プログラム
日程表
日程表        
プログラム
特別プログラム        
一般演題(口演)6月9日   一般演題(口演)6月10日   一般演題ポスター

特別講演 学術推進委員会(SPC)シンポジウム
教育講演 第9回Bayer Thrombosis Seminar
State of the Art Lecture 会長シンポジウム
会長招請シンポジウム 第6回プロテインS研究会シンポジウム
学術奨励賞受賞講演 第10回DAIICHI-SANKYO SYMPOSIUM FOR THROMBOSIS UPDATE
岡本賞受賞講演 中外スポンサードシンポジウム
JSTH/APSTH 学会合同シンポジウム ランチョンセミナー
日本血栓止血学会・日本救急医学会ジョイントシンポジウム モーニングセミナー

■ 特別講演
6月9日(金) 11:10~12:00 第1会場 (4号館1階 白鳥ホール(南))
特別講演1
座長:尾崎 由基男(笛吹中央病院)
Role of tissue factor in hemostasis and thrombosis
Nigel Mackman (Division of Hematology/Oncology, Department of Medicine, University of North Carolina at Chapel Hill)

6月10日(土) 11:10~12:00 第1会場 (4号館1階 白鳥ホール(南))
特別講演2
座長:齋藤 英彦(国立病院機構名古屋医療センター)
Evolving Use of Direct Oral Anticoagulants for Prevention and Treatment of Thrombosis
Jeffrey I. Weitz (Department of Medicine and Biochemistry, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada)
■ 教育講演
6月9日(金) 8:00~8:50 第2会場 (4号館1階 白鳥ホール(北))
教育講演1
座長:松本 雅則(奈良県立医科大学輸血部)
先天性TTPの遺伝子解析を通して分かること
小亀 浩市 (国立循環器病研究センター分子病態部)
6月9日(金) 8:00~8:50 第4会場 (2号館3階 会議室234)
教育講演2
座長:森下 英理子(金沢大学医薬保健研究域保健学系検査技術科学)
α2-APの再考察……臨床から見える線溶異常
内場 光浩(熊本大学医学部附属病院輸血・細胞治療部)
6月9日(金) 8:00~8:50 第5会場 (2号館3階 会議室232+233)
教育講演3
座長:浅田 祐士郎(宮崎大学医学部病理学講座)
慢性炎症と血栓傾向―臨床と動物モデルから明らかになったもの
竹下 享典(名古屋大学医学部附属病院検査部)
6月10日(土) 8:00~8:50 第2会場 (4号館1階 白鳥ホール(北))
教育講演4
座長:瀧 正志(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院小児科)
血友病周産期の診療
野上 恵嗣(奈良県立医科大学小児科)
6月10日(土) 8:00~8:50 第5会場 (2号館3階 会議室232+233)
教育講演5
座長:岡本 好司(北九州市立八幡病院外科/消化器・肝臓病センター)
How to Manage Venous Thromboembolism~静脈血栓塞栓症の診療のポイント~
中村 真潮(三重大学大学院医学系研究科循環器・腎臓内科学)
■ State of the Art Lecture
6月9日(金) 11:10~12:00 第4会場 (2号館3階 会議室234)
State of the Art Lecture 1
座長:松下 正(名古屋大学医学部附属病院輸血部)
細胞治療による血管再生療法
室原 豊明(名古屋大学大学院医学系研究科循環器内科学)
6月10日(土) 11:10~12:00 第4会場 (2号館3階 会議室234)
State of the Art Lecture 2
座長:村田 満(慶應義塾大学医学部臨床検査医学)
新生児と小児期に発症する遺伝性血栓症~分子疫学から診断と治療まで~
大賀 正一(九州大学大学院医学研究院成長発達医学分野)
■ 会長招請シンポジウム
「巨核球/血小板の基礎研究」
6月8日(木) 16:50~18:50 第4会場 (2号館3階 会議室234)
座長: 國島 伸治
(国立病院機構名古屋医療センター臨床研究センター
/高度診断研究部分子診断研究室)
  江藤 浩之 (京都大学iPS細胞研究所臨床応用研究部門)
1. 幹細胞レベルにおける巨核球産生制御
錦井 秀和(筑波大学医学医療系血液内科)
2. 巨核球分化と血小板産生の不均一性
橋本 一哉(京都大学iPS細胞研究所)
3. バイオイメージングが明らかにする血小板誕生から死滅まで
西村 智(自治医科大学分子病態研究部/東京大学循環器内科・TSBMI/JSTさきがけ)
4. 血小板前駆体の成熟過程
古和田 周吾(岩手医科大学内科学講座血液腫瘍内科)
■ 学術奨励賞受賞講演
6月8日(木) 11:50~12:30 第1会場 (4号館1階 白鳥ホール(南))
座長:宮田 敏行(国立循環器病研究センター脳血管内科)
「基礎」
Candidate gene analysis using genomic quantitative PCR: identification of ADAMTS13 large deletions in two patients with Upshaw-Schulman syndrome
樋口(江浦) 由佳(国立循環器病研究センター分子病態部)
「臨床」
Identifying patients at high risk of heparin-induced thrombocytopenia-associated thrombosis with a platelet activation assay using flow cytometry
