ロゴ

第27回日本内視鏡外科学会総会

産学連携・医工連携

開催概要

日時 平成26年10月2日(木)~4日(土)
会場 いわて県民情報交流センター(アイーナ)8階
住所:〒020-0045岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1(盛岡駅西口より徒歩5分)
主催 第27回日本内視鏡外科学会総会
共催 東北経済産業局、岩手県、(公財)いわて産業振興センター、
(株)インテリジェント・コスモス研究機構
後援 独立行政法人医薬品医療機器総合機構

プログラム

10月2日(木) 第3会場 アイーナ 8F 812
9:50~10:50
特別講演1
医療機器産業参入への心構え
司会 大平 猛 九州大学 先端医療イノベーションセンター
演者 奥田 隆司 シャープ株式会社
10月2日(木) 第3会場 アイーナ 8F 812
10:50~11:50
医療産業に参入するコツとは 1 詳細
司会 中村 慶春 日本医科大学 消化器外科
  大平 猛 九州大学 先端医療イノベーションセンター
参入1-1 異分野から医療機器分野新規参入の体験を通じて事例と課題
鈴木 庸介(株式会社スズキプレシオン)
参入1-2 医療機器分野への参入を目指して:デバイス開発までの弊社の取り組み
津々日 博仁(ハリキ精工株式会社)
参入1-3 医療機器新製品開発に向けた段階的な取り組みについて
中本 朋成(株式会社ミウラCSカンパニー 広島IT営業チーム)
参入1-4 精密機械加工メーカーによる腹腔鏡下手術用縫合器具の開発事例の報告
大石 豊(株式会社ハマダ)
10月2日(木) 第3会場 アイーナ 8F 812
13:10~13:40
特別講演2
再生医療における産学連携
司会 和田 則仁 慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科

若者よ立ちあがれ!
我が国におけるトランスレーショナル・リサーチ(TR)マネージャーの必要性

  小林 英司(慶應義塾大学医学部 臓器再生医学寄附講座)
10月2日(木) 第3会場 アイーナ 8F 812
13:40~14:10
Pharmaceuticals and Medical Devices Agency(PMDA)による
医療機器薬事申請セッション 薬事戦略相談の現状について 詳細
司会 大平 猛 九州大学 先端医療イノベーションセンター
演者 石川 廣 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
10月2日(木) 第3会場 アイーナ 8F 812
14:10~17:10
医工連携シンポジウム 詳細
司会 橋爪 誠 九州大学大学院医学研究院 先端医療医学
  佐久間 一郎 東京大学工学部
産医SY-1 医工連携におけるセレンディピティー
島田 光生(徳島大学大学院 消化器・移植外科)
産医SY-2 外科的医療機器開発における国立がん研究センターの試み
伊藤 雅昭(国立がん研究センター東病院 大腸外科)
産医SY-3 ロボット技術を応用した内視鏡手術支援システム
小林 洋(早稲田大学 理工学術院 総合研究所)
産医SY-4 京都府立医科大学での医療機器開発の試み
島田 順一(京都府立医科大学 呼吸器外科)
産医SY-5 胎児内視鏡手術用デバイス開発における医工連携
山下 紘正(国立成育医療研究センター 医療機器開発部)

共催:一般社団法人 日本コンピューター学会

10月3日(金) 第3会場 アイーナ 8F 812
9:00~12:00
内視鏡外科における3Dプリンター・実体臓器モデルと医工連携 詳細
司会 柏野 聡彦 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
  谷下 一夫 早稲田大学
  1. 基調講演 内視鏡外科における3D臓器モデルと医工連携の重要性

    森川 利昭(東京慈恵会医科大学)

  2. 生体質感造形による内視鏡手術シミュレーションとナビゲーション

    杉本 真樹(神戸大学大学院医学研究科)

  3. 完全内視鏡下低侵襲心臓血管外科手術への挑戦
    ~3次元CAD・3Dプリンターの心臓血管外科手術への応用~

    山田 敏之(東京医療センター心臓血管外科)

