第60回日本形成外科学会総会・学術集会

2016年11月19日(土)~20日(日) 大阪国際会議場 会長:細川亙

プログラム

日程表

4/12(水) 4/13(木) 4/14(金)

プログラム

一般口演 一般ポスター Eポスター 共催セミナー
LS-9 演者変更
Scott L. Spear 先生ご逝去の為
演者が変更となりました
[変更後] Alexandre Mendonca Munhoz

理事長講演

4月13日(木)17:20~17:50 第1会場(5F メインホール)

形成外科の今後を考える
演者 細川 亙(日本形成外科学会 理事長)

特別講演

4月14日(金)13:30~14:30 第1会場(5F メインホール)

再生医療の現状と未来~心筋再生治療の開発を中心に~
司会 鈴木 茂彦(京都大学大学院医学研究科形成外科学)
演者 澤 芳樹(大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科)

文化講演

文化講演 1

4月12日(水)13:30~14:30 第1会場(5F メインホール)

能面のおはなし
司会 川上 重彦(金沢医科大学形成外科学)
西野 健一(京都府立医科大学形成外科/石鎚会田辺中央病院形成外科)
演者 中村 光江(能面師)

文化講演 2

4月13日(木)10:40~11:40 第1会場(5F メインホール)

落語的学問のすすめ
司会 細川 亙(日本形成外科学会 理事長)
演者 桂 文珍(落語家:株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

招待講演

招待講演 1

4月12日(水)14:30~15:30 第1会場(5F メインホール)

Addressing Challenges of Autologous Breast Reconstruction in the Asian Patient
司会 中塚 貴志(埼玉医科大学形成外科・美容外科)
演者
David H. Song(Department of Plastic & Reconstructive Surgery, the University of Chicago Medicine & Biological Sciences, USA)

招待講演 2

4月13日(木)16:20~17:20 第1会場(5F メインホール)

A SWOT Analysis of Plastic Surgery
司会 清川 兼輔(久留米大学医学部形成外科・顎顔面外科学)
演者 Debra J. Johnson(Plastic Surgery, UC Davis Medical Center, USA)

招待講演 3

4月14日(金)10:50~11:50 第1会場(5F メインホール)

Evolution of Craniofacial Surgery in Korea : Beginning, Evolution & Future
司会 山本 有平(北海道大学大学院医学研究科形成外科学分野)
演者
Dae Hyun Lew(Department of Plastic & Reconstructive Surgery, Severance Hospital, Yonsei University College of Medicine, Korea)

招待講演 4

4月14日(金)14:40~15:40 第1会場(5F メインホール)

Current Status and Future Prospects for Plastic Surgeons in Korea
司会 朝戸 裕貴(獨協医科大学形成外科学)
演者
Byung Chae Cho(Previous Chairman, Board of Directors, Korean Society of Plastic & Reconstructive Surgeons, Korea)

International Forum

4月13日(木)17:50~18:30 第1会場(5F メインホール)

Moderators
波利井清紀(杏林大学医学部形成外科学)
Hak Chang(Department of Plastic and Reconstructive Surgery, Seoul National University Hospital, Seoul National University College of Medicine, Korea)
演者 細川 亙(日本形成外科学会 理事長)
David H. Song(Department of Plastic & Reconstructive Surgery, the University of Chicago Medicine & Biological Sciences, USA/米国形成外科学会前理事長)
Debra J. Johnson(Plastic Surgery, UC Davis Medical Center, USA/米国形成外科学会理事長)
Byung Chae Cho(Department of Plastic & Reconstructive Surgery, Kyungpook National University Hospital, Korea/韓国形成外科学会前理事長)
Dae Hyun Lew(Department of Plastic & Reconstructive Surgery, Yonsei University, College of Medicine, Korea/韓国形成外科学会理事長)

特別シンポジウム

4月13日(木)14:50~16:20 第1会場(5F メインホール)

動き出した美容医療制度改革:
広告規制、医師制度、医薬品・医療機器承認、美容医療材料機器の制度設計
司会 細川 亙(日本形成外科学会 理事長)
大慈弥裕之(福岡大学医学部形成外科学)
演者

広告規制とホームページ

谷野隆三郎(東海大学名誉教授)

専門医制度改革と美容医療

朝戸 裕貴(獨協医科大学 形成外科学)

美容医療健全化に向けたJSAPSの取り組み

佐藤 兼重(日本美容外科学会(JSAPS)理事長)

美容医療健全化に向けたJSASの取り組み

森上 和樹(日本美容外科学会(JSAS)理事)

