2014年9月25日(木)~27日(土) パシフィコ横浜 学術会長:野田哲生

プログラム

日程表 プログラム全日程
プログラム9月25日(木)PDF プログラム9月26日(金)PDF プログラム9月27日(土)PDF
すべてのプログラムを表示 すべてのプログラムを閉じる

(6/23 時点の情報をもとに掲載しています)

特別シンポジウム 英語

Woman scientists in cancer research “Dedicated to Professor Janet Rowley”

座長: Michelle Le Beau The Univ. of Chicago
  神奈木 真理 東京医科歯科大学

JCA-AACR Joint Symposia 英語

1. Deeper insights in cancer biology targeting cure

座長: 野田 哲生 がん研究会がん研究所
  Pier Paolo Pandolfi Harvard Medical School
演者: Pier Paolo Pandolfi Harvard Medical School
  Tyler Jacks Massachusetts Institute of Technology
  佐谷 秀行 慶應義塾大学
  中村 卓郎 がん研究会がん研究所

2. Clinical sequencing toward complete cure of cancer

座長: 中村 祐輔 シカゴ大学
  Elaine Mardis Washington University
演者: 中村 祐輔 シカゴ大学
  Elaine Mardis Washington University
  小川 誠司 京都大学
  Jeffrey Tyner Oregon Health & Science University

Panel Discussion 日本語

21世紀の日本におけるがん研究戦略

座長: 上田 龍三 愛知医科大学
  中釜 斉 国立がん研究センター研究所

コアシンポジウム 英語

1. Reprograming and transdifferentiation in cancer

座長: 佐谷 秀行 慶應義塾大学
  Manuel Serrano Spain Cancer Center
演者: Manuel Serrano Spain Cancer Center
  Reprogramming in vivo and its impact on tissue homeostasis and regeneration
  山田 泰広 京都大学iPS細胞研究所
  不完全な細胞初期化による発がん
  鈴木 聡 九州大学生体防御医学研究所
  Mob1a/1bによる細胞分化とがん抑制制御
  上野 博夫 関西医科大学
  細胞系譜追跡法による成体幹細胞とがんの起源の同定
  妹尾 浩 京都大学
  消化器腫瘍におけるDclk1陽性細胞の役割

2. Autophagy and organelle homeostasis in cancer

座長: 水島 昇 東京大学
  小松 雅明 新潟大学
演者: 水島 昇 東京大学
  オートファジーの生理機能と分子機構
  小松 雅明 新潟大学
  オートファジーの抑制とがん代謝
  Kevin M. Ryan Beatson Institute
  Autophagy in cell death and cancer
  池上 恒雄 東京大学医科学研究所
  マウスモデルを用いた膵癌発生進展におけるオートファジーの役割の検討
  荒川 博文 国立がん研究センター
  Mieapによって制御されるミトコンドリア品質管理機構とそのがんでの異常について

3. Cancer cell metabolism and cellular senescence

座長: 原 英二 がん研究会がん研究所
  Daniel Peeper Netherlands Cancer Center
演者: 原 英二 がん研究会がん研究所
  Rb経路とAKTシグナルによる細胞老化の制御
  Daniel Peeper Netherlands Cancer Center
  本橋 ほづみ 東北大学加齢医学研究所
  がん細胞の酸化ストレス応答と代謝リプログラミングにおけるKeap1-Nrf2制御系の役割
  近藤 祥司 京都大学医学部附属病院
  細胞老化誘導性DNAダメージによる解糖系ワールブルグ効果の制御機構
  髙橋 智聡 金沢大学がん進展制御研究所
  がん代謝と細胞老化制御におけるRB機能

4. Novel therapies based on tumor heterogeneity

座長: 間野 博行 東京大学
  Andrew Futreal UT MD Anderson Cancer Center
演者: 間野 博行 東京大学
  がんにおけるessential growth driverとheterogeneity
  Andrew Futreal UT MD Anderson Cancer Center
  The somatic genetic architecture of human cancer - insights from large scale sequencing
  柴田 龍弘 国立がん研究センター
  がん多様性の分子遺伝学的理解から治療へ
  土原 一哉 国立がん研究センター
  クリニカルシークエンシングに基づく国立がん研究センターの創薬基盤
  武笠 晃丈 東京大学
  グリオーマにおける治療誘導性のクローン進化

5. Cancer Immunotherapy

座長: 坂口 志文 大阪大学
  Mark Sliwkowski Genentech
演者: Mark Sliwkowski Genentech
  Michel Sadelain Memorial Sloan Ketting Cancer Center
  西川 博嘉 大阪大学
  がん免疫療法における制御性T細胞の重要性
  鵜殿 平一郎 岡山大学
  メトホルミンは腫瘍微小環境のCD8T細胞の免疫疲弊を解除する
  河上 裕 慶應義塾大学
  分子標的薬併用による効果的な個別化がん免疫療法

6. New insights into acquired resistance to targeted therapies

座長: 藤田 直也 がん研究会がん化学療法センター
  Katerina Politi Yale University
演者: Katerina Politi Yale University
  EGFR阻害剤耐性機構(マウスモデル) (仮)
  矢野 聖二 金沢大学がん進展制御研究所
  EGFR変異肺がんのEGFR-TKI耐性
  片山 量平 がん研究会がん化学療法センター
  ALK融合遺伝子陽性肺がんにおける獲得耐性機構とその克服法
  西田 俊朗 国立がん研究センター東病院
  GISTのイマチニブ獲得耐性機構
  冨田 章裕 名古屋大学
  B細胞腫瘍における抗CD20モノクローナル抗体治療薬に対する薬剤耐性

