ホーム > 座長・発表者へのご案内

オーガナイザー・座長・発表者へのご案内

資料作成の際のお願い

男性年会参加者の20人に1人は色盲・色弱です。発表資料作成の際は以下の点にご配慮ください。
  1. 2重染色やDNAチップの画像は、緑と赤だけでなく、緑と赤紫(マゼンダ)で表示する。
  2. 3重以上の染色は、全色の重ね合わせだけでなく重要な2色だけの組み合わせも緑と赤紫で表示する(あるいは各チャンネルの図を別々に表示する)。
  3. グラフや解説図は、離れた2ヶ所の色を照合するのが非常に難しいので、色分けされた各項目の内容を別に凡例で示すだけではなく、図中に直接書き込む。また、各項目は、色だけでなく線種やシンボルの形、網掛け(ハッチング)などでも区別する。
  4. 赤は鮮やかな明るい色に見えないので、暗い背景に赤文字は使用しない。
詳しくはhttp://www.nig.ac.jp/color/をご覧ください

オーガナイザー/座長へのご案内

  1. オーガナイザー・座長受付
    開始15分前に当該会場内の右前方の「進行席」までお越しのうえ、係の者に来場された旨お伝えください。

  2. 質疑応答言語
    シンポジウム、ワークショップの質疑応答言語はオーガナイザーに一任いたします。日本語で開催されるセッションでも英語での発表・質問もあると思いますので、座長の判断で柔軟に対応してください。

  3. 進行および時間の管理
    オーガナイザー・座長に一任いたしますので、発表者の講演時間を厳守し、円滑な運営にご協力ください。
    シンポジウム、ワークショップ、フォーラムについては、プログラムに記載されている各発表者の講演時間等に変更が生じた場合は、会場内の進行係にご指示ください。
    講演時間等の計時は進行係が行いますので、経過時間をお知らせするベルを鳴らすタイミングをご指示ください。ご指示がない場合は、以下の通りベルを鳴らします。
      ベル1回:講演時間終了2分前
      ベル2回:講演時間終了、質疑応答開始
      ベル3回:質疑応答終了(発表者の持ち時間終了)

↑ このページのトップへ

シンポジウム/ワークショップ/フォーラム発表者へのご案内

  1. 講演言語
    各シンポジウム、ワークショップによって異なりますので、ご注意ください。発表に用いるスライド(パワーポイント等の原稿)の使用言語は、英語を推奨いたします。
    フォーラムは全て日本語で進行していただきます。

  2. 講演時間
    講演・質疑応答時間は演題ごとに異なっておりますので、ご注意ください。
    公演時間等の計時は進行係が行いますので、経過時間をお知らせするベルを鳴らすタイミングをご指示ください。ご指示がない場合は、以下の通りベルを鳴らします。
       ベル1回:講演時間終了2分前
       ベル2回:講演時間終了、質疑応答開始
       ベル3回:質疑応答終了(発表者の持ち時間終了)

  3. 講演方法
    パソコンによるプレゼンテーションとなります。必ずご自身のノートパソコンをご持参ください(下記の「ノートパソコンを持ち込まれる際のご注意」をご参照ください)。
    ※音声の出力には対応しておりません。

  4. 発表者受付
    ご自身の発表15分前までに、直接各会場内の「PC接続席」にノートパソコンをご持参ください。
【ノートパソコンを持ち込まれる際のご注意】
  • 会場の液晶プロジェクターとお持込みのパソコンとの接続は、D-sub15ピンとなります。一部のノートパソコンでは付属のコネクターが必要な場合がありますので、お忘れなくご持参ください。
  • バッテリー切れに備え、必ず電源アダプターをお忘れなくご持参ください。
  • 発表中にスクリーンセーバーや省電力モードにならないよう、設定してください。
  • 演台上には、ディスプレイとマウス、スライド操作スイッチを用意しておりますので、ご自身で操作を行ってください。
パソコン側 ケーブル側
パソコン側 ケーブル側


