ホーム > 一般演題登録

一般演題登録

一般演題募集について

一般演題投稿受付を締め切りました。
多数のご応募、ありがとうございました。




【演題投稿における注意事項】
  • 一般演題の投稿は、日本分子生物学会の会員であり、かつ本年度(2012年度)の会費を納入済みの方に限ります。
    未入会の方は、予め日本分子生物学会の「入会申込のご案内」ページより入会手続きを済ませてください。また、本年度の会費を未納の方は、お早めにお支払いください。
  • 演題投稿を行う前に、必ず事前参加登録を行ってください。演題投稿時には、事前参加登録完了時に発行される参加登録IDの入力が必要となります。
  • 代表発表者として投稿できる演題数は、1人につき1演題のみです。シンポジウム・ワークショップ指定演者は、一般演題には投稿できません。ただし、他の演題の共著者になることは差し支えありません。
  • 要旨は日本語、英語の2つの言語でご準備ください(英語で発表予定の演題については、日本語要旨の登録は必須ではありません)。シンポジウム・ワークショップの発表言語は各オーガナイザーにより指定されます。発表に使用するスライドは英語表記を推奨します。

オンライン演題投稿方法

  1. 演題投稿方法
    本ページの一番下にリンクされる「演題登録」にアクセスし、画面に表示される必要項目について入力してください。なお、投稿画面では参加登録IDの入力が必要となりますので、予めオンライン事前参加登録を行い、参加登録IDを取得してください。

  2. 演題の区分
    投稿画面は「一般演題」と「シンポジウム・ワークショップ指定演者」の2つに分かれています。指定演者以外の方は、「一般演題」よりお申込みください。

  3. 発表分類
    一般演題は、【一般演題発表分類表】より、第1希望、第2希望を選択してください。それぞれ大項目を選び、その大項目に該当する中から小項目を選択してください。
    指定された分類をもとに発表日、発表時間を決める予定です。

  4. 一般講演
    一般講演発表に採択となった演題は、ポスター発表と合わせて3分間のショートトーク発表も行っていただきます。積極的にご応募ください。ショートトークを含めた発表方法などについては後日発表者に連絡します。

  5. 関連ワークショップへの採択希望
    一般投稿演題より、関連ワークショップでの口頭発表の採択希望を募ります。採択希望者は投稿時にワークショップ一覧より、第1希望、第2希望のワークショップを選択してください。採否の選考は、プログラム委員会にて行い、10月中旬までに採択者のみにメールで連絡します(本年会では、それぞれのワークショップのオーガナイザーが各ワークショップのプログラム委員を兼任いたします)。ワークショップでの発表に採択された場合、ショートトークはなくなりますが、ポスター発表を行って頂くことになっています。

  6. 連続発表希望(ポスター発表+ショートトークのみ)
    ポスター発表においては、複数演題との連続発表希望を受け付けます。連続発表を希望するすべての演題が投稿を終了した後に、年会ホームページの「連続発表登録」にアクセスし一連の連続発表の代表者が演題の順序を申請してください。申請の際には、すべての演題の発表者氏名、演題の登録番号、希望発表分類が必要となります(ワークショップでの口頭発表に選ばれた方が出た場合、ショートトークの順序は自動的に詰めることになりますので、あらかじめご了承ください)。
    連続発表希望申請期限:2012年9月7日(金)

  7. 日本生化学会員に向けての発表希望(ポスター発表+ショートトークのみ)
    第4日目(12月14日(金))は、ポスター発表を除く分子生物学会のプログラムは午前中で終了し、午後から日本生化学会のプログラムが行われます。演題投稿時に、第4日目に発表し、日本生化学会の会員にも発表を見てほしいという希望の有無を確認します。採否の選考と時間枠の決定については、ご希望に添えない場合もございますのであらかじめご了承ください。

  8. 会員番号
    投稿者(発表者)の会員番号(数字6桁)を入力してください。会員番号は会報送付時の宛名右下【括弧】内に記載されています。入会手続き中の場合には、投稿画面に「999999」と入力してください。会員番号が不明な場合は、日本分子生物学会事務局までお問い合わせください。
    Tel: 03-3556-9600, E-mail: info@mbsj.jp)。

  9. 本年度の会費の納入年月日
    2012年度の日本分子生物学会会費を振り込んだ際の領収証(受領証)に記載されております受付日を入力していただきます。学会ホームページ上の会員管理システム「会費納入状況」ページでも、会費入金日(クレジット決済を含む)を確認することができます。納入年月日を確認できない場合は、下記の通り入力してください。
    • 払い込んだが領収証(受領証)の控えを紛失した場合:
      納入日に「2012年1月3日」とご入力ください。
    • 振込用紙の送付を依頼したが、演題投稿時までに届かず、振込めなかった場合:
      納入日に「2012年1月2日」とご入力ください。会費は速やかにお振込みください。
    • 入会手続き中の場合:
      納入日に「2012年1月1日」とご入力ください。
      手続き完了後、学会事務局から会費の請求書が送られてきますので、届き次第、お振込みください。

  10. 演題のタイトルと要旨の形式
    演題のタイトル、要旨は日本語、英語をご用意ください(英語で発表予定の演題については日本語のタイトル、要旨は必須ではありません)。予め、文字数を制限以内に調整した原稿を用意し、それを投稿画面にコピー・ペーストするようにしてください。
    ギリシャ文字、斜体、上付き、下付き、数式などはUMINの登録画面に従い、入力してください。
    <文字数制限(スペース含)>
        日本語タイトル: 全角100文字以内 日本語要旨本文: 全角850文字以内
        英語タイトル:  半角200文字以内 英語要旨本文: 半角1,700文字以内

