第66回日本職業・災害医学会学術大会

プログラム

日程表 プログラム

会長講演

「就労者における糖尿病対策と災害対策-紀州の先人に学ぶ-」

10月20日(土) 9:00-9:30 第1会場

座長 谷川 武 (順天堂大学大学院医学研究科 公衆衛生学)
演者 南條 輝志男 (和歌山労災病院)

特別講演

特別講演1「米国におけるがん患者の就労について-がん専門医ががんになったとき-」

10月20日(土) 11:00-12:00 第1会場

座長 南條 輝志男 (和歌山労災病院)
演者 上野 直人 (テキサス大学MDアンダーソンがんセンター)

特別講演2「高齢化の進展と労働者の健康管理-独立行政法人労働者健康安全機構の役割-」

10月20日(土) 15:00-15:30 第1会場

座長 山田 義夫 (一般社団法人日本職業・災害医学会)
演者 有賀 徹 (独立行政法人労働者健康安全機構)

イブニングセミナー

「世紀を超えて命をかけた国と国との救出劇・友情
①エルトゥールル号の軌跡②テヘラン脱出」

10月20日(土) 17:30-18:00 第1会場

映像と解説 中村 栄三 (株式会社和歌山放送)

モーニングセミナー

「業務上認定された精神障害者の早期復職・寛解・治療に関する調査・研究~労災認定後の長期療養の現状と課題~」

10月21日(日) 8:30-9:00 第2会場

座長 矢本 希夫 (和歌山労災病院 女性診療科)
演者 黒木 宣夫 (東邦大学)

教育講演

教育講演1 「産業医科大学病院における両立支援科・就学就労支援センター」

10月20日(土) 9:30-10:00 第2会場

座長 田島 文博 (和歌山県立医科大学医学部 リハビリテーション医学講座)
演者 尾辻 豊 (産業医科大学病院)

教育講演2 「脳神経血管内治療の現状と展望-就労者の脳血管障害をどう治療するか?-」

10月20日(土) 10:00-10:30 第2会場

座長 駒井 則彦 (琴の浦リハビリテーションセンター 高次脳機能研究所)
演者 寺田 友昭 (昭和大学藤が丘病院 脳神経外科)

教育講演3 「日本における手腕振動障害対策のこれまでとこれから」

10月20日(土) 10:30-11:00 第2会場

座長 寺下 浩彰 (和歌山県医師会)
演者 宮下 和久 (和歌山県立医科大学)

教育講演4 「医療者が、感染症と闘うには?~AMRアクションプランの政策の策定から早2年~」

10月20日(土) 13:20-13:50 第2会場

座長 小林 康人 (和歌山労災病院 外科)
演者 久保 健児 (日本赤十字社和歌山医療センター 感染症内科部・救急科部/和歌山感染危機管理支援ネットワーク(WaICCS)事務局)

教育講演5 「労働災害による末梢神経損傷と職業に関連した末梢神経障害に対する診断と治療」

10月20日(土) 13:50-14:20 第2会場

座長 鷲見 正敏 (神戸労災病院)
演者 酒井 昭典 (産業医科大学 若松病院)

教育講演6 「就労期認知症の早期発見とその対策」

10月20日(土) 14:20-14:50 第2会場

座長 寺本 明 (湘南医療大学)
演者 伊東 秀文 (和歌山県立医科大学医学部 神経内科学講座)

教育講演7 「社会医学系専門医・指導医制度について -当学会会員の専門医育成-」
※社会医学系専門医制度 指導医講習会

10月20日(土) 9:30-10:30 第4会場

座長 猿田 克年 (独立行政法人労働者健康安全機構)
演者 岡﨑 裕司 (関東労災病院 整形外科・脊椎外科)

教育講演8 「病院BCPは津波災害に対応できるか?」

10月21日(日) 9:00-9:30 第2会場

座長 中村 俊介 (和歌山労災病院 救急科)
演者 加藤 正哉 (和歌山県立医科大学医学部 救急集中治療医学講座 高度救命救急センター)

教育講演9 「脊椎脊髄手術における術中神経生理モニタリングの有用性と問題点
-早期復職を目指した安全な脊椎手術の為に-」

10月21日(日) 9:30-10:00 第2会場

座長 玉置 哲也 (和歌山労災病院/社会福祉法人愛徳園)
演者 安藤 宗治 (関西医科大学総合医療センター 整形外科)