International Sessions 英語

1. Lesson from CML: cure of cancer with molecular target therapy

座長: 木村 晋也 佐賀大学
  Dong-Wook Kim The Catholic University of Korea, Seoul St.Mas Hospital
演者: 岡田 昌也 兵庫医科大学
  慢性骨髄性白血病に対するチロシンキナーゼ阻害薬中止試験-DADI traialを中心に
  Dong-Wook Kim The Catholic University of Korea, Seoul St.Mas Hospital
  The importance of molecular monitoring in TFR trials (仮)
  Jae-Yong Kwak Chonbuk National University Medical School & Hospital
  Discontinuation of Tyrosine Kinase inhibitors in Chronic Myeloid Leukemia
  Jiuwei Cui The First Hospital of Jilin University
  Single institution study of patient-driven discontinuation of tyrosine kinase inhibitor in chronic myeloid leukemia
  Houda Alachkar University of Chicago
  Preclinical Efficacy Of T-LAK Cell-Originated Protein Kinase Inhibition in FLT3-ITD mutant Acute Myeloid Leukemia
  仲 一仁 金沢大学がん進展制御研究所
  CML幹細胞をターゲットとする新しい治療戦略

2. Cancer genome sequencing forward personalized medicine

座長: 中川 英刀 理化学研究所統合生命医科学研究センター
  Keunchil Park Sungkyuunkwan University School of Med
演者: 藤本 明洋 理化学研究所
  Whole genome sequencing of liver cancer (仮)
  石川 俊平 東京医科歯科大学難治疾患研究所
  Frequent gain-of-function mutations of RHOA pathways in diffuse-type gastric carcinoma (仮)
  市川 仁 国立がん研究センター
  がんの個別化医療・早期臨床試験のためのクリニカルターゲットシークエンシング
  Richie Chuan Teck Soong Cancer Science Institute of Singapore, National University of Singapore
  Clinical potential of deep sequencing of circulating tumour cells and circulating DNA (仮)
  Woong-Yang Park Samsung Genome Institute
  CancerSCAN, diagnostic application of targeted re-sequencing of druggable genes
  Keunchil Park Sungkyuunkwan Univ School of Med
  What Clinicians Need ; From Clinic to Bench and Back to Clinic (仮)

3. Cancer liquid biopsy

座長: 落谷 孝広 国立がん研究センター研究所
  Yuk Ming Dennis Lo The Chinese University of Hong Kong
演者: Yuk Ming Dennis Lo The Chinese University of Hong Kong
  Genomewide plasma DNA sequencing for detecting cancer-associated genetic and methylation aberrations (仮)
  新城 恵子 愛知県がんセンター研究所
  難治性がんの早期診断にむけたエピゲノム診断法の開発
  杉本 昌弘 慶應義塾大学 先端生命科学研究所
  メタボロームを利用した唾液中がん診断マーカーの探索
  Lesley Cheng University of Melbourne
  Exosomes provide a protective and enriched source of miRNA for biomarker diagnostic tests
  Yae Jin Yoon Pohang University of Science and Technology
  Systemic analysis of in vivo extracellular vesicles isolated from mouse melanoma
  杉町 圭史 九州大学病院別府病院
  循環血液中のエクソソーム内マイクロRNAは消化器癌の有用なバイオマーカーとなる

4. New techniques for cancer imaging

座長: 今村 健志 愛媛大学
  Malini Olivo Singapore Bioimaging Consortium
演者: Malini Olivo Singapore Bioimaging Consortium
  Photoacoustic Imaging and SERS Biosensing in Cancer (仮)
  石井 優 大阪大学
  蛍光生体イメージングで解析するがん細胞ダイナミクス
  岡田 峰陽 理化学研究所 統合生命医科学研究センター
  腫瘍免疫を担う細胞傷害性T細胞を誘導する樹状細胞のイメージング
  Shuya Yano Anti Cancer Inc.,
  FUCCI imaging demonstrates locational dependence of proliferation of cancer cells within tumors
  小林 久隆 National Cancer Institute, Canter for Cancer Research
  Photoimmunotherapy; A method of molecular cancer theranostics
  Yongdoo Choi National Cancer Center
  Activatable theranostic photomedicine for imaging and therapy of cancers (仮)

5. Targeting strategies for tumor-specific microenvironment

座長: 近藤 科江 東京工業大学
  Jincai Luo Peking University
演者: Christel Devaud PeterMacCallum Cancer Centre, Cancer Immunology Research, Immune Innovation Laboratory
  Tissue-specific microenvironment can affect the tumor responses to therapy (仮)
  口丸 高弘 東京工業大学
  In vivoイメージングによって明らかにする骨転移におけるHIFの治療標的としての可能性
  Jincai Luo Peking University
  VEGF-induced endothelial factors are critical for vascular inflammation and tumor development
  坂本 毅治 東京大学医科学研究所
  Mint3を標的としたがん微小環境制御療法の可能性
  寺島 裕也 東京大学
  ケモカイン受容体会合分子フロントはがん微小環境を調節してがん転移をコントロールする
  Guokai Feng Sun Yat-sen University Cancer Center
  Targeting of integrin a6 eradicates nasopharyngeal carcinoma stem cell
  Zhiqian Zhang Peking University Cancer Hospital & Institute
  Targeting liver cancer stem cells which initiate extracellular matrix remodeling

