったスプライシングとエピジェネティクスとの機能相関

9. 臨床応用を目指したがん浸潤、転移研究

10月4日(金) 午前

座長: 藤田 直也 がん研究会がん化学療法センター
  村上 善則 東京大学医科学研究所
演者: 村上 善則 東京大学医科学研究所
  正常上皮、がんの浸潤、転移における細胞接着分子CADM1の役割
  森井 英一 大阪大学
  子宮内膜癌における腫瘍幹細胞の浸潤能
  岡田 保典 慶應義塾大学
  ADAM28によるがん細胞増殖・転移促進作用と本分子を標的とした治療の可能性
  越川 直彦 東京大学医科学研究所
  がん悪性化シグナルの制御因子としてのMT1-MMP
  藤田 直也 がん研究会がん化学療法センター
  血行性がん転移と腫瘍増殖を抑制するAggrus/podoplanin中和抗体の開発
  矢野 聖二 金沢大学がん進展制御研究所
  肺がんの多臓器転移を抑制する抗GM2抗体

10. がんとオートファジー

10月3日(木) 午前

座長: 小松 雅明 東京都医学総合研究所
  荒川 博文 国立がん研究センター研究所
演者: 吉森 保 大阪大学
  オートファジーの膜動態制御機構
  津川 仁 慶應義塾大学
  ピロリ菌感染時の胃発がんリスクを規定するオートファジーの発現制御システム
  小松 雅明 東京都医学総合研究所
  オートファジーとKeap1-Nrf2制御系の接点:がん増殖におけるその意義
  井上 純 東京医科歯科大学
  癌治療におけるオートファジー活性の評価
  池上 恒雄 東京大学
  オートファジー不全は恒常活性化型Kras変異に起因するマウス膵腫瘍の発生を促進する。
  荒川 博文 国立がん研究センター研究所
  Mieap制御性ミトコンドリア品質管理機構の生理的意義について

11. がんと微小環境:研究の展望

10月3日(木) 午前

座長: 中村 卓郎 がん研究会がん研究所
  宮園 浩平 東京大学
演者: 落合 淳志 国立がん研究センター東病院臨床開発センター
  がん微小環境を構成する細胞とその生物像
  樋田 京子 北海道大学
  腫瘍血管の多様性
  二口 充 名古屋市立大学
  骨微小環境における腫瘍細胞の増殖機構の解明とその治療標的の同定
  中村 卓郎 がん研究会がん研究所
  白血病細胞の骨髄内定着と進展に対するMeis1の役割
  渡部 徹郎 東京大学
  TGF-bシグナルと上皮間葉系転換
  高倉 伸幸 大阪大学微生物病研究所
  血管ニッチと幹細胞性制御

12. がんのシグナル伝達異常と分子標的治療戦略

10月3日(木) 午後

座長: 秋山 徹 東京大学分子細胞生物学研究所
  菊池 章 大阪大学
演者: 高井 弘基 東京大学分子細胞生物学研究所
  神経膠芽腫の発症における5-hydroxymethylcytosineの役割
  井垣 達史 京都大学
  細胞間コミュニケーションによるがん制御
  石井 優 大阪大学免疫学フロンティア研究センター
  生体3Dイメージングによるがん細胞シグナルの解明
  菊池 章 大阪大学
  増殖因子シグナルの協調的作用による上皮管腔形成と腫瘍形成の制御
  佐藤 俊朗 慶應義塾大学
  幹細胞シグナルと発がん制御
  宮園 浩平 東京大学
  微小環境におけるTGF-βシグナルとがん治療戦略

13. がん研究とモデル動物

10月5日(土) 午前

座長: 原 英二 がん研究会がん研究所
  豊國 伸哉 名古屋大学
演者: 大谷 直子 がん研究会がん研究所
  肥満と発がん-伊東細胞の細胞老化による肝がん促進機構-
  豊國 伸哉 名古屋大学
  モデル動物から明らかになった過剰鉄と発がんの親和性
  大島 正伸 金沢大学がん進展制御研究所
  マウスモデルを用いた消化管発がん・悪性化機序における炎症反応の研究
  西尾 美季 九州大学生体防御医学研究所
  動物モデルによるHippo経路Mob1A/1Bの機能解析
  近藤 科江 東京工業大学
  マウスモデルを用いたがん化・悪性化過程における低酸素誘導因子活性の寄与の解明