教育講演10「医師の働き方改革」

10月21日(日) 10:00-10:30 第2会場

座長 中 啓吾 (和歌山労災病院 内科)
演者 小西 竜太 (関東労災病院 経営戦略室/救急総合診療科)

教育講演11「心臓突然死を防ぐ:職場健診の有用性と限界」

10月21日(日) 10:30-11:00 第2会場

座長 榎野 新 (中国労災病院)
演者 赤阪 隆史 (和歌山県立医科大学医学部 循環器内科)

教育講演12「歴史からみた勤労者における糖尿病治療の光と影」

10月21日(日) 11:00-11:30 第2会場

座長 木村 玄次郎 (旭労災病院)
演者 堀田 饒 (中部労災病院)

教育講演13「移植医療の現況と展望-早期復職を目指して-」

10月21日(日) 11:30-12:00 第2会場

座長 宇佐美 郁治 (旭労災病院)
演者 三好 新一郎 (岡山労災病院)

シンポジウム

シンポジウム1「勤労者の糖尿病診療の課題と対策-予防から診断・治療・就労支援まで-」

10月20日(土) 9:30-11:00 第1会場

座長 渡辺 毅 (福島労災病院)
中 啓吾 (和歌山労災病院 内科)
演者 糖尿病を予防するための注意点
井上 元 (日本赤十字社和歌山医療センター 糖尿病・内分泌内科)
糖尿病とメタボリック症候群その診断と意義について
山本 恒彦 (関西労災病院 糖尿病内分泌内科)
働く世代の糖尿病治療について
若﨑 久生 (和歌山労災病院 健康診断部/糖尿病センター)
糖尿病での就労両立支援の特徴と展開
中島 英太郎 (中部労災病院 糖尿病・内分泌内科)

シンポジウム2「治療就労両立支援のための看護の実際」

10月20日(土) 13:20-14:50 第1会場

座長 仲澤 妙美 (和歌山労災病院 看護部)
金本 純子 (橋本市民病院 糖尿病認定看護師)
演者 在宅酸素療法を行いながら、仕事を続ける患者の看護
岡本 香津美 (和歌山県立医科大学附属病院 慢性疾患看護専門看護師)
透析療法を必要とする患者への就労支援
今城 博枝 (日本赤十字社和歌山医療センター 透析看護認定看護師)
勤労者の抗がん剤治療について考える~抗がん剤治療を受けている肺がん患者への支援を通じて~
西川 貴子 (国立病院機構和歌山病院 がん化学療法認定看護師)
オストメイトの勤労者看護
山田 桂子 (和歌山労災病院 皮膚・排泄ケア認定看護師)
乳がん治療を受けながら働く患者の看護
濱沢 智美 (大阪労災病院 乳がん看護認定看護師)

シンポジウム3「地域包括ケアシステムの実現にむけて!-医療と介護の連携」

10月20日(土) 15:40-17:10 第1会場

座長 佐伯 覚 (産業医科大学医学部 リハビリテーション医学講座)
田内 潤 (大阪労災病院)
演者 地域リハビリテーションの担い手からみる地域包括ケアシステム
梅津 祐一 (小倉リハビリテーション病院)
安全においしく食べて栄養の力をアップさせよう
徳永 佐枝子 (東海学園大学 健康栄養学部 管理栄養学科)
「ちば地域リハ・パートナー」を通して考える地域に関わるリハ職の課題と対策
田中 康之 (千葉県千葉リハビリテーションセンター 地域リハ推進部)
地域における介護予防~生駒市の取組紹介~
田中 明美 (生駒市福祉健康部 地域包括ケア推進課)
地域包括ケアシステムにおける急性期病院看護師の役割~退院後訪問実施事例から~
田中 眞美 (和歌山労災病院 入退院支援センター)