6. Early and exploratory trials with new agents

座長: 大津 敦 国立がん研究センター
  Chia-Chi (Josh) Lin National Taiwan University Hospital
演者: Brigette Ma Prince of Wales Hospital
  New agent trials in head and neck cancer
  清水 俊雄 近畿大学
  進行固形がん患者に対する焦点接着班キナーゼ(FAK)阻害薬VS-6063のファーストインアジア第1相試験
  Darren Wan Teck Lim National Cancer Center Singapore
  Challenges and opportunities in developmental therapeutics for EGFR resistance
  Kyung-Mi Lee Seoul National University
  Chikusetsusaponin IVa methyl ester induces cell cycle arrest and apoptosis by regulation of the Wnt signalling pathway
  Hui-Jen Tsai National Institute of Cancer Research, National Health Research Institutes, Taiwan
  BPR1J373, a novel multi-targeted tyrosine kinase inhibitor, inhibits the growth of gastrointestinal stromal tumor
  設楽 紘平 国立がん研究センター東病院
  NCC-EPOCにおける早期・探索的臨床研究
  Chia-Chi (Josh) Lin National Taiwan University Hospital
  Japan/Taiwan Phase I Trials

7. Cancer stem cells

座長: 後藤 典子 金沢大学がん進展制御研究所
  Qiang Yu Genome Institute of Singapore
演者: Wai Leong Tam Genome Institute of Singapore (present: Whitehead Institute for Biomedical Research / MIT)
  Exploiting the vulnerabilities of cancer stem cells for targeted therapy
  國崎 祐哉 九州大学
  造血幹細胞ニッチと造血器腫瘍
  Sampetrean Oltea 慶應義塾大学
  脳腫瘍幹細胞の代謝特性
  中野 伊知郎 オハイオ州立大学
  EVOLUTION OF CANCER STEM CELLS IN GLIOMA TO PROMOTE THEIR THERAPY RESISTANT PHENOTYPE
  富永 香菜 東京大学医科学研究所
  HER-NF-κB-IGF2ループ経路の形成により乳がん幹細胞とニッチは維持される
  Sheng-Fang Su Institute of Statistical Science, Academia Sinica
  A Prognostic Cancer Stemness Gene Expression Signature for Lung Adenocarcinoma Patients
  Qiang Yu Genome Institute of Singapore
  PDK1-activated cell sinalin in cancer stem cell initiation and herapeuic resistance (仮)

8. Antibody cancer therapy

座長: 石田 高司 名古屋市立大学
  Yeon Hee Park Samsung Med. Ctr.
演者: 田中 勇悦 琉球大学
  HTLV-I感染中和およびADCC活性を持つヒト化ラット由来単クロン抗体
  石田 高司 名古屋市立大学
  CCR4を標的抗原とする、新規がん免疫療法
  北野 滋久 国立がん研究センター中央病院
  進行メラノーマ患者における抗CTLA-4抗体療法後のがん抗原特異的細胞障害性CD4陽性T細胞反応の増強
  Sung-Bae Kim Asan Medical Center
  HER2 as a target for breast cancer (仮)
  Soo Chin Lee National University Cancer Institute, Singapore
  Development and Application of Antibodies in Breast Cancer Therapeutics
  Yeon Hee Park Samsung Medical Center
  Antibody Therapy in Breast Cancer

9. Functional RNAs as regulators of cancer

座長: 岩間 厚志 千葉大学
  Erwei Song Sun-Yat-Sen University, Guangzhou, China
演者: Polly Leilei CHEN Cancer Science Institute of Singapore, National University of Singapore
  When RNA editing meets human cancers
  吉田 健一 京都大学
  造血器腫瘍におけるRNAスプライシング因子の遺伝子変異
  大野 慎一郎 東京医科大学
  肺がんを効果的に抑制するMimic microRNAの新規形状の探索
  Marcel E. Dinger Garvan Institute of Medical Research
  Lighting up the dark matter of the genome: Unravelling the roles of long noncoding RNAs in cancer
  高山 賢一 東京大学
  アンドロゲンにより制御される長鎖非コードRNAを介した前立腺癌における腫瘍増殖促進機構の解明
  Erwei Song Sun-Yat-Sen University, Guangzhou, China
  An NFkB inteacting long noncoding RNA inhibits breast cancer metastasis (仮)

10. Infection, chronic inflammation and cancer development

座長: 大島 正伸 金沢大学がん進展制御研究所
  Danai Tiwawech Cancer Biology Section, Research Division, National Cancer Institute, Bangkok, Thailand
演者: Danai Tiwawech Cancer Biology Section, Research Division, National Cancer Institute, Bangkok, Thailand
  Cholangiocarcinoma in Thailand
  Banchob Sripa Departhment of Pathology Faculty of Medicine, Khon Kaen University
  Recent advances in pathogenesis of liver fluke-induced cholangiocarcinoma
  飯田 宗穂 金沢大学
  腸内細菌叢が炎症性腫瘍内微小環境に与える役割
  Dominic C. Voon Cancer Science Institute of Singapore, National University of Singapore
  A role for RUNX3 in inflammation-induced expression of IL23A in gastric epithelial cells
  紙谷 尚子 東京大学
  炎症性発がんにおけるヘリコバクター・ピロリCagAの役割
  的崎 尚 神戸大学
  Shp2ホスファターゼはRas活性化を介して腸上皮の恒常性と腸炎発症を制御する

