ホーム > Late-breaking Abstracts

Late-breaking Abstracts

Late-breaking Abstracts募集について

Late-breaking Abstracts投稿受付を締め切りました。
多数のご応募、ありがとうございました。

会場のスペースの都合上、先着300題までの受付となります。受付可能な演題数を越えた場合は、締切期日より前に受付を終了する場合がございますので、ご注意ください。
また、発表日の指定はできませんので、あらかじめご了承ください。



【演題投稿における注意事項】
  • Late-breaking Abstractsの投稿は、日本分子生物学会の会員であり、かつ2012年度の会費を納入済みの方に限ります。
    未入会の方は、予め日本分子生物学会の「入会申込のご案内」ページより入会手続きを済ませてください。また、本年度の会費を未納の方は、お早めにお支払いください。
  • 演題投稿を行う前に、必ず事前参加登録を行ってください。演題投稿時には、事前参加登録完了時に発行される参加登録IDの入力が必要となります。
    事前参加登録の締切は10月31日(水)17:00です。ご注意ください。
  • 代表発表者として投稿できる演題数は、1人につき1演題のみです。シンポジウム・ワークショップ演者および一般演題採択者は、Late-breaking Abstractsには投稿できません。ただし、他の演題の共著者になることは差し支えありません。
  • 要旨は日本語、英語の2つの言語でご準備ください。

オンライン演題投稿方法

  1. 演題投稿方法
    本ページの一番下にリンクされる「演題登録」にアクセスし、画面に表示される必要項目について入力してください。なお、投稿画面では参加登録IDの入力が必要となります。投稿者は10月31日(水)までに事前参加登録を完了した会員に限ります。

  2. 発表分類
    Late-breaking Abstractは、【一般演題発表分類表】より、第1希望、第2希望を選択してください。それぞれ大項目を選び、その大項目に該当する中から小項目を選択してください。

  3. 発表スタイル
    ポスター発表のみとなります。ショートトークはありません。
    また、一般演題のポスター発表とは全く切り離したプログラムとなり、プログラム集(印刷版)にも掲載されません。
    連続発表希望も受け付けておりません。

  4. 会員番号
    投稿者(発表者)の会員番号(数字6桁)を入力してください。会員番号は会報送付時の宛名右下【括弧】内に記載されています。入会手続き中の場合には、投稿画面に「999999」と入力してください。会員番号が不明な場合は、日本分子生物学会事務局までお問い合わせください。
    Tel: 03-3556-9600, E-mail: info@mbsj.jp)。

  5. 2012年度の会費の納入年月日
    2012年度の日本分子生物学会会費を振り込んだ際の領収証(受領証)に記載されております受付日を入力していただきます。学会ホームページ上の会員管理システム「会費納入状況」ページでも、会費入金日(クレジット決済を含む)を確認することができます。納入年月日を確認できない場合は、下記の通り入力してください。
    • 払い込んだが領収証(受領証)の控えを紛失した場合:
      納入日に「2012年1月3日」とご入力ください。
    • 振込用紙の送付を依頼したが、演題投稿時までに届かず、振込めなかった場合:
      納入日に「2012年1月2日」とご入力ください。会費は速やかにお振込みください。
    • 入会手続き中の場合:
      納入日に「2012年1月1日」とご入力ください。
      手続き完了後、学会事務局から会費の請求書が送られてきますので、届き次第、お振込みください。

  6. 演題のタイトルと要旨の形式
    演題のタイトル、要旨は日本語、英語をご用意ください(英語で発表予定の演題については日本語のタイトル、要旨は必須ではありません)。予め、文字数を制限以内に調整した原稿を用意し、それを投稿画面にコピー・ペーストするようにしてください。
    ギリシャ文字、斜体、上付き、下付き、数式などはUMINの登録画面に従い、入力してください。
    <文字数制限(スペース含)>
        日本語タイトル: 全角100文字以内 日本語要旨本文: 全角850文字以内
        英語タイトル:  半角200文字以内 英語要旨本文: 半角1,700文字以内

  7. 演題登録番号・パスワード
    演題登録時に発行される「演題登録番号」および各自で設定・入力した「パスワード」を必ず控えておいてください。一度登録された登録情報・要旨の内容に修正を加える際には、この演題登録番号およびパスワードが必要となります。

  8. 演題投稿受領通知
    演題投稿後、入力したEメールアドレス宛に登録番号を含む演題受領通知が送信されます。この通知は通常数分以内に到着しますが、もしこのメールが指定したEメールアドレスに届かない場合は、アドレスに誤りがあったか、演題登録が完了していない可能性があります。Eメールアドレスを確認後、アドレスの入力に間違いがあった場合は再度ログインし、Eメールアドレスの変更を行ってください。登録が完了していない場合は、再度登録をお願いします。
    固定メールアドレスでの登録をお願いいたします(フリーのメールアドレスだと、採択の可否メールなどが受け取れない場合があります)。