シンポジウム4「災害時医療において医療安全管理がどこまで担保できるか」

10月20日(土) 15:40-17:10 第2会場

座長 水本 一弘 (和歌山県立医科大学附属病院 医療安全推進部)
松本 篤 (和歌山労災病院 薬剤部)
演者 和歌山県における災害医療対策
野㞍 孝子 (和歌山県福祉保健部)
和歌山市における災害時保健医療体制構築に向けた取組
永井 尚子 (和歌山市保健所)
災害時の消防と医療の連携
安留 秀起 (和歌山市消防局 警防課)
日本DMATインストラクターとしての立場から
那須 亨 (和歌山県立医科大学附属病院 高度救命救急センター)
患者と職員の安全を確保し、災害に強い病院づくりを目指して!
杉山 文栄 (新宮市立医療センター 看護部)

シンポジウム5「石綿小体検査の現状と課題」

10月20日(土) 9:30-11:00 第3会場

座長 川淵 靖司 (大阪労災病院 中央検査部)
中村 和之 (横浜労災病院 中央検査部)
演者 石綿小体計測を取り巻く現状について
田中 真理 (和歌山労災病院 中央検査部)
石綿小体検査の標本作製について
服部 和宏 (旭労災病院 中央検査部)
石綿小体計測の精度管理について
向井 春喜 (神戸労災病院 中央検査部)
石綿検査における分析透過電子顕微鏡の有用性
藤木 正昭 (九州労災病院 中央検査部)

シンポジウム6「災害医療における薬剤師の職能を活かした連携」

10月20日(土) 13:20-14:50 第3会場

座長 河井 良智 (関東労災病院 薬剤部)
石本 昌裕 (神戸労災病院 薬剤部)
演者 災害医療における病院薬剤師の役割と連携
満田 正樹 (和歌山労災病院 薬剤部)
災害医療支援薬剤師登録制度と支援薬剤師の活動について
安田 公美子 (大阪大学医学部附属病院 薬剤部)
モバイルファーマシー(災害対策医薬品供給車輌)を核とした薬剤師による災害支援活動について
松尾 哲也 (和歌山県薬剤師会)
クラウドを介した災害時医薬品供給管理システムの構築とその評価
北小路 学 (近畿大学薬学部 医療薬学科)
災害時における医療情報のバックアップ体制について~東日本大震災の教訓~
片山 潤 (石巻市立病院 薬剤科)

シンポジウム7「多職種連携・地域連携で取組む栄養管理」

10月20日(土) 15:40-17:10 第3会場

座長 野﨑 園子 (関西労災病院 神経内科/リハビリテーション科)
外裏 貴子 (中国労災病院 栄養管理部)
演者 糖尿病地域連携パスにおける栄養指導の重要性
森 友美 (和歌山労災病院 栄養管理室)
糖尿病患者の重症化予防を目的とした地域連携における管理栄養士の関りについて
橋本 今日子 (富山労災病院 栄養管理部)
糖尿病治療と就労の両立支援の取り組み
荒木 由美子 (関東労災病院 治療就労両立支援センター)
多職種連携で取組む栄養管理~がん治療において
有水 美智子 (横浜労災病院 栄養管理部)
多職種と地域で支える嚥下障害患者
森山 大介 (中部労災病院 栄養管理部)
熊本労災病院におけるNSTの現状~地域連携と今後の課題について~
藤井 しのぶ (熊本労災病院 栄養管理部)

シンポジウム8「脊髄損傷者の就労を支えるチーム医療」

10月20日(土) 13:20-14:50 第4会場

座長 德弘 昭博 (吉備高原医療リハビリテーションセンター)
富永 俊克 (山口労災病院 リハビリテーション科)
演者 脊髄損傷者の復職の現状とその支援
渡邊 友恵 (中部労災病院 リハビリテーション科)
脊髄損傷者の職業復帰におけるリハビリ専門病院の役割
古澤 一成 (吉備高原医療リハビリテーションセンター リハビリテーション科)
脊髄損傷者の就労におけるセルフマネジメントに向けた支援
尾下(中村)美保子 (総合せき損センター 看護部 皮膚・排泄ケア認定看護師)
脊髄損傷者の就労を支えるチーム医療-セラピストの立場から-
戸渡 富民宏 (北海道せき損センター 中央リハビリテーション部)
脊髄損傷者の就労における問題点~重度障害者多数雇用事業所の産業医の立場から~
池田 篤志 (吉備高原医療リハビリテーションセンター リハビリテーション科)
脊髄損傷者の在宅就労の実際と課題
渡部 広志 (株式会社NTTデータだいち ITサービス事業部)

