経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR)認定制度

申請から認定までの流れ

申請から認定までの流れ

TAVR実施医(Certified TAVR Operator)認定基準(1機種目)

経カテーテル的大動脈弁置換術(以下TAVR)を独立して手技を行う場合、デバイス毎の実施医資格が必要である。
申請から認定までは最短で約1ヶ月半*を要することから、この期間を十分に考慮してTAVR施術計画を立てること。
*申請書類や認定料振込日により変動

【条件】

  1. 日本国の医師免許証を有すること。
  2. 卒後5年以上であること。
  3. JTVT会員であり、かつ会費未納がないこと。
  4. 該当するデバイスの製品トレーニング(ワークショップ)を受講していること。
  5. 企業プロクターもしくはTAVR指導医の指導のもと、TAVR実施施設において術者として8例以上のTAVR症例を経験していること。
    ただし、2018年5月31日までに術者として施行した当該手術は手術経験に算入可能とする。
  6. 上記の申請資格については経カテーテル的大動脈弁置換術関連学会協議会(以下協議会)で最終判断する。

【申請方法】

  1. 医師個人から申請要項に従って申請を行う(随時申請可能)。
  2. 以下の書類をTAVR認定係に提出する
    A)実施医認定申請書: 1機種目バルーン型デバイス(Excel版 / Pdf版
    1機種目自己拡張型デバイス(Excel版 / Pdf版
    B)TAVI Registryの症例リスト(8例分)(方法はこちら
    C)申請料 10,000円(※認定後、認定料 10,000円。計20,000円)(お振込み先はこちら
  3. TAVR認定係は、申請された書類について実施基準に則り審査し、これに合格した者について協議会はTAVR実施医認定証を発行する。
  • 個人情報保護の観点から項目「生年月日」を「年齢」に変更しました。(2018.3.7)
  • 患者名、生年月日、IDなどはマスクするなど個人情報の取り扱いには十分留意すること。

実施医の認定申請受付:2018年3月1日から開始
実施医認定制度施行:2018年6月1日

TAVR実施医(Certified TAVR Operator)認定基準(2機種目)

自己拡張型デバイス(CoreValve/ Navitor)内のいずれかのデバイスで指導医を取得された場合、2機種目の実施医・指導医認定申請時に必要な症例数が減免されます。
例:CoreValveの指導医取得済み→Navitor指導医申請時必要症例数、減免
(その他の条件は1機種目と同様)

【申請方法】

  1. 医師個人から申請要項に従って申請を行う(随時申請可能)。
  2. 以下の書類をTAVR認定係に提出する。
    A)実施医認定申請書:2機種目自己拡張型デバイス(Excel版 / Pdf版
    B)TAVI Registryの症例リスト(3例分)(方法はこちら
    C)申請料 10,000円(※認定後、認定料 10,000円。計20,000円)(お振込み先はこちら
  3. TAVR認定係は、申請された書類について実施基準に則り審査し、これに合格した者について協議会はTAVR実施医認定証を発行する。
    ・個人情報保護の観点から項目「生年月日」を「年齢」に変更しました。(2018.3.7)
    ・患者名、生年月日、IDなどはマスクするなど個人情報の取り扱いには十分留意すること。

実施医の認定申請受付:2018年3月1日から開始
実施医認定制度施行:2018年6月1日

TAVR指導医(Certified TAVR Trainer)認定基準(1機種目)

以下、TAVR実施医同様デバイスごとの適応となる。

【条件】

  1. 該当するデバイスのTAVR実施医であること。
  2. 申請時年度までの会費に未納がないこと。
  3. 術者としてそのデバイスを用いたTAVRを30例以上経験している。
  4. 上記の申請資格については協議会で最終判断する。

【申請方法】

  1. 医師個人から申請要項に従って申請を行う(随時申請可能)。
  2. 以下の書類をTAVR認定係に提出する。
    A)指導医認定申請書: 1機種目バルーン型デバイス(Excel版 / Pdf版
    1機種目自己拡張型デバイス(Excel版 / Pdf版
    B)該当するデバイスのTAVR実施医証の写または認定番号の記載された認定通知メール
    C)TAVI Registryの症例リスト(30例分)(方法はこちら
    D)申請料 20,000円(※認定後、認定料 10,000円。計30,000円)(お振込み先はこちら
  3. TAVR認定係は、申請された書類について実施基準に則り審査し、これに合格した者について協議会はTAVR指導医認定証を発行する。
  • 個人情報保護の観点から項目「生年月日」を「年齢」に変更しました(2018.3.7)
  • 患者名、生年月日、IDなどはマスクするなど個人情報の取り扱いには十分留意すること。