↑ このページのトップへ

ショートトーク 発表者へのご案内

  1. 発表言語
    日本語が基本ですが、英語での発表も可能です。

  2. 発表データ
    発表データは専用の登録システムを通じて、11月26日(月)〜12月5日(水)の間に必ず事前提出してください。(登録システムのURLは発表者にメールでご連絡します)
    • 発表データはPDF A4版、横長で作成してください(カラー可)。
    • 1枚目は表紙(演題番号、タイトルと発表者名、所属)とし、表紙を含めて原則3枚までとします。
    • ファイルサイズは全体で5MBまでとします。
    • 動画は使えません。
    • PDFの設定は編集可能、印刷可能な状態で保存してください。
    • パスワードはかけないでください。
    • データより結論を中心に紹介いただくことを推奨します。ポスターに使用する図表以外の使用も可能です。
    • 連番で関連する演題が続く場合、導入部分などを適宜省略して連続性を持たせた発表をすることも可能です。
    • 使用言語は指定しませんが、英語を推奨します。資料は英語表記(日本語併記も可)としてください。

    ※登録いただいた発表データは会期当日のみ使用します。web等で公開することはありません。会期後、お預かりしたデータは削除します。
  3. 発表時間
    ショートトークの発表時間は3分です。質疑応答はありません。 計時は進行係が行い、時間が来ると自動的にスライドが終了します。発表時間を厳守し、円滑な運営にご協力ください。

  4. 発表方法
    パソコンによるプレゼンテーションとなります。事前にご提出いただいたデータがショートトーク会場に設置されたパソコンに登録されておりますので、演台に設置したキーパッドを操作しながら発表を進めてください。ショートトークではご自身のパソコンによる発表はできません。必ず、提出期限内に発表データの登録をお済ませください。

  5. 発表者受付
    ご自身の発表10分前までに、直接、発表ブース内の「進行席」までお越しのうえ、係の者に来場された旨お伝えください。10分前までにご来場を確認できない場合は欠番といたします。
    ご自身の発表15分前までに、ショートトーク会場内の発表者受付へお越しください。ご来場を確認できない場合は欠番といたします。
↑ このページのトップへ

ポスター発表者へのご案内

  1. 掲示期間
    各演題1日間の掲示です。発表日の朝に掲示を行ってください。

  2. ポスター貼付、発表・討論、撤去時間
    発表・討論の時間は、必ずご自分のポスター前に立ち、質問・討論に応じてください。なお、発表者を示す黄色のリボンを用意いたしますので、胸にお付けください。
    貼   付 8:30から10:00
    発表・討論 奇数番号 18:15〜19:15(12月14日(金)は13:15〜14:15)
    偶数番号 19:15〜20:15(12月14日(金)は14:15〜15:15)
    撤   去 20:15〜20:45 (12月14日(金) 15:15〜15:45)

  3. 掲示要項

    【掲示場所】
    パネルの左上には下4桁の演題番号が貼ってありますので、所定のパネルに掲示してください。ポスターの添付に必要な押しピンは、各パネルに用意しています。

    【掲示スペース】
    パネルの掲示に使えるスペースは、W120×H150です。ポスター上部に、演題名、著者名および所属を大きな文字で書いてください。特定のポスターを見つけ出すのに便利なように、演題名、著者名および所属は、少なくとも5mぐらい離れた位置からでも明確に見える大きさにしてください。

    【発表者の印】
    発表者名の左肩に小さな○印をつけてください。

    【使用言語】
    ポスターは必ず英語で作成してください。発表および討論は日本語でも結構です。

    【文字等の大きさ】
    発表内容は2mぐらい離れた位置からでも読めるように、十分大きな文字を用いて書いてください。図、表もできるだけ大きなものにしてください。

    【ポスター撤去】
    掲示時間が過ぎてからご自身で撤去してください。事務局での保管、返却はいたしません。

    【ポスターサイズと作成例】

    ポスターサイズ・ポスター作成
    ※クリックすると大きい画像で表示されます。

↑ このページのトップへ