14. がん細胞のメタボリズム

10月5日(土) 午後

座長: 曽我 朋義 慶應義塾大学先端生命科学研究所
  江角 浩安 国立がん研究センタ-東病院
演者: 曽我 朋義 慶應義塾大学先端生命科学研究所
  メタボロミクスによるがんの代謝解析
  田中 知明 千葉大学
  癌抑制遺伝子P53によるエネルギー・代謝調節
  田沼 延公 宮城県立がんセンター研究所
  がんにおけるピルビン酸キナーゼM(PKM)アイソフォームの役割
  市村 幸一 国立がん研究センター研究所
  神経膠腫とIDH変異
  田久保 圭誉 慶應義塾大学
  造血幹細胞の代謝制御機構

15. がん免疫療法:臨床研究から学ぶヒト腫瘍免疫学

10月5日(土) 午前

座長: 西村 泰治 熊本大学
  石田 高司 名古屋市立大学
演者: 伊東 恭悟 久留米大学
  CTLエピトープワクチン療法
  佐藤 昇志 札幌医科大学
  ヒト癌幹細胞とその抗原ペプチド自然フォーム
  西村 泰治 熊本大学
  Th1/CTLエピトープが共存する新規CT抗原ペプチドの同定とCTL誘導ペプチド接種患者における特異的Th細胞の増加
  末廣 陽子 国立病院機構九州がんセンター
  「ATLに対するHTLV-1 Tax特異的T細胞応答賦活化ペプチドパルス樹状細胞を用いた免疫療法」第一相臨床試験
  池田 裕明 三重大学
  TCR遺伝子を導入したT細胞の養子免疫療法
  石田 高司 名古屋市立大学
  Treg制御薬としてのCCR4抗体(mogamulizumab)

16. がん研究におけるイメージング技術の新展開

10月4日(金) 午後

座長: 松田 道行 京都大学
  今村 健志 愛媛大学
演者: 天滿 敬 京都大学
  がんのインビボ質的診断のための分子プローブ開発
  神谷 真子 東京大学
  蛍光プローブの論理的設計によるがん蛍光イメージング
  疋田 温彦 愛媛大学
  骨髄におけるがん細胞の細胞周期の多光子蛍光イメージング
  松田 道行 京都大学
  FRETバイオセンサーを用いた癌研究:情報伝達分子のゆらぎが癌細胞の多様性をもたらす
  高松 哲郎 京都府立医科大学
  先進バイオイメージングとがん診断
  阪上ー沢野朝子 理化学研究所脳科学総合研究センター
  細胞動態を4次元で理解するための技術開発

17. バイオマーカー研究の進展

10月3日(木) 午前

座長: 高橋 隆 名古屋大学
  西尾 和人 近畿大学
演者: Ya H. Chang National Taiwan University
  The Pathway-Based Signature for Childhood Acute Lymphoblatic Leukemia
  柳澤 聖 名古屋大学
  プロテオミクス解析によるヒト胸部腫瘍のバイオマーカー群の同定
  小林 隆 神戸大学
  血清メタボロミクスによる膵がんスクリーニング
  三善 英知 大阪大学
  新しい糖鎖がんマーカー、フコシル化ハプトグロビンの肝がん診断への可能性
  植田 幸嗣 理化学研究所統合生命医科学研究センター
  エクソソームの質量分析によるバイオマーカーの探索・同定
  落谷 孝広 国立がん研究センタ−研究所
  体液中の細胞外分泌顆粒による新規がんバイオマーカーの開発

18. アカデミアによるがん分子標的創薬の新動向

10月4日(金) 午前

座長: 清宮 啓之 がん研究会がん化学療法センター
  山田 哲司 国立がん研究センター研究所
演者: 清宮 啓之 がん研究会がん化学療法センター
  グアニン4重鎖を標的とした分子治療薬の開発
  矢守 隆夫 (独)医薬品医療機器総合機構
  PI3K(もしくはゴルジ体)を標的とした分子治療薬の開発
  目加田 英輔 大阪大学微生物病研究所
  HB-EGFを分子標的とした卵巣癌治療薬の開発
  Michael Kahn Norris Comprehensive Cancer Center
  Wnt Signaling in Stem Cells and Cancer Stem Cells; A Tale of Two Coactivator
  酒井 敏行 京都府立医科大学
  「RB再活性化スクリーニング」を用いた新規MEK阻害剤trametinib及びCH5126766の発見
  山田 哲司 国立がん研究センター研究所
  TNIKキナーゼを標的とした分子治療薬の開発

