第59回日本糖尿病学会年次学術集会

会長挨拶

第59回日本糖尿病学会年次学術集会を2016年5月19日(木)から21日(土)までの3日間,京都市の国立京都国際会館,京都市勧業館「みやこめっせ」,ロームシアター京都の3会場で開催いたします。京都での開催は,2001年の第44回年次学術集会(清野 裕会長)以来15年ぶりとなります。

この間,さまざまな糖尿病治療薬や医療機器が臨床導入され,糖尿病のコントロールは従来に比べ容易になりました。しかし,わが国の糖尿病患者数は約950万人と,その増加に歯止めがかかっていないのが現状です。また,糖尿病は依然として完治が困難な疾患であり,多くの場合はその進行を食い止めることができません。糖尿病腎症によって人工透析を必要とする患者数は人工透析患者全体の約4割を占め,医療経済的にも深刻な状況が続いています。また,近年超高齢社会を迎えたわが国では糖尿病治療のあり方が問われています。

こうした中,糖尿病の予防・診断・治療において解決すべき課題を浮き彫りにするとともに,それらを克服するための方策を見いだすことが求められています。そのためには,糖尿病専門医のみならず,糖尿病診療に携わるさまざまな職種の方々や,骨代謝,認知症,老年医学といった関連領域における研究者・学会の「知」を結集する必要があると考えます。そこで第59回年次学術集会では,「知の融合が拓くあたらしい糖尿病学」をメインテーマに掲げました。テーマに基づき,他学会との合同シンポジウムなど学際的なセッションを複数企画しております。また,「先制医療」にも焦点を当ててまいります。ゲノム研究,エピゲノム研究をはじめとした最新の知見を共有することで,いわゆる未病の段階から糖尿病やその合併症のハイリスク群を層別化する取り組みを進展させる契機にしたいと考えています。

さらに,新規バイオマーカーの探索や,イメージング技術を応用した膵β細胞量の定量化の試みなど,診断技術の新たな展開にもご注目下さい。この他にも,iPS細胞を用いた再生医療などの糖尿病の完治を目指した最先端医療や,糖尿病治療を支える医療機器の進化,小児糖尿病,円滑な糖尿病診療に不可欠なチーム医療のあり方といった,多岐にわたるテーマについて議論を深めるべくプログラムを構成してまいりますので,ぜひご期待ください。

会場となる京都国際会館エリアと岡崎エリア(みやこめっせ及びロームシアター京都)は,シャトルバスで結びます。また,ご移動の負担を軽減するため,主要セッションは同時中継を活用し,別会場にいながらご聴講頂ける環境を整えます。ご移動中も,ストリーミング動画配信により主要セッションを再生端末でご聴講頂けます。

会期中は充実した学術集会をお過ごし頂くとともに,新緑に包まれる5月の美しい京都もお楽しみ頂ければ幸いです。多くの方々のご参加を心よりお待ちしております。

第59回日本糖尿病学会年次学術集会
会長 稲垣 暢也
京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学

このページのトップへ戻る