指導医の認定申請受付:2018年3月1日から開始
指導医認定制度施行:2018年6月1日

TAVR指導医(Certified TAVR Trainer)認定基準(2機種目)

自己拡張型デバイス(CoreValve/ Navitor)内のいずれかのデバイスで指導医を取得された場合、2機種目の実施医・指導医認定申請時に必要な症例数が減免されます。
例:CoreValveの指導医取得済み→Navitor指導医申請時必要症例数、減免
(その他の条件は1機種目と同様)

【申請方法】

  1. 医師個人から申請要項に従って申請を行う(随時申請可能)。
  2. 2. 以下の書類をTAVR認定係に提出する。
    A)指導医認定申請書:2機種目自己拡張型デバイス(Excel版 / Pdf版
    B)該当するデバイスのTAVR実施医証の写または認定番号の記載された認定通知メール
    C)TAVI Registryの症例リスト(10例分)(方法はこちら
    D)申請料 20,000円(※認定後、認定料 10,000円。計30,000円)(お振込み先はこちら
  3. TAVR認定係は、申請された書類について実施基準に則り審査し、これに合格した者について協議会はTAVR指導医認定証を発行する。
    • 個人情報保護の観点から項目「生年月日」を「年齢」に変更しました(2018.3.7)
    • 患者名、生年月日、IDなどはマスクするなど個人情報の取り扱いには十分留意すること。

実施医の認定申請受付:2018年3月1日から開始
実施医認定制度施行:2018年6月1日

TAVR指導医のTAVR新規導入施設への異動に伴う必要症例数について(TFアプローチに限る)

TAVR新規導入施設へ異動する医師がTAVR指導医である場合、該当するデバイスにおいて最低2日(症例数は問わない)プロクタリング下での手技を要することとする。
認定医異動に伴う必要症例数概略
本制度は2019年8月1日より施行とする。

TAVR指導医資格更新認定基準(各デバイス毎の更新初回)

更新初回分の申請受付は、2022年11月〜12月の間を予定しており、有効期間完了日が2022年12月31日(2019年中に初回認定取得者)のTAVR指導医が対象となる。
TAVR指導医として認定の有効期間は3年間*である。
認定の更新については下記の通りとなるので、内容を確認の上更新申請をする。
*更新時期統一化のため、2021年6月に更新時期となる指導医より、有効期間完了日をその年の12月末とする。

以下、新規指導医申請同様、デバイスごとの適応となる。

【更新条件】

  1. 申請時に該当するデバイスのTAVR指導医であること。
  2. 申請時年度までの会費に未納がないこと。
  3. 指導医認定後3年間(有効期間完了年の10月31日からさかのぼること3年)において術者としてまたは(指導的)助手として該当デバイスを用いたTAVRを30例以上経験していること。
  4. 更新時期から遡ること直近3年間で日本経カテーテル心臓弁治療学会学術集会が主催した医療安全講習、もしくは医療倫理講習を1回以上受講していること。

【申請期間】
有効期間(12月末日・3年毎)の同年11月1日から12月31日(※12月末日消印有効)の間に申請書類を事務局へ提出すること。

【申請方法】

  1. 医師個人から申請要項に従って申請を行う。
  2. 以下の書類を経カテーテル的大動脈弁置換術認定係に提出する。
    A)指導医更新認定申請書: 更新初回バルーン型デバイス(Excel版 / Pdf版
    更新初回自己拡張型デバイス(Excel版 / Pdf版))
    B)手術記録(10月末日までの3年間(2019年11月1日〜2022年10月31日)における30例分)
     ①症例30例すべて術者の場合
     提出書類:TAVI Registryの術者リスト
     ②術者症例と指導的助手(又は助手)症例の計30例の場合
     提出書類:TAVI Registryの術者リスト、指導的助手(又は助手)の症例データ*
     ③症例30例すべて指導的助手(又は助手)の場合
     提出書類:指導的助手(又は助手)の症例データ*
    * ただし、助手(registry上「指導的助手」欄が空欄)の場合、手術所見を添付すること