19. がん疫学研究:国民全体および個別化の確かながん予防実現に向けて

10月4日(金) 午前

座長: 津金 昌一郎 国立がん研究センター
  浜島 信之 名古屋大学
演者: 岩崎 基 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター
  移民研究から推定されるがん予防効果
  田中 英夫 愛知県がんセンター研究所
  日本人のがん個別化予防の実現に向けたがん分子疫学研究の方向性
  若井 建志 名古屋大学
  日本における適切な食生活変容によるがん予防ー十分なエビデンスはあるか?
  田中 恵太郎 佐賀大学
  肝炎ウイルス感染対策と生活習慣改善から期待される肝臓がん予防
  浜島 信之 名古屋大学
  ピロリ菌除菌対策から期待される胃がん予防

20. がんのシステムバイオロジー

10月3日(木) 午後

座長: 宮野 悟 東京大学医科学研究所
  石川 俊平 東京医科歯科大学難治疾患研究所
演者: 宮野 悟 東京大学医科学研究所
  計算とシミュレーションによるがんシステム学の創成
  高橋 隆 名古屋大学
  肺癌の分子病態に関わる発現制御関係の解明へ向けた多面的アプローチ
  石川 俊平 東京医科歯科大学難治疾患研究所
  細胞間相互作用のシーケンシング
  岡田 眞里子 理化学研究所統合生命医科学研究センター
  がんシグナル伝達のネットワークと制御
  合原 一幸 東京大学生産技術研究所
  数理モデルに基づくテーラーメードがん診断・治療

21. 化学物質、放射線と発がん

10月5日(土) 午後

座長: 武田 俊一 京都大学
  島田 義也 放射線医学総合研究所
演者: 廣田 耕志 首都大学東京
  染色体断裂はいつもDNA2重鎖切断が原因とは限らない
  柿沼 志津子 放射線医学総合研究所放射線防護研究センター
  放射線発がんリスクの年齢依存性とその生物学的メカニズム
  鈴木 啓司 長崎大学
  放射線発がんプロセスに関与する甲状腺生物学
  中釜 斉 国立がん研究センター研究所
  1,2-DCP, DCM曝露歴のある印刷工胆管癌に認められた高頻度ゲノム変異
  續 輝久 九州大学
  Mutyh遺伝子欠損マウスでの酸化ストレス誘発消化管発がん:低用量KBrO3の影響
  村井 純子 京都大学
  抗がん治療薬の遺伝学的作用機序解析から発見できたPARP阻害剤の新規抗がん作用

22. 癌放射線治療への分子生物学的アプローチ

10月3日(木) 午前

座長: 白土 博樹 北海道大学
  今井 高志 放射線医学総合研究所
演者: 秋元 哲夫 国立がん研究センター東病院
  声門癌放射線治療後の副作用発症に関与する遺伝子多型の解析
  原田 浩 京都大学
  低酸素バイオロジーに基づくがんの放射線抵抗性機構の解析
  今井 高志 放射線医学総合研究所
  放射線応答の異なるがん細胞の分子生物学的解析
  益谷 美都子 国立がん研究センター研究所
  PARP阻害剤による生物学的放射線増感作用
  佐邊 壽孝 北海道大学
  癌細胞・放射線抵抗性の基本シグナル経路

腫瘍別シンポジウム

1. 肺がんの分子生物学的診断と個別化医療の展望

10月5日(土) 午前

座長: 河野 修興 広島大学
  益田 典幸 北里大学
演者: 安藤 雄一 名古屋大学
  イリノテカン使用時のUGT1A1遺伝子多型の臨床的意義
  井上 彰 東北大学
  EGFR遺伝子変異陽性肺癌に対する治療戦略
  濱田 哲暢 国立がん研究センター研究所
  Pharmacogeneticsによる最適化治療
  曽田 学 自治医科大学分子病態治療研究センター
  EML4-ALK fusion geneの発見とその治療

