The 82nd Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society

ENGLISH
ブラック・ジャック

会期:2018年3月23日(金)~25日(日)会場:大阪国際会議場 リーガロイヤルホテル大阪 堂島リバーフォーラム 会長:澤 芳樹

プログラム

1. 美甘レクチャー(日本心臓財団美甘基金)

Alain Cribier (Department of Cardiology Hospital Charles Nicolle University of Rouen, France)

2. 真下記念講演

山中 伸弥 (京都大学 iPS細胞研究所 所長)

3. 会長講演

澤 芳樹 (大阪大学 心臓血管外科学)

4. 会長特別講演

岸本 忠三 (大阪大学免疫学フロンティア研究センター 免疫機能統御学)
桂 文枝 (落語家)

5. 海外招聘演者

Muhammad Ashraf (College of Medicine, University of Illinois at Chicago, USA)
Tirone E. David (University of Toronto, Canada)
Pedro J. del Nido (Boston Children's Hospital, Harvard Medical School, USA)
Axel Haverich (Hannover Medical School, Germany)
Joseph L. Mills (Baylor College of Medicine, USA)
Jeffery D. Molkentin (Howard Hughes Medical Institute / Cincinnati Children's Hospital Medical Center, USA)
Charles E. Murry (University of Washington, USA)
Yoshifumi Naka (Columbia University, USA)
Mark S. Slaughter (University of Louisville, USA)
Ken Suzuki (William Harvey Research Institute, Queen Mary University of London, UK)
Nir Uriel (University of Chicago, USA)

6. 会長特別企画(予定)

(1)理事長講演

座長: 澤 芳樹 (大阪大学 心臓血管外科学)
演者: 小室 一成 (東京大学 循環器内科学)

(2)医療機器開発のFuturability~日米の産官学の力を結集し世界をリードしよう~

(3)緩和医療のFuturability~高度化する医療のなかで緩和・終末期医療を考える~

座長: 越村 利恵 (大阪大学医学部附属病院 看護部)
安斉 俊久 (北海道大学 循環病態内科学)

(4)生物統計が解決! 臨床研究ピットフォール

座長: 久保田 功(山形大学)

(5)複雑重症心不全とどう戦うか?~Two heads or Too many cooks?~(U40心不全ネットワーク合同企画)

座長: 坂本 隆史 (大分県立病院 循環器内科)
谷口 達典 (大阪大学 バイオデザイン学共同研究講座)

(6)循環器領域におけるIoT 技術の進歩

座長: 松村 泰志 (大阪大学 医療情報学)
渡邉 英一 (藤田保健衛生大学 循環器内科)

(7)これからの心臓外科女性医師~男女共同参画に向けて~

座長: 新浪 博士 (東京女子医科大学 心臓血管外科)
斎藤 綾 (東邦大学医療センター佐倉病院 心臓血管外科)

女性循環器医ネットワーク:JCS-JJC 創設

座長: 星賀 正明 (大阪医科大学 循環器内科)
泉 知里 (天理よろづ相談所病院 循環器内科)

医療界の202030~意識を変える・組織を変える~(男女共同参画委員会セッション)

座長: 澤 芳樹 (大阪大学 心臓血管外科学)
瀧原 圭子 (大阪大学キャンパスライフ健康支援センター/大阪大学 循環器内科学)

(8)心血管疾患の臨床疫学研究の課題と展開~臨床から地域へ,地域から臨床へ~

座長: 磯 博康 (大阪大学 公衆衛生学)
宮崎 俊一 (近畿大学 循環器内科)

(9)新しい時代を迎える大型血管炎の診断・治療の最前線

座長: 針谷 正祥 (東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター)
中岡 良和 (国立循環器病研究センター研究所 血管生理学部)

(10)研修医のための心エコー ハンズオンセッション

(一般社団法人日本循環器学会・一般社団法人日本心エコー図学会共催)

(11)個人情報法を踏まえた臨床研究のあり方

座長: 前村 浩二 (長崎大学 循環器内科学)
小川 久雄 (国立循環器病研究センター)

(12)Case Report Award Session (CRAS)

座長: 尾辻 豊 (産業医科大学 第2内科学)
井手 友美 (九州大学 循環器内科学)

(13)大阪宣言

(14)Onco-Cardiology~がんと循環器診療における新たな関係~

座長: 赤澤 宏 (東京大学 循環器内科学)
瀧原 圭子 (大阪大学キャンパスライフ健康支援センター/大阪大学 循環器内科学)

(15)心不全における非薬物治療へのターニングポイントは?

