第21回日本医療マネジメント学会学術総会

会長:絹川 常郎(独立行政法人地域医療機能推進機構 中京病院 院長) 会場:名古屋国際会議場 会期:2019年7月19日(金)~20日(土)

日本医療マネジメント学会ロゴマーク

学術総会事務局

〒457-8510
名古屋市南区三条一丁目1番10号
独立行政法人地域医療機能推進機構
中京病院内

学術総会運営事務局

〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル14階
日本コンベンションサービス株式会社
TEL: 03-3508-1214
FAX: 03-3508-1302
E-mail: jhm2019[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

会長挨拶

会長:絹川常郎 第21回日本医療マネジメント学会学術総会
会長 絹川 常郎
(独立行政法人地域医療機能推進機構 中京病院 院長)

この度、第21回日本医療マネジメント学会学術総会を2019年7月19日(金)・20日(土)の2日間にわたり開催させていただくこととなりました。名古屋市での開催は、第10回学術総会以来、11年ぶりとなります。

今日まで、日本医療マネジメント学会は、医療現場の運営の改善に繋がる多くの分野に取り組んできました。クリティカルパスの適用による標準的な医療水準を維持しながらの労働効率の向上、いったん発生すると医療の現場に大きな負担がかかる医療事故を防止するための医療安全活動、医療者が適材適所で共働できる医療施設どうしの連携事業の推進などが最も重要な分野です。

今、日本の労働現場の最大の問題は、人手不足です。病院も例外ではありません。病院の仕事は、24時間営業が当たり前ですので、現場では職種にかかわらず人が足りません。病院経営者は、少し無理をすると労基法違反とマスコミに厳しく非難されます。世の中には病院のように24時間体制を敷く仕事といえば、警察や、消防があります。これらのサービス提供は行政の役割です。市民は、交通違反で罰金を払うことがあっても、空き巣を捕まえてもらったり、ボヤを消してもらったりしても無料です。ところが病院は、民間、公的、公立を問わず、自分が稼いだお金で職員の給料を払うのが大原則です。しかも全国的な人手不足です。こんな難しい条件の医療現場で、利用者の方々へのサービスを低下させずに私たちは労働環境の改革を進めなければなりません。日本医療マネジメント学会は、今日の状況を見越していた様に、このテーマに関して先に述べた病院運営の改善活動の先頭に立って取り組んできました。

ここ数年、日本で最もホットな話題である、働き方改革という視点で見ても、日本医療マネジメント学会の取り組みは、医療現場の色々な場面で、役立つはずです。そこで、第21回日本医療マネジメント学会学術総会のテーマを 私たちの働き方改革 ~良質で成熟した日本の医療をめざして~ としました。

学術総会の開催される7月の名古屋は、暑い時期ではありますが、梅雨は明けています。名古屋場所が開催中で、力士が町中を歩いています。学術総会閉会の翌日は千秋楽です。少しずつ種類が増えている名古屋メシに旬の季節はありませんので、是非ご賞味ください。多くの皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

page top