医薬品・医療機器等承認の解釈

金光 一瑛(厚生労働省 医政局)

美容医療材料・機器のための制度設計

秋野 公造(参議院議員)

ISAPS-JSPRS Joint Symposium

ISAPS-JSPRS Joint Symposium Opening Ceremony

4月12日(水)9:00~9:05 第2会場(10F 会議室1003)

Welcome and Introduction
Moderators
細川 亙(日本形成外科学会 理事長)
高柳 進(メガクリニック)

ISAPS-JSPRS Joint Symposium 1

4月12日(水)9:05~10:30 第2会場(10F 会議室1003)

Periorbital
Moderators
野平久仁彦(蘇春堂形成外科)
宇津木龍一(クリニック宇津木流)
演者

Prevention and Treatment of Lower Lid Mal Position

Dirk F. Richter(Department of Plastic and Reconstructive Surgery at Dreifaltigkeits-Hospital in Wesseling / The University Bonn, Germany)

Periorbital Rejuvenation Up to Date

Dirk F. Richter(Department of Plastic and Reconstructive Surgery at Dreifaltigkeits-Hospital in Wesseling / The University Bonn, Germany)

Frowning - An underestimated Complication of Upper Blepharoplasty - Etiology, Treatment , and Prevention

Chang-Chien Yang (Artwood Plastic Surgery Clinic, Taiwan)

The Warning Signs of Difficult Formation of Double Fold

Chang-Chien Yang (Artwood Plastic Surgery Clinic, Taiwan)

ISAPS-JSPRS Joint Symposium 2

4月12日(水)10:30~12:00 第2会場(10F 会議室1003)

Rhinoplasty
Moderators
菅原 康志(リラ・クラニオフェイシャル・クリニック)
Man Koon Suh(JW Plastic Surgery Center, Korea)
演者

Daviated Nose Correction

Man Koon Suh (JW Plastic Surgery Center, Korea)

Correction Short Nose Correction: Tips and Pitfalls

Man Koon Suh (JW Plastic Surgery Center, Korea)

Rhinoplasty, Do we Abuse Using Grafts ?

Arturo Ramirez Montañana (Cirujano Plastico en Monterrey, Mexico)

Final Procedure on Nasal Reconstruction

冨士森良輔(冨士森形成外科医院)

ISAPS-JSPRS Joint Symposium 3

4月12日(水)14:40~16:15 第2会場(10F 会議室1003)

Facial Rejuvenation
Moderators
James C. Grotting(The University of Alabama at Birmingham, USA)
高柳 進(メガクリニック)
演者

High SMAS and Fat Grafting

Arturo Ramirez Montañana (Cirujano Plastico en Monterrey, Mexico)

Mid Face Lift for Aesthetic and Complication Cases

Dirk F. Richter(Department of Plastic and Reconstructive Surgery at Dreifaltigkeits-Hospital in Wesseling / The University Bonn, Germany)

Aesthetic Facial Surgery in Young Patients

Bertha Torres Gomes (Hospital Español, Mexico)

The Neck - When to Open and When to Treat Closed

James C. Grotting (The University of Alabama at Birmingham, USA)

Adjunctive Treatments in Facial Rejuvenation - Lasers , Peels , Toxins and Fillers

James C. Grotting (The University of Alabama at Birmingham, USA)

シンポジウム

シンポジウム 1

4月12日(水)9:00~10:30 第1会場(5F メインホール)

リンパ浮腫治療の今後
司会 前川 二郎(横浜市立大学医学部形成外科)
光嶋 勲(東京大学大学院医学系研究科形成外科学)
演者

リンパ浮腫の評価の低侵襲化

秋田 新介(千葉大学医学部形成外科)

リンパ管静脈側端吻合術によるリンパ浮腫治療の今後

矢吹雄一郎(横浜市立大学医学部形成外科)

リンパ浮腫に対するLiposuction + distal LVA - 機能回復と整容性の改善

山田 潔(岡山大学病院形成再建外科)

リンパ移植術によるリンパ浮腫治療の今後

山下 修二(東京大学医学部形成外科)

HGFによるリンパ浮腫治療

齊藤 幸裕(旭川医科大学外科学講座血管外科)

LVAの限界を押し上げる
~系統的手術戦略とチームアプローチによる術後集中排液の取り組み

大西 文夫(埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科)

シンポジウム 2

4月12日(水)10:30~12:00 第1会場(5F メインホール)