座長: 小野 稔 (東京大学 心臓外科)
大谷 朋仁 (大阪大学 循環器内科学)

(16)心臓血管外科のFuturability~循環器領域における外科医の輝ける未来に向けて~

座長: 上田 裕一 (奈良県総合医療センター)
横山 斉 (福島県立医科大学 心臓血管外科学講座)

(17)新たな循環器専門医制度構築に向けての最近の動向(専門医制度委員会共同企画)

(18)Asian Pacific CVS Summit

7. プレナリーセッション

英語

(1)冠動脈疾患のトランスレーショナルリサーチ
Translational Research for Coronary Artery Disease

座長: 三浦 哲嗣 (札幌医科大学 循環器・腎臓・代謝内分泌内科学)

座長のことば

英語

(2)心室性不整脈に対するカテーテルアブレーションの最前線
Recent Progress in Catheter Ablation for Ventricular Tachyarrhythmias

座長: 野上 昭彦 (筑波大学 循環器不整脈学)

座長のことば

英語

(3)心不全診療のfuturability
“Futurability” of Therapeutic Strategy of Heart Failure

座長: 坂田 泰史 (大阪大学 循環器内科学)

座長のことば

英語

(4)再生医療の Futurability
Futurability of Regeneration Therapy

座長: 小室 一成 (東京大学 循環器内科学)

座長のことば

英語

(5)心筋虚血画像診断の現状と将来
Development of Imaging in the Assessment of Myocardial Ischemia

座長: 赤阪 隆史 (和歌山県立医科大学 循環器内科)

座長のことば

日本語

(6)心不全の革新的予防戦略
Revolutional Strategy for Heart Failure Prevention

座長: 大屋 祐輔 (琉球大学 循環器・腎臓・神経内科学)
野出 孝一 (佐賀大学 循環器内科)

座長のことば

英語

(7)成人先天性心疾患の外科治療─適応と至適時期
Surgical Treatment and Re-intervention for Adults with Congenital Heart Disease

座長: 白石 公 (国立循環器病研究センター 小児循環器部)

座長のことば

英語

(8)最新のモダリティーによる弁膜症診断・評価
The Recent Advances in the Assessment of Valvular Heart Diseases with Imaging Modalities

座長: 山本 一博 (鳥取大学 病態情報内科)

座長のことば

英語

(9)多層化する循環器ゲノム研究
Multilayered Cardiovascular Genetics

座長: 高島 成二 (大阪大学 循環器内科学)

座長のことば

8. シンポジウム

日本語

(1)冠血行再建の Futurability
Futurability of Coronary Revascularization

座長: 中村 正人 (東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科)
夜久 均 (京都府立医科大学 心臓血管外科学)

座長のことば

日本語

(2)止血異常・出血素因を合併する循環器疾患の診断と治療
Diagnosis and Therapy for Cardiovascular Diseases Accompanied with Hemostatic Disorder/ Bleeding Tendency

座長: 佐田 政隆 (徳島大学 循環器内科学)
堀内 久徳 (東北大学加齢医学研究所 基礎加齢研究分野)

座長のことば

英語

(3)血管障害と炎症・免疫
Role of Inflammation and Immune System in the Process of Vascular Injury

座長: 室原 豊明 (名古屋大学 循環器内科)

座長のことば

日本語

(4)心不全と不整脈の管理~薬物治療からデバイス治療まで~
Management of Heart Failure and Arrhythmias: From Pharmacotherapies to Implantable Devices

座長: 萩原 誠久 (東京女子医科大学 循環器内科)
池田 隆徳 (東邦大学 循環器内科学)

座長のことば

英語

(5)慢性心不全の分子機序:何が分かっていて、何が分かっていないのか?
Molecular Mechanism for Chronic Heart Failure: What we do -and don’t -know?