<各手術記録の作成方法>
TAVI Registryの術者リスト(方法はこちら
指導的助手(又は助手)の症例データ(方法はこちら
※ただし、上記以降に30例目を行う場合、その旨をお伝え頂き、実施後すみやかに追加資料をご提出いただければ認めることとする。
(例:2022年12月25日に30例目を行う予定等)
※異動等でRegistryの症例リストの提出が困難な場合は、手術所見の提出でも可とする。
C)JTVT医療安全講習、もしくはJTVT医療倫理講習会の参加証(1回分)
D)申請料 10,000円(※認定後、認定料 10,000円。計20,000円)(お振込み先はこちら

TAVR指導医資格更新認定基準(各デバイス毎の更新2回目以降)

更新2回目以降分の申請受付は、初回更新から3年後の11月〜12月の間に実施予定。
TAVR指導医として認定の有効期間は3年間*である。
各デバイスの更新が2回目以降の場合は症例提出が免除される。
(例:SAPIEN更新2回目→症例不要、CoreValve更新3回目→症例不要、Navitor初回更新→30症例提出必須)
認定の更新については下記の通りとなるので、内容を確認の上更新申請をする。

以下、新規指導医申請同様、デバイスごとの適応となる。

【更新条件】

  1. 申請時に該当するデバイスのTAVR指導医であること。
  2. 申請時年度までの会費に未納がないこと。
  3. 更新時期から遡ること直近3年間で日本経カテーテル心臓弁治療学会学術集会が主催した医療安全講習、もしくは医療倫理講習を1回以上受講していること。

【申請期間】
有効期間(12月末日・3年毎)の同年11月1日から12月31日(※12月末日消印有効)の間に申請書類を事務局へ提出すること。

【申請方法】

  1. 医師個人から申請要項に従って申請を行う。
  2. 以下の書類を経カテーテル的大動脈弁置換術認定係に提出する。
    A)指導医更新認定申請書: バルーン型デバイス更新2回目以降(Excel版 / Pdf版
    自己拡張型デバイス更新2回目以降(Excel版 / Pdf版
    B)JTVT医療安全講習、もしくはJTVT医療倫理講習会の参加証(1回分)
    C)申請料 10,000円(※認定後、認定料 10,000円。計20,000円)(お振込み先はこちら

TAVR専門施設(Advanced TAVR Center)認定基準

【お願い】
THT協議会(経カテーテル的心臓弁治療関連学会協議会)より、TAVR指導施設および専門施設を対象に、「施設訪問によるデータ照合」体制整備ご協力のお願いをしております。
詳しい内容は【「施設訪問によるデータ照合」体制整備へのご協力のお願い】をご確認くださいませ。

【条件】
TAVR専門施設は、TAVR認定施設に加え下記要件を満たす必要がある。※TAVR認定施設についてはこちら

  1. TAVR指導医が少なくとも1名常勤していること(デバイスは問わない)。
    またその指導医の会費に未納がないこと。
  2. 直近の3年間(申請の前月末日からさかのぼること3年)において、年間平均50例以上(計150例以上)のTAVRを実施していること。
  3. 直近の3年間(申請の前月末日からさかのぼること3年)のいずれの年もレジストリーデータ登録率が100%行われていること。
  4. 協議会の要請により、長期フォローアップなどレジストリーデータの追加登録を行うこと。
  5. 指導医の中から各施設1名を責任者として申請すること。
  6. 上記、3年毎の更新とする。*

【申請方法】

  1. 施設から申請要項に従って申請を行う(随時申請可能)。
  2. 以下の書類をTAVR認定係に提出する。
    A)専門施設認定申請書:Excel版Pdf版
    B)指導医が常勤していることの証明書と指導医の名前(1名分)*
    C)直近3年間のTAVR手術記録リスト(150例以上)(TAVI Registryの症例リスト
    D)申請料 75,000円(※認定後、認定料 50,000円。計125,000円)(お振込み先はこちら
  3. TAVR認定係は、申請された書類について実施基準に則り審査し、これに合格した者について協議会はTAVR専門施設認定証を発行する。
  • 認定期間中指導医の異動などで条件を満たさなくなった場合、1年間の猶予期間を設ける。

専門施設の認定申請受付:2018年5月1日から開始
専門施設認定制度施行:2018年6月1日

TAVR指導施設(Expert TAVR Center)認定基準

【お願い】
THT協議会(経カテーテル的心臓弁治療関連学会協議会)より、TAVR指導施設および専門施設を対象に、「施設訪問によるデータ照合」体制整備ご協力のお願いをしております。
詳しい内容は【「施設訪問によるデータ照合」体制整備へのご協力のお願い】をご確認くださいませ。