頭頸部再建に残された課題-二次再建の挑戦と課題-
司会 木股 敬裕(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科形成再建外科)
亀井 譲(名古屋大学医学系研究科形成外科学)
演者

眼窩部の二次再建と課題

元村 尚嗣(大阪市立大学大学院医学研究科形成外科学)

口蓋の二次再建と課題

松本 洋(岡山大学病院頭頸部がんセンター形成再建外科)

下顎の二次再建と課題

林 利彦(北海道大学医学部形成外科)

重症下顎骨放射線骨髄炎に対する手術
-デブリドマン範囲を病理組織学的検討結果から考察する-

橋川 和信(神戸大学大学院医学研究科形成外科学)

咽頭皮膚瘻孔の再建と課題

東野 琢也(国立がん研究センター東病院形成外科)

食道の二次再建と課題

梅澤 裕己(日本医科大学付属病院形成外科・再建外科・美容外科)

シンポジウム 3

4月12日(水)15:30~17:00 第1会場(5F メインホール)

インプラントによる乳房再建:患者満足度を高める工夫
司会 宮脇 剛司(東京慈恵医科大学附属病院形成外科学講座)
稲川 喜一(川崎医科大学形成外科)
演者

乳房インプラントによる乳房再建の理想と限界

寺尾 保信(がん・感染症センター都立駒込病院形成再建外科)

TE/SBI再建の患者満足度を高めるために-術前の相談事項から術後のケアまで-

棚倉 健太(がん研究会有明病院形成外科)

インプラント再建における当施設の取り組み

渋谷 麻衣(横浜市立大学附属市民総合医療センター形成外科)

人工物再建におけるExp.選択の工夫-extra full projectionの有用性

岩平 佳子(医療法人社団ブレストサージャリークリニック)

TE挿入後の早期リハビリテーション~第2報:大胸筋の筋電図を根拠としたプログラム~

原岡 剛一(社会医療法人生長会府中病院形成外科)

アートメイクを用いた乳輪乳頭再建

冨田 祥一(東京慈恵会医科大学形成外科学講座)

シンポジウム 4

4月12日(水)9:00~10:30 第3会場(10F 会議室1001-2)

口蓋裂術後長期言語成績と追加治療
司会 四ッ柳高敏(札幌医科大学医学部形成外科学)
吉本 信也(昭和大学医学部形成外科学)
演者

東北大形成外科でのPush back法における言語の術後長期成績について

今井 啓道(東北大学病院唇顎口蓋裂センター形成外科)

口蓋裂手術の問題点と二次手術

角谷 徳芳(昭和大学藤が丘病院形成外科)

口蓋裂術後長期経過ではNasalance scoreは悪化する

藤田 研也(長野県立こども病院形成外科)

口蓋裂術後長期成績と追加手術

舟山 恵美(北海道大学医学部形成外科)

術前顎矯正装置を用いた早期唇顎口蓋形成術の長期経過
-子音の初発順序はその後の言語成績を予測しうる-

花井 潮(東海大学医学部外科学系形成外科学)

Furlow法における裂型別の言語成績と追加治療

小林 眞司(神奈川県立こども医療センター形成外科)

シンポジウム 5

4月12日(水)10:30~12:00 第3会場(10F 会議室1001-2)

血管奇形:自験例から見た「良い」「悪い」部分切除の条件
司会 関堂 充(筑波大学医学医療系形成外科)
岡崎 睦(東京医科歯科大学大学院形成・再建外科学分野)
演者

脈管奇形の部分切除-部位、浸潤性、硬化療法併用の有無についての検討

佐々木 了(国家公務員共済組合連合会斗南病院形成外科)

当科における血管奇形の部分切除の戦略と工夫-脈管の構成要素に応じた手術術式-

野村 正(神戸大学大学院医学研究科形成外科学)

血管奇形部分切除の条件

成島 三長(東京大学医学部形成外科)

小児期動静脈奇形の治療

尾崎 峰(杏林大学医学部形成外科)

手指AVM:「末端壊死を起こす治療」と「起こさない治療」

波多 祐紀(大阪病院形成外科)

種々の血管奇形における「良い」「悪い」部分切除の条件

秋田 定伯(福岡大学医学部形成外科・創傷再生学講座)

シンポジウム 6

4月12日(水)9:00~10:30 第7会場(12F 特別会議場)

頭蓋顎顔面外科の最前線
司会 小室 裕造(帝京大学医学部形成外科)
上田 晃一(大阪医科大学形成外科学)
演者

小児頭蓋形成術の最前線
~syndromic craniosynostosisに対する治療戦略~

玉田 一敬(東京都立小児総合医療センター形成外科)