11. Cancer research using omics

座長: 曽我 朋義 慶應義塾大学先端生命科学研究所
  Bin Tean Teh National Cancer Centre Singapore
演者: 森 大 慶應義塾大学 先端生命科学研究所
  大腸がん組織中のエネルギー代謝に関連する代謝産物と代謝酵素群の一斉解析
  紙 健次郎 ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ
  Quantitative Energy Metabolism of Cancer Treated by Molecular Target Drug (仮)
  石原 誠人 東京大学
  膜プロテオーム解析による成人T細胞性白血病に対する治療標的の探索
  塩澤 裕介 京都大学
  骨髄異形成症候群における選択的RNAスプライシングの網羅的解析
  Ken Wing-Kin Sung National University of Singapore / Genome Institute of Singapore
  Structural variation identification and its application to identify recurrent HBV integrations in liver cancer (仮)
  Bin Tean Teh National Cancer Centre Singapore
  Advances in Cancer Research Genomics Meets Epigenomics

12. Ending the tobacco epidemic in asia-oceania: filling the gap by academic societies

座長: 望月 友美子 国立がん研究センターがん対策情報センター
  Simon Chapman School of Public Health, University of Sydney
演者: 望月 友美子 国立がん研究センターがん対策情報センター
  Simon Chapman School of Public Health, University of Sydney
  Australia’s experience in introducing plain packaging of cigarettes (仮)
  浜島 信之 名古屋大学
  日本における学術団体のたばこコントロール活動
  欅田 尚樹 国立保健医療科学院
  たばこ規制枠組条約第9条、10条の効果的な実施によるタバコ対策の実施
  Siriwan Pitayarangsarit Tobacco Control Research and Knowledge Management Center, Mahidol University
  How Thailand contributes to ending the tobacco epidemic: synergistic movement with a knowledge backbone
  Mark Levin University of Hawaii at Manoa, William S. Richardson School of Law

シンポジウム 英語

1. クロマチン制御と発がん・がん治療

座長: 花岡 文雄 学習院大学
  河野 隆志 国立がん研究センター研究所
演者: 河野 隆志 国立がん研究センター研究所
  RET遺伝子融合およびSW/SNFクロマチンリモデリング欠損を用いた肺がん個別化治療
  中田 慎一郎 大阪大学
  DNA損傷依存性ユビキチン化の精密制御による適切なDNA修復経路選択
  安井 明 東北大学加齢医学研究所
  DNA修復に必要なSWI/SNFクロマチンリモデリング因子は癌細胞で頻繁に発現欠損している
  太田 智彦 聖マリアンナ医科大学
  ヒストン修飾を介したBRCA1のDNA損傷応答メカニズムを標的とした治療戦略
  伊藤 昭博 理化学研究所
  タンパク質SUMO化を標的とした小分子化合物の同定と抗がん活性
  花岡 文雄 学習院大学
  損傷乗り越え合成ポリメラーゼと発がん

2. シグナル伝達破綻による発癌スパイラルの加速

座長: 畠山 昌則 東京大学
  井上 純一郎 東京大学医科学研究所
演者: 畠山 昌則 東京大学
  ピロリ菌が作り出す胃発がんスパイラル (仮)
  武川 睦寛 東京大学
  新規ERK基質分子MCRIP1によるERK依存的ジーンサイレンシングと上皮間葉転換の制御
  田口 恵子 東北大学加齢医学研究所
  Nrf2の制御破綻が引き起こす肝病態
  石谷 太 九州大学生体防御医学研究所
  新規Wnt/βカテニンシグナル制御機構とその癌における役割
  大島 浩子 金沢大学がん進展制御研究所
  慢性炎症とTGFβ シグナル抑制による消化管腫瘍の浸潤誘導
  土屋 輝一郎 東京医科歯科大学
  腸管上皮における自然免疫応答スパイラル機構

3. 分化の破綻と細胞の腫瘍化

座長: 北村 俊雄 東京大学医科学研究所
  菊池 章 大阪大学
演者: 北村 俊雄 東京大学医科学研究所
  ASXL1変異による骨髄異形成症候群(MDS)発症の分子機序
  菊池 章 大阪大学
  増殖因子シグナルによる上皮管腔組織形成とその破綻による発がん
  大野 茂男 横浜市立大学
  乳腺組織前駆細胞の増殖を制御する機構:aPKC-ErbB2枢軸
  中村 哲也 東京医科歯科大学
  培養腸管上皮幹細胞移植と組織再生
  稲葉 俊哉 広島大学原爆放射線医学研究所
  血球分化制御の破綻としてのMDS (仮)
  Omar Abdel-Wahab Memorial Sloan Kettering Cancer Center
  Hematopoietic Stem Cell Origin of BRAFV600E Mutations in Hairy Cell Leukemia

4. がんにおけるクロマチン動態制御とゲノム不安定性

座長: 石川 冬木 京都大学
  広田 亨 がん研究会がん研究所
演者: 石川 冬木 京都大学
  テロメレースのテロメアリクルートメント制御
  広田 亨 がん研究会がん研究所
  がんにおける染色体分配異常の分子背景
  清宮 啓之 がん研究会がん化学療法センター
  テロメア蛋白質TRF1による染色体分配制御
  武田 俊一 京都大学
  抗がん治療薬、PARPインヒビター及びトポデカンへの耐性に関与するDNA修復因子の網羅的解析 (仮)
  深川 竜郎 国立遺伝学研究所
  ゲノム安定性を保障するセントロメアの構造基盤
  中西 真 名古屋市立大学
  2つのDNA損傷経路活性化の時間差による細胞老化誘導制御