前田 琢磨(国立循環器病研究センター輸血管理室)
■ 岡本賞受賞講演
6月8日(木) 12:35~13:55 第1会場 (4号館1階 白鳥ホール(南))
座長:尾崎 由基男(笛吹中央病院)
「Utako Award」
Identification of the platelet activation receptor CLEC-2, its endogenous ligand podoplanin, and pathophysiological roles of their interaction
井上 克枝(山梨大学大学院総合研究部医学域臨床検査医学講座)
■ JSTH/APSTH 学会合同シンポジウム
6月8日(木) 14:25~16:10 第4会場 (2号館3階 会議室234)
座長: 藤井 聡(旭川医科大学臨床検査医学講座)
浦野 哲盟(浜松医科大学医生理学講座)
1.   Proteasome Inhibition with Bortezomib Induces Apoptosis of Long-lived Plasma Cells in Immune Thrombocytopenia
Shuang Wang (Department of Hematology, Qilu Hospital, Shandong University, Jinan, China)
2.   Elevated plasma soluble GPVI (sGPVI) levels as a marker of platelet-activating autoantibodies in heparin-induced thrombocytopenia (HIT)
Christine Shu-Mei Lee (John Curtin School of Medical Research, Australian National University, Canberra, Australia)
3. A novel role for thiol isomerase ERp72 in hemostasis and thrombosis
Fengwu Chen (The Cyrus Tang Hematology Center, Soochow University, Suzhou, China)
4. Promising effects of Berberis vulgaris extract in atherothrombotic model
Nurul Huda Mohd Nor (Department of Anatomy, Faculty of Medicine and Health Sciences, Universiti Putra Malaysia, Selangor,Malaysia)
5.   Analysis of circulating microparticles and coagulation profiles in patients with late-stage solid tumors and its clinical significance
Hyunjung Kim (Department of Laboratory Medicine, College of Medicine, The Catholic University of Korea, Seoul,Republic of Korea)
■ 日本血栓止血学会・日本救急医学会ジョイントシンポジウム
「新しい敗血症診療ガイドラインとDIC 診療の進歩」
6月9日(金) 13:10~15:10 第1会場 (4号館1階 白鳥ホール(南))
座長: 久志本 成樹(東北大学大学院医学系研究科外科病態学講座救急医学分野)
関 義信(新潟大学地域医療教育センター血液内科)
1. 日本版敗血症診療ガイドライン2016
小倉 裕司 (大阪大学医学部附属病院高度救命救急センター
/日本版敗血症診療ガイドライン2016作成委員会)
2. 「日本版敗血症診療ガイドライン2016」におけるDIC 診療に関する推奨
射場 敏明(順天堂大学医学部救急・災害医学)
3. 重症外傷患者に対するフィブリノゲン製剤/クリオプレシピテート早期投与の意義
山本 晃士(埼玉医科大学総合医療センター輸血細胞医療部)
4. 急性前骨髄球性白血病に合併するDIC の治療法の提案
池添 隆之(福島県立医科大学血液内科学講座)
〔共催:日本製薬株式会社・積水メディカル株式会社〕
■ 学術推進委員会(SPC)シンポジウム1
「癌治療における凝固線溶亢進の病態と管理―Pathophysiological assessment of hypercoagulability and hyper-fibrinolysis in cancer patient, and management of venous thromboembolism with malignant tumor―」
6月8日(木) 12:35~14:20 第2会場 (4号館1階 白鳥ホール(北))
座長: 保田 知生(公益財団法人がん研究会有明病院医療安全管理部)
畑 泰司(大阪大学大学院医学研究科外科学講座消化器外科)
1.   Incidence of venous thromboembolism (VTE) and VTE prophylaxis in patients with hematological malignancy
横山 健次(東海大学医学部付属八王子病院血液腫瘍内科)
2.   Venous thromboembolism in patients with malignant brain tumor: ~management strategy to avoid mortality~
齋藤 竜太(東北大学脳神経外科)
3.   Relevance of the Pulmonary embolism with and without cancer of for 3 years in an academic medical center
保田 知生(公益財団法人がん研究会有明病院医療安全管理部)