MCDO法による頭蓋縫合早期癒合症の治療 ~past and future~

須永 中(自治医科大学形成外科)

後頭蓋骨延長術

小室 裕造(帝京大学医学部形成外科)

Surgery-Firstアプローチによる顎矯正手術におけるコンピューター支援3次元仮想手術計画 3D-CASSによる治療

渡辺 頼勝(東京警察病院形成外科美容外科)

Maxilloifacial surgeryの最前線
-surgery first approachにおける術後顎位安定性とTow Jaw Surgery-

赤松 正(東海大学医学部外科学系形成外科学)

鼻中隔延長術における工夫
~第34回日本頭蓋顎顔面外科学会 ライブサージェリーを振り返って~

広比 利次(リッツ美容外科東京院)

シンポジウム 7

4月12日(水)10:30~12:00 第7会場(12F 特別会議場)

医療画像データの臨床応用
司会 西本 聡(兵庫医科大学形成外科)
水野 博司(順天堂大学医学部形成外科学講座)
演者

すべてが変わった整形外科の診断と治療 -画像解析システムの進歩とともに

菅本 一臣(大阪大学大学院医学系研究科運動器バイオマテリアル寄附講座)

かたち以外のものをみる画像診断

永竿 智久(香川大学医学部形成外科学講座)

乳房再建領域における超音波elastographyの応用

素輪 善弘(京都府立医科大学形成外科)

CT画像データを用いた画像分析・手術支援
~CADCAMによるマッピング分析、三次元テンプレート~

竹市 夢二(大雄会第一病院)

移動型コーンビームCTを用いた画像による術中評価

前田 和彦(京都大学医学研究科形成外科学)

フリーソフトでここまで出来る!CTデータの活用術

曽束 洋平(兵庫医科大学形成外科)

シンポジウム 8

4月13日(木)9:00~10:30 第1会場(5F メインホール)

次なる形成外科のbreakthroughは何か
司会 磯貝 典孝(近畿大学医学部形成外科学)
館 正弘(東北大学大学院医学系研究科形成外科)
演者

形成外科医ならではの基礎研究の発展性

岡部 圭介(慶應義塾大学医学部形成外科)

形成外科のbreakthroughのために工学に期待すること

永竿 智久(香川大学医学部形成外科学講座)

眼形成・眼窩外科の推進 -今後の形成外科を支える柱になるために-

山下 建(札幌医科大学医学部形成外科)

吸収性材料、自家組織を用いたin situ Tissue Engineering

森本 尚樹(関西医科大学形成外科)

ハイブリット型スカフォールドを導入した軟骨再生誘導法

福田 智一(近畿大学医学部形成外科)

有茎神経移植法とFascicular transferの応用

水田 栄樹(東京大学医学部附属病院形成外科)

シンポジウム 9

4月13日(木)9:00~10:30 第3会場(10F 会議室1001-2)

Best Practiceから考える上顎再建の術式とコンセプト
司会 元村 尚嗣(大阪市立大学大学院医学研究科形成外科学)
梶川 明義(聖マリアンナ医科大学医学部形成外科学)
演者

上顎再建の考え方Best Practiceからの考察

櫻庭 実(岩手医科大学形成外科)

Best Practiceから考える上顎再建の術式とコンセプト
-当科における上顎の再建戦略-

松本 洋(岡山大学病院頭頸部がんセンター形成再建外科)

眼窩顔面の整容的再建法:
5 points theoryと3-step orbitofacial reconstruction

梶川 明義(聖マリアンナ医科大学形成外科学教室)

上顎再建における骨格復元の重要性

石田 勝大(東京慈恵会医科大学形成外科)

肩甲骨弁による口蓋再建

垣淵 正男(兵庫医科大学形成外科)

上顎即時再建における義歯のための顎堤形成法

去川 俊二(自治医科大学形成外科)

Best Practiceから考える上顎再建の術式とコンセプト

宮内 律子(山口県立総合医療センター)

シンポジウム 10

4月13日(木)15:50~17:20 第3会場(10F 会議室1001-2)

次世代の下肢救済:治療、再発予防、積極的予防
司会 寺師 浩人(神戸大学大学院医学研究科形成外科学)
市岡 滋(埼玉医科大学形成外科)
演者

Well-beingを目指した重症下肢虚血の集学的治療

辻 依子(新須磨病院形成外科・創傷治療センター)

足部変形、関節可動域制限を伴う糖尿病性潰瘍の治療戦略

佐藤 智也(埼玉医科大学医学部形成外科)

重症下肢虚血を救肢する 感染と虚血を如何に制御するか?

