インプラント

ご挨拶

No Photo
公益社団法人 日本口腔インプラント学会
第35回関東・甲信越支部学術大会
大会長 渡沼 敏夫

このたび公益社団法人日本口腔インプラント学会第35回関東・甲信越支部学術大会の開催にあたり、私どもNPO法人埼玉インプラント研究会が本学術大会の主管を務めさせていただくこととなり、平成27年2月13日(土)・14日(日)に京王プラザホテル(東京都新宿区)にて、「これからのインプラント治療-日常臨床としてのインプラント-」というテーマのもとに、超高齢社会の中でのインプラント治療のあり方を再検討してまいりたいと考えております。
 近年インプラント治療は急速な普及とともに様々な問題点も提起されるようになっております。介護現場でのインプラントのケアの問題や、インプラントを鉤歯とした可撤床義歯の保険導入の可能性が高まるなど、大学関係者はもちろん多くの開業医がインプラント治療というものに多少なりともかかわらずにはいられない状況になってきております。
 そこで、歯科界のみならず、日本の超高齢社会の中でのインプラント治療という視点で捉え、一方では組織再生を始めとする新しい可能性を検討し、また一方では、導入から30有余年が経過し、埋入された口腔の環境変化、補綴的、全身的問題への対応を再考して、急速に普及したインプラント治療が真の国民医療として認知されるために、インプラント治療の有用性、予知性、不確実性を参加される皆様と見直してまいりたいと思っております。
今回のプログラムでは基調講演に日本歯科医学会会長の住友雅人先生、特別講演1として日本におけるインプラントのパイオニアといえる小宮山彌太郎先生、特別講演2として東京大学口腔外科学教授の高戸毅先生にご講演を頂き、その他にも、シンポジウムや市民公開講座など盛りだくさんの内容を予定しております。
 一般演題募集につきましても、多くのご応募を頂けますよう会員の先生方にはこの場をお借りしてお願い申し上げます。
 また、懇親会会場も京王プラザホテルにて準備をしておりますので、お食事やお酒を楽しみながら、講演の合間の息抜きとして、また、講演会場では尽くせない議論の場としてご利用頂きたいと考えております。
 埼玉インプラント研究会では会員一同が学術大会開催に向けて鋭意準備を進めておりますので、ぜひ多くの先生方にご参加を頂けますようお願い申しあげます。

pageの上へ戻るボタン
インプラント NPO法人 埼玉インプラント研究会   インプラント 日本コンベンションサービス 株式会社内
  〒365-0044 埼玉県鴻巣市滝馬室1393-1     〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル14階
Tel : 03-3508-1214 Fax : 03-3508-1302 Mail : jsoi35kk@convention.co.jp