座長: 斎藤 能彦 (奈良県立医科大学 第一内科)

座長のことば

日本語

(6)超高齢社会と心不全
Heart Failure in Super Aging Society

座長: 木原 康樹 (広島大学 循環器内科学)
筒井 裕之 (九州大学 循環器内科学)

座長のことば

日本語

(7)併存疾患における最新至適高血圧治療を探る
Seeking the Latest Optimal Hypertensive Treatment in Patients with Comorbidity

座長: 檜垣 實男 (愛媛大学 循環器・呼吸器・腎高血圧内科学)
前村 浩二 (長崎大学 循環器内科学)

座長のことば

日本語

(8)川崎病既往成人の冠動脈病変の病態の評価と管理
Evaluation and Management of the Pathophysiology in the Coronary Sequelae in Adults with a Remote History of Kawasaki Disease

座長: 金澤 英明 (慶應義塾大学 循環器内科)
三谷 義英 (三重大学 小児科)

座長のことば

英語

(9)循環器疾患の性差を究める─Ask The World-class Expert;日本固有のエビデンス発信を目指して
Explore the Japanese Evidence of Cardiovascular Disease in Gender Medicine ─Ask The World-class Expert

座長: 坂東 泰子 (名古屋大学医学部附属病院 循環器内科)

座長のことば

英語

(10)Structural Heart Diseaseに対するデバイス治療の進歩と限界
Advancement and Limitations of Device Treatment for Structural Heart Disease

座長: 中谷 敏 (大阪大学 保健学専攻 機能診断科学)

座長のことば

日本語

(11)症例から学ぶ肺高血圧症の病態~From Bed to Bench~
Pathobiology of Pulmonary Hypertension─From Bed to Bench─

座長: 桑名 正隆 (日本医科大学 アレルギー膠原病内科学分野)
瀧原 圭子 (大阪大学キャンパスライフ健康支援センター / 大阪大学 循環器内科学)

座長のことば

英語

(12)重症虚血肢に対する最新の治療戦略
Current Status and Future Perspective of Treatment for the Patient with Critical Limb Ischemia

座長: 古森 公浩 (名古屋大学 血管外科)

座長のことば

日本語

(13)糖尿病性心血管合併症の病態と新たな治療
Pathophysiology and New Treatment of Cardiovascular Complications of Diabetes Mellitus

座長: 湊口 信也 (岐阜大学 循環病態学・呼吸病態学)
木村 剛 (京都大学医学部附属病院 循環器内科)

座長のことば

英語

(14)代謝疾患による心血管障害のメカニズムと新たな治療戦略
Mechanisms and Novel Therapeutic Targets of Cardiovascular Dysfunction in Metabolic Diseases

座長: 平田 健一 (神戸大学 循環器内科学分野)

座長のことば

日本語

(15)誰がステントグラフト治療の未来を開きますか?─Aortic teamの重要性─
Who Will Carve Out a New Future for Minimally Invasive Aortic Treatments─The Importance of Aortic Team─

座長: 倉谷 徹 (大阪大学 低侵襲循環器医療学)
宮本 伸二 (大分大学 心臓血管外科)

座長のことば

日本語

(16)循環器集中治療の現状の課題と展望、循環器医への教育をどうする?
The Current Issues and the Future Perspective in Cardiac Intensive Care, How about Education?