シンポジウム9「勤労者のためのストレスマネジメント-多様な視点から」

10月20日(土) 15:40-17:10 第4会場

座長 小山 文彦 (東邦大学医療センター佐倉病院 産業精神保健・職場復帰支援センター)
大月 健郎 (岡山労災病院 心療内科・精神科)
演者 過重労働と心理的ストレス反応
岩根 幹能 (NSメディカル・ヘルスケアサービス)
日本における疲労の現状と評価法
倉恒 弘彦 (関西福祉科学大学 健康福祉学部)
働く女性のストレス危機とメンタルヘルスケア
丸山 総一郎 (神戸親和女子大学大学院 文学研究科)
医療機関勤務者を対象としたメンタルヘルス・マネジメント
小山 文彦 (東邦大学医療センター佐倉病院 産業精神保健・職場復帰支援センター)

シンポジウム10「チーム医療で支えるがん患者における治療就労両立支援」

10月21日(日) 9:00-10:30 第1会場

座長 小笠原 和宏 (釧路労災病院 外科)
竹田 泰 (東京労災病院 外科)
演者 東北労災病院における治療就労両立支援
野村 良平 (東北労災病院 治療就労両立支援センター)
東京労災病院における両立支援コーディネーターによるがん分野両立支援の実際~MSWの視点から~
原田 理恵 (東京労災病院 医療ソーシャルワーカー)
大阪労災病院治療就労両立支援センター両立支援外来での支援の現状と課題
井谷 美幸 (大阪労災病院 治療就労両立支援センター 保健師)
がん患者における治療両立支援の現状と今後
石崎 雅浩 (岡山労災病院 両立支援部/腹部外科)
乳がんと就労支援
柄川 千代美 (関西労災病院 乳腺外科)

シンポジウム11「脳卒中のチーム医療と地域連携-早期復職を目指して-」

10月21日(日) 10:30-12:00 第1会場

座長 瀧 琢有 (関西労災病院 脳神経外科)
橋本 弘行 (大阪労災病院 高血圧卒中内科)
演者 Stroke-hotlineを用いた脳卒中初期診療における病院前からの医療連携の取り組みと課題
辻 栄作 (和歌山労災病院 脳神経外科)
Comprehensive Stroke Centerを目指した脳卒中チームビルディング
徳永 聡 (九州労災病院 脳神経外科)
脳卒中チーム医療の中で活きる脳血管外科二刀流
豊田 真吾 (関西労災病院 脳神経外科)
脳卒中のチーム医療における看護師の役割
日坂 ゆかり (岐阜大学医学部看護学科 成人看護学)
脳卒中トータルケアの実現のために
豊田 章宏 (中国労災病院 治療就労両立支援センター/リハビリテーション科)

シンポジウム12「災害への備え~受援に向けた保健・医療体制の構築について~」

10月21日(日) 13:20-14:50 第1会場

座長 中森 知毅 (横浜労災病院 救急災害医療部)
赤田 昌紀 (東北労災病院 救急科)
演者 東日本大震災と原発事故を教訓とした災害時医療体制の検討
江尻 豊 (福島労災病院 消化器科)
DHEATから始まった受援準備
池田 和功 (和歌山県伊都振興局健康福祉部 橋本保健所)
熊本地震を経験して~被災地の保健師インタビュー記録から~
木脇 弘二 (熊本県菊池保健所)
避難所運営時のための備えておくこと
千島 佳也子 (国立病院機構災害医療センター 厚生労働省DMAT事務局)

シンポジウム13「性差医療からみた働く女性の現状と課題」

10月21日(日) 13:20-14:50 第2会場

座長 榎本 多津子 (榎本耳鼻咽喉科)
谷本 敏 (和歌山労災病院 産婦人科)
演者 働く女性の腰痛について
北原 照代 (滋賀医科大学社会医学講座 衛生学部門)
夜間労働時の内分泌環境
宮内 文久 (愛媛労災病院 産婦人科)
職業性ストレスと精神的ストレスの性差について-人間ドック受診者からの検討-
井上 信孝 (神戸労災病院 循環器内科)
客観的指標から見たストレスの性差
辰田 仁美 (和歌山労災病院 呼吸器内科)