  4. MSCT3次元画像情報から光造形法と真空注型法を応用して作成する“超軟質精密心臓レプリカ”
    −先天性心疾患の3次元構造診断、外科手術シミュレーション、医学教育の向上をめざして

    白石 公(国立循環器病センター 小児循環器)

  5. Benefit of three-dimensional printing in the surgery: Simulation, navigation and education

    志賀 淑之(東京腎泌尿器センター大和病院)

  6. 3Dプリンタによる臓器作成のための画像処理

    森 健策(名古屋大学)

  7. 医療用データ(CT/MRI)における3D造形モデルの採用事例のご紹介

    河野 浩之(八十島プロシード株式会社)

  8. より安価で質感のある医療シミュレータ開発と医工連携

    棚橋 一成(タナック)

  9. 3Dプリンターを利用した臓器・血管モデル作成

    渡邊 大知(株式会社ジェイ・エム・シー)

10月3日(金) 第3会場 アイーナ 8F 812
12:10~13:00
ランチョンセミナー 詳細
司会 圓林 正順 京セラメディカル株式会社 研究開発統括部長
  新木 伸 シャープ株式会社 健康・環境国内統括営業部 PCIシステム営業部長
演者 大平 猛 九州大学 先端医療イノベーションセンター
10月3日(金) 第3会場 アイーナ 8F 812
13:45~17:05
ニーズ解析に基づく医工連携・産学官連携シンポジウム
3時間ノンストップ・世界市場戦略セッション 詳細
司会 高西 淳夫 早稲田大学創造理工学部
  佐久間 一郎 東京大学工学部
  大平 猛 九州大学 先端医療イノベーションセンター

PMDA classⅠ:鋼製小物開発(リユース)

医師ニーズ自由な操作可能な鋼製鉗子の必要性
-外科研修医とのReduced port surgeryの経験から-
遠藤 和洋(栃木県済生会宇都宮病院 外科)
工学解析中村 亮一(千葉大学フロンティア医工学センター)
企業対応鈴木 庸介(株式会社スズキプレシオン)
医療機器開発
アドバイザー
佐久間 一郎(東京大学工学部)
官サポート体制東北経済産業局
世界市場ディーラーティロ・ドール(カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン株式会社)

PMDA class Ⅱ:ポリマー製品(ディスポ)

医師ニーズ腹腔アクセスデバイスに求めるもの
西村 淳(厚生連長岡中央綜合病院 消化器病センター外科)
工学解析中山 昇(信州大学工学部)
企業対応河野 浩之(八十島プロシード株式会社)
医療機器開発
アドバイザー
佐久間 一郎(東京大学工学部)
官サポート体制東北経済産業局
世界市場ディーラー宮田 伸一(Johnson & Johnson株式会社)

PMDA classⅢ・Ⅳ Robot(ソフトプログラミング)

