第59回日本糖尿病学会年次学術集会

座長・発表者へのご案内

座長の先生方へ

指定演題・一般演題(口演)の座長の先生方へ

座長の先生は各セッションの20分前までに各会場右手前方の次座長席にお越しください。その際、座長席横の進行係に到着された旨をお知らせください。

一般演題(ポスター)の座長の先生方へ

一般演題(ポスター)の座長の方は、セッション開始20分前までに、ポスター会場前の「ポスター座長受付」にお越しください。座長用のリボンと指示棒をお渡しいたします。

演者の先生方へ

利益相反(COI)の開示

  1. 日本糖尿病学会年次学術集会での発表者には利益相反の開示が義務づけられております。本会より、筆頭発表者のみでなく共同演者の利益相反も開示対象となりました。
    開示基準その他の詳細については、下記の一般社団法人日本糖尿病学会ホームページ「利益相反(COI)の指針・細則」をご参照いただき、本指針・細則に則って、演題発表時に開示を行ってください。
    http://www.jds.or.jp/modules/about/index.php?content_id=13
  2. 利益相反開示例
    発表演題に関連するCOIを、発表者全員分をまとめて口頭発表の場合はスライドの2枚目(タイトルスライド後)に写してください。ポスター発表の場合は掲示用ポスターの最後部に掲示ください。なお、ポスター演題については演題登録時にご登録いただいた開示スライドは事務局にて用意し、パネルに貼付しております。
    開示すべきCOIがない場合 開示すべきCOIがある場合
    開示すべきCOIがない場合 開示すべきCOIがある場合

発表時間・討論時間

  • 一般演題(口演)の発表時間は7分、討論時間は3分です。
  • 一般演題(ポスター)の発表時間は3分、討論時間は2分です。
  • 若手研究奨励賞(YIA)審査口演は発表時間8分、討論4分です。

口演の進行は卓上のランプでお知らせいたします。発表時間の終了1分前に「オレンジランプ(国立京都国際会館)」「黄色ランプ(ロームシアター京都、みやこめっせ)」が点灯し、発表時間の終了時に「赤ランプ」が点灯いたします。時間厳守でお願いします。

※その他の口演発表時間は事前にご案内した時間に従ってください。

口演発表データの受付・試写および映写について

本会は原則としてWindowsPCでの発表形式といたします。PCの試写、データのお預かりは下記の「発表データ受付」にて行います(Macintoshの場合はPC本体持参による発表のみとなります)。Macintoshを使用される場合及びWindowsをご使用で動画、音声を使用される場合は、PC本体持参での発表を推奨します。
本会は、複数施設での開催ですが、発表施設にかかわらず全施設でデータ受付が可能です。

1.発表データ受付

発表施設にかかわらず、全施設でデータ受付が可能です。

施設 受付場所 受付時間
18日
(水)
19日
(木)
20日
(金)
21日
(土)
国立京都国際会館 1階 正面入口前ロビー 7:30~
18:30
7:30~
18:30
7:30~
16:00
ロームシアター京都 2階 ロビー 8:00~
18:30
8:00~
18:30
8:00~
16:00
みやこめっせ 3階 ロビー 7:30~
18:30
7:30~
18:30
7:30~
16:00
ホテルグランヴィア京都 5階 ホワイエ 14:00~
18:30

口演開始の60分前までに必ず発表データ受付にて試写を行ってください。

※早朝発表の方は、発表の30分前までには受付を済ませてください。

※19日(木)以降のデータは、前日でも受付することが出来ます。

※8:00~9:30、11:30~13:30頃は、「発表データ受付」が大変混雑する事が予想されます。ご発表日の前日、14:00~18:00頃は、比較的混雑が少ないと予想されますので、お早めの受付が可能な方は前日中にお済ませください。

※コピーされたデータは、本学術集会終了後、事務局で責任を持って消去いたします。

2.発表データ受付の手順およびデータ作成時の注意事項

PC発表形式一覧

  本体持ち込み メディア持ち込み(USB、CD-R)
Windows
Macintosh ×

発表にご自身のPC本体を持ち込まれる方へ

  1. 発表予定時間の60分前~30分前までに「発表データ受付」へお越しください。
  2. 「発表データ受付」の試写用モニターにてケーブルを接続し確認してください。
  3. 以下を忘れずにご持参ください。
    • ACアダプター
    • 外部出力用コネクター
      「PCデータ受付」ではD-sub15ピン(ミニ)のケーブルをご用意いたします。
      一部のノートPCでは本体付属(別売り)のコネクターが必要な場合がありますので、その場合は必ずお持ちください。
      D-sub15ピン(ミニ) 付属外部出力 コネクター 例
      D-sub15ピン(ミニ) 付属外部出力 コネクター 例
  4. ノートパソコンのOSは、以下を推奨いたします。
    OS:Windows 7, PowerPoint2007 以降
    Macintosh―MAC OSX 10.1.2 以降
  5. 動画や音声をご使用になる場合は、「発表データ受付」にて必ずお知らせください。
  6. 試写後、発表予定時間の30分前位(講演中でもかまいません)に会場内左手前方の演台付近のPCデスクまでお越しの上、スタッフにPCをお渡しください。スタッフが、ケーブルを接続し、外部出力の確認を行います。
  7. 発表時には、演台にセットされている液晶モニター、マウスをご使用ください。
  8. 発表会場ではデータの修正はできませんので、予めご了承ください。
  9. 講演終了後は速やかに会場内のPCデスクにお越しください。お預かりしたパソコンをご返却いたします。