座長: 高山 守正 (榊原記念病院 循環器内科)
遠藤 智之 (東北医科薬科大学 救急災害医療学講座)

座長のことば

英語

(17)心筋症の診断と治療:基礎的知見からの新たな展開
Cardiomyopathy: New Aspect of Diagnosis and Treatment from the Recent Knowledge

座長: 北岡 裕章 (高知大学 老年病・循環器内科学)

座長のことば

日本語

(18)心臓突然死の病態解明と予知・予防
Sudden Cardiac Death─Elucidation of Pathogenesis, Prediction, and Prevention─

座長: 清水 渉 (日本医科大学 循環器内科学分野)
堀江 稔 (滋賀医科大学 呼吸循環器内科)

座長のことば

日本語

(19)多様化する医療に向けて臨床研究の方向性を再考する
Perspective of Clinical Research in the Diversifying Medicine

座長: 安田 聡 (国立循環器病研究センター 心臓血管内科部門)
植田 真一郎 (琉球大学 臨床薬理学講座)

座長のことば

日本語

(20)チームで心臓を治す、癒す:新しい組織の構築と実践
Cure and Heal the Heart with Team: Construction and Practice of New Organization

座長: 伊藤 浩 (岡山大学 機能制御学循環器内科)
小林 順二郎 (国立循環器病研究センター 心臓血管外科)

座長のことば

日本語

(21)わが国の循環器医療提供体制の課題と展望
Issues and Perspects of Cardiovascular Medical Service System in Japan

座長: 永井 良三 (自治医科大学)
小川 久雄 (国立循環器病研究センター)

座長のことば

9. ジョイントシンポジウム(予定)

(1)ACC-JCS Joint Symposium
Antidiabetic Drug and Heart Failure

国内座長: 筒井 裕之 (九州大学 循環器内科学)
国内演者: 坂東 泰子 (名古屋大学 循環器内科)
野出 孝一 (佐賀大学 循環器内科)

(2)AHA-JCS Joint Symposium
Management and Treatment of Hypertrophic Cardiomyopathy: A Clinical Perspective

国内座長: 前川 裕一郎 (浜松医科大学 内科学第三)
国内演者: 北岡 裕章 (高知大学 老年病・循環器内科学)
高月 誠司 (慶應義塾大学 循環器内科)
高梨 秀一郎 (榊原記念病院 心臓血管外科)
坂田 泰史 (大阪大学 循環器内科学)

(3)ESC-JCS Joint Symposium
Imaging or Physiology: Which is More Useful for Coronary Artery Disease

国内座長: 赤阪 隆史 (和歌山県立医科大学 循環器内科)
国内演者: 赤阪 隆史 (和歌山県立医科大学 循環器内科)
川﨑 友裕 (新古賀病院 心臓血管センター)
久保 隆史 (和歌山県立医科大学 循環器内科)

(4)KSC-JCS Joint Symposium
Lipid Lowering Therapy in the Current Era for Patients with Coronary Artery Disease

国内座長: 代田 浩之 (順天堂大学 循環器内科学)
国内演者: 荒井 秀典 (国立長寿医療研究センター 高齢者総合診療科)
宮内 克己 (順天堂大学 循環器内科)

(5)CSC-JCS Joint Symposium
New Devices for Interventional Cardiology

国内座長: 阿古 潤哉 (北里大学 循環器内科学)
国内演者: 飯田 修 (関西ろうさい病院 循環器内科)
原 英彦 (東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科)

(6)Asian Session
Emerging Biomarkers in Cardiovascular Diseases

国内座長: 前村 浩二 (長崎大学 循環器内科学)
国内演者: 佐藤 幸人 (兵庫県立尼崎総合医療センター 循環器内科)

(7)Meet the ESC in Japan -1

(8)Meet the ESC in Japan -2

10. ラウンドテーブルディスカッション(予定)

(1)Fontan 循環終末期における治療とその限界~緩和医療か? 移植医療か?~

座長: 小垣 滋豊 (大阪大学 小児科)
北川 哲也 (徳島大学 心臓血管外科学分野)

(2)在宅で診る高齢者循環器疾患の課題と展望

座長: 安藤 眞一 (九州大学病院 睡眠時無呼吸センター)
久保田 功 (山形大学)

(3)感染性疾患に対する内科治療・外科治療の最前線

座長: 齋木 佳克 (東北大学 心臓血管外科)
泉 知里 (天理よろづ相談所病院 循環器内科)

