第21回日本医療マネジメント学会学術総会

会長:絹川 常郎(独立行政法人地域医療機能推進機構 中京病院 院長) 会場:名古屋国際会議場 会期:2019年7月19日(金)~20日(土)

日本医療マネジメント学会ロゴマーク

学術総会事務局

〒457-8510
名古屋市南区三条一丁目1番10号
独立行政法人地域医療機能推進機構
中京病院内

学術総会運営事務局

〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル14階
日本コンベンションサービス株式会社
TEL: 03-3508-1214
FAX: 03-3508-1302
E-mail: jhm2019[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

プログラム・日程表

基調講演

7月19日(金)9:00~9:30 A会場

医療・介護・福祉現場の課題解決に向かって-学会活動の展開を考える-

演者 宮﨑 久義 (日本医療マネジメント学会理事長)
座長 三木 恒治 (済生会滋賀県病院院長)

会長講演

7月19日(金)16:20~17:20 A会場

転換期の日本の医療システムを考える

演者 絹川 常郎 (独立行政法人地域医療機能推進機構中京病院院長)
座長 稲垣 春夫 (トヨタ記念病院名誉院長)

招待講演

招待講演1

7月19日(金)15:10~16:10 A会場

助け合いこそが心と人生を豊かにする

演者 宗次 德二 (カレーハウスCoCo壱番屋創業者)

招待講演2

7月20日(土)10:10~11:10 A会場

日本の産業界の将来へ向けての取り組みについて(仮)

演者 吉田 守孝 (トヨタ自動車副社長)

特別講演

特別講演1

7月19日(金)14:00~15:00 A会場

医師の働き方、その理想像と課題・展望

演者 福井 次矢 (聖路加国際病院院長)

特別講演2

7月20日(土)9:00~10:00 A会場

地域医療構想(仮)

演者 (厚生労働省)

特別講演3

7月20日(土)13:30~14:30 A会場

科学技術政策で描く日本の未来

演者 濵口 道成 (国立研究開発法人科学技術振興機構理事長)

教育講演

教育講演1

7月20日(土) 8:40~9:40 D会場

3つの視点で考える臨床倫理

演者 兼児 敏浩 (三重大学医学部附属病院医療安全管理部教授)

教育講演2

7月20日(土) 9:00~10:00 L会場

多剤耐性菌アウトブレイク防止のための細菌学的基礎知識

演者 荒川 宜親 (名古屋大学大学院医学系研究科分子病原細菌学教授)

教育講演3

7月20日(土) 9:50~10:50 D会場

診療報酬改定と働き方改革

演者 武藤 正樹 (国際医療福祉大学大学院医療経営管理分野教授)

教育講演4

7月20日(土) 11:00~12:00 D会場

医療危機 高齢社会とイノベーション

演者 真野 俊樹 (中央大学大学院戦略経営研究科教授)

教育セミナー

教育セミナー1

7月19日(金)15:40~17:20 L会場

クリティカルパス「アウトカム志向のクリティカルパスの作成から評価まで」

座長 伊藤 淳二 (青森県立中央病院整形外科部長)
演者 (1) 「アウトカム志向のクリティカルパスの作成~実践」
勝尾 信一 (福井総合病院副院長)
(2) 「電子化クリティカルパスとアウトカム評価」
片渕 茂 (朝日野総合病院院長補佐)

教育セミナー2

7月20日(土)13:30~15:30 G会場

医療安全「RCAの概要と実際」

座長 長谷川 友紀 (東邦大学医学部社会医学講座教授)
演者 (1) 「医療安全ー最近の動向」
長谷川 友紀 (東邦大学医学部社会医学講座教授)
(2) 「RCAの概要」
柳川 達生 (公益財団法人東京都医療保健協会練馬総合病院副院長)
(3) 「事例を基にした演習」
柳川 達生 (公益財団法人東京都医療保健協会練馬総合病院副院長)
藤田 茂 (東邦大学医学部社会医学講座講師)

※教育セミナー2への参加は、事前参加登録が必要になります。詳しくはこちら

※教育セミナー2を受講された参加者には、履修証明(2時間)を発行します。

シンポジウム

シンポジウム1 メインシンポジウム

7月19日(金)9:40~11:40 A会場

働き方改革

座長 岡留 健一郎 (福岡県済生会福岡総合病院名誉院長)
熊谷 雅美 (日本看護協会常任理事)
演者 (1) 厚生労働省 (予定)
(2) 岡留 健一郎 (福岡県済生会福岡総合病院名誉院長)
(3) 熊谷 雅美 (日本看護協会常任理事)
(4) 裵 英洙 (ハイズ株式会社)
(5) 山口 育子 (COML理事長)

シンポジウム2

7月19日(金)9:40~11:40 D会場

医師事務作業補助者の導入は、医師の生産性向上に寄与するか

座長 中村 雅彦 (松本市立病院副院長)
降旗 光太郎 (淑徳大学短期大学部健康福祉学科准教授)