藤井 美樹(北播磨総合医療センター形成外科重症虚血肢センター)

下肢救済における次世代の血管・組織再生治療

田中 里佳(順天堂大学医学部形成外科学講座)

糖尿病足病変再発予防のためのチーム医療 血行再建の次に必要なものとは?

菊池 守(下北沢病院)

創傷治療への新しい挑戦
~急性期病院と完全連動した在宅創傷ケアシステムの構築を目指して~

木下 幹雄(東京西徳洲会病院形成外科)

シンポジウム 11

4月13日(木)9:00~10:30 第7会場(12F 特別会議場)

腋臭症治療 up-to-date
司会 武田 啓(北里大学医学部形成外科・美容外科学)
漆舘 聡志(弘前大学大学院医学研究科形成外科学講座)
演者

腋臭症に対するクワドラカット法

野村 紘史(医療法人新美会新垣形成外科)

腋臭症に対する剪除法と超音波破砕粉砕吸引法の比較検討

宮本 純平(宮本形成外科)

ローラークランプ法について

佐藤 和夫(日本医科大学形成外科学教室)

ミラドライ治療の有用性について

河田 真作(河田外科形成外科)

多汗症【ボツリヌストキシン治療】

土井 秀明(こまちクリニック)

腋臭症の遺伝

坂井 靖夫(坂井クリニック形成外科・皮フ科)

シンポジウム 12

4月13日(木)15:50~17:20 第7会場(12F 特別会議場)

形成外科における手外科の現状と展望
司会 田中 克己(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科形成再建外科学)
橋本 一郎(徳島大学大学院形成外科学)
演者

形成外科における手外科の現状と展望 外傷

石河 利広(大津赤十字病院形成外科)

長崎大学病院における手外科領域の熱傷治療について

吉本 浩(長崎大学医学部形成外科)

形成外科における手外科の現状と展望-瘢痕・瘢痕拘縮-

島田 賢一(金沢医科大学形成外科)

上肢血管奇形切除再建のコツと考え方

成島 三長(東京大学医学部形成外科)

形成外科における手外科の現状と展望
-埼玉手外科研究所の経験から(先天異常)-

福本 恵三(埼玉成恵会病院埼玉手外科研究所)

形成外科における手外科:アンチエイジングの現状

山下 理絵(湘南鎌倉総合病院形成外科美容外科)

形成外科医が手外科専門医試験に合格するには

平瀬 雄一(四谷メディカルキューブ手の外科マイクロサージャリーセンター)

シンポジウム 13

4月14日(金)8:50~10:20 第1会場(5F メインホール)

瘢痕・ケロイド治療のbreakthrough
司会 小川 令(日本医科大学形成外科)
貴志 和生(慶應義塾大学医学部形成外科学教室)
演者

瘢痕・ケロイド治療研究会の活動紹介-JSW Scar Scaleから診断・治療指針作成の試み-

小川 令(日本医科大学形成外科)

ケロイド/肥厚性瘢痕治療の目標を再考する -ケロイドの再発を定義する-

林 利彦(北海道大学医学部形成外科)

ケロイド・肥厚性瘢痕に対する外科的治療および術後補助療法
-電子線照射とステロイド局所投与を中心に-

清水 史明(大分大学医学部附属病院形成外科)

瘢痕・ケロイドに対するレーザー治療のBreakthrough

河野 太郎(東海大学医学部外科学系形成外科学)

瘢痕・ケロイドに対するテープ治療のBreakthrough

松村 一(東京医科大学形成外科学分野)

ケロイド・肥厚性瘢痕に対するボツリヌス毒素の有効性の検討

近藤 謙司(湘南鎌倉総合病院形成外科美容外科)

βブロッカーはケロイド・肥厚性瘢痕に対する新規治療薬となり得る
-ケースコントロールスタディー-

江野尻竜樹(京都大学形成外科)

ホールマウント染色を用いたケロイドの可視化による発症メカニズムの推察

岡部 圭介(慶應義塾大学医学部形成外科)

エラストグラフィーによる前胸部皮膚硬軟性絶対値のエイジング曲線:
高齢者の追加調査

宗内 巌(大阪府済生会中津病院形成外科)

シンポジウム 14

4月14日(金)15:50~17:20 第1会場(5F メインホール)

形成外科医に対する美容外科教育
司会 高柳 進(メガクリニック)
野平久仁彦(蘇春堂形成外科)
演者

美容外科教育 現実的な選択とは何か?