5. がん細胞の浸潤の新たなメカニズム

座長: 高橋 雅英 名古屋大学
  坂本 毅治 東京大学医科学研究所
演者: 山口 英樹 国立がん研究センター研究所
  癌細胞による浸潤突起形成の分子機構と転移における役割
  鈴木 元 名古屋大学
  肺癌転移におけるスフィンゴ脂質代謝経路とセラミド合成酵素CerS6の必須な機能
  榎本 篤 名古屋大学
  癌の集団的浸潤においてleading cellを規定するintegrin β1の発現機構
  尾池 雄一 熊本大学
  がん細胞から分泌されるANGPTL2タンパクはがん転移促進因子である
  折茂 彰 順天堂大学
  ヒト乳癌細胞の転移促進のための間質筋線維芽細胞との進化
  平塚 佐千枝 東京女子医科大学
  自然免疫シグナルによる転移予定臓器における転移前土壌の形成

6. がん治療とがん予防を目指す動物モデル

座長: 赤司 浩一 九州大学
  中村 卓郎 がん研究会がん研究所
演者: 中塚 拓馬 東京大学
  肝腫瘍発生におけるヒストン脱メチル化酵素Kdm3aの役割
  本田 浩章 広島大学原爆放射線医科学研究所
  ヒストンH3K27メチル化脱制御による白血病発症機構の解析
  竹中 克斗 九州大学病院
  SIRPA変異型遺伝子導入マウスを用いたがん幹細胞解析
  田中 伸幸 宮城県立がんセンター研究所
  PDXモデルを用いたCD271陽性頭頸部癌幹細胞の解析
  中釜 斉 国立がん研究センター研究所
  がん幹細胞研究のための動物モデル (仮)
  今村 健志 愛媛大学
  がんのイメージングモデル

7. がん微小環境と不均一性

座長: 宮園 浩平 東京大学
  落合 淳志 国立がん研究センタ-東病院臨床開発センター
演者: 大島 正伸 金沢大学がん進展制御研究所
  消化管の慢性炎症と発がん機構
  東山 繁樹 愛媛大学プロテオサイエンスセンター
  CUL3による血管新生制御機構
  田中 真二 東京医科歯科大学
  可視化がん幹細胞を用いた不均一性とがん宿主相互作用の解析
  鯉沼 代造 東京大学
  TGF-βによるがん細胞のEMTとその関連形質の制御
  藤田 直也 がん研究会がん化学療法センター
  血小板によるがん微小環境の制御と転移の促進
  石井 源一郎 国立がん研究センター東病院
  EGFR-TKI初期耐性を誘導するがん関連線維芽細胞の同定

8. がんエピゲノム研究の最前線

座長: 油谷 浩幸 東京大学先端科学技術研究センター
  近藤 豊 愛知県がんセンター
演者: 油谷 浩幸 東京大学先端科学技術研究センター
  エピゲノム制御因子の変異とがん
  近藤 豊 名古屋市立大学
  細胞外環境による脳腫瘍幹細胞のエピジェネティック制御
  大川 恭行 九州大学
  ヒストンバリアントによる遺伝子選択 ~ヒストンバーコード解析の新たな展開~
  永江 玄太 東京大学先端科学技術研究センター
  TET1はエンハンサーの異常なヒドロキシメチル化により肝癌の悪性形質を促進させる
  小川原 陽子 国立がん研究センター研究所
  IDH変異とがん
  Lihua Qi Cancer Science Institute of Singapore
  Editing independent role of Adenosine DeAminases acting on double stranded RNA in hepatocellular carcinoma

9. がん研究を推進するバイオインフォマティクス

座長: 宮野 悟 東京大学医科学研究所
  高橋 隆 名古屋大学
演者: 高橋 隆 名古屋大学
  肺がんの分子病態に関わる遺伝子発現制御異常の解明
  角田 達彦 理化学研究所 統合生命医科学研究センター
  がんゲノム解析のための医科学数理
  松浦 正明 帝京大学
  抗がん剤副作用予測システム
  島村 徹平 名古屋大学
  制約付き代謝流束モデリングによるがん代謝のシステム的統合理解
  井元 清哉 東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター
  がん研究における統計的モデリング

10. ゲノム制御変異から見た環境発がん

座長: 樋野 興夫 順天堂大学
  菅野 純 国立医薬品食品衛生研究所安全性生物試験研究センター
演者: 樋野 興夫 順天堂大学
  環境発がん分子診断マーカーと治療法の開発
  菅野 純 国立医薬品食品衛生研究所安全性生物試験研究センター
  粉体の異物発がん性に関する毒性学的考察
  豊國 伸哉 名古屋大学
  中皮腫発がん機構解明とその予防への挑戦
  島田 義也 放射線医学総合研究所
  放射線誘発がんにみられるゲ ノム変異
  今井田 克己 香川大学
  環境化学物質による肺発がんの発育進展に関する検討

11. 悪性腫瘍と免疫系の相互作用

座長: 瀬谷 司 北海道大学
  西村 泰治 熊本大学
演者: 瀬谷 司 北海道大学
  腫瘍浸潤マクロファージのRNAアジュバント応答
  西村 泰治 熊本大学
  担がん個体におけるIL-6シグナルを介したCD4+T細胞性腫瘍免疫の抑制
  生島 弘彬 東京大学生産技術研究所
  パターン認識受容体によるがん細胞の認識を通した抗腫瘍自然免疫応答
  地主 将久 北海道大学遺伝子病制御研究所
  抗がん剤耐性誘導因子としての腫瘍内ミエロイド細胞
  玉田 耕治 山口大学
  PD-L1/CD80相互作用による免疫チェックポイント機構に関する解析
  濱西 潤三 京都大学
  Immunotherapy with anti-PD-1 antibody (Nivolumab) is promising: Phase II trial for platinum-resistant ovarian cancer (仮)