シンポジウム3

7月19日(金)13:50~15:30 L会場

特定行為研修制度

座長 武藤 正樹 (国際医療福祉大学大学院医療経営管理分野教授)
坂本 すが (東京医療保健大学副学長)
演者 (1) 「特定行為研修制度活用の推進について」
島田 陽子 (厚生労働省医政局看護課長)
(2) 「独立行政法人地域医療機能推進機構における特定行為研修のねらいと修了者に期待する成果」
河嶋 知子 (独立行政法人地域医療機能推進機構本部医療担当副部長)
(3) 「認定看護師教育と特定行為研修に携わる教員の立場から」
渋谷 智恵 (日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程課長)
(4) 「医師の立場から見た特定行為研修修了看護師の活動」
大浦 紀彦 (杏林大学医学部形成外科教授)
(5) 「大学病院における特定行為研修修了者の活動報告」
武田 理恵 (横浜市立大学附属病院 患者サポートセンター看護師長 感染管理認定看護師)

シンポジウム4

7月19日(金)13:50~15:30 M会場

ロボット工学とリハビリテーション

座長 平野 哲 (藤田医科大学医学部リハビリテーション医学講座講師)
中島 孝 (国立病院機構新潟病院院長)
演者 (1) 「HAL」
中島 孝 (国立病院機構新潟病院院長)
(2) 「ホンダ歩行アシスト」
岡本 隆嗣 (西広島リハビリテーション病院院長)
(3) 「ReoGo-J」
内山 侑紀 (兵庫医科大学リハビリテーション医学教室講師)
(4) 「ウェルウォーク」
浅野 智也 (岡山リハビリテーション病院)
(5) 「バランス練習アシスト」
角田 哲也 (藤田医科大学医学部リハビリテーション医学講座助教)

シンポジウム5

7月19日(金)13:50~15:30 D会場

クリティカルパスと病院運営~クリティカルパスを正しく理解し、病院運営に役立てよう~

座長 髙橋 俊毅 (横浜市医療局病院経営本部病院事業管理者 病院経営本部長)
勝尾 信一 (福井総合病院副院長)
演者 (1) 「クリティカルパスをもっと理解しよう」
野村 一俊 (朝日野総合病院病院長)
(2) 「クリティカルパスを病院運営に活用するには~管理者の立場から~」
藤 也寸志 (国立病院機構九州がんセンター院長)
(3) 「クリティカルパスを病院運営に活用するために~看護職の取り組みの実際~」
野上 さとみ (NTT東日本関東病院看護部長)
(4) 「クリティカルパスを有効に活用するための工夫」
勝尾 信一 (福井総合病院副院長)
特別発言 田代 清美 (おびやま在宅クリニック院長補佐)

シンポジウム6

7月19日(金)15:40~17:20 M会場

品質管理と患者安全の融合

座長 長尾 能雅 (名古屋大学医学部附属病院医療の質・安全管理部教授)
古谷 健夫 (トヨタ自動車株式会社 業務品質改善部主査)
演者 (1) 金城 昌明 (市立四日市病院副院長 ASUISHI 1期生)
(2) 川瀬 義久 (公立陶生病院副院長 ASUISHI 2期生)
(3) 落合 甲太 (淀川勤労者厚生協会附属西淀病院副院長 ASUISHI 3期生)
(4) 大須賀 章倫 (独立行政法人地域医療機能推進機構中京病院救急科医長)

シンポジウム7

7月19日(金)15:40~17:20 D会場

タスクシフティングによるチーム医療

座長 望月 泉 (八幡平市国民健康保険西根病院統括院長)
坂本 すが (東京医療保健大学副学長)
演者 (1) 小澤 知子 (東京医療保健大学医療保健学部看護学科准教授)
(2) 望月 泉 (八幡平市国民健康保険西根病院統括院長)
(3) 矢口 智子 (金沢脳神経外科病院診療支援部部長・NPO法人日本医師事務作業補助研究会理事長)
(4) 神倉 和見 (独立行政法人地域医療機能推進機構中京病院SMI技士長)

シンポジウム8

7月20日(土)8:30~10:10 M会場

医療におけるAI利活用の現状と将来(仮)

座長 藤田 広志 (岐阜大学大学院医学系研究科教授)
松原 友子 (名古屋文理大学情報メディア学部情報メディア学科准教授)
演者 (1) 「これで分かった人工知能(AI)(仮)」
坂本 真樹 (電気通信大学大学院情報理工学研究科総合情報学専攻教授)
(2) 「AIによる医用画像支援診断(仮)」
藤田 広志 (岐阜大学大学院医学系研究科教授)
(3) 「病院におけるAI利活用の現状と将来(仮)」
石川 信能 (シーメンスヘルスケア(株))
(4) 「AI/IoTの利活用による認知症情報学(仮)」
竹林 洋一 (静岡大学創造科学技術大学院特任教授,みんなの認知症情報学会理事長)