(4)時間軸で考える心不全治療

座長: 佐藤 直樹 (日本医科大学武蔵小杉病院 循環器内科)
絹川 弘一郎 (富山大学 第二内科)

(5)大規模臨床試験の現状と課題~Pitfall にはまらないために~

座長: 代田 浩之 (順天堂大学 循環器内科学)
尾崎 行男 (藤田保健衛生大学 循環器内科)

(6)ハイリスク弓部大動脈疾患に対する治療の将来

座長: 古森 公浩 (名古屋大学 血管外科)
大北 裕 (神戸大学 心臓血管外科)

11.トピック(予定)

(1)FH awareness~いま,FH を再考する~

座長: 山下 静也 (りんくう総合医療センター、大阪大学 総合地域治療学 / 循環器内科)
江頭 健輔 (九州大学循環器病未来医療研究センター)

(2)どう診る,どうする,拡張不全!~病態,診断,治療の最前線~

座長: 増山 理 (兵庫医科大学 循環器内科)
福本 義弘 (久留米大学 心臓・血管内科部門)

(3)AF の抗血栓治療up to date~最適な抗血栓療法を目指して~

座長: 是恒 之宏 (大阪医療センター)
清水 渉 (日本医科大学 循環器内科学分野)

(4)冠動脈完全閉塞病変への挑戦

座長: 伊苅 裕二 (東海大学 循環器内科学)
志手 淳也 (大阪府済生会中津病院)

(5)日本におけるDT 治療を考える

座長: 塩瀬 明 (九州大学 循環器外科学)
戸田 宏一 (大阪大学 心臓血管外科)

12.コントロバーシー(予定)

(1)心房細動に対する外科治療 vs 内科治療

座長: 夛田 浩 (福井大学 循環器内科学分野)
新田 隆 (日本医科大学 心臓血管外科学分野)

(2)日本人における至適脂質低下療法とは?

座長: 平山 篤志 (日本大学 循環器内科)
倉林 正彦 (群馬大学 循環器内科学)

(3)低左心機能MR に対する治療の最前線

座長: 松居 喜郎 (北海道大学 循環器・呼吸器外科)
山本 一博 (鳥取大学 病態情報内科)

(4)心不全治療臨床試験におけるエンドポイントを探る

座長: 猪又 孝元 (北里大学北里研究所病院 循環器内科)
川上 利香 (奈良県立医科大学 第一内科)

(5)慢性血栓塞栓性肺高血圧症における治療のコントロバーシー

座長: 荻野 均 (東京医科大学 心臓血管外科)
伊藤 浩 (岡山大学 機能制御学(循環器内科))

(6)さあ困った! HFrEFか? HFpEFか?

座長: 磯部 光章 (榊原記念病院)
安村 良男 (尼崎中央病院 循環器内科)

(7)Low risk, Intermediate risk AS に対する治療法は? ─TAVI or AVR─

座長: 富永 隆治 (福岡和白病院)
南都 伸介 (西宮市立中央病院)

13.ミート・ザ・エキスパート(予定)

(1)David 先生に学ぶ,Aortic Valve Sparing

(2)エキスパートに聞く 人工知能のもたらす未来医療

(3)ベッドサイドから生まれた心不全創薬の足跡

(4)PCIのレジェンドに聞く

(5)人工心臓開発にかけた情熱~世界の心不全患者を救え!~

(6)臨床医が学ぶ循環器基礎医学

(7)ノーベル賞受賞研究“オートファジー”を学ぶ

(8)私の大動脈手術のコツ

座長: 椎谷 紀彦 (浜松医科大学 外科学第一講座)
大木 隆生 (東京慈恵会医科大学 血管外科)

(9)私の先天性疾患手術のコツ

座長: 八木原 俊克 (りんくう総合医療センター)
角 秀秋 (福岡市立こども病院 心臓血管外科)

(10) 私の弁形成手術・左室関連手術のコツ

座長: 荒井 裕国 (東京医科歯科大学 心臓血管外科)
高梨 秀一郎 (榊原記念病院 心臓血管外科)

ページトップへ戻る