4.   Variation in the occurrence of venous thromboembolism in patients with different cancer Statuses
山本 尚人(浜松医科大学第二外科(血管外科))
■ 学術推進委員会(SPC)シンポジウム2
「組織リモデリングにおける線溶系の役割―The role of fibrinolysis system in the tissue remodeling―」
6月8日(木) 12:35~14:20 第4会場 (2号館3階 会議室234)
座長: 岡田 清孝(近畿大学医学部基礎医学部門)
鈴木 優子(浜松医科大学医生理学講座)
1.   The roles of PAI-1 in angiogenesis revealed by vascular endothelial cells derived from human PAI-1 deficient iPS cells
佐野 秀人(浜松医科大学医生理学講座)
2.   The roles of α2-antiplasmin in the pathogenesis of fibrotic diseases
菅野 陽介(同志社女子大学薬学部臨床病態生化学)
3.   Fibrin is dispensable and fibrinolysis is essential for fracture repair and prevention of heterotopic ossification
湯浅 将人 (Vanderbilt University Medical Center, Orthopaedics and Rehabilitations /東京医科歯科大学整形外科)
4. The role of pericellular fibrinolysis during liver regeneration
三浦 徳(日本大学大学院生物資源科学研究科応用生命科学専攻)
■ 学術推進委員会(SPC)シンポジウム3
「分子標的抗血栓薬の経験による血栓形成メカニズムの統合的理解―Integrated understanding of thrombus formation based upon the experiences with various molecular targeting antithrombotic agents―」
6月8日(木) 14:25~16:10 第1会場 (4号館1階 白鳥ホール(南))
座長: 山崎 昌子(東京女子医科大学医学部神経内科学)
後藤 信哉(東海大学医学部内科学系循環器内科学)
1. Platelet activation and integrin signaling
島岡 要(三重大学大学院医学系研究科分子病態学)
2. Activation and control of coagulation reaction processes
家子 正裕(北海道医療大学歯学部内科)
3.   Regulatory mechanism of the initiation and amplification of fibrinolysis on cell surface by TAFI and PAI-1: Potential drug target to prevent thrombosis
浦野 哲盟(浜松医科大学医生理学講座)
4.   Comprehensive understandings for the role of endothelial damage and the onset of atherosclerosis and thrombosis
綾部 健吾(東海大学大学院医学系研究科先端医科学専攻)
5.   Challenge of constructive understanding of complex mechanism using computer simulation:
the development of thrombosis simulator implementing the function and inter-relationship of platelet, blood flow, coagulation and fibrinolysis
後藤 信一(慶應義塾大学医学部循環器内科/東海大学医学部循環器内科)
■ 学術推進委員会(SPC)シンポジウム4
「次世代抗凝固薬の可能性を血液凝固XI,XII 因子に求めて-動物モデルからの展望-
―Factor XI/XII and animal models for development of next generation anti-coagulant―」
6月8日(木) 14:25~16:10 第2会場 (4号館1階 白鳥ホール(北))
座長: 山下 篤(宮崎大学医学部病理学講座)
梅村 和夫(浜松医科大学薬理学講座)
1. Role of coagulation factors in a mouse model of influenza virus infection
辰巳 公平(近畿大学医学部再生機能医学講座)
2. Factor XI, a coagulation enhancer in venous thrombus formation in rabbits
山下 篤(宮崎大学医学部病理学講座)
3. Factor XI deficiency in Japanese Black cattle
大場 恵典(岐阜大学応用生物科学部共同獣医学科産業動物臨床学分野)
4.   Animal models of thrombosis and bleeding for development of factor Xla inhibitors
神山 祥(小野薬品工業株式会社創薬研究部)
■ 第9回Bayer Thrombosis Seminar
6月8日(木) 16:50~18:50 第1会場 (4号館1階 白鳥ホール(南))
Opening Remarks
小嶋 哲人(名古屋大学大学院医学系研究科医療技術学専攻病態解析学講座)
講演1.