12. がんの分子イメージング

座長: 浦野 泰照 東京大学
  松田 道行 京都大学
演者: 浦野 泰照 東京大学
  新規アミノペプチダーゼ蛍光プローブによる、摘出ヒト臨床検体内がん部位の迅速ライブイメージング
  松田 道行 京都大学
  塚田 秀夫 浜松ホトニクス株式会社中央研究所
  18F-FDGを超えた新しいがんPETイメージング剤の開発
  近藤 科江 東京工業大学
  悪性化プロセス解明のための分子イメージング
  大場 雄介 北海道大学
  蛍光イメージングの臨床応用
  上岡 裕治 京都大学
  癌転移と血管新生の生体FRETイメージング
  長谷川 純崇 放射線医学総合研究所
  PETとMRIによるマウス放射線発がん初期イベントの定量化

13. 疾患コホート研究の新展開

座長: 田中 英夫 愛知県がんセンタ―研究所
  松田 浩一 東京大学医科学研究所
演者: 若井 建志 名古屋大学
  疾患研究におけるJ-MICC Studyの役割
  松田 浩一 東京大学医科学研究所
  個別化医療に向けたバイオバンクジャパンの取り組みについて
  宮城 洋平 神奈川県立がんセンター臨床研究所
  神奈川県立がんセンターにおけるがん関連試料の収集と提供
  山内 麻衣 ハーバード大学
  アスピリン服用と大腸癌におけるコピー数異常についての解析
  津金 昌一郎 国立がん研究センターがん予防・検診研究センター
  住民ベースの大規模コホート研究:原因究明、予防、公衆衛生研究のための必須の基盤

14. バイオマーカーとコンパニオン診断薬開発

座長: 西尾 和人 近畿大学
  高橋 俊二 がん研究会有明病院
演者: 森 誠一 がん研究会ゲノムセンター
  ゲノム技術を用いた婦人科がんの分子標的・バイオマーカー探索
  落谷 孝広 国立がん研究センター研究所
  エクソソーム解析系を用いた大腸がん迅速診断系の開発
  田原 栄俊 広島大学
  がん細胞を老化に追い込む核酸医薬の開発
  洪 泰浩 和歌山県立医科大学
  非侵襲的診断法の肺がん個別化医療における利用の試み
  武田 真幸 近畿大学
  肺癌における、次世代シーケンサーを用いた分子標的薬適応決定のための変異解析
  田澤 義明 ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社
  コンパニオン診断薬の開発と臨床運用における課題

15. がん幹細胞を標的とした治療戦略

座長: 森 正樹 大阪大学
  北林 一生 国立がん研究センター研究所
演者: 北林 一生 国立がん研究センター研究所
  急性骨髄生白血病における幹細胞の成立と治療戦略
  菊繁 吉謙 九州大学/日本学術振興会
  ヒト骨髄性白血病進展における白血病幹細胞特異的表面抗原TIM-3の機能解析
  永野 修 慶應義塾大学先端医科学研究所
  癌幹細胞においてCD44v-xCTによって強化される抗酸化システムを標的とした治療戦略
  平尾 敦 金沢大学がん進展制御研究所
  栄養センサーシグナルとがん幹細胞
  岩間 厚志 千葉大学
  造血幹細胞に由来する骨髄球系腫瘍におけるポリコーム群遺伝子の機能
  今野 雅允 大阪大学
  マイクロRNA369はピルビン酸キナーゼのスプライシングを制御する

16. ATL発がん機構と治療の新展開

座長: 松岡 雅雄 京都大学ウイルス研究所
  森下 和広 宮崎大学
演者: 松岡 雅雄 京都大学ウイルス研究所
  HTLV-1による発がん機構
  森下 和広 宮崎大学
  NDRG2はPP2Aと共にHTLV-1感染による活性化PI3K/AKTとNF-kB情報伝達を阻害する
  藤澤 順一 関西医科大学
  ATLのマウスモデル
  片岡 圭亮 京都大学
  成人T細胞白血病/リンパ腫におけるゲノム異常の網羅的解析
  渡邉 俊樹 東京大学
  ATL発症の基盤となるゲノム・エピゲノム異常の解析
  末廣 陽子 国立病院機構九州がんセンター
  成人T細胞白血病/リンパ腫に対する免疫療法: 免疫機序を介した多面的治療戦略のアプローチ

17. 新たな分子標的と次世代創薬スクリーニング

座長: 清木 元治 高知大学
  吉田 稔 理化学研究所環境資源科学研究センター
演者: 高井 弘基 東京大学分子細胞生物学研究所
  神経膠芽腫治療の分子標的としてのTET1
  新家 一男 産業技術総合研究所
  大規模天然物ライブラリーを用いた抗がん剤スクリーニング
  石川 文彦 理化学研究所 統合生命医科学研究センター
  急性骨髄性白血病の幹細胞を標的とした低分子化合物の同定 (仮)
  八尾 良司 がん研究会がん研究所
  TACC3を標的とした低分子化合物の開発と応用
  大久保 秀一 大鵬薬品工業株式会社
  「一剤により複数のがん蛋白質を同時に阻害する」:分子シャペロンHSP90阻害剤の開発
  松本 邦夫 金沢大学がん研究所
  Met/HGF受容体を標的とする環状ペプチドの創製

18. がんのオーダーメイド医療を目指すファーマコゲノミクス

座長: 前佛 均 国立がん研究センター研究所
  清谷 一馬 The University of Chicago Department of Medicine
演者: 前佛 均 国立がん研究センター研究所
  CYP2D6 genotypeとタモキシフェン治療反応性の関係を解明する多施設共同前向き研究
  清谷 一馬 シカゴ大学
  PGxによるタモキシフェン治療効果予測:CYP2D6研究から学ぶこと
  Low Siew Kee 理化学研究所ゲノム医科学研究センター
  Genome-wide association study of chemotherapeutic agent-induced adverse events. (仮)
  白石 航也 国立がん研究センター研究所
  非小細胞肺がんプラチナ治療の効果予測に関するファーマコゲノミクス研究
  高田 亮 岩手医科大学
  網羅的遺伝子発現解析による筋層浸潤性膀胱がんのオーダーメイド医療