野平久仁彦(蘇春堂形成外科)

形成外科医に対する美容外科教育

保阪 善昭(総合東京病院形成外科・美容外科)

形成外科医に対する美容外科教育

宇津木龍一(クリニック宇津木流)

形成外科のsubspecialtyとしての美容外科の確立に向けて

朝戸 裕貴(獨協医科大学形成外科学)

形成外科医に対する美容外科教育(美容外科医になって考えること)

藤本 雅史(ヴェリテクリニック)

形成外科医に対する美容外科教育

井上 義一(藤田保健衛生大学形成外科)

シンポジウム 15

4月14日(金)14:30~16:00 第2会場(10F 会議室1003)

自家組織乳房再建:どこまで左右対称性を追及できるのか
司会 矢野 健二(大阪大学大学院医学系研究科乳房再生医学寄附講座)
佐武 利彦(横浜市立大学附属市民総合医療センター形成外科)
演者

下部領域乳癌の乳房部分切除に対する自家組織乳房再建

小川 朋子(三重大学医学部附属病院乳腺センター)

腹部以外を採取部とする自家組織乳房再建
【対称性を追求した皮弁選択・乳房マウンド作成・修正術】

武藤 真由(横浜市立大学附属市民総合医療センター形成外科)

質の高い自家組織乳房再建の普遍化の試み

永田亜矢子(愛知医科大学形成外科)

腹部遊離皮弁を用いた自家組織乳房再建術における対称性表現のInitial Goal

矢島 和宜(蘇春堂形成外科)

遊離下腹部皮弁による乳房マウンド作成術の要点-当科での方法と考え方-

奥村 興(神鋼記念病院形成外科)

下垂乳房症例における自家組織再建:3Dイメージングを用いた2期的治療戦略

冨田 興一(大阪大学医学部形成外科)

シンポジウム 16

4月14日(金)10:30~12:00 第3会場(10F 会議室1001-2)

脂肪注入を駆使した乳房再建
司会 吉村浩太郎(自治医科大学形成外科)
松村 一(東京医科大学形成外科学分野)
演者

脂肪注入を利用した乳房再建のアルゴリズム

淺野 裕子(亀田総合病院乳腺センター乳房再建外科)

遊離脂肪移植を付加した人工物乳房再建

藤原 貴史(森之宮病院形成外科)

Touch up surgeryからFirst-lineまで:乳房再建における脂肪移植の役割

宇田 宏一(自治医科大学形成外科)

乳房再建に用いた脂肪注入の多様な有用性と今後の展望

田中 義人(関西医科大学総合医療センター形成外科)

脂肪注入を用いた乳房再建の侵襲と満足度

辻 直子(セルポートクリニック横浜)

脂肪注入を駆使した乳房再建術
【移植床準備・移植脂肪準備・注入手技・術後管理のプロセスを最適化する】

佐武 利彦(横浜市立大学附属市民総合医療センター形成外科)

シンポジウム 17

4月14日(金)14:30~16:00 第3会場(10F 会議室1001-2)

「わかりやすい」顔面神経麻痺治療
司会 松田 健(新潟大学大学院医歯学総合研究科形成外科学)
多久嶋亮彦(杏林大学医学部形成外科)
演者

陳旧性顔面神経麻痺に対する遊離筋肉移植術の変遷

多久嶋亮彦(杏林大学医学部形成外科)

静的再建(歴史、overview、最近の方向)

上田 和毅(福島県立医科大学医学部形成外科)

顔面神経再建外科(基礎から臨床へ)

古川 洋志(北海道大学医学部形成外科)

顔面神経麻痺に対する神経移行術並びに筋肉移行術 ~その歩みと今後の展望~

林 礼人(順天堂大学医学部形成外科)

顔面神経麻痺再建術後の評価法 当科の取組・課題と今後の方向性

林 明照(東邦大学医療センター佐倉病院形成外科)

顔面神経麻痺後の病的共同運動に対する形成外科的治療

松田 健(新潟大学医歯学総合研究科形成外科)

シンポジウム 18

4月14日(金)10:30~12:00 第7会場(12F 特別会議場)

下肢静脈瘤の標準的治療
司会 櫻井 裕之(東京女子医科大学形成外科)
広川 雅之(お茶の水血管外科クリニック)
演者

本邦における一次性下肢静脈瘤治療の現状 -静脈学会サーベイXVIIの分析-

佐戸川弘之(福島県立医科大学医学部心臓血管外科)

