インプラント治療の最先端を語ろう

ご挨拶

公益社団法人日本口腔インプラント学会第36回 関東・甲信越支部学術大会
大会長 尾関雅彦

昭和大学歯科病院インプラントセンター センター長、
インプラント歯科学 講座 教授

 このたび公益社団法人日本口腔インプラント学会第36回 関東・甲信越支部学術大会を平成29年2月11日(土)・12日(日)に京王プラザホテル(東京都新宿区)にて開催致します。
 近年のインプラント治療の技術革新には目覚ましいものがあり、長年にわたってインプラント臨床に携わってきた歯科医師でも、いつのまにか先端技術から取り残されていると不安にかられることもあるかと思います。一方、歯科医療を取り巻く隣接医学や工学分野に目を向けると、想像もつかない程の技術革新が日進月歩で繰り広げられています。
 日々の臨床でお忙しい学会員の方々が、週末の貴重な時間をさいて本学術大会に参加して満足して頂けますように、今回のメインテーマは『インプラント治療の最先端を語ろう』としました。
 シンポジウムは4つ予定しており、『上顎無歯顎即時補綴の展望−All on 4 vs 暫間インプラント』、『上顎前歯部審美補綴における移植材の是非−非移植 vs 骨移植』という前衛的なテーマに対して、講師の方々に成功例だけでなく、問題点と苦境に立った時のリカバリー法について語って頂きます。また『最新の耳鼻科診療からみたインプラント治療』、『デジタルデンティストリーの現状と問題点』という革新的なテーマに対して、講師(耳鼻科医、歯科医、歯科技工士)の方々に最前線の現状と問題点について語って頂きます。
 特別講演では高須克弥先生(昭和大学医学部客員教授)に美容外科最前線と歯科インプラントとの関わりをご講演して頂きます。
 また市民公開講座では高宮有介先生(昭和大学医学部医学教育推進室)に緩和ケア最前線と歯科との関わりをご講演して頂きます。
 さらに今回の学術大会では、多数の歯科技工士や歯科衛生士の方々にもご講演とご発表頂けるような企画を練っています。
 本学術大会を主管させて頂きます昭和大学の実行委員会は、多数の講座が協力し合った“オール昭和”という形で運営して、御参加下さいます会員の方々ならびに患者様のお役に立ちたいと願っています。
 どうか多数の一般演題をご応募下さいまして本学術大会にご参加頂き、インプラント治療を通じて国民の健康増進に寄与できる実りある2日間として頂けますよう、心からお願い申し上げます。