2. 消化器がん研究の進歩と今後の展望

10月4日(金) 午前

座長: 山上 裕機 和歌山県立医科大学
  堀井 明 東北大学
演者: 武藤 誠 京都大学
  大腸がん悪性化親展に及ぼすNotchシグナルの役割
  工藤 正俊 近畿大学
  肝臓がんの集学的治療
  森 正樹 大阪大学
  癌幹細胞研究の進歩
  上坂 克彦 静岡県立静岡がんセンター
  革新的進歩を遂げた膵癌術後補助化学療法:全国規模の第III相試験 –JASPAC 01–の結果
  砂村 眞琴 東京医科大学八王子医療センター
  メタボローム解析を用いた癌診断法の開発

3. 造血器腫瘍研究の新しい地平線:新規治療開発を目指して

10月3日(木) 午後

座長: 直江 知樹 名古屋医療センター
  三谷 絹子 獨協医科大学内科学(血液・腫瘍)
演者: 渡邉 俊樹 東京大学
  ATLの分子病態を基盤とした新規治療法の可能性
  中島 秀明 慶應義塾大学
  造血器腫瘍のiPS細胞樹立と研究応用
  杉本 慶樹 名古屋大学
  リンパ腫細胞環境をターゲットする薬剤開発
  安川 正貴 愛媛大学
  造血器腫瘍の免疫遺伝子治療

4. 乳がんにおける基礎・臨床の最前線

10月4日(金) 午後

座長: 片桐 豊雅 徳島大学疾患プロテオゲノム研究センター
  戸井 雅和 京都大学
演者: 林 慎一 東北大学
  ホルモン療法耐性乳癌の機序解明とその克服に向けて
  千葉 奈津子 東北大学加齢医学研究所
  家族性乳がん原因遺伝子BRCA1の新規結合分子の同定とその癌抑制能の解明
  南 博信 神戸大学
  Triple negative乳がんに対する薬物療法開発
  佐藤 史顕 京都大学
  microRNA発現解析によるHER2陽性乳がんのトラスツズマブ治療効果予測法の開発
  岩田 広治 愛知県がんセンター中央病院
  抗Her2 療法の最前線

5. 泌尿器腫瘍における分子標的の探索

10月5日(土) 午後

座長: 藤岡 知昭 岩手医科大学
  小川 修 京都大学
演者: 戸澤 啓一 名古屋市立大学
  浸潤性膀胱癌に対する新規標的分子としてのUQCRBの検索
  松原 昭郎 広島大学
  前立腺癌とメタボリック症候群
  蓮見 壽史 米国立衛生研究所
  代謝径路を標的とした腎癌治療の新規戦略
  小林 恭 京都大学
  マウスモデルを用いた膀胱癌分子標的の探索
  水野 隆一 慶應義塾大学
  進行性腎細胞癌に対する分子標的治療抵抗性の克服に向けた新たな分子標的の探索
  村蒔 基次 神戸大学
  前立腺癌の分子標的としての分子シャペロンの意義

6. 婦人科がんにおけるトランスレーショナルリサーチ -シーズの探索から臨床応用まで-

10月3日(木) 午前

座長: 青木 大輔 慶應義塾大学
  藤原 恵一 埼玉医科大学国際医療センター
演者: 濱西 潤三 京都大学
  卵巣癌における、がん免疫逃避機構の解明と新規治療戦略
~抗PD-1抗体を用いた次世代型免疫療法の臨床応用~
  岩田 卓 慶應義塾大学
  がんシグナル伝達分子を標的とした免疫抑制環境の解除
  加藤 聖子 九州大学
  子宮体癌幹細胞を標的とした新規治療法の開発
  長谷川 幸清 埼玉医科大学国際医療センター
  可溶型葉酸受容体アルファの卵巣がんバイオマーカーとしての有用性
  馬淵 誠士 大阪大学
  PI3K/AKT/mTOR経路およびVEGF/VEGRF経路を標的とした卵巣明細胞腺癌の治療戦略
  中山 健太郎 島根大学
  卵巣癌におけるNAC1 pathwayに基づいた創薬への展開

