Global Navigation

ご挨拶

塩野 茂 第14回 日本組織移植学会総会・学術集会
会長 塩野 茂(大阪府立中河内救命救急センター 所長)

 この度、第14回日本組織移植学会総会・学術集会を2015年8月29日(土)、シティプラザ大阪にて開催させていただくことになりました。

 本学会は、2000年の設立から、組織移植の安全性確保や倫理的問題に関するガイドラインの制定、移植コーディネーターの育成、組織バンク認定制度の整備など、我が国の組織移植の進歩・発展に寄与してまいりました。このような社会的責務を果たしてきた学会の会長を務めさせて頂くことを、光栄に思うとともに、重い責任を感じております。

 今回のテーマは、「組織提供の現状を考える」と致しました。2010年に改正臓器移植法が施行され、臓器提供が心停止後提供から脳死下提供に大きくシフトするなかで、組織提供数は伸び悩みが顕著です。現状を把握、分析し、脳死下提供への対応や日本臓器移植ネットワークとの連携、今後の心停止後組織提供の在り方とそのためのドナーアクションプログラムなどをしっかり討議し、組織提供の増加につなげたいと考えております。

 また、羊膜移植術が新たに保険収載されたことをうけて、現在進んでいる羊膜バンクの認定作業に関する討議の場も予定しております。その他、組織移植医学・医療の新しい知見の発表をお待ちしております。

 我々の施設は小さな独立型救命救急センターですが、センター職員一同で、よりよい学会となるよう、精一杯努めさせていただきます。会員の皆さまからの多数のご応募とご参加をお待ち申し上げます。




Copyright © 第14回日本組織移植学会・学術集会. All Rights Reserved.