座長:矢坂 正弘(国立病院機構九州医療センター脳血管センター)
DOAC のモニタリングと中和剤について
家子 正裕(北海道医療大学歯学部内科学分野)
講演2.
座長:内山 真一郎 (国際医療福祉大学臨床医学研究センター
/山王病院・山王メディカルセンター脳血管センター)
アスピリンが,がん発症率および死亡率に与える影響- JPPPサブ解析-
横山 健次(東海大学医学部付属八王子病院血液腫瘍内科)
講演3.
座長:是恒 之宏(国立病院機構大阪医療センター)
動脈硬化進展における血液凝固因子の役割-最新のエビデンスと動脈硬化研究からの考察-
佐田 政隆(徳島大学大学院医歯薬学研究部循環器内科学)
講演4.
座長:池田 康夫(早稲田大学)
Anticoagulation from bench to bedside
Stefan Heitmeier (Cardiovascular Research Centre, Bayer Pharma AG, Wuppertal, Germany)
Closing Remarks
池田 康夫(早稲田大学)
〔共催:バイエル薬品株式会社〕
■ 会長シンポジウム
「血栓止血学の新時代-基礎から臨床への展開-」
6月9日(金) 9:00~11:00 第1会場 (4号館1階 白鳥ホール(南))
座長: 小嶋 哲人(名古屋大学大学院医学系研究科医療技術学専攻病態解析学講座)
冨山 佳昭(大阪大学医学部附属病院輸血部)
1. Mouse geneticsと血栓止血学
宮田 敏行(国立循環器病研究センター脳血管内科)
2. Next-generation sequencingと血栓止血学
國島 伸治 (国立病院機構名古屋医療センター臨床研究センター高度診断研究部分子診断研究室)
3. iPS cell technologyと血栓止血学
江藤 浩之 (京都大学iPS細胞研究所臨床応用研究部門幹細胞応用分野/千葉大学大学院医学研究院イノベーション再生医学教室)
4. Reversal agent と血栓止血学
長尾 毅彦(日本医科大学多摩永山病院脳神経内科)
〔共催:日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社〕
■ 第6回プロテインS研究会シンポジウム
「特発性血栓症(遺伝性血栓性素因による)の診断と治療」
6 月9 日(金) 13:10~15:10 第3会場 (3号館3階 国際会議室)
座長: 濱﨑 直孝(長崎国際大学薬学部臨床検査学/佐世保市保健所)
矢冨 裕(東京大学大学院医学系研究科臨床病態検査医学)
1. 遺伝性血栓性素因の概要
小嶋 哲人(名古屋大学大学院医学系研究科)
2. 新生児・乳児・小児期の重症血栓症の診断と治療
大賀 正一(九州大学大学院医学研究院成長発達医学分野)
3. Pregnancy-Associated Pulmonary Embolisms in Singapore
Lai Heng LEE(Department of Haematology, Singapore General Hospital)
4. 遺伝性血栓性素因の検査における現状と問題点
家子 正裕(北海道医療大学歯学部内科学分野)
5. 新しいVTE診断法:プロテインS活性,及び,プロテインS比活性測定
隈 博幸(長崎国際大学薬学部臨床検査学)
6.   Reduced protein S activity is a risk factor for patients with Deep Vein Thrombosis in Korean-Chinese population
Sheng-Yu JIN (Department of Hematology, Yanbian University Hospital Jilin, China)
7. 特発性血栓症(遺伝性血栓性素因による)の指定難病認定
津田 博子(中村学園大学大学院栄養科学研究科)
〔共催:株式会社シノテスト〕
■ 第10回DAIICHI-SANKYO SYMPOSIUM FOR THROMBOSIS UPDATE