医師ニーズ医工連携から産学官連携へバトンをつなぐ内視鏡手術支援助手ロボットの
開発
西澤 祐吏(国立がん研究センター東病院 大腸外科)
工学解析高西 淳夫(早稲田大学創造理工学部)
企業対応福田 哲哉(安川電機)
医療機器開発
アドバイザー
中里 俊章(一般財団法人日本品質保証機構)
官サポート体制東北経済産業局
世界市場ディーラー上條 誠二(インテュイティブサージカル合同会社)
10月4日(土) 第3会場 アイーナ 8F 812
8:50~9:50
ワークショップ1
内視鏡下手術における新規機器開発および従来機器の新たなる
使用法 1 詳細
司会 植木 賢 鳥取大学医学部次世代高度医療推進センター
  島田 順一 京都府立医科大学 呼吸器外科
産医WS1-1 腹腔内深部操作における効果的な排煙を可能にする排煙機能つき把持鉗子の開発
大田 貢由(横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター)
産医WS1-2 ヘルニア根治術の特殊性を克服する手術器具の開発
浅尾 高行(群馬大学大学院医学系研究科 寄附講座 がん治療臨床開発学講座)
産医WS1-3 鏡視下用非傷害性洗浄 -掃除可能吸引嘴管
谷 徹(滋賀医科大学 バイオメディカル・イノベーションセンター)
産医WS1-4 新規アンビル把持鉗子「EAGLE-II」-10m鉗子「EAGLE」を細径化すること利点-
中瀬 有遠(市立奈良病院 消化器外科)
産医WS1-5 体温で変態し体腔内で超弾性力を発揮する形状記憶合金(SMA)製内視鏡外科手術
器具の開発
池田 哲夫(九州大学 医学部 先端医工学診療部)
産医WS1-6 ペプチドゲルを用いた新規局所止血材の開発と腹腔鏡下肝切除における使用法
信岡 大輔(岡山大学 消化器外科)
10月4日(土) 第3会場 アイーナ 8F 812
9:50~10:50
産学連携・ニーズシーズマッチングセッション
外科医の思いを形にしよう 1 詳細
司会 高木 剛 京都社会事業財団 西陣病院 外科
  大平 猛 九州大学 先端医療イノベーションセンター
ニーズ1-1 蛍光物質を利用した新しい術中血管イメージングシステムの構築
齊藤 正昭(自治医科大学附属さいたま医療センター 一般・消化器外科)
ニーズ1-2 NOSE(Natural orifice specimen extraction)によるILS(Incision Less Surgery)に
対する機器開発の要望
富澤 直樹(前橋赤十字病院 消化器病センター 外科)
10月4日(土) 第3会場 アイーナ 8F 812
10:50~11:50
産学連携・ニーズシーズマッチングセッション
外科医の思いを形にしよう 2 詳細
司会 中島 清一 大阪大学臨床医工学融合研究教育センター次世代内視鏡治療学
  大平 猛 九州大学 先端医療イノベーションセンター
ニーズ2-1 腹腔鏡手術における‘あったらいいな’
-次世代型image guided laparoscopic surgery-
大城 幸雄(筑波大学 消化器外科・臓器移植学分野)
ニーズ2-2 多孔性ポリマー樹脂製の尖端をもつロータリーダイセクター剥離子の開発
島田 順一(京都府立医科大学 呼吸器外科)
10月4日(土) 第3会場 アイーナ 8F 812
13:10~14:10
産学連携・ニーズシーズマッチングセッション
外科医の思いを形にしよう 3 詳細
司会 冨澤 康子 東京女子医科大学 心臓血管外科
  大平 猛 九州大学 先端医療イノベーションセンター
ニーズ3-1 完全非開胸での根治的食道癌手術における縦隔剝離鉗子及び腹腔鏡下胃全摘
食道空腸吻合器の方向可変性の提案
野村 幸世(東京大学大学院 医学系研究科 消化管外科)
ニーズ3-2 「女性仕様を導入した世界初の取り組みEnd Circular Stapler用フレキシブルヘッドpurstring suture deviceの開発」
河野 恵美子(独立行政法人 地域医療機能推進機構大阪病院)
10月4日(土) 第3会場 アイーナ 8F 812
14:10~15:10
産学連携・ニーズシーズマッチングセッション
外科医の思いを形にしよう 4 詳細
司会 永田 直幹 北九州総合病院 外科
  大平 猛 九州大学 先端医療イノベーションセンター
ニーズ4-1 上部消化管内視鏡および経口的手術で使用する新規マウスピースの開発
藤原 和典(鳥取大学医学部感覚運動医学講座耳鼻咽喉科頭頸部外科学分野)
ニーズ4-2 こんな腹腔鏡肝切除用クリップできませんか?
米田 浩二(大阪医科大学 一般消化器外科)
10月4日(土) 第3会場 アイーナ 8F 812
15:10~16:10
ワークショップ2
内視鏡下手術における新規機器開発および従来機器の新たなる
使用法 2 詳細
司会 黒土 升蔵 倉敷成人病センター 産婦人科
  大平 猛 九州大学 先端医療イノベーションセンター
産医WS2-1 内視鏡外科手術における正確な迅速病理診断に向けた自動縫合器の工夫
辻本 広紀(防衛医科大学校 外科)
産医WS2-2 安全な吻合を可能にするStapler開発に関わる基礎的研究
岡林 剛史(慶應義塾大学 外科)
産医WS2-3 腹腔鏡下肝切除術における磁気センサーを用いたリアルタイムナビゲーション
システムの開発
伊神 剛(名古屋大学大学院 腫瘍外科)
産医WS2-4 精密医療機器対応の次世代洗浄装置開発に向けて
永安 武(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 腫瘍外科学)
産医WS2-5 地元眼鏡枠製造メーカーとの医工連携-腹腔内での臓器把持用の機器の開発-
藤井 秀則(福井赤十字病院 外科)
産医WS2-6 より密接な医工連携を目指したMDIC(medical device information communicator)制度の利用
臼杵 尚志(香川大学医学部 消化器外科)
10月4日(土) 第3会場 アイーナ 8F 812
16:10~17:00
医療産業に参入するコツとは 2 詳細
司会 伊藤 雅昭 国立がん研究センター東病院 大腸外科
  大平 猛 九州大学 先端医療イノベーションセンター
参入2-1 『我社の医療機器業界参入への道のり』
坂口 信介(株式会社ファインテック)
参入2-2 下請け企業から医療機器製造メーカーへ
山田 亮(株式会社九州電化)
参入2-3 弊社の医療・福祉機器開発への取り組みについて
黒木 保善(株式会社昭和)
参入2-4 低侵襲医療機器製造市場参入への挑戦、ものづくりとライセンス
石田 和洋(株式会社九研)