19. がん治療用ワクチン開発の現状と展望

座長: 佐藤 昇志 札幌医科大学
  奥野 清隆 近畿大学
演者: 安田 卓司 近畿大学
  術前治療後のpN(+)食道扁平上皮癌に対する腫瘍特異的A-2402拘束性がんペプチドワクチンの第二相臨床試験と今後の展望
  硲 彰一 山口大学
  大腸がんに対する治療用ペプチドワクチンの効果を予測するバイオマーカー;第I相試験と第II相試験の解析から
  島 宏彰 札幌医科大学
  SVN-2Bペプチドがんワクチン第I相臨床試験“SUCCESS”から得た最新の知見
  醍醐 弥太郎 東京大学医科学研究所附属病院
  肺がん治療用ワクチンの開発研究
  鳥越 俊彦 札幌医科大学
  がん幹細胞抗原の探索とペプチドワクチン療法への臨床応用
  石井 健 医薬基盤研究所
  次世代アジュバントの開発研究

20. 遺伝性腫瘍:基礎と臨床の懸け橋

座長: 古川 洋一 東京大学医科学研究所
  山内 英子 聖路加国際病院
演者: 山内 英子 聖路加国際病院
  遺伝性乳がん, 卵巣がん症候群―臨床現場での選択をサポートして
  千葉 奈津子 東北大学加齢医学研究所
  BRCA1の新規結合分子OLA1の機能破綻と発がん機構
  古川 徹 東京女子医科大学総合医科学研究所
  日本における家族性膵がんの分子病理学的特徴
  山口 貴世志 東京大学医科学研究所
  次世代シークエンサーを用いた家族性大腸腺腫症の解析
  内野 眞也 野口病院
  甲状腺髄様癌の遺伝子診断
  中村 英二郎 京都大学
  患者由来iPS細胞を用いた家族性腫瘍疾患VHL病に対する新規治療法創出の試み

JCA-JSP Joint Symposium 日本語(日本病理学会との共催)

1. 先端技術を集約したがんの病理診断

座長: 金井 弥栄 国立がん研究センター研究所
  横崎  宏 神戸大学
演者: 金井 弥栄 国立がん研究センター研究所
  病理診断に付加価値を加える: 多層的オミックス解析にもとづく病態診断
  池原 譲 産業技術総合研究所
  グライコプロテオーム解析によるがんマーカーの開発
  吉田 優 神戸大学
  血清メタボロミクスを用いた癌バイオマーカー探索
  山田 勝也 弘前大学
  蛍光グルコース誘導体の細胞内への特異的取り込みを利用した腫瘍イメージング
  竹内 賢吾 がん研究会がん研究所
  ドライバー融合遺伝子を同定する病理診断 (仮)
  桑田 健 国立がん研究センター東病院
  病理組織標本を用いたバイオマーカー検索

腫瘍別シンポジウム 日本語(日本がん治療認定医機構承認予定)

1. 肺がん診療の最前線 日本がん分子標的治療学会・日本臨床腫瘍学会との共催

座長: 矢野 聖二 金沢大学がん進展制御研究所
  石川 雄一 がん研究会がん研究所
演者: 石川 雄一 がん研究会がん研究所
  肺癌WHO分類の改訂
  豊岡 伸一 岡山大学
  肺癌治療の発展における外科医の貢献
  衣斐 寛倫 金沢大学がん進展制御研究所
  非小細胞肺がんの薬物治療の最前線
  岡 三喜男 川崎医科大学
  肺がんの分子免疫療法 - 抗体療法を中心に
  後藤 功一 国立がん研究センター東病院
  未定
  萩原 弘一 埼玉医科大学病院
  ゲフィチニブ(イレッサ)薬剤性肺障害の原因となる遺伝因子の探索

2. 大腸癌研究のパラダイムシフト 日本癌治療学会との共催

座長: 渡邊 昌彦 北里大学
  水沼 信之 がん研究会有明病院
演者: 石井 秀始 大阪大学
  難治性消化器癌に対する革新的治療法
  山下 継史 北里大学
  大腸癌の分子研究-特に DNA異常について-と将来展望
  田中 信治 広島大学病院
  大腸内視鏡診断と治療の進歩
  橋口 陽二郎 帝京大学
  下部直腸癌の治療戦略 -術前治療の意義とその効果予測
  佐藤 俊朗 慶應義塾大学
  大腸オルガノイド培養系の大腸がん研究へのインパクト
  篠崎 英司 がん研有明病院
  KARS後の大腸がん治療における分子マーカーの進歩

3. 悪性リンパ腫-病態・治療研究の進歩 日本血液学会との共催

座長: 木下 朝博 愛知県がんセンター中央病院
  畠  清彦 がん研究会がん化学療法センター
演者: 中村 栄男 名古屋大学
  悪性リンパ腫WHO分類: 今後の展望について
  瀬戸 加大 久留米大学
  悪性リンパ腫の分子病態と治療戦略
  坂田(柳元) 麻実子 筑波大学
  末梢性T細胞リンパ腫における多段階発がん
  山口 素子 三重大学
  NK/T細胞リンパ腫治療の進歩
  照井 康仁 がん研究会がん化学療法センター
  B細胞性リンパ腫に対する新規薬剤の開発 ~現在と未来~
  飛内 賢正 国立がん研究センター中央病院
  末梢T細胞リンパ腫に対する新薬開発