【条件】
TAVR指導施設は、TAVR認定施設に加え下記要件を満たす必要がある。※TAVR認定施設についてはこちら

  1. 少なくとも2名以上のTAVR指導医が常勤していること(デバイスは問わない)。
    またその指導医の会費に未納がないこと。
  2. 直近の3年間(申請の前月末日からさかのぼること3年)において年間平均100例以上(計300例)のTAVRを実施している。
  3. 直近の3年間(申請の前月末日からさかのぼること3年)のいずれの年もレジストリーデータ登録率が100%行われている。
  4. TAVR関連学会協議会の要請により、長期フォローアップなどレジストリーデータの追加登録を行うこと。
  5. 指導医の中から各施設1名を責任者として申請すること。
  6. 上記、3年毎の更新とする。*

【申請方法】

  1. 施設から申請要項に従って申請を行う(随時申請可能)。
  2. 以下の書類をTAVR認定係に提出する。
    A)指導施設認定申請書:Excel版Pdf版
    B)指導医が常勤していることの証明書と指導医の名前(2名以上)
    C)直近3年間の手術記録リスト(300例以上)(TAVI Registryの症例リスト
    D)申請料 100,000円(※認定後、認定料50,000円。計150,000円)(お振込み先はこちら
  3. TAVR認定係は、申請された書類について実施基準に則り審査し、これに合格した者について協議会はTAVR指導施設認定証を発行する。
  • 認定期間中指導医の異動などで条件を満たさなくなった場合、1年間の猶予期間を設ける。

指導施設の認定申請受付:2018年5月1日から開始
指導施設認定制度施行:2018年6月1日

TAVR専門施設資格更新認定基準

次回の更新申請期間は、2022年4月~5月の間となり、有効期間完了日が2021年12月31日の専門施設が対象となります。

TAVR専門施設として認定の有効期間は3年間*である。
認定の更新については下記の通りとなるので、内容を確認の上更新申請をする。
*更新時期統一化のため、2021年9月に更新時期となる施設より、有効期間完了日をその年の12月末とする。

【お願い】
THT協議会(経カテーテル的心臓弁治療関連学会協議会)より、TAVR指導施設および専門施設を対象に、「施設訪問によるデータ照合」体制整備ご協力のお願いをしております。
詳しい内容は【「施設訪問によるデータ照合」体制整備へのご協力のお願い】をご確認くださいませ。

【専門施設更新条件】

  1. 申請時にTAVR専門施設であること。
  2. TAVR指導医が少なくとも1名常勤していること(デバイスは問わない)。
    またその指導医の会費に未納がないこと。
  3. 直近の3年間(有効期間完了日からさかのぼること3年)において、年間平均50例以上(計150例以上)のTAVRを実施していること。
  4. 直近の3年間(有効期間完了日からさかのぼること3年)のいずれの年もレジストリーデータ登録率が100%行われていること。
  5. THT協議会の要請により、長期フォローアップなどレジストリーデータの追加登録を行うこと。
  6. 指導医の中から各施設1名を責任者として申請すること。
  7. 上記、3年毎の更新とする。*

【申請期間】
有効期間(12月末日・3年毎)の翌年4月1日から5月31日(※5月末日消印有効)の間に申請書類を事務局へ提出すること。
*専門施設更新認定申請受付:2022年4月〜5月予定

【申請書類および添付書類】
専門施設認定更新申請書(Excel版Pdf版

TAVR指導施設資格更新認定基準

次回の更新申請期間は、2022年4月~5月の間となり、有効期間完了日が2021年12月31日の指導施設が対象となります。

TAVR指導施設として認定の有効期間は3年間*である。
認定の更新については下記の通りとなるので、内容を確認の上更新申請をする。
*更新時期統一化のため、2021年9月に更新時期となる施設より、有効期間完了日をその年の12月末とする。

【お願い】
THT協議会(経カテーテル的心臓弁治療関連学会協議会)より、TAVR指導施設および専門施設を対象に、「施設訪問によるデータ照合」体制整備ご協力のお願いをしております。
詳しい内容は【「施設訪問によるデータ照合」体制整備へのご協力のお願い】をご確認くださいませ。