出展企業募集要項

※第27回日本内視鏡外科学会総会の概要はこちらから

日程 2014年10月2日(木)~4日(土)
搬入:10月1日(水)、搬出:10月4日(土)
会場 アイーナ(いわて県民情報交流センター)8階
〒020-0045 岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1

※第27回日本内視鏡外科学会総会は、アイーナの他、
マリオス(盛岡地域交流センター)、ホテルメトロポリタン盛岡 本館、
ホテルメトロポリタン盛岡 NEW WING も会場として使用します。
産学連携・医工連携広場の開催会場は、アイーナのみとなります。

出展対象 内視鏡外科分野において、医療現場の課題解決に資する医療機器の開発・
改良に繋がるソリューションを提案することができる中堅・中小企業を
募集いたします。

※来場者の大多数が医療現場に従事する日本内視鏡外科学会員となります。
内視鏡外科分野において『新製品を開発するためのシーズを探したい』
『医療現場の課題やニーズを直接掴みたい』等の強い意欲を持つ企業が
出展対象となります。

募集社数 20社程度
出展料 無料
※搬送費・装飾費等は、貴社にてご負担ください。
出展小間仕様 下記図をご参照ください。

ブースイメージ

ブースイメージ

※小間サイズ:W2000 × D1000 × H2100(mm)

申込み方法

オンラインでのお申込みになります。下記よりお申込みください。

お申込みはこちらから

申込み締切り 2014年8月20日(水)正午
出展企業応募を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。
出展小間数 30小間(予定)
その他
注意事項
  • 出展可否、小間割は、出展内容、出展規模、申し込み順等を考慮し、当方で
    決定します。
  • ブースセミナーの開催はご遠慮ください。
  • 現金と引き換えに出展物を引き渡すことは禁止します。
    但し、当方の認めたものは、限定的に許可する場合があります。
  • 会場及び出展物の保全については、最善の保護と管理にあたりますが、天災、
    その他の不可抗力による事故、盗難、紛失、及び小間内における人的災害の
    発生については責任を負いません。
  • やむを得ない事情により会場、会期及び開場時間を変更する場合があります。
    これによって生じた損害は補償しません。
  • 出展者に対しては第27回日本内視鏡外科学会総会の講演会場およびプログラム
    への参加資格はありません。但し、産学連携・医工連携プログラム会場内への
    出展者の入場制限はありません。
  • 装飾物は必ずブース内におさめてください。ブース壁面の高さは、社名版含め
    2.1mです。壁面より高い展示物は禁止いたします。
  • 出展者の希望により有償で、電気(交流単相二線式100V50ヘルツ)を小間まで
    供給します。それ以外の特殊電源に関しては別途ご相談ください。
    また、コンセント等、電気2次幹線工事については後日ご案内をお送りします。
  • 水、プロパンガス、圧縮空気の使用は、原則的には禁止します。

このページのトップへ戻る