※パワーポイントの機能「発表者ツール」はご利用いただけません。

<データ作成時の注意点>

  1. ノートパソコンから外部モニターに正しく出力されるか確認してください。個々のパソコンやOSにより設定方法が異なりますので、事前にご確認ください。
  2. デスクトップ上の分かりやすい場所に発表データのショートカット(エイリアス)を「演題番号_演者名」として作成してください。(例:演題番号がI-3-1の場合、I-3-1_発表太郎)
  3. 画面の解像度はXGA(1024×768)推奨です。このサイズより大きいまたは小さい場合、画質の劣化につながります。(会場プロジェクターのリアル解像度がXGAになっていますので、最適な画質が得られます)
  4. 予め、スクリーンセーバー、省電力設定を解除してください。
  5. 起動時にパスワード等を設定している場合は、解除しておいてください。
  6. 念のため、バックアップデータを必ずお持ちください。

※上記は「発表データ受付」時に確認させていただき、設定が解除されていないものは、設定の変更をさせていただく場合がございます。

発表にメディア(USB、CD-R)を持ち込まれる方へ

  1. 当日は発表予定時間の60分前まで(早朝発表の方は、発表の30分前まで)に、「発表データ受付」にて試写用パソコンで発表データの確認を行ってください。

    ※データのお持ち込みは、発表日前日でも可能です。8:00~9:30、11:30~13:30頃は混み合いますので、この時間を避けて発表データの確認を行うと比較的スムーズに確認出来ます。

  2. お持ち込みいただけるメディアは以下のとおりです。
    USBフラッシュメモリー/CD-R

    ※CD-Rの書き込みはハイブリッド(ISO9660)フォーマットをお使いください。パケットライトなど特殊な機能は読めない原因になりますのでご使用にならないでください。

    ※メディアを介したウイルス感染の事例がありますので、ウイルス定義データを最新のものに更新された状態のセキュリティーソフトで、メディアにウイルスが感染していない事を確認の上、お持ち込みください。

  3. データの容量は最大512MBまでとさせていただきます。
  4. 会場に用意するPCのOSはWindows7、アプリケーションはPower Point 2007、2010、2013、2016がインストールされています。
  5. メディア持ち込みで動画や音声をご利用になる場合は、データ受付の際に必ずスタッフにお知らせください。
  6. 発表会場ではデータの修正はできませんので、予めご了承ください。
  7. 発表時には、発表データの1枚目をスライドショー状態でスクリーンに映写しますので、ご自身でデータの送り戻しの操作を、演台上のマウスで行ってください。
  8. 発表データは、「発表データ受付」のサーバと会場のパソコンに一時保存いたしますが、こちらのデータは本学術集会終了後、責任を持って消去いたします。

<データ作成時の注意点>

  1. フォントはOS標準のもののみご用意いたします。
  2. 発表に使用するPCは全てXGA(1024×768)に統一してありますので、ご使用のPCの解像度をXGAに合わせてからレイアウトの確認をしてください。
  3. ファイル名は「演題番号_演者名」としてください。
  4. 動画データをご使用の場合は、Windows7(OS)およびWindows Media Player11の初期状態に含まれるコーデックで再生できる動画ファイルをお持ちください。(動画ファイルはWMV形式を推奨いたします。)
  5. 発表データ作成後、作成したパソコン以外のパソコンで正常に動作するかチェックしてください。
ポスター

ポスター発表について

  1. 発表者は、発表予定時間の15分前までに、ポスター会場前の「ポスター受付」へお越しください。発表者のリボンをお受け取りの上、ご自身のポスター番号のパネルにポスターを貼付ください。
  2. ポスターは、右記の要領で作成しパネルに貼付けください。縦160cm、横120cmのスペースに、発表内容(図表、写真、説明文など)を掲示してください。利益相反開示のスライド・演題番号・掲示用のピンは学術集会事務局で準備いたします。演題名、所属、氏名の表示は縦20cm、横100cmのサイズで、発表者(演者)ご自身でご用意ください。
  3. ポスターの貼り替えはございません。掲示および撤去は次のとおり行ってください。
    ポスター掲示: 5月19日(木) 8:00~10:00
    ポスター発表: 5月19日(木) 17:40~18:40
      5月20日(金) 17:40~18:40
    ポスター撤去: 5月21日(土) 14:00~16:00
  4. ポスターセッションは、座長に進行を行っていただきます。

    ※撤去時間を過ぎても放置してあるポスターは、事務局にて撤去・廃棄いたしますのでご了承ください。

    ※下記の会場ではAudioツアー形式にて行います。
    Audioツアーとは、演者が小型マイク(発信機)を利用して発表し、聴講者がレシーバー(受信機)を利用して発表を聞く形式です。ポスター会場前にてレシーバーを配布しておりますので、受け取りの上、会場にお入りください。

【Audioツアー形式会場】

  • 宝ヶ池-ポスター会場1(国立京都国際会館 1階 イベントホール)
  • 岡崎-ポスター会場1(みやこめっせ 1階 第2展示場)
  • 岡崎-ポスター会場2(みやこめっせ 3階 第3展示場(B面))
  • 岡崎-ポスター会場3(みやこめっせ B1階 日図デザイン博物館)

このページのトップへ戻る