7. 稀少癌克服に向けた多角的アプローチ

10月5日(土) 午後

座長: 藤堂 具紀 東京大学医科学研究所
  戸口田 淳也 京都大学再生医科学研究所
演者: 戸口田 淳也 京都大学再生医科学研究所
  多能性幹細胞を用いた肉腫発生機構の解析
  近藤 格 国立がん研究センター研究所
  プロテオーム解析を用いた肉腫の個別化医療のためのバイオマーカー開発
  瀬戸口 啓夫 鹿児島大学
  骨軟部肉腫に対する分子標的治療研究
  国定 俊之 岡山大学
  テロメラーゼを指標とした抗肉腫ウィルス治療の開発
  藤堂 具紀 東京大学医科学研究所
  ウイルス療法の臨床開発

がん研究入門コース

がん研究入門コース

10月5日(土) 午前

演者: 中村 祐輔 シカゴ大学
  ファーマコゲノミクス;将来展望と課題
  古川 洋一 東京大学医科学研究所
  家族性腫瘍 基礎と臨床
  中釜 斉 国立がん研究センター研究所
  発がんのメカニズムを紐解く
  牛島 俊和 国立がん研究センター研究所
  がんメチロームの解析と解釈

10月5日(土) 午後

演者: 稲澤 譲治 東京医科歯科大学難治疾患研究所
  癌ゲノム研究と個別化医療
  清木 元治 高知大学
  がんの浸潤・転移
  松岡 雅雄 京都大学ウイルス研究所
  感染・免疫と発がん機構研究:ヒトT細胞白血病ウイルス1型をモデルとして
  河上 裕 慶應義塾大学先端医科学研究所
  がんの免疫病態とがん免疫療法

モーニングレクチャー

モーニングレクチャー

10月4日(金)

演者: 大津 敦 国立がん研究センター東病院臨床開発センター
  わが国での新薬開発試験の現状と課題
  樋野 興夫 順天堂大学
  環境発がん制御研究 ~山極勝三郎生誕150周年~
  落合 淳志 国立がん研究センター東病院臨床開発センター
  がん生物像を規定する微小環境
  金井 弥栄 国立がん研究センター研究所
  国際ヒトエピゲノムコンソーシアムの取り組み
  久保 充明 理化学研究所ゲノム医科学研究センター
  ゲノムワイド研究と個別化医療
  瀬戸 加大 愛知県がんセンター研究所
  悪性リンパ腫発症の分子機構
  直江 知樹 名古屋医療センター
  白血病ゲノム研究の臨床への応用
  長田 裕之 理化学研究所
  抗がん剤のケミカルバイオロジー
  中村 卓郎 がん研究会がん研究所
  がん研究におけるマウスモデルの有用性
  中山 敬一 九州大学生体防御医学研究所
  ワールブルグ効果とは何か?:全てを計ることによって明らかになったがん代謝の真実
  宮野 悟 東京大学医科学研究所
  個別化医療に向けたシステムがん研究とスーパーコンピュータ

10月5日(土)

演者: 赤司 浩一 九州大学
  ヒト造血系における癌幹細胞
  石川 冬木 京都大学
  Synthetic Lethalityとは何か?
  今村 健志 愛媛大学
  がん研究における生体蛍光イメージング技術の新機軸
  角田 達彦 理化学研究所統合生命医科学研究センター
  次世代シークエンサーによるがんの全ゲノム解析と解釈
  佐谷 秀行 慶應義塾大学先端医科学研究所
  清宮 啓之 がん研究会・がん化学療法センター
  抗がん剤探索アプローチの変遷と最近の話題
  畠山 昌則 東京大学
  ヘリコバクター・ピロリ菌と胃がん
  三木 義男 東京医科歯科大学難治疾患研究所
  DNA修復機能不全と合成致死療法
  宮園 浩平 東京大学
  TGF-βファミリーシグナルと癌:最近の話題
  森 正樹 大阪大学
  消化器癌の癌幹細胞

このページのトップへ

Copyright © 2012 The 72nd Annual Meeting of the Japanese Cancer Association. All Rights Reserved.