シンポジウム14「耳鼻咽喉科領域における職業災害とそのマネジメント」

10月21日(日) 9:00-10:30 第3会場

座長 西池 季隆 (大阪労災病院 耳鼻咽喉科/頭頸部外科)
小林 一女 (昭和大学医学部 耳鼻咽喉科学講座)
演者 メニエール病のマネジメント、内リンパ水腫のダイナミクス
福嶋 宗久 (関西労災病院 耳鼻咽喉科/頭頸部外科)
騒音性難聴防止のための日本耳鼻咽喉科学会の取り組みについて
杉原 三郎 (山陰労災病院 耳鼻咽喉科)
和歌山県内の騒音性難聴労災障害補償意見書提出例について
横山 道明 (和歌山労災病院 耳鼻咽喉科/頭頸部外科)
騒音職場従事者の聴力レベルの変化と騒音障害防止に向けた取り組み
麦谷 耕一 (新日鐵住金株式会社和歌山製鐵所 NSメディカル・ヘルスケアサービス)

シンポジウム15「働き盛りの肝臓病-慢性肝疾患の拾い上げと治療就労の両立に向けて-」

10月21日(日) 10:30-12:00 第3会場

座長 林 紀夫 (関西労災病院)
玉井 秀幸 (和歌山労災病院 肝臓内科)
演者 和歌山県における肝炎対策
原田 雄介 (和歌山県福祉保健部 健康局 健康推進課 感染症対策班)
肝疾患診療連携拠点病院肝疾患相談支援センターの取り組みと課題
清水 遼 (和歌山県立医科大学医学部 消化器内科(内科学第二講座))
C型肝炎患者の拾い上げと両立支援における課題
萩原 秀紀 (関西労災病院 消化器内科)
当院における慢性肝炎患者の拾い上げの取り組みについて
玉井 秀幸 (和歌山労災病院 肝臓内科)
NASH患者における長期予後に関しての検討
法水 淳 (大阪労災病院 消化器内科)

シンポジウム16「放射線管理区域における放射線被ばく管理」

10月21日(日) 13:20-14:50 第3会場

座長 太田 育宏 (大阪労災病院 中央放射線部)
佐藤 努 (横浜労災病院 中央放射線部)
演者 透視下腰椎神経根ブロックにおける散乱線の検討
武藤 俊一 (千葉労災病院 中央放射線部)
X線CT検査の被ばく低減を目的とした画質担保の考え方
大鳥 武志 (神戸労災病院 中央放射線部)
一般撮影における診断参考レベル設定の意義と実践 第2報
宮副 浩司 (九州労災病院 中央放射線部)
放射線診療従事者の被ばく管理と被ばく低減への取り組み
山本 迅 (横浜労災病院 中央放射線部)

労災疾病等医学研究・両立支援報告

両立支援報告

10月20日(土) 9:00-10:00 第6会場

座長 津田 隆之 (関西労災病院 整形外科)
演者 (両立)がん分野
加藤 宏一 (東京労災病院 脳神経外科)
(両立)糖尿病分野での両立支援モデル事業の現況と今後
中島 英太郎 (中部労災病院 糖尿病・内分泌内科)
両立支援モデル事業報告:脳卒中リハビリテーション分野
豊田 章宏 (中国労災病院 治療就労両立支援センター)
両立支援モデル事業報告:メンタルヘルス分野
井上 志乃 (東京労災病院 治療就労両立支援センター)
両立支援モデル事業報告:両立支援コーディネーター養成研修
小川 裕由 (独立行政法人労働者健康安全機構)

労災疾病等医学研究1

10月20日(土) 10:00-11:00 第6会場

座長 宇佐美 郁治 (旭労災病院)
演者 RODEO studyについて ―運動器外傷診療の標準化と質向上を目指して―;第4報
三上 容司 (横浜労災病院 運動器センター)
ゲノムワイド関連解析を用いた膀胱癌易罹患性素因と職業分類の関連の検討
武内 巧 (関東労災病院)
じん肺の研究・開発、普及:第4期研究計画について-特に喀痰中エラスターゼ活性の測定について-
大塚 義紀 (北海道中央労災病院 内科)
(労災)石綿肺がん患者における肺内石綿小体・繊維に関する研究
岸本 卓巳 (岡山労災病院 アスベスト関連疾患研究・研修センター)