4. 胃がん研究の進歩ー理解から制圧へ

座長: 佐野 武 がん研有明病院
  安井 弥 広島大学
演者: 安井 弥 広島大学
  トランスクリプトームダイセクションによって同定した胃がんの新規診断・治療標的
  牛島 俊和 国立がん研究センター 研究所
  エピジェネティクスと胃発がん
  伊藤 嘉明 国立シンガポール大学がん研究所
  胃体部における2種類の幹細胞の分子マーカーの同定
  八尾 建史 福岡大学筑紫病院
  拡大内視鏡による早期胃癌内視鏡診断の最先端
  竹内 裕也 慶應義塾大学
  センチネルリンパ節理論に基づいた胃癌リンパ行性転移の解明と縮小治療への応用
  大津 敦 国立がん研究センター早期・探索臨床研究センター
  Current status and future perspective

5. 肉腫における基礎・臨床研究の最前線

座長: 中  紀文 大阪大学
  松本 誠一 がん研究会有明病院
演者: 田中 美和 がん研究会がん研究所
  miR214はSYT-SSX1と協調的に働いて滑膜肉腫の悪性化に関与する。
  小田 義直 九州大学
  紡錘形細胞軟部肉腫におけるAkt-mTORシグナル経路の活性化とその治療応用の可能性
  村井 純子 京都大学
  新規分子標的がん治療薬PARP阻害剤の作用機序
  末原 義之 順天堂大学
  骨軟部腫瘍のプロテオーム解析
  伊村 慶紀 大阪大学
  類上皮肉腫に対するmTOR とc-METを標的とした抗腫瘍効果
  清水 孝恒 星薬科大学
  マウス骨肉腫幹細胞の同定と克服への挑戦

6. 乳がん研究の新展開:基礎科学から臨床医学へ

座長: 中村 清吾 昭和大学
  三木 義男 東京医科歯科大学難治疾患研究所
演者: 田村 研治 国立がん研究センタ―中央病院
  遺伝子発現プロファイルに基づいた乳がんの治療予測(仮)
  後藤 典子 金沢大学がん進展制御研究所
  増殖因子による乳がん幹細胞とニッチの制御
  上野 貴之 杏林大学
  乳がん患者における循環血液中腫瘍細胞、血管内皮細胞ー癌治療における展開
  片桐 豊雅 徳島大学
  がん特異的糖転移酵素による小胞体ストレス応答の恒常的活性化を標的とした新規創薬開発
  中西 啓 東京医科歯科大学難治疾患研究所
  BRCA2の新規機能解明に基づく診断・治療法の開発
  林  慎一 東北大学
  乳癌のホルモン療法耐性のメカニズムとその克服に向けて

がん研究入門コース 日本語

がん研究入門コース

演者: 中川 英刀 理化学研究所統合生命医科学研究センター
  がんゲノムシークエンス解析
  今村 健志 愛媛大学
  がんの生体光イメージング
  牛島 俊和 国立がん研究センター
  がんのメチローム解析
  河上 裕 慶應義塾大学先端医科学研究所
  がん免疫病態とがん免疫療法
  筆宝 義隆 国立がん研究センター 研究所
  がん研究への3次元培養の応用
  田中 伸哉 北海道大学
  橋渡し研究を支える病理学
  中釜 斉 国立がん研究センター研究所
  発がん研究 (仮)
  武藤 香織 東京大学医科学研究所
  研究倫理入門 (仮)

モーニングレクチャー 日本語

モーニングレクチャー

演者: 伊東 恭悟 久留米大学
  ペプチドワクチンの最近の進歩
  稲澤 譲治 東京医科歯科大学難治疾患研究所
  がん関連マイクロRNA の探索と診断、治療への応用 (仮)
  江角 浩安 東京理科大学生命医科学研究所
  迫り来るがん医療の崩壊にがん研究は何が出来るか?
  長田 裕之 理化学研究所環境資源科学研究センター
  細胞周期阻害剤のケミカルバイオロジー
  佐谷 秀行 慶應義塾大学
  論文の書き方講習 (仮)
  珠玖 洋 三重大学
  がん免疫療法の新しい流れ
  関戸 好孝 愛知県がんセンター研究所
  悪性中皮腫の分子病態
  醍醐 弥太郎 東京大学医科学研究所附属病院
  がん免疫療法の開発動向と個別化医療に向けた展望
  田久保 圭誉 国立国際医療研究センター研究所
  新しい造血幹細胞ニッチとしての巨核球
  谷 憲三朗 九州大学
  谷口 維紹 東京大学生産技術研究所
  炎症とがんの制御における自然免疫系による自己由来分子
  千葉 勉 京都大学
  発癌における内因性遺伝子導入因子(APOBECタンパク)の役割
  直江 知樹 国立病院機構名古屋医療センター
  我が国における多施設成人白血病研究
  中山 敬一 九州大学生体防御医学研究所
  癌幹細胞の理解と制御:癌を完治させる治療戦略
  松村 保広 国立がん研究センター東病院
  抗体療法の新たな戦略
  村上 善則 東京大学
  上皮の正常性維持と癌の悪性化における細胞接着分子 CADM1 の役割
  山本 雅之 東北大学
  Keap1-Nrf2制御系と発がん
  矢守 隆夫 医薬品医療機器総合機構
  日本発の創薬へ向けて-アカデミアおよびPMDAの試み (仮)

このページのトップへ