下肢静脈瘤に対する血管内治療の治療成績

山本 崇(お茶の水血管外科クリニック)

下肢静脈瘤に対する血管内高周波焼灼術

白石 恭史(白石血管外科クリニック)

下肢静脈瘤に対するフォーム硬化療法の現状

八巻 隆(東京女子医科大学形成外科)

下肢静脈瘤に対する内視鏡的筋膜下穿通枝切離術の適応

菰田 拓之(大雄会第一病院あしの外来)

シンポジウム 19

4月14日(金)14:30~16:00 第7会場(12F 特別会議場)

眼窩腫瘍の診断と治療
司会 垣淵 正男(兵庫医科大学形成外科)
楠本 健司(関西医科大学形成外科学講座)
演者

眼窩腫瘍の診断と治療

嘉鳥 信忠(大浜第一病院聖隷浜松病院眼形成眼窩外科)

眼窩腫瘍の診断と治療-眼科医の立場から-

柏木 広哉(静岡県立静岡がんセンター眼科)

眼窩悪性腫瘍の診断と治療 -脳神経外科医の立場から-

長谷川光広(藤田保健衛生大学医学部脳神経外科)

眼窩腫瘍の放射線治療:自験例を中心に

井上 俊彦(芦屋放射線治療クリニックのぞみ)

眼窩内静脈奇形の診断と治療

波多 祐紀(大阪病院形成外科)

眼窩腫瘍治療の標準化に適う新しい義眼床再建の分類

日原 正勝(関西医科大学附属病院形成外科)

小児形成外科分野指導医制度キックオフシンポジウム

4月14日(金)9:00~10:00 第2会場(10F 会議室1003)

小児形成外科分野指導医制度の発足にあたり、小児形成外科の現状と今後を考える
司会 朝戸 裕貴(獨協医科大学形成外科学)
今井 啓介(大阪市立総合医療センター形成外科)
演者

小児形成外科分野指導医制度の概略

金子 剛(国立成育医療研究センター形成外科)

小児総合医療施設における小児形成外科の現状
-小児総合医療施設のアンケート調査から-

小林 眞司(日本形成外科学会小児形成外科指導専門医認定委員会
/神奈川県立こども医療センター形成外科)

小児形成外科の現状と問題点(26年の経験を基に)

朴 修三(静岡県立こども病院形成外科)

医育機関における小児形成外科の現状と問題点

田中 克己(日本形成外科学会小児形成外科指導専門医認定委員会/長崎大学医学部形成外科)

教育講演

教育講演 1

4月12日(水)16:15~17:15 第2会場(10F 会議室1003)

血管解剖に基づいた腹部皮弁のデザインと臨床応用
Abdominal flaps based on vascular anatomy: design and clinical applications
司会 永竿 智久(香川大学医学部・医学系研究科形成外科・美容外科学講座)
演者

血管解剖に基づいた腹部皮弁のデザインと臨床応用
Abdominal flaps based on vascular anatomy: design and clinical applications

Hak Chang(Department of Plastic and Reconstructive Surgery, Seoul National University Hospital, Seoul National University College of Medicine, Korea)

教育講演 2

4月12日(水)17:20~18:20 第7会場(12F 特別会議場)

社会保険関連-2018年度の診療報酬改定に向けて-
司会 金子 剛(国立成育医療研究センター形成外科)
大西 清(東邦大学形成外科)
演者

次年度の診療報酬改定について
診療報酬改定の流れと外保連の重要性について

二ノ宮邦稔(東京慈恵会医科大学附属第三病院)

改訂要望アンケート調査の結果と次年度要望への反映状況
-平成30年度保険改訂における現況-

関堂 充(筑波大学医学医療系形成外科)

日形会としての性別適合手術への取り組み-専門医制度等について

難波祐三郎(岡山大学病院ジェンダーセンター)

社保委員会における診療報酬請求上のコンセンサス

宇田川晃一(千葉県こども病院形成外科)

教育講演 3

4月13日(木)14:10~15:10 第2会場(10F 会議室1003)

司会 澤泉 雅之(がん研究会有明病院形成外科)
演者

軟部悪性腫瘍取り扱いの基礎

松本 誠一(がん研究会有明病院整形外科)

教育講演 4

4月13日(木)15:20~16:20 第2会場(10F 会議室1003)