労災疾病等医学研究2

10月20日(土) 13:20-14:20 第6会場

座長 河村 孝彦 (中部労災病院 治療就労両立支援センター)
演者 (労災)勤労世代のインターフェロンフリー治療によるSVR後の肝発癌についての研究
萩原 秀紀 (関西労災病院 消化器内科)
冠動脈疾患症例におけるストレス応答の地域差に関する研究
松村 敏幸 (熊本労災病院 循環器内科)
教員の過労死を予防するモデルの構築に関する調査研究
宗像 正徳 (東北労災病院 生活習慣病研究センター)
抑うつ傾向と脳、心臓疾患発症リスクとの関係 -勤労者と非勤労者の比較-
金野 敏 (東北労災病院 高血圧内科/生活習慣病研究センター)
就労者の疲労(ストレス)に対する客観的指標の実用的な応用に関する研究
辰田 仁美 (和歌山労災病院 働く女性健康研究センター)

労災疾病等医学研究3

10月20日(土) 15:40-16:40 第6会場

座長 加藤 賢朗 (独立行政法人労働者健康安全機構)
演者 職場におけるメンタルヘルス不調の予測因子の検討に関する研究
柴岡 三智 (東京労災病院 両立支援部/勤労者メンタルヘルス研究センター)
過重労働下における体内代謝産物のメタボローム解析の特徴とACS患者との比較検討
柴田 正行 (関東労災病院)
(労災)抗がん剤取扱い手順の最適化を目指した実証研究における調査・研究
柳澤 友希 (横浜労災病院 薬剤部)
復職支援に係る周術期における蛋白補充と運動負荷による早期復帰に向けた試み
小林 康人 (和歌山労災病院)

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー1「働く世代の糖尿病治療を考える~個別化医療としての就労と治療の両立~」

10月20日(土) 12:10-13:10 第1会場

座長 古田 浩人 (和歌山県立医科大学 内科学第一講座)
演者 中島 英太郎 (中部労災病院 糖尿病・内分泌内科/治療就労両立支援センター 両立支援部)

共催:武田薬品工業株式会社

ランチョンセミナー2「糖尿病患者の治療・就労支援 〜関東労災病院での取り組み〜」

10月20日(土) 12:10-13:10 第2会場

座長 南條 輝志男 (和歌山労災病院)
演者 浜野 久美子 (関東労災病院 糖尿病・内分泌内科)

共催:ノボ ノルディスク ファーマ株式会社

ランチョンセミナー3「中皮腫診断におけるFISHおよびBAP-1の重要性」

10月20日(土) 12:10-13:10 第3会場

座長 由佐 俊和 (千葉労災病院 アスベスト疾患センター)
演者 廣島 健三 (東京女子医科大学八千代医療センター 病理診断科)

共催:独立行政法人環境再生保全機構

ランチョンセミナー4「膵癌治療の最前線 -発癌リスク・診断・治療について-」

10月20日(土) 12:10-13:10 第4会場

座長 徳村 弘実 (東北労災病院)
演者 山上 裕機 (和歌山県立医科大学 外科学第2講座)

共催:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

ランチョンセミナー5
「海外医療救援活動における薬剤師の役割~薬はどこからやってきて、そしてどのように使われていくのか?~」

10月21日(日) 12:10-13:10 第1会場

座長 平岡 眞寛 (日本赤十字社和歌山医療センター)
演者 榊本 亜澄香 (日本赤十字社和歌山医療センター 薬剤部 薬事課 医薬品情報)

共催:中外製薬株式会社

ランチョンセミナー6「災害時の糖尿病診療~災害時に糖尿病患者を守るために~」

10月21日(日) 12:10-13:10 第2会場

座長 赤井 裕輝 (東北医科薬科大学医学部 糖尿病代謝内科)
演者 陣内 秀昭 (医療法人社団陣内会 陣内病院)

共催:アークレイ株式会社

ランチョンセミナー7「C型肝炎は治る時代へ」

10月21日(日) 12:10-13:10 第3会場

座長 玉井 秀幸 (和歌山労災病院 肝臓内科)
演者 平松 直樹 (大阪労災病院 消化器内科)

共催:アッヴィ合同会社

page top