「血栓症治療における現状と将来」
6月9日(金) 15:20~17:50 第1会場 (4号館1階 白鳥ホール(南))
Opening Remarks
小嶋 哲人(名古屋大学大学院医学系研究科医療技術学専攻病態解析学講座)
講演Ⅰ
座長:梅村 和夫(浜松医科大学薬理学)
in vivo ゲノム編集
大森 司(自治医科大学医学部生化学講座病態生化学部門)
講演Ⅱ
座長:浅田 祐士郎(宮崎大学医学部病理学講座構造機能病態学)
腸内細菌と動脈硬化・アテローム血栓症
山下 智也(神戸大学医学部附属病院循環器内科)
講演Ⅲ
座長:野上 恵嗣(奈良県立医科大学小児科)
抗凝固療法と中和剤
矢坂 正弘(国立病院機構九州医療センター脳血管センター)
講演Ⅳ
座長:矢坂 正弘(国立病院機構九州医療センター脳血管センター)
Anticoagulant Therapy
Jeffrey I. Weitz (Department of Medicine and Biochemistry, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada)
Closing Remarks
浅田 祐士郎(宮崎大学医学部病理学講座構造機能病態学)
〔共催:第一三共株式会社〕
■ 中外スポンサードシンポジウム
「血友病の診断・治療における今後の展望」
6月10日(土) 9:00~11:00 第1会場 (4号館1階 白鳥ホール(南))
座長: 福武 勝幸(東京医科大学病院臨床検査医学分野)
松下 正(名古屋大学医学部附属病院輸血部)
1. 血友病領域の地域医療連携の重要性
堀越 泰雄(静岡県立こども病院血液凝固科)
2. 整形外科との血友病治療連携
竹谷 英之(東京大学医科学研究所附属病院関節外科)
3. 血友病センターにおける診療の実態~看護師の立場から~
小野 織江(産業医科大学病院看護部血友病センター)
4. 血友病センター的施設における診療の実態―小児科の立場から―
酒井 道生(宗像水光会総合病院)
〔共催:中外製薬株式会社〕
ランチョンセミナー1
6月8日(木) 10:50~11:40 第4会場 (2号館3階 会議室234)
座長:藤井 輝久(広島大学病院輸血部)
後天性血友病……基礎的観点と臨床的視点から再考察する診断及び治療
内場 光浩(熊本大学医学部附属病院輸血細胞治療部)
〔共催:一般財団法人化学及血清療法研究所〕
■ ランチョンセミナー2
6月8日(木) 10:50~11:40 第5会場 (2号館3階 会議室232+233)
座長:岡本 好司(北九州市立八幡病院)
敗血症時に何故PAI-1 の測定が必要か!
石倉 宏恭(福岡大学医学部救命救急医学講座)
〔共催:積水メディカル株式会社〕
■ ランチョンセミナー3
6月9日(金) 12:10~13:00 第1会場 (4号館1階 白鳥ホール(南))
座長:家子 正裕(北海道医療大学歯学部生体機能・病態学系内科学分野)
Clinical Decision Making に有用な血栓止血系検査の話題~血友病からがんと血栓塞栓症まで~
森山 雅人(新潟大学大学院医歯学総合研究科腫瘍内科学分野)
〔共催:シスメックス株式会社〕
■ ランチョンセミナー4
「アディノベイトの臨床経験とEHL の役割」
6月9日(金) 12:10~13:00 第2会場 (4号館1階 白鳥ホール(北))
座長:松下 正(名古屋大学医学部附属病院輸血部)
血友病A治療における半減期延長製剤の意義とアディノベイトの使用経験
長尾 梓(荻窪病院血液科)
実臨床下における半減期延長製剤の有用性を考える-アディノベイトを用いた血友病A治療
石村 匡崇(九州大学大学院医学研究院成長発達医学分野(小児科))
〔共催:バクスアルタ株式会社〕
■ ランチョンセミナー5
6月9日(金) 12:10~13:00 第3会場 (3号館3階 国際会議室)
座長:瀧 正志(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院)
第VIII 因子とインヒビター:どこまで解明されたか?
