第76回日本癌学会学術総会

Englishボタン

演題登録

指定演題 ※指定演者の方は、抄録執筆締切は5月31日(水)までとなっております。

指定演題は、下記からご登録ください。

暗号通信

新規登録 確認・修正画面

平文通信

新規登録 確認・修正画面

指定演題は、運営事務局より講演を依頼した方以外は登録できません。

キーワード一覧

一般演題(口演・ポスター)への応募 締め切りました

演題登録締切 ※一般演題の登録のみ受け付けております。

シンポジウム
International Sessions
腫瘍別シンポジウム
がん研究における女性研究者(WSCR)シンポジウム

詳細はこちら略歴・業績リストダウンロード

公募登録締切 2017年4月12日(水)正午
2017年4月19日(水)正午
まで延長

指定演題の公募登録を
締め切りました。
一般演題(口演・ポスター)登録締切 2017年4月26日(水)正午
2017年5月10日(水)正午
まで延長

一般演題の登録を
締め切りました。
多数のご登録まことに
ありがとうございました。

喫煙関連産業または喫煙関連産業からの出資金で運営される団体等から資金提供を受けた研究については、日本癌学会の学術集会での発表および学会誌への投稿はできません。

会員番号検索について

会員番号が不明の方は、こちら で検索ください。それでも不明な場合は日本癌学会事務局 E-mail: office[あ]jca[ど]gr[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。) もしくはFax: 03-3358-1633まで問い合わせください。

※同姓同名の会員がいる方は、検索結果が表示されません。お手数ですが個別にお問い合わせください。

演題応募資格

著者は、共著者も含めて日本癌学会会員に限られます。非会員の方は、こちら から 入会手続きをしてください。
現在、入会手続き中の方は、会員番号欄に99999と入力してください。

インターネット環境について

演題登録システムでは、Firefox、Google Chrome、Internet Explorer、Microsoft Edge、Safariが利用可能です。それ以外のブラウザは利用しないようにしてください。

電子メールによる連絡が円滑に行える環境であることが条件になります。本人の電子メールアドレス、または本人に連絡がつく電子メールアドレスが必要です。

受領の連絡・採否等の連絡は電子メール等で行います。

運営事務局からの連絡を電子メールで行う際は、連絡先として登録された電子メールアドレスに配信されます。連絡先が筆頭演者本人のものでない場合は注意してください。

※演題登録締切間際には登録や変更が殺到し、アクセスが困難となる場合があります。締切直前になって、ブラウザと演題登録プログラムの相性などの問題により登録ができない場合でもUMIN、運営事務局ともに責任を負いかねますので、予めご了承ください

入力の前に

プログラム集・電子版学術総会記事(抄録集)では、ご本人が登録されたデータをそのまま使用いたします。ミスタイプがあってもそのまま印刷されますので注意してください。

登録締切後の原稿の変更は一切できません。共同演者の追加・変更等もできませんので、重要な共同演者が漏れていることのないように十分確認してください。

共同演者の会員・非会員の別、会員番号などはあらかじめ確認してください。締切間際では確認できないことがありますので早めにご確認ください。

抄録本文を入力する場合、初めからホームページ上で文章を作成せず、手持ちのワープロソフトやエディターなどで作成した文章を、コピー・ペースト機能を用いて入力欄に貼り付けることをお勧めいたします。これにより、事前のチェックを入念に行うことが可能です。

演題登録について

筆頭演者

公募・一般演題への筆頭演者としての登録は、1名につき1題に限られます。なお、指定演題(シンポジウム・など)演者の方は、公募・一般演題の筆頭演者としての登録はできません。
入力されたメールアドレスは、電子版学術総会記事(抄録集)で公開されます。

所属機関

7施設まで登録可能です。機関名は正式名でなく略称でご記入ください。

シンポジウム、International Sessions、腫瘍別シンポジウムあるいはがん研究における女性研究者(WSCR)シンポジウム公募枠への応募

シンポジウム、International Sessions、腫瘍別シンポジウムあるいはがん研究における女性研究者(WSCR)シンポジウム公募枠への応募を希望される場合は、希望のセッション(テーマ)を選択してください。

応募演題分類(必須)

メニューに従って該当項目を選択してください。応募分野によっては、さらに細項目の選択が必要になります。細項目の詳細につきましては、下記の「演題応募分類一覧」をご参照ください。

共同演者

12名まで登録可能です。共同演者も日本癌学会会員に限られます。

発表言語

希望される発表言語を選択してください。コアシンポジウム、パネルディスカッション、International Sessions、シンポジウムは英語の発表が必須です。

演題名

英文は半角で120字以内(スペース含む)、和文は全角で60字以内。

抄録本文

英文で半角1,200字以内(スペース含む)。図表不可。

キーワード

2項目まで。キーワード一覧表から、該当するキーワードを選びコード番号を入力してください。キーワード一覧表に適切なものがない場合はキーワード3の欄に英語3単語以内で入力してください(日本語は使用できません)。キーワードは入力欄の1、2、3の順に2つ採用されます。