【指導施設更新条件】

  1. 申請時にTAVR指導施設であること。
  2. 少なくとも2名以上のTAVR指導医が常勤していること(デバイスは問わない)。
    またその指導医の会費に未納がないこと。
  3. 直近の3年間(有効期間完了日からさかのぼること3年)において年間平均100例以上(計300例)のTAVRを実施している。
  4. 直近の3年間(有効期間完了日からさかのぼること3年)のいずれの年もレジストリーデータ登録率が100%行われている。
  5. THT協議会の要請により、長期フォローアップなどレジストリーデータの追加登録を行うこと。
  6. 指導医の中から各施設1名を責任者として申請すること。
  7. 上記、3年毎の更新とする。*

【申請期間】
有効期間(12月末日・3年毎)の翌年4月1日から5月31日(※5月末日消印有効)の間に申請書類を事務局へ提出すること。
*指導施設更新認定申請受付:2022年4月〜5月予定

【申請書類および添付書類】
指導施設認定更新申請書(Excel版Pdf版

申請料振込先

口座名:三菱UFJ 銀行 茨木支店(店番号:219) 普通口座 0313430
口座名義:シャ)ニホンケイカテーテルシンゾウベンチリョウガッカイ ティーエーヴイアールニンテイカカリ
【漢字】(社)日本経カテーテル心臓弁治療学会 TAVR認定係

*年会費振込口座とは異なりますのでご注意ください。
*振込手数料は申請者にてご負担ください。
*振込人名は照会のため、必ず申請者ご本人名義にてお願いします。
*金融機関の振込控えをもって領収書とさせていただきます。
*銀行窓口でお振り込みの場合、口座名義(カタカナ)は全て記入ください。枠が足りない場合は枠外に記載ください。全て記入されていない場合、銀行によりエラー扱いとされる場合がございますのでご注意ください。
認定料は、認定後にお振り込みいただきます。

罰則

実施医または指導医資格の一時停止、取り消し

  1. 実施医または指導医として相応しくない行為を行った場合、経カテーテル的大動脈弁置換術関連学会協議会で委員全体の2/3以上の議決により、訓告、実施医または指導医資格の一時停止、あるいは実施医または指導医の認定を取り消すことができる。この場合、当該実施医または指導医に対し、協議会で議決する前に弁明の機会を与えるものとする。
  2. 上記により訓告あるいは実施医または指導医の資格を一時停止された者に対しては、協議会が必要と認めた再教育プログラムを課すことができる。
  3. 上記により実施医または指導医の資格を取り消された者は、原則として3年間は再申請することを認めない。3年経過後の再申請では、その可否を協議会で審査する。
  4. 虚偽の申請があった場合には、罰則を与えることができる。

専門施設または指導施設資格の一時停止、取り消し

  1. 専門施設または指導施設として不適当と認められる理由があった場合、協議会で委員全体の2/3以上の議決により、勧告、専門施設または指導施設の認定を一時停止、あるいは取り消すことができる。この場合、当該専門施設または指導施設の責任者に対し、協議会で議決する前に弁明の機会を与えるものとする。
  2. 上記により勧告あるいは認定を一時停止された施設に対しては、協議会が必要と認めた改善策を課することができる。
  3. TAVR上記により認定を取り消された施設の再申請では、その可否を協議会で審査する。
  4. レジストリーデータの追加登録など協議会の要請に協力しなかった施設は、罰則の対象とする
  5. 虚偽の申請があった場合には、罰則を与えることができる。

資格の復活

  1. 実施医または指導医資格の一時停止の復活、あるいは実施施設または指導施設資格の一時停止の復活は、協議会で決定する。
  2. 上記資格復活の決定には協議会で委員全体の2/3以上の賛成を要する。

施行日等

  1. 公布日:2018年3月1日
  2. 施行日:2018年6月1日
  • 実施医および指導医は2018年3月1日より募集を開始
  • 専門施設および指導施設は2018年5月1日より募集を開始

TAVR認定申請書類送付先・問合せ先

〒650-0034 神戸市中央区京町83番地 三宮センチュリービル3F (株)プロアクティブ内
一般社団法人日本経カテーテル心臓弁治療学会 TAVR認定係 宛
E-Mail:jtvt@pac.ne.jp

  • 郵送の場合、簡易書留など配達記録が残る郵便でお送りください。
    なお、郵送書類受領の確認は、配達記録をもって替えさせていただきます。