  9. 投稿内容の修正
    演題投稿受付期間中は、演題登録番号およびパスワードを入力することにより演題投稿画面にログインし、修正を行うことができます。修正回数に制限はありません。内容を更新するたびに、更新内容がメールで通知されますのでご確認ください。投稿受付締切後の演題修正は原則として受け付けません。ギリシャ文字、斜体、上付き、下付き、数式などは細心の注意を払って、確認してください。

  10. 演題の取消
    既に登録した演題を取消したい場合は、上記と同様の方法で演題投稿画面にログインし、「演題取消」を選択して演題を取消してください。折り返し、演題が取消されたことをお知らせするメールが送られます。投稿受付締切後の演題取消は原則として受け付けません。

  11. 著者氏名のアルファベット表記
    人名索引ページは、入力されたアルファベット表記をもとにソートをかけて作成されます。従って、同一人物であっても、入力されたアルファベット表記が異なる場合、連続して掲載されません。複数の演題の著者となっておられる場合には、ご注意ください。

  12. 演題の採否の通知
    11月末にメールにてご連絡します(フリーメールアドレスを登録した場合は、受領通知メールがうまく届かない場合があります。できるだけ固定メールアドレスを登録してください)。演題の採否、発表日についてはプログラム委員会にご一任願います。


オンライン演題登録に関するお問い合せ
【第35回日本分子生物学会年会 学術担当】
日本コンベンションサービス株式会社内
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2 興信ビル 2F
TEL: 03-3500-5935  FAX: 03-5283-5952
E-mail:第35回日本分子生物学会年会事務局メールアドレス


一般演題 発表分類一覧


大項目 小項目
1. ゲノム、細胞 a 遺伝子・核酸・ゲノム構造
b 分子進化
c オミックス
d ポストゲノム解析・バイオインフォマティクス
e 糖鎖
f 脂質
2. タンパク質―機能、構造と生合成 a タンパク質の機能
b タンパク質の立体構造
c タンパク質の生合成
d タンパク質の修飾
e 分子進化
f 生理活性物質
3. DNA、染色体、エピゲノミックス a 核内構造および機能
b ゲノム機能(染色体・クロマチン・核小体)
c ウイルス
d ファージ
e トランスポゾン
f プラスミド
g エピジェネティック制御
h Non-coding RNA
4. DNA複製、修復、組換えなど a 複製
b 組換え・修復・変異
5. 遺伝子発現、RNAプロセッシング a 転写
b 翻訳
c RNAの機能・RNAプロセッシング
6. 膜構造、膜機能 a 生体膜
b 膜輸送
c 膜タンパク質
7. 細胞内小器官、細胞内輸送、タンパク質のプロセッシング a 細胞質オルガネラの構造・機能・形成
b タンパク質のプロセッシング・輸送・局在化
c オートファジー
8. エネルギー合成、ミトコンドリア、葉緑体 a エネルギー合成
b ミトコンドリア
c 葉緑体
9. 細胞骨格 a 細胞骨格
10. 細胞内、細胞間情報伝達 a シグナル伝達
b 細胞接着
c 細胞運動
d 細胞外基質
11. 細胞周期、細胞増殖 a 細胞増殖
b 細胞分裂
c 細胞周期
d タンパク質分解
12. 細胞死(アポトーシス)、老化 a アポトーシス
b 老化
13. ガン a ガン
b ゲノム安定化
14. 減数分裂、生殖、受精 a 減数分裂
b 受精
c 生殖細胞
15. 発生 a 初期発生
b 形態形成
c 細胞・組織分化
d 進化発生学
16. 幹細胞、再生 a 再生
b 幹細胞
17. 免疫、感染 a 自然免疫
b 獲得免疫
c 炎症
d 感染
18. 脳、神経科学 a 神経生理
b 神経発生
c 神経疾患・損傷
d 高次脳機能・行動
19. 疾患生物学 a 遺伝性疾患
b 病因解析・診断
c 治療
20. 代謝、刺激受容、環境応答 a 代謝
b 感覚受容
c 環境応答
21. 植物 a 植物分子・生理
b 植物発生
22. 方法論 a DNA/RNA工学
b タンパク質工学
c 細胞
d 発生工学
e イメージング
23. ニューフロンティア a 理論・モデリング
b システムバイオロジー
c ケミカルバイオロジー
d 1分子生物学
e 生物の物理学
24. その他 a その他