司会 仲沢 弘明(日本大学医学部形成外科学系形成外科学分野)
演者

Nasal septoplasty: details for the plastic surgeons

Eun-Sang Dhong(Department of Plastic and Reconstructive Surgery, Guro Hospital, College of Medicine, Korea University, Korea)

教育セミナー

教育セミナー 1

4月13日(木)9:00~9:50 第2会場(10F 会議室1003)

眼瞼と顔面の美容外科(Eyelid and Face Aesthetic Surgery)
司会 横田 和典(広島大学病院形成外科)
演者

Upper lid blepharoplasty and brow ptosis ? consider the volume

Chang-Chien Yang(Artwood Plastic Surgery Clinic, Taiwan)

Plication Vectors in Facelifting: A Simplified Approach

James C. Grotting(The University of Alabama at Birmingham, USA)

教育セミナー 2

4月13日(木)9:50~10:40 第2会場(10F 会議室1003)

体幹の美容外科(Body Aesthetic Surgery)
司会 三鍋 俊春(埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科)
演者

Breast Augmentation how we can improve results. Evidence based medicine

Bertha Torres Gomez(Hospital Español, Mexico)

Anatomic guidelines gluteal fat grafting

Arturo Ramirez Montañana(Cirujano Plastico en Monterrey, Mexico)

特別セッション

4月14日(金)10:40~11:40 第2会場(10F 会議室1003)

「Plastic Surgery Medical Arts」創成に向けて
司会 木股 敬裕(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科形成再建外科)
櫻庭 実(岩手医科大学形成外科)
演者

形成外科領域におけるsystematic review~現況と課題

宮本 慎平(国立がん研究センター中央病院形成外科)

機能的舌再建を目指したALL Japan多施設研究

中川 雅裕(静岡県立静岡がんセンター再建・形成外科)

Patient-reported outcome(PRO)と乳房再建、J-BREAST-Qの開発

雑賀 美帆(岡山大学病院形成外科)

新しい学会DBを利用したエビデンス創出

前川 二郎(横浜市立大学医学部形成外科)

ASPSセッション

4月12日(水)16:00~16:30 第7会場(12F 特別会議場)

アメリカ形成外科学会についてのご案内(概要、活動内容及び会員特典)
演者 Carol Lazier(Vice President International Relations and Chief Membership Officer, USA)
豊川 香園(Membership & International Relations Specialist, USA)

スポンサードパネル

4月13日(木)14:10~15:40 第3会場(10F 会議室1001-2)

日本における銀含有創傷被覆材使用の10年を考える
司会 館 正弘(東北大学大学院医学系研究科形成外科)
演者

本邦における銀含有創傷被覆材の立ち位置

館 正弘(東北大学大学院医学系研究科形成外科)

Wound Microbiology, Infection and Therapeutic Options

Bowler Phil(Convatec. Global Development Center)

臨床で役立つ銀含有創傷被覆材、その使い方

木村 中(社会福祉法人函館厚生院函館中央病院)

銀含有創傷被覆材を使用した10年の経験から

黒川 正人(熊本赤十字病院)

共催:コンバテック ジャパン株式会社

医療安全講習会

4月12日(水)17:20~18:20 第1会場(5F メインホール)

レジリエンス・エンジニアリングの医療安全への適用:手術チームの柔軟性の謎に迫る
司会 清澤 智晴(防衛医科大学校形成外科)
演者 中島 和江(大阪大学医学部附属病院中央クオリティマネジメント部)

データベース管理部会報告

4月12日(水)17:20~18:20 第2会場(10F 会議室1003)

形成外科データベースのデータ解析と今後
司会 前川 二郎(横浜市立大学医学部形成外科)
演者

1. 6年間のデータ解析報告

村上 隆一(山口県立総合医療センター 形成外科)

2. 新データベースシステムの概要と臨床研究への応用

平原 憲道(慶應義塾大学医学部 医療政策・管理学教室)

皮膚腫瘍外科分野指導医第14回教育セミナー

4月13日(木)8:00~9:00 第2会場(10F 会議室1003)

司会 寺師 浩人(神戸大学大学院医学研究科形成外科学)
演者

(1)乳房外パジェット病

吉龍 澄子(国立病院機構大阪医療センター形成外科)

(2)血管腫、血管奇形

中岡 啓喜(愛媛大学医学部附属病院形成外科)

2017年第1回乳房増大用エキスパンダー/インプラント講習会

2017年第1回乳房再建用エキスパンダー/インプラント講習会

第4回先輩形成外科医と語る会(女性医師支援M(メンター)M【メンティー】の会)

このページのトップへ戻る