  11. 演題登録番号・パスワード
    演題登録時に発行される「演題登録番号」および各自で設定・入力した「パスワード」を必ず控えておいてください。一度登録された登録情報・要旨の内容に修正を加える際には、この演題登録番号およびパスワードが必要となります。

  12. 演題投稿受領通知
    演題投稿後、入力したEメールアドレス宛に登録番号を含む演題受領通知が送信されます。この通知は通常数分以内に到着しますが、もしこのメールが指定したEメールアドレスに届かない場合は、アドレスに誤りがあったか、演題登録が完了していない可能性があります。Eメールアドレスを確認後、アドレスの入力に間違いがあった場合は再度ログインし、Eメールアドレスの変更を行ってください。登録が完了していない場合は、再度登録をお願いします。
    固定メールアドレスでの登録をお願いいたします(フリーのメールアドレスだと、採択の可否メールなどが受け取れない場合があります)。
  13. 投稿内容の修正
    演題投稿受付期間中は、演題登録番号およびパスワードを入力することにより演題投稿画面にログインし、修正を行うことができます。修正回数に制限はありません。内容を更新するたびに、更新内容がメールで通知されますのでご確認ください。投稿受付締切後の演題修正は原則として受け付けません。ギリシャ文字、斜体、上付き、下付き、数式などは細心の注意を払って、確認してください。

  14. 演題の取消
    既に登録した演題を取消したい場合は、上記と同様の方法で演題投稿画面にログインし、「演題取消」を選択して演題を取消してください。折り返し、演題が取消されたことをお知らせするメールが送られます。投稿受付締切後の演題取消は原則として受け付けません。

  15. 著者氏名のアルファベット表記
    人名索引ページは、入力されたアルファベット表記をもとにソートをかけて作成されます。従って、同一人物であっても、入力されたアルファベット表記が異なる場合、連続して掲載されません。複数の演題の著者となっておられる場合には、ご注意ください。

  16. 演題の採否の通知
    10月中旬頃にメールにてご連絡します(フリーメールアドレスを登録した場合は、受領通知メールがうまく届かない場合があります。できるだけ固定メールアドレスを登録してください)。演題の採否、発表日についてはプログラム委員会にご一任願います。なお、本年会では、それぞれのワークショップのオーガナイザーが各ワークショップのプログラム委員を兼任いたします。


オンライン演題登録に関するお問い合せ
【第35回日本分子生物学会年会 学術担当】
日本コンベンションサービス株式会社内
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2 興信ビル 2F
TEL: 03-3500-5935  FAX: 03-5283-5952
E-mail:第35回日本分子生物学会年会事務局メールアドレス



一般演題 発表分類一覧


大項目 小項目
1. ゲノム、細胞 a 遺伝子・核酸・ゲノム構造
b 分子進化
c オミックス
d ポストゲノム解析・バイオインフォマティクス
e 糖鎖
f 脂質
2. タンパク質―機能、構造と生合成 a タンパク質の機能
b タンパク質の立体構造
c タンパク質の生合成
d タンパク質の修飾
e 分子進化
f 生理活性物質
3. DNA、染色体、エピゲノミックス a 核内構造および機能
b ゲノム機能(染色体・クロマチン・核小体)
c ウイルス
d ファージ
e トランスポゾン
f プラスミド
g エピジェネティック制御
h Non-coding RNA
4. DNA複製、修復、組換えなど a 複製
b 組換え・修復・変異
5. 遺伝子発現、RNAプロセッシング a 転写
b 翻訳
c RNAの機能・RNAプロセッシング
6. 膜構造、膜機能 a 生体膜
b 膜輸送
c 膜タンパク質
7. 細胞内小器官、細胞内輸送、タンパク質のプロセッシング a 細胞質オルガネラの構造・機能・形成
b タンパク質のプロセッシング・輸送・局在化
c オートファジー
8. エネルギー合成、ミトコンドリア、葉緑体 a エネルギー合成
b ミトコンドリア
c 葉緑体
9. 細胞骨格 a 細胞骨格
10. 細胞内、細胞間情報伝達 a シグナル伝達
b 細胞接着
c 細胞運動
d 細胞外基質
11. 細胞周期、細胞増殖 a 細胞増殖
b 細胞分裂
c 細胞周期
d タンパク質分解
12. 細胞死(アポトーシス)、老化 a アポトーシス
b 老化
13. ガン a ガン
b ゲノム安定化
14. 減数分裂、生殖、受精 a 減数分裂
b 受精
c 生殖細胞
15. 発生 a 初期発生
b 形態形成
c 細胞・組織分化
d 進化発生学
16. 幹細胞、再生 a 再生
b 幹細胞
17. 免疫、感染 a 自然免疫
b 獲得免疫
c 炎症
d 感染
18. 脳、神経科学 a 神経生理
b 神経発生
c 神経疾患・損傷
d 高次脳機能・行動
19. 疾患生物学 a 遺伝性疾患
b 病因解析・診断
c 治療
20. 代謝、刺激受容、環境応答 a 代謝
b 感覚受容
c 環境応答
21. 植物 a 植物分子・生理
b 植物発生
22. 方法論 a DNA/RNA工学
b タンパク質工学
c 細胞
d 発生工学
e イメージング
23. ニューフロンティア a 理論・モデリング
b システムバイオロジー
c ケミカルバイオロジー
d 1分子生物学
e 生物の物理学
24. その他 a その他


ワークショップテーマ一覧