嶋 緑倫(奈良県立医科大学小児科)
〔共催:バイオベラティブ・ジャパン株式会社〕
■ ランチョンセミナー6
6月9日(金) 12:10~13:00 第4会場 (2号館3階 会議室234)
座長:福武 勝幸(東京医科大学)
血友病B治療における半減期延長型製剤の課題と展望
鈴木 隆史(荻窪病院血液科)
〔共催:CSLベーリング株式会社〕
■ ランチョンセミナー7
6月9日(金) 12:10~13:00 第5会場 (2号館3階 会議室232+233)
座長:山本 晃士(埼玉医科大学総合医療センター輸血細胞医療部)
外科手術における凝固・線溶系の変動および血液喪失の新規マーカーの探索
藤井 聡(旭川医科大学臨床検査医学講座)
〔共催:株式会社LSIメディエンス〕
■ ランチョンセミナー8
6月10日(土) 12:10~13:00 第1会場 (4号館1階 白鳥ホール(南))
座長:松下 正(名古屋大学医学部附属病院輸血部)
進歩する血友病診療ー定期補充療法の変遷と課題ー
藤井 輝久(広島大学病院輸血部)
〔共催:ファイザー株式会社〕
■ ランチョンセミナー9
6月10日(土) 12:10~13:00 第2会場 (4号館1階 白鳥ホール(北))
座長:鈴木 宏治(鈴鹿医療科学大学社会連携研究センター/薬学部)
抗凝固療法の新時代-DOAC with reversal agent-
家子 正裕(北海道医療大学歯学部内科学分野)
〔共催:日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社〕
■ ランチョンセミナー10
6月10日(土) 12:10~13:00 第3会場 (3号館3階 国際会議室)
座長:鈴木 隆史(荻窪病院血液科)
血液凝固第VIII 因子製剤における薬物動態の特性
鈴木 伸明(名古屋大学医学部附属病院輸血部)
〔共催:バイエル薬品株式会社〕
■ ランチョンセミナー11
6月10日(土) 12:10~13:00 第4会場 (2号館3階 会議室234)
座長:山田 典一(三重大学病院循環器内科)
静脈血栓塞栓症に対する抗凝固療法の実際と出血時の対応~DOAC が登場して~
朝倉 英策(金沢大学附属病院高密度無菌治療部)
〔共催:ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社/ファイザー株式会社〕
■ ランチョンセミナー12
6月10日(土) 12:10~13:00 第5会場 (2号館3階 会議室232+233)
座長:窓岩 清治(東京都済生会中央病院臨床検査医学科)
DICの診断と治療の関係
和田 英夫(三重大学医学部検査医学)
〔共催:旭化成ファーマ株式会社〕
■ モーニングセミナー1
6月9日(金) 8:00~8:50 第3会場 (3号館3階 国際会議室)
座長:福武 勝幸(東京医科大学臨床検査医学分野)
血友病Aの定期補充療法ー標準型?半減期延長型?
藤井 輝久(広島大学病院輸血部)
〔共催:ノボ ノルディスク ファーマ株式会社〕
■ モーニングセミナー2
6月10日(土) 8:00~8:50 第3会場 (3号館3階 国際会議室)
座長:藤井 聡(旭川医科大学臨床検査医学講座)
症例から学ぶ,ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)の病態と診断
伊藤 隆史 (鹿児島大学病院救命救急センター/鹿児島大学大学院医歯学総合研究科システム血栓制御学講座)
〔共催:アイ・エル・ジャパン株式会社〕
■ モーニングセミナー3
6月10日(土) 8:00~8:50 第4会場 (2号館3階 会議室234)
座長:朝倉 英策(金沢大学附属病院高密度無菌治療部)
日本血栓止血学会DIC 診断基準の評価
和田 英夫(三重大学医学部検査医学)
〔共催:一般社団法人日本血液製剤機構〕

▲ページの上に戻る