シンポジウム9

7月20日(土)10:20~12:00 L会場

男女共同参画 医療におけるワーク・ライフ・バランスを進めるために

座長 松田 晋哉 (産業医科大学医学部公衆衛生学教授)
束村 博子 (名古屋大学大学院生命農学研究科教授・男女共同参画センター長)
演者 (1) 松田 晋哉 (産業医科大学医学部公衆衛生学教授)
(2) 千葉 三保 (独立行政法人地域医療機能推進機構大阪病院消化器内科部長)
(3) 眞野 惠子 (学校法人藤田学園藤田医科大学病院副院長・看護部長)
(4) 束村 博子 (名古屋大学大学院生命農学研究科教授・男女共同参画センター長)

シンポジウム10

7月20日(土)10:10~12:00 M会場

アドバンス・ケア・プランニング エンドオブライフ・ディスカッション(仮)

座長 三浦 久幸 (国立長寿医療研究センター在宅連携医療部長)
鈴木 正子 (愛知県看護協会会長)
演者 (1) 「医師の立場から(仮)」
會津 恵司 (春日井市民病院がん相談支援センター部長)
(2) 「看護師の立場から(仮)」
横江 由里子 (いきいき在宅クリニック看護部長)
(3) 「ソーシャル・ワーカーの立場から(仮)」
野田 智子 (JA愛知厚生連江南厚生病院地域医療福祉連携室室長)
(4) 「あいちACPプロジェクトの経験から(仮)」
後藤 友子 (国立長寿医療研究センター在宅連携医療部研究員)
特別発言 大島 伸一 (国立長寿医療研究センター名誉総長)

シンポジウム11

7月20日(土)13:30~15:10 L会場

地域共生社会創成に向けて 多職種間コミュニケーションの重要性(仮)

座長 水野 正明 (名古屋大学医学部附属病院先端医療・臨床研究支援センター長・病院教授)
野田 正治 (愛知県医師会理事)
イントロダクション 水野 正明 (名古屋大学医学部附属病院先端医療・臨床研究支援センター長・病院教授)
演者 (1) 山内 智之 (豊橋市医師会医療法人廣姫会田代ひ尿器科院長)
(2) 池戸 初枝 (津島 在宅医療介護連携支援センターコーディネーター)
(3) 森 道成 (日進市 オリーブ薬局代表取締役)
(4) 山﨑 紀恵子 (東浦町 NPO法人絆代表理事)

シンポジウム12

7月20日(土)13:30~15:10 M会場

機器管理スマート医療機器が医療安全・業務効率を変えるか

座長 酒井 順哉 (名城大学都市情報学部都市情報学科教授)
神戸 幸司 (愛知県臨床工学技士会会長)
演者 (1) 重見 研司 (福井大学医学部附属病院麻酔蘇生科科長・教授)
(2) 横井 宏佳 (福岡山王病院循環器センター長・国際医療福祉大学教授)
(3) 加藤 博史 (神戸大学医学部附属病院臨床工学技士長)
(4) 清水 由美 (山口県立総合医療センター看護部長)

シンポジウム13

7月20日(土)13:30~15:10 D会場

地域包括ケアシステム構築・推進に必要な地域医療連携とは
~地域医療連携での医療福祉連携士の必要性と期待~

座長 青井 弘子 (一宮市立市民病院患者サポートセンター・医療福祉連携士3期生)
中村 起也 (広南会広南病院神経内科・医療福祉連携士4期生)
基調講演 「地域包括ケアシステムの構築と医療福祉連携」
家田 康典 (関東信越厚生局地域包括ケア推進課課長)
演者 (1) 「地域医療連携担当医師が医療福祉連携士だとこうなる!」
石神 直之 (藤枝市立総合病院診療部心臓血管外科副院長(地域医療連携担当)・医療福祉連携士4期生)
(2) 「急性期病院における医療福祉連携士の役割と効果」
有賀 照子 (山梨県立中央病院患者支援センター・医療福祉連携士6期生)
(3) 「わたしはこんな理由で医療福祉連携講習会を受けました!(仮)」
髙村 純子 (国立病院機構三重病院地域医療連携室医療社会事業専門職・9期生)
(4) 「医療福祉連携講習会を受けて、こんな変化がありました!?(仮)」
篠木 里美 (JA愛知厚生連海南病院地域医療連携課課長,がん相談支援センター・地域医療連携センター・9期生)
(5) 「医療福祉連携士になるために必要なこととは」
大久保 一郎 (横浜市健康福祉局衛生研究所所長)

市民公開講座

7月20日(土)16:00~17:00 A会場

「やさしさを届けるケア技術 ユマニチュード」

演者 本田 美和子 (国立病院機構東京医療センター総合内科)

page top