パスワード

登録した抄録を、確認・修正するためのパスワードを入力してください。制限字数は半角英数文字6~8文字です(大文字と小文字は区別されます)。抄録締切までは、登録された抄録を自由に確認・修正することができます。この際、登録時に発行された登録番号およびパスワードが必要です。第三者の閲覧・悪用を防ぐため、第76回日本癌学会学術総会事務局は登録番号・パスワードの問い合わせには応じられません。登録番号・パスワードは、必ず別に記録してください。

利益相反

演題に関連する企業と、筆頭演者および研究責任者の間における利益相反状態(過去3年間)の有無を選択してください。利益相反状態が有る場合には、その企業・団体名等を入力してください。詳細は利益相反開示についてのページにてご確認ください。

登録の完了

登録完了後、ただちに連絡先電子メールアドレスに入力確認のメールが送信されます。確認のメールが送られてこない場合は、確認・修正の画面で連絡先電子メールアドレスが正しく入力されているかご確認ください。

※登録したはずが、確認のメールが届かない方へ

正しいメールアドレスが登録された場合、確認のメールは遅くとも数時間のうちに自動送信されています。メールが届かず、受付番号を確認した覚えもない場合は、登録自体が完了していない可能性がありますので、運営事務局(jca2017[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。))までお問い合わせください。登録メールを確認しないまま放置された場合、本学術総会では責任を負いかねますのでご了承ください。

※WEBメール(Gmail・Yahooメール等)をご利用の方へ

本総会からの各種メールが「迷惑フォルダ」に振り分けられてしまっている事例が多く見受けられます。未着と思われる場合はまず迷惑フォルダの中をご確認ください。メールソフトの迷惑メールフォルダ以外に、Webメールのアカウントにも「迷惑メールフォルダ」がある場合は、そちらも併せてご確認ください。

(公募)シンポジウム、International Sessions、腫瘍別シンポジウム、がん研究における女性研究者(WSCR)シンポジウム一覧
所属機関略称サンプル 応募演題分類一覧

入力全般について

  • (必須)の記載がある欄は入力必須項目です。データが入力されず空欄のままでは、登録できない設定となっています。
  • 記入欄は必ず左詰で、スペースを空けずに入力してください。抄録本文記入欄も同様です。
  • 文字数が制限されている欄は、文字数を守って入力してください。制限文字数を超えた部分は登録できません。飾り文字等は全角に換算して計算され、スペースも文字数にカウントされます。演題名・本文については使用文字数が自動的に計算されますので参照してください。
  • ワープロソフトで作成した文章を入力欄に貼り付ける場合、ワープロソフト上での書体・修飾文字等の情報は失われます。また改行指定もすべて自動的に削除されますので、入力欄で改めて書体設定・改行を入力し直してください。改行指定は、改行したい位置に<BR>と入力します。
  • 抄録本文の入力欄にはタイトル・所属機関名は記入せず、本文のみを入力してください。図表は使用できません。

文字入力について

  1. 英字および数字は半角(1バイト文字)で記入してください。
  2. カタカナは全角(2バイト文字)で記入してください。半角カタカナは使用できません。
  3. ギリシャ文字は全角(2バイト文字)のみ使用可能です(例えば、文字パレット記号欄のギリシャ文字)。Symbolフォントの半角文字(1バイト文字)は使用できません。
  4. 演題名・抄録本文で上付き文字、下付き文字、斜め(イタリック)文字、太文字、アンダーラインを使用することは可能です。以下の使用方法に従って設定を行ってください。
    上記の設定を行う場合の英字、記号(「<」、「>」や「/」等)はすべて半角文字(1バイト文字)を使用してください。
    ただし、文中で不等号として「<」、「>」を単独で用いる際は、全角(2バイト文字)の記号を使用してください。
    (悪い例)p<0.05 (良い例)p<0.05
    文字の修飾 設定の仕方 設定例 表示例
    上付き文字 文字の前後を<SUP>と</SUP>で囲む。 Na<SUP>+</SUP> Na+
    下付き文字 文字の前後を<SUB>と</SUB>で囲む。 H<SUB>2</SUB>O H2O
    イタリック文字 文字の前後を<I>と</I>で囲む。 <I>fos</I> fos
    太文字 文字の前後を<B>と</B>で囲む。 <B>太文字</B> 太文字
    アンダーライン 文字の前後を<U>と</U>で囲む。 <U>アンダーライン</U> アンダーライン

    ※Macintosh のブラウザではアンダーラインが画面に表示されないことがありますが、印刷する場合には表示されます。

  5. JIS規格に対応していない文字、飾り文字は使用できません。例えば、丸付き数字(①❷)がこれに相当します。間違って使用すると、登録確認時に注意され登録できません。

以上、オンラインでの演題登録には、使用されるパソコン環境による様々な制約がありますので、各自の責任において登録を行ってください。

演題登録についてのお問い合わせ先

第76回日本癌学会学術総会運営事務局 演